結婚相手を選ぶ際のチェックポイントと選ばれる人になる方法を解説 – 婚活あるある

結婚相手を選ぶ際のチェックポイントと選ばれる人になる方法を解説

結婚相手を選ぶ際、「ビビビッ」と来て決められればよいのですが、いろいろなことを考えて即決できないという人も多いと思います。
 
既婚者の人たちは、何を重視して結婚相手を選んだのか?逆に結婚相手として選ばれるにはどんな人になればいいのか?
こちらでは「結婚相手」をテーマにさまざまな視点から深堀りしていきます。

男女それぞれが結婚相手選で重要視するのは?

結婚相手
性別が違えば、結婚相手に求める条件も変わってきます。
男女共に、結婚相手選びにはどんなことを重要視しているのでしょうか?

男性が結婚相手選びで重要視する点

 

家庭を守れる人かどうか

自分が仕事をしている間に、家庭をきちんと守ってくれる人かどうかを重視する男性は多いです。
 
特に仕事が忙しく、家のことを見る時間が取りにくい人ほど、家庭を任せられる人かどうかを見極めたいというのはうなずけます。
 

料理がうまい

これは「今どき?」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、「胃袋を掴まれる」男性は現在も健在です。
 
今は手料理にこだわらないという男性が増えている反面、自宅でおいしいごはんが食べたいと思う男性も増えています。料理上手に越したことはありません。
 

適切な金銭感覚

育ちや収入に関係なく、金銭感覚が人並みでないと、家計を預けることはできないと思うのは納得です。高収入な男性だからといって金遣いが荒いわけではなく、逆に質素な人のほうが多いかもしれません。
 
「高収入の男性と結婚して贅沢三昧がしたい!」と思っている女性は厳しいかも!?

女性が結婚相手選びで重要視する点

 

職業・年収

男性の職業や年収は、女性の結婚相手選びにとってもっとも重要な要素だそうです。
 
もちろんそうでない女性もたくさんいると思われますが、それこそ街コンや結婚相談所のような、「プロフィールを見てから始まる出会い」の場合は、この点を重視する人は多いですね。
 

一般常識があるか

あいさつがきちんとできる、ある程度の時事を抑えている、食事のマナー等々、決して厳しくはないけれど、最低限の常識は持っていてほしいというのが女性の本音。
 
車を運転していて、危険が生じたときに野次を飛ばすようなタイプだと、結婚後不安になってしまいます。
 

浮気をしない人

年収と同じくらい重要…というよりも、大前提なのが「浮気をしないこと」。
 
一生添い遂げると誓ったのだから貫いてほしいと思うことに加え、「浮気相手にお金など使われたたまらない」というシビアな意見も。

男女共通で結婚相手選びに重要視することは?

 

容姿

思わず振り返ってしまうような美男美女である必要はありませんが、第一印象で「いいかも」と思えるような容姿であってほしいという理想は男女ともに持っているようです。
 
子どもを生むことを考えたら、できるだけ見た目のいい相手であってほしいと考える人もいます。
第一条件というわけではありませんが、こちらも結婚相手に求める条件の上位です。
 

人柄

優しさを持っている人、思いやりがある人、朗らかな人など、穏やかな結婚生活を送れそうな人柄の人であってほしいという思いも、男女ともにあるようですね。
 
それこそ人柄は、年収や金銭感覚よりも重要視するポイントかもしれません。子どもを育てていく上でも配偶者の人柄は大きく影響するので、人柄のよい相手を見つけたいですね。

自分はここにこだわった!結婚相手選びの体験談

結婚相手
恋愛や婚活で結婚相手と出会い、現在結婚生活を送っている男女に、結婚相手を選んだ決め手について聞いてみました。

結婚と恋愛は別!もっとも重視したのはやはり条件

夫とはいわゆる合コン的な集まりで出会いました。
それまで4年ほど付き合っていた恋人がいましたが、定職になかなか就かないため結婚は難しいな…と思って別れを決意。
 
夫からアプローチされたときは細かい収入などは聞いていませんでしたが、暮らしぶりなどを見てある程度余裕のある人だということがわかったので、交際開始後1年ほどで結婚しました。
気持ちより条件重視で始まった交際でしたが、結婚後も仲良くやれているので、いいご縁だったと思います。(35歳:女性)

お見合いだったけれど最終的に重視したのは人柄

仕事が歯科衛生士ということもあってなかなか異性との出会いがなく、親から勧められて数度のお見合いをしました。
見合い結婚には抵抗があったのですが、勧められるままお見合いする中で出会ったのが今の夫です。
 
釣書で相手の職業などはわかっていましたが、それとは別にとてもやさしい人柄が印象的で、この人となら長い人生を一緒に歩んでいけると思いました。
結婚して4年絶ちましたが、とてもうまくいっていて、「そろそろ子どもだね」という話をしています。(32歳:女性)

結婚相手に求めるものとしてもっとも重要なのは?

結婚相手
特に女性は結婚相手を職業や収入で選ぶ傾向が強いようですが、果たしてそれは最善の選択なのでしょうか?
今の時代にみる、結婚相手に求めるべきことを考えてみましょう。

「コロナ離婚」に見る結婚相手選びの重要ポイント

まるで嘘のような本当の話、「コロナ離婚」。
コロナウイルスの影響で夫のテレワークが始まり、24時間一緒に過ごすようになったら仲違いをして、離婚してしまう夫婦が増えているそうです。
 
コロナ渦を考えず今は日中別々に生活できていたとしても、夫が定年を迎えたら四六時中一緒にいることになります。
収入が高くても、家柄がよくても、24時間一緒にいられない人と結婚するのは正解なのでしょうか…?

年収や職業は変わってしまう可能性がある

事業を経営していた夫の会社が倒産し、それに伴い離婚する夫婦は少なくありません。
借金の取り立てなどいろいろな問題があるかもしれませんが、「金の切れ目が縁の切れ目」という妻も少なからずいるように思われます。
 
事業をしていなくても、これからの時代終身雇用は期待できないということは周知の事実。
大企業に就職しても、リストラされてしまうかもしれませんし、大病を患って退職せざるを得なくなるかもしれない。
今ある収入も地位も、あっという間に消えてしまうかもしれないのに、それでも収入を重視して結婚相手を選びますか?

本能で感じる部分が大切なこともある

やさしい、容姿がいい、収入がいい…目に見えるもので相手を判断して結婚相手を選ぶのは当然のこと。
けれど、「なぜかわからないけれど惹かれる」という気持ちや、「とにかくもっと一緒にいたい」という思いも大切にしたいものです。
 
お見合いだと出会ってから結婚を決めるまでにあまり時間がありませんが、そうでない場合は自分の直感を信じてデートを重ねてみてもよいのではないでしょうか。

自分が選ばれることを踏まえつつ結婚相手選びを考える

結婚したら配偶者になった相手と一生添い遂げることになりますので、結婚相手選びに身長になるのは仕方のないこと。
また若干シビアになってしまうという気持ちもわかります。
 
けれど、あなたが結婚相手をシビアに選ぶように、相手もあなたを結婚相手としてふさわしいかシビアに選んでいるかもしれません。
「自分がされたらイヤだな」と思うような結婚相手選びは、相手にもしないほうが懸命です。
 
損得ではなく、自分の気持ちや相手のよいところを見ながら結婚相手を選ぶほうが、最終的に幸せになれるかもしれません。

SNSでシェアする

平島 有梨(ひらしま ゆり)

美容とお風呂とお酒をこよなく愛すフリーライター&1女の母。年の功か?エステやネイルに行くたびに担当から結婚の相談を受けるようになり、いつの間にか婚活サポーターに。幸せな結婚を目指す婚活女子を多方面から応援しています。 ▼instagram:https://www.instagram.com/azulside/