結婚のタイミングが合わない時の打開策とは

結婚願望がすごく強く「早く結婚したい!」と思っている女性や、
世間で言われている、いわゆる「結婚適齢期」を過ぎている女性が男性と付き合い始めると、結婚を焦りがちですよね。
なかなか結婚の話が出ないと、女性自らに結婚を迫ってしまうこともよくあるそうです。

男性と違って女性は子供を持ちたいと考えている場合、年齢のこともあるので当然かもしれませんね。
今回は「長く付き合っているのに結婚のタイミングが合わない。」「ハッキリしない現状に、ヤキモキしてどうしたら良いか分からない。」
そんなお悩みを持つ女性のために打開策をいくつかご紹介します。

基本は、男性に決めてもらう

あまり結婚ということをイメージせずに付き合っている男性に対して「はやく結婚したい!」、「結婚して!」と女性側から強く迫られると、
よほどの草食系でない限り、多くの場合は引いてしまうでしょう。
「好きな人がいたらずっと一緒にいたい。」そう思うのは男性も女性も同じ。
ですが、「結婚して家庭を持つ」ということを具体的に考えていない男性もたくさんいます。
また、「結婚」ということに重圧を感じる男性もいるでしょう。
当然ですが、そんな男性に女性からグイグイ結婚を迫るのは良くありませんよね。

「結婚したいけど、彼が何も言ってくれない。」そんなときは、この先のことをどう考えているのか?
私との将来をどうイメージしているか?彼にさりげなく聞いてみましょう。
重苦しく、しつこい聞き方は嫌がられるので気をつけてくださいね。
もし、2人の将来や子どもに関して何も答えられない場合「今は結婚を考えていない。」ということになります。

今、どうしたいのか?お互いの気持ちを伝える

反対に男性側が今すぐにでも結婚をしたいのに、女性側が「今は結婚するタイミングじゃない」と持っている。こういったケースもあります。
せっかく一生懸命積んできたキャリア。仕事が楽しい、産休、育休を取りたくない!こういった女性もたくさんいるでしょう。
また、「結婚はしても子供はいらない。」と感じている女性もいます。
「結婚してどうしたいか?」、「結婚して子供を作るかどうか?」、「二人でこの先どうしたいのか?」。
お互いの二人の将来のプランをさらけ出してきちんと話し合いましょう。

「子供が欲しいor子供はいらない」
「仕事はずっと続けたいorやめて専業主婦になってほしい」
「結婚して籍を入れたいor法律に囚われたくない」。等々、話し合ってみなければ互いの気持ちは分かりません。
もしも意見が大きく食い違う場合、もしかしたら今のお付き合いしている恋人は「結婚相手」ではないかもしれません。

一番自分が望んでいることは何か、考える

自分がどうしたいか、何を望んでいるかよく考えてみましょう。このまま意見の違う彼(彼女)とやっていけるのでしょうか?
ずっとお付き合いを続けるカップルもいれば、結婚するタイミングが合わないから別れて、新しいスタートを切る人もいます。
いくら恋人がいるとはいえ、人生の選択権はあなたにあります。
今一度、真剣に考えてくださいね。


結婚がゴールとは限りません。タイミングが合わなかった、それだけのことなのです。
焦らず、自分がどうしたいのか?なにを望んでいるのか…もう一度じっくり考えて話し合い、素直に自分の気持ちを彼(彼女)に伝えてくださいね。

テヒ

秘書OLを経て結婚。出産後ライターとして活動。 上級メンタル心理カウンセラー。恋愛、婚活、結婚について書いています。