遠距離恋愛1年目の社会人女子のための教科書|成功や不安解消のコツまとめ – 婚活あるある

遠距離恋愛1年目の社会人女子のための教科書|成功や不安解消のコツまとめ

2020.11.13

「社会人1年目で、遠距離恋愛になってしまいそう」「遠距離恋愛中で、なんとなく彼とうまくいっていない……」そんな社会人女子に向けて、遠距離恋愛のコツをご紹介します。
 
遠距離がうまくいっていなくて不安な方、これからどう過ごせばいいかわからない方は必見です。

別れるカップルも多い!社会人1年目の遠距離恋愛って難しい

遠距離恋愛 社会人
配属決定、転勤…環境の変化はライフスタイルや2人の「あたりまえ」を変えてしまいます。
「近い将来、遠距離恋愛になってしまうかも」、「絶賛遠距離恋愛中で、不安や不満がある」そんな女性に送りたい、遠距離恋愛のコツをご紹介します。

 

ネット上ではこのような書き込みも…

社会人1年目同士の遠距離恋愛

現在社会人1年目の22歳男です
今、同じく社会人1年目の22歳女と付き合っています

3年前、大学の同じサークルの彼女と付き合い始めました

卒業までお互いのことがほんとに好きで、ほぼ毎日会ったりメールしたりしていました

が、今春、卒業・就職を機に、私は大阪、彼女は福岡という遠距離恋愛になりました

最初の1か月は卒業前と変わりなく毎日楽しくメールや電話をしたり、5月のGWには私が福岡に会いに行ったりして

非常に良好な遠距離恋愛をしていました

ところが、GWに会う前後くらいから彼女からの連絡がなくなってきたのです

私から連絡をしたら、ちゃんと返事をかえしてくれるのですが、その返事もそっけないものが多く、

卒業直後と比べると内容に温度差を感じるようになりました

彼女が今始めたての仕事にまだ全く慣れてなく、心の余裕がないのは今は理解しているつもりです

(ただ、GW前に私が、最近冷たくない?俺のこと好きじゃなくなった?と迫ったことはありました。そのあとすぐに謝罪しましたが)

(中略)

しかし彼女は一向に忙しい、忙しいばかりで、一見冷めたような返事ばかりです

(省略)

Yahoo!知恵袋より引用

いつだって、誰にとっても遠距離恋愛は難しいことがよくわかります。

社会人と大学生の遠距離恋愛の違い

遠距離恋愛 社会人
社会人1年目で難しいと感じてしまう理由のひとつとして、2人のライフスタイルの違いがあげられます。

【大学生の遠距離恋愛】
・バイトやサークル、学業など自分自身の力量で柔軟に予定を変えることができる
・若さゆえに、フットワークが軽く、遠くでも気軽に行くことができる
・所属コミュニティが多いため、寂しさを感じにくい
・結婚を意識しない恋愛をすることができる

【社会人の遠距離恋愛】
・仕事が中心のライフスタイル
・若手であるために自分の都合で予定を動かせるわけではない
・新天地で初めての独立であるために環境の変化が大きい
・結婚を意識した恋愛にシフトチェンジする

大学生から社会人になったときに、大学生の時には頻繁に会いに来てくれていたのに…自分に尽くしてくれていたのに、そんなことをする余裕すらなくなってしまったのかと不安になってしまい、すれ違いが大きくなってしまう可能性があります。

遠距離恋愛になる社会人カップルが話し合うべき4つのこと

遠距離恋愛になると状況が一気に変わってしまいます。すれ違いが起きる前に、またすれ違いが大きくなりすぎる前に、彼と話しあってみましょう。

会う頻度

遠距離恋愛では時間的、金銭的に頻繁に会うことは難しいですよね。「記念日はどう過ごせる?」「クリスマスなどのイベントは?」など、ごくごく一般的なカップル間でも話しておくべき項目です。

電話、LINEの頻度

遠距離恋愛 社会人
生活環境の変化で、筆不精だった人がさらに筆不精になってしまったり、電話したいという気持ちが彼と合わなかったりする可能性があります。一度、その頻度を見直してみてはどうでしょうか?
 
ちなみに、DeNAトラベルのアンケート調査(2017年8月実施)した統計によると…遠距離恋愛 社会人

遠距離恋愛 社会人

(引用:エアトリ
 

LINEのやり取りをほぼ毎日している割合では20代が一番高く、78%。その割合は年齢が上がるにつれて低くなっています。20代は「デジタルネイティブ」の世代なので、納得のアンケート結果ですね。
 
また、電話の頻度についてはその頻度の割合は偏ることなく、そのすべての項目に分布していることから、電話の頻度はカップルによって、その価値観が多様であることがわかります。あくまでアンケートなので、2人で話し合い、頻度を決めることが大切です。

恋愛の優先順位

社会人になると、社外でのお付き合いで、飲み会なども増えるかもしれません。学生時代は自分に合わせて予定を切り上げてくれていた彼も、仕事やその付き合いに時間がとられてしまい、貴方に対する連絡などが疎かになってしまうかもしれません。そんなすれ違いが起こらないためにも話し合っておきましょう。

結婚への意識

社会人同士の遠距離恋愛は正直ゴールが見えません。自分自身がキャリアをあきらめてまで、彼についていっていいのか、悩むところですよね。実際についていったときには地元や知っている土地を離れてしまうと友人や親族などがいない土地へと行くことになります。
 
結婚はそもそもする気はあるのか、どのタイミングでしたいのかなど、具体的に遠距離恋愛のゴールを話しあいで少しずつ明確にしていけると、不安や不満が軽くなると思います。

遠距離恋愛がうまくいっていない時の解決策3選

遠距離恋愛 社会人

遠距離恋愛がうまくいってない時、どうしたらいいの?というシンプルな疑問に3つの解決法を提示します。

話し合いの場を設ける

真剣に話さなければ、れ違いはなくなりません。自分たちの価値観にずれが生じていないか、上の項目を参考にしながら、話してみましょう。

一旦距離を置く

どうしても解決しない場合は一旦距離を取ってみましょう。もしかしたら時間がお互いの気持ちを考えるいい機会になるかもしれません。また、相手と離れてからこそ、相手の良さをしみじみと気づくことができると思います。

直接会う

どうしても文面や電話では相手の表情が見えにくいもの。相手に直接会ってみることで、今までのイライラや不満の原因がわかるかもしれません。

遠距離恋愛中の女性がやってしまいがちな失敗5選

遠距離恋愛 社会人
遠距離恋愛中、こんなことしていませんか?遠距離恋愛のコツを知る前に自分自身の行動を振り返ってみましょう!

疑ってしまう

「何してるの?」「誰といるの?」など、彼の心配ばかりしていませんか。それは彼からしたら、心配ではなく、疑いになっているかもしれません。
 
実際に彼の周りの環境、行動がわからないからこそ、彼の行動を疑っていませんか?心配するなら、「仕事遅いけど、身体は大丈夫?」「寒くなってきたけど、風邪引いてないかな?」など、気遣いのある一言が言えると◎

尽くしすぎる

いつも会いに行くときは自分が行く、休みを合わせるのはいつも自分、電話をするのもいつも自分……。尽くしていると感じていなくても、自分から行動することが多く、相手から返ってこなければ、不満が溜まってしまいます。
 
遠距離恋愛をしていなくても、自分と相手との恋愛における立場のバランスが偏りすぎている、取れていないかもしれない人は遠距離恋愛になった際にその不満が爆発してしまうかもしれません。彼との付き合い方を考えてみましょう。

会いに来てくれることが「あたりまえ」になってしまう

「2.尽くしすぎる」の逆なのですが、彼が会いに来てくれることがあたりまえになっていませんか?忙しい合間をぬって、彼が貴方を想って行動してくれていることに感謝の心を忘れてしまったら、関係性もうまくいかなくなってしまいます。

求めすぎてしまう

遠距離恋愛の時の命綱はLINEなどのコミュニケーションツールですよね。
 
コロナ禍で、人と会うことが会うことが難しくなってしまい、オンライン飲み会などがスタンダードになってきました。その際にも共通することなのですが、オンラインでの会話、電話を切るタイミングが難しいと話題になっていました。
 
カップルも同じです。今まで気軽に会うことができていた状況から、遠距離恋愛に変わってしまった際に、電話やLINEなどの頻度がカップル間で変化があるかもしれません。
 
職場や社会に出てからの変化でライフスタイルも併せて変化しているので、今までのように彼が合わせるのが難しいかもしれません。
 
電話をするやLINEをする頻度、電話に出てくれる、LINEを返してくれる時間に対して、今まで通り相手が合わせてくれないことに腹を立ててしまうのはNGです。彼に対して求めすぎてしまうのも、彼の負担になっているかもしれません。

結婚にむけて焦りすぎる

自分自身が社会人であった際に、彼だけではなく、自分自身も転勤の可能性が出てきてしまう可能性があります。
 
女性の社会進出に伴って、今の仕事を思い切って辞めて、転勤についていくのは、なかなか今のご時世難しい部分があります。そうしたお互いの状況にゴールが見えない状態で、付き合いつづけるからこそ、不安や不満が溜まっていることもあるでしょう。
 
先走って、結婚へのプレッシャーを彼に与えすぎるのは彼の負担になってしまうこともあるため、言動や行動を起こす前に立ち止まって考えてみましょう。

遠距離恋愛になる社会人が必見!相手とよく話し合ってみて

どうでしたか?
遠距離恋愛はカップルにとって大きな試練のひとつです。そうした場面に少しでも役立ったら嬉しいです。

SNSでシェアする