結婚タイミングは付き合って2年が最適?年齢と交際期間から考える方法を紹介 – 婚活あるある

結婚タイミングは付き合って2年が最適?年齢と交際期間から考える方法を紹介

結婚のタイミングは、お互いにとって決めがたい内容です。

 

結婚願望があるのに、付き合った期間や周囲の環境を考えると色々と考えるのが面倒になることもあるかもしれません。

 

今回は、最適な結婚のタイミングを見出すために付き合った期間や年齢から考える方法を紹介します。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

結婚タイミングは付き合って2年あたりが目安?

結婚タイミング
カップルが結婚するタイミングは、当然のことながらそれぞれ違います。

 

しかし、違うとは分かっていながらも「どれぐらい付き合えば結婚して良いのか?」と悩んでいるカップルも多いはず。

 

ここでは、結婚に至るまでの年数の目安になる内容を紹介していきましょう。

付き合って2年ぐらいでマンネリ化が進む

筆者の体験ではありますが、付き合ったカップルは2年を過ぎたぐらいからマンネリが進む傾向にあると感じています。

 

1年目は色んなイベントごとがあるので、全て新鮮に感じるかもしれません。

 

2年目のイベントも去年とは違った趣向を考えたり、お互いに見えなかった部分が見えてくることもあるでしょう。

 

しかし、2年を過ぎた3年目になるとカップルによってはマンネリの第一波がくるものです。

 

この時期から失速することを考えれば、マンネリ化になる少し前ぐらいから結婚の話を現実的に進めるのも1つの手段かもしれません。

結婚に至る理想の交際期間が1~3年

2008年にゼクシィが行った調査によれば、結婚に至るまでのカップルの交際期間で多いのは1〜3年という結果になっています。(参照:ゼクシィ

 

短いと感じる方が多いかもしれませんが、お互いに新鮮さを保った状態で一緒になるという意味では良いのかもしれません。

 

一般的に結婚はよく考えてからするものと認識されていますが、実際のデータでは勢いで結婚するケースが多いと言えますね。

年齢と交際期間で考える結婚タイミング

結婚タイミング
結婚するタイミングは、年齢によっても変わってきます。

 

前述では2年前後の交際期間が結婚タイミングと紹介しましたが、20代カップルが2年目で結婚となると少し慌てすぎでは?と正直感じますよね。

 

ここでは、20〜40代カップル別に結婚タイミングまでの交際期間を紹介していきましょう。

20代カップルは交際期間2年以上が最適

20代のカップルは、社会経験がまだ未熟な状態であることが多いです。

 

そのため、これから価値観が大きく変わることも十分に考えられますよね。

 

そんなときに出会った2人が、勢いだけで結婚タイミングを早めに考えてしまうと「想像していたのと違った」なんてことにもなりかねません。

 

もちろんカップルたちの人間性にもよりますが、20代カップルの場合は2年以上交際期間を経て十分に考えた上で結婚した方が得策です。

30代カップルなら短い交際期間でもOK

ある程度の経験をしてきた30代カップルの場合なら、2年目ぐらいの短い交際期間でも最適な結婚タイミングがくる可能性があります。

 

気持ちだけが先走って失敗した経験や、自分の思いばかりをぶつけてしまった経験があるかもしれません。

 

お互いに色んな経験をした上で相性が良いと判断した相手なのであれば、結婚タイミングを現実的に考えても良いでしょう。

40代カップルになると結婚タイミングは気にしなくて良い

40代カップルになれば、もはや結婚タイミングを気にする必要はないと言えるでしょう。

 

本来、異性との出会い自体を諦めてしまう年代なので、よほど人間的に相性が良くないと恋愛が成り立ちません。

 

そんな中で1年近く続いたのであれば、運命の相手と思っても良いでしょう。

年の差カップルはできるだけ早く結婚するべき?

年の差があるカップルについては、できるだけ早めの結婚をした方が良いかもしれません。

 

彼氏が年上の場合、同世代カップルとは違って包容力があり問題解決力もある可能性が高くなります。

 

彼氏の年齢や体力を考えれば、結婚するタイミングは早めに持ってくる方が良いでしょう。

結婚を意識し出すタイミング

結婚タイミング
結婚を意識し出すタイミングに注目するのも大切です。

 

それまで何も考えずに付き合っていたのに、ふと未来のことを考えたりするのは結婚を意識している証拠。

 

ここでは、そんな瞬間をまとめてみました。

彼のことを心から信頼できると感じた瞬間

付き合いたての頃は、お互いのことが良く分からない状態で、もっと相手のことを知りたい気持ちが大きいもの。

 

時間と共にお互いの良い部分と悪い部分が見えてきて、中には危機的状況になるカップルも出てきますよね。

 

そんな中で、ふとした出来事から彼のことを心から信頼できると感じる瞬間も出てくるものです。

 

もしかするとカップルとしての危機を乗り越えることで、彼への信頼が大きくなるかもしれません。

 

自分の中で今までと違う気持ちが芽生えたときこそが、結婚のタイミングと言えるでしょう。

もっと一緒に居たいを思えたとき

彼ともっと一緒に居たいと思える瞬間は、付き合いたての頃から持っていたかもしれません。

 

しかし、関係性が深くなると自分の人生が有意義に過ごすことにも目を向けるようになります。

 

これからの人生を客観的に考えてみて、それでも彼と一緒に居たいと思えるのであれば、それこそが結婚するタイミング。

 

気持ち的にも一緒に成長していきたいと思えるのであれば、これは間違いなく素敵なパートナーになるでしょう。

年齢的にそろそろかな?と感じたとき

20代前半のカップルは、結婚を現実的に考えることは少ないかもしれません。

 

これが20代後半になってくると、周囲に結婚するカップルが増えてきて「自分たちも真剣に考えなければ」と意識し始めます。

 

「子供のことを考えれば年齢的にもそろそろ」と、より現実的に考えるようになり、2人の間でも結婚の話題が増えてくるでしょう。

仕事や収入面でひと段落した時期

社会人になって5年以上経つと、仕事や収入面でもひと段落付けそうな時期が出てきます。

 

彼の昇進や昇給のタイミングで、真剣に結婚を考えてみるのも良いでしょう。

 

2人で将来のことを話す時間を増やして、現実的に結婚のタイミングについて意識することが重要です。

 

何かを区切りにしないと、逆に結婚のタイミングを逃してしまうため、ひと段落の目安を決めておくのも良いですよ。

友人が結婚したタイミング

結婚適齢期に入ってくると、カップルぐるみで仲の良かった友人が結婚するケースも出てきます。

 

身近な人が結婚すると、より現実的に考えるもの。

 

特に彼も仲の良い友人であれば、幸せそうな雰囲気を見て「自分たちも」と意識し始めるかもしれません。

 

このタイミングで、お互いに結婚についての相談をする時間を作ってみてはいかがでしょうか?

 

また、下記の記事では同棲から結婚のタイミングについて詳しく紹介しておりますので、併せて読んでみてください。
同棲から結婚を決意するタイミングや期間は?

結婚のタイミングは「ふとしたきっかけ」でやってくる

結婚タイミング
結婚のタイミングは狙いすぎると上手くいかないものですが、意外なところから「ふとしたきっかけ」でやってくるものです。

 

夫婦によっては、お互いに「この人との結婚は想像すらしていなかった」と口を揃えるケースも意外に多いもの。

 

それだけ、計画的に進めるのが難しいのも結婚の特徴です。

 

ある程度は流れに身を任せるしかありませんが、結婚に対するアンテナを張っておくことも大切。

 

これを機に、将来のことを真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

SNSでシェアする