バツイチ子持ちの私でも再婚できる?相手は初婚男性、それともバツイチ? – 婚活あるある

バツイチ子持ちの私でも再婚できる?相手は初婚男性、それともバツイチ?

2020.11.13

近年増えているバツイチ子持ち女性の中には、経済的なことも考えて再婚を考える方も多い傾向です。

 

しかし子持ちのバツイチとなれば、世間の目も気になり堂々と婚活できない現状があります。

 

今回は、バツイチ子持ち女性の再婚相手について初婚が良いのか?再婚が良いのか?について紹介していきましょう。

バツイチ子持ち女性と初婚男性が再婚

バツイチ子持ち
バツイチ子持ち女性としては、初婚の男性と再婚するのは少し抵抗があるかもしれません。

 

しかし、好きになってしまったら相手が初婚かどうかなんて関係なくなるものです。

 

まずは、シングルマザーとして初婚男性と再婚するメリットとデメリットを整理していきましょう。

【メリット】思いっきり子供と遊んでくれる

もともと子供が好きな初婚男性であれば、親の経験がないことが功を奏して思いっきり子供と遊んでくれます。

 

こうした男性は、親族に小さな子供がいたりするケースが多いので、普段から甥っ子や姪っ子の相手をしているようであれば期待度は高いです。

 

初婚男性の場合は、事前に子供が好きかを聞いておくのも良いでしょう。

【メリット】子供が男性にべったり

付き合っている時から、子供が男性にべったりなケースも多くあります。

 

男性には結婚経験もなければ子供もいないので、良い意味で女性の子を甘やかしてしまうでしょう。

 

子供からすれば優しいお兄ちゃん的な存在になって、いつしか「パパになって欲しい」と願うかもしれません。

【デメリット】相手方の親族に気を遣う

初婚男性の親御さんからすれば、バツイチ子持ちの女性と結婚するなんて言語道断!なんてこともあり得ます。

 

女性からすれば非常に気を遣うので、ある程度の説得が必要になる可能性は高いでしょう。

 

初婚の男性と結婚するには、2人で良く相談して親御さんへの説得を試みる方が得策です。

【デメリット】子供が最優先を理解してくれるか心配

子供を持った事がない初婚男性が、果たして自分よりも子供が優先の価値観を理解してくれるかが心配ですよね。

 

女性のことは好きだけど子供は嫌いなんて男性も多いので、最初に子供がいることや子供が最優先であることを理解してもらう必要があります。

 

「子供が無理なら私もアナタが無理!」ぐらい断言できる覚悟を持っておいた方が良いかもしれません。

バツイチ子持ち女性とバツイチ男性が再婚

バツイチ子持ち
同じバツイチ同士の結婚は、お互いに酸いも甘いも知っている者同士なので、円満にことが運びそうに感じますよね。

 

しかし、男性側の離婚理由によっては悠長に構えてられないかもしれません。

 

ここでは、同じバツイチ子持ち女性とバツイチ男性の再婚のメリット・デメリットを紹介していきます。

【メリット】結婚に対して現実的

バツイチ男性は、やはり結婚に対して現実的なので変な夢を見ていません。

 

同じく女性側も現実的なので、お互いに安心して再婚に向けて進めることができます。

 

結婚式も一度経験している可能性が高いので、予算や呼ぶ人数等の相談もしやすい相手であると言えるでしょう。

【メリット】親族への理解が得やすい

初婚男性の親族と違って、バツイチ同士なので再婚への理解が得やすいメリットがあります。

 

向こう側も、男性を再婚させてくれて有り難いと思うぐらいのスタンスかもしれません。

 

例え子持ちだったとしても、初婚男性に比べればプレッシャーは大分軽いでしょう。

【デメリット】子供が嫌いな可能性がある

男性側の離婚原因が子供が嫌いなことだったとしたら、自分の子供も蔑ろにされる可能性があります。

女性にだけ好意を寄せて、子供の話をあまりしなかったり興味がなさそうな場合が注意が必要です。

子持ちであることを最初からアピールして、事前に子供が好きか聞いておきましょう。

【デメリット】浮気症の可能性がある

前の奥さんとの離婚理由が、男性の浮気だった場合は絶対おすすめしません!

 

男性の浮気は癖のようなものなので、誰と結婚しても必ずどこかでしてしまうもの。

 

バツイチ男性と仲良くなった際には、それとなく離婚理由を聞いておくのも良いでしょう。

 

罰悪そうな感じで言葉を濁したら、浮気の可能性を想定しておいた方が得策です。

バツイチ子持ち女性とバツイチ子持ち男性が再婚

バツイチ子持ち
両者とも全く同じバツイチ子持ちなら、本当に何も心配いらないと普通思いますよね。

 

確かに多くの場合は、何も心配なく第二の人生を歩んで行けますが、場合によっては関係性が拗れる原因にもなります。

 

ここでは、バツイチ子持ち同士の再婚についてメリットとデメリットを整理していきましょう。

【メリット】同じ境遇で気持ちを理解しやすい

バツイチ子持ち同士の結婚は、言うまでもなく同じ境遇なので共通の気持ちを持ちやすい点が最大のメリット。

 

離婚歴だけでなく子育て歴もお互いにあるので、独特の苦労を良く知っています。

 

だからこそお互いに助け合いながら生活できるし、結婚生活も順調に進みますよ。

【メリット】子供に対して同じ価値観を持ちやすい

お互いに子育て経験が豊富なので、子供に対する価値観が同じであることもメリットの1つです。

 

初婚や子供がいないバツイチ男性の場合、子供が最優先であることを理解してくれないケースがあるかもしれません。

 

その点、子持ちであれば絶対子供が優先であることを理解してくれるはずなので、安心して一緒に生活できます。

【デメリット】自分の子供と差をつける可能性がある

逆に子持ちだった場合のデメリットとして考えられるのが、自分の子供と差をつける可能性がある点です。

 

どの親も自分の子供が1番かわいく感じるものなので、他人である女性の子を自分の子のように接することができないかもしれません。

 

この部分に関しては、結婚前からお互いに子供を連れて会う回数を重ねておくことが重要です。

 

その時の男性から自分の子供への対応を見て、不自然な点がないかチェックしておきましょう。

【デメリット】子供同士のいざこざ

男性との相性は抜群で結婚生活も順風満帆なのに、子供同士で変ないざこざが起きているケースもあります。

 

例えば、同性で年齢が近かったりすると何かとぶつかってしまいケンカになることがあるかもしれません。

 

しかし、子供同士の相性の悪さは、他のデメリットに比べてそこまで深刻ではないと言えます。

 

物理的にお家の中で顔を合わせない工夫をすることも可能ですし、何よりいずれ大人になれば家を出ますよね。

 

子供の価値観は親が操作できるものではないので、ある程度の年齢であれば本人たちの裁量に任せた方が得策です。

バツイチ子持ち女性がモテる理由

バツイチ子持ち
バツイチ子持ち女性って、男性から恋愛対象外にされるって思ってませんか?

 

実は、全くの逆パターンになってモテる場合もあるんです。

 

ここでは、バツイチ子持ち女性が男性にモテる理由を紹介しましょう。

子持ちに見えない

子持ちに見えないほど見た目が若い女性は、逆に子持ちバツイチがステータスになり通常の若い女性よりもモテる傾向にあります。

 

子持ちでバツイチだからと自ら諦めずに、いつまでも女性らしくしていれば絶対モテるようになりますよ。

明るく生き生きしている

バツイチ子持ちでも、とにかく明るく生き生きしている女性を見ると男性は魅力的に感じるものです。

 

シングルマザーは環境的にもネガティブになりやすいと言えますが、それを吹き飛ばすぐらいの明るさを持っていれば男性から非常にモテます。

 

苦労を知っている女性の明るい笑顔は、男性から魅力的に映るだけでなく、そんな女性を選ぶ男性も魅力的な人が多いですよ。

家事や料理が超得意

男性は胃袋を掴めば良いなんて昔から言われていますが、この言葉はあながち間違ってはいません。

 

やはり、男性は家事や料理ができる女性を好む傾向にあります。

 

しかも、一度結婚生活を経験している女性であれば尚更魅力的に感じるでしょう。

バツイチ子持ち女性でも幸せな人はたくさん

バツイチ子持ち
女性の立場からすれば、バツイチ子持ちなんて恋愛すらできないと思ってしまうかもしれません。

 

しかし、実際には2度目の結婚で幸せに生活している人はたくさんいます。

 

男性から見たバツイチ女性は、思うほど悪いイメージを持っていないので安心してくださいね。

SNSでシェアする