これは脈あり!?デート時の彼の様子で脈ありサインを読み取る – 婚活あるある

これは脈あり!?デート時の彼の様子で脈ありサインを読み取る

片思いの相手とデートにこぎつけたら、確実により脈ありに寄せたいと思うもの。けれど、いざその場になるとどうすればよいのかわからない人がほとんどなのではないでしょうか。

ここでは、デートをOKしてくれた彼の真意の読み方や、脈なしから脈ありに進める方法、脈ありサインを読み取る方法などについて解説しています。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

デートが決まったら脈ありだと思っていいの?


自分から誘ったにせよ、相手から誘われたにせよ、「デート=脈あり」という図式は普遍的だというイメージがあります。けれど、実はデートが決まったからといって、脈ありとは限らないようなのです。

では、どんな状況が脈ありで、どんなときが脈なしなのでしょうか?

デートが必ずしも脈ありとは限らない

「デート」というと、OKされたら脈ありだと思ってしまうのはうなずけます。けれど、初めてデートするときに、「デートしよう」という言葉で誘ったり、誘われたりすることはほとんどありませんよね。

「今度2人で出かけない?」「観に行きたい映画があるんだけど…」など、友人関係でも同じように出かけるであろう誘い方やタイミングで約束を取り付けることになると思います。となると、相手はいわゆる「デート」と認識していない可能性も大いにあるわけで、必ずしも脈ありだとは判断できないのです。

嫌いな異性と2人で出かける人はあまりいませんが、異性の友人と出かけることがある人はたくさんいますよね。相手が自分を異性として意識しているのか、友人の1人としてしか見ていないのかは、デートが決まっただけでは判断が難しいかもしれません。

脈ありかどうかを判断するには?

脈ありかどうかを判断するのは、デートが決まったときではなく、デート中やデート後の彼の態度などが重要になります。デートの約束をしているときに脈ありレベルを知りたいのであれば、相手がデートにどのくらい前向きかをチェックしてみるのがおすすめです。

例えば、デートは相手から誘ってくれたのか?デートプランは相手が考えてくれたか?食べられないものや行きたい場所などを相手から聞いてくれたのか?など、相手がこのデートをどのくらい楽しみにしていて、成功させようと思ってくれているかをチェックしてみてください。

脈なしでも挽回のチャンスはある!

もしも、デートの約束をする際に相手があまり前向きでないと感じられた場合でも、諦めるのはまだ早いです。デートを了承してくれたということは、少なくともあなたのことを嫌っているわけではないということ。嫌いな異性と2人で出かけようとは思いません。

このデートを最大のチャンスと捉え、脈なしから脈ありにシフトさせることは不可能ではありません。ぜひ前向きにデートに向けて準備をしてください。

デート前におさえておくべきポイント3つ


意中の彼との初デートに向けて、ぜひおさえておきたいポイントは以下の3つです。

・ファッションは基本「自分らしく」
・デート中は自然体でも気遣いは忘れない
・女性らしさをアピールできるアイテムは必須

ファッションは基本「自分らしく」

初デートの場合、男性ウケするファッションのほうがよいと思ってしまったり、相手の好みに合わせたファッションのほうが印象がよいと思うことがあると思います。けれど、あまり異性に寄せたファッションよりも、自分らしさが出ているファッションのほうが相手から好印象を受ける可能性が高いです。

あまり異性を意識し過ぎたファッションだと、やる気が見え見えでプレッシャーを与えてしまいます。もちろんそのファッションを普段から好んでいるなら別ですが、そうでない場合は似合わない可能性も高いです。

無理をして似合わないファッションでデートに臨むよりも、自分らしさが出ていて似合っているファッションのほうが、一緒にあるく相手も心地よいのではないでしょうか?

自然体の中にちょっとした気配りを

デート中、相手のご機嫌をうかがいながら気を遣いすぎるのはNGですが、やはりちょっとした気配りを見せると、喜んでもらえます。例えば、料理をシェアする際に取り分けたり、食事中に相手のグラスが空になっていたら、「何か追加注文する?」と声をかけるといった具合です。

もちろん相手の男性にも多少の気配りをしてほしいですが、自分から彼により楽しんでもらえるように気を配ることで、相手にもあなたの思いが伝わります。

女性らしさアピールアイテムは必須

初デートなので、ある程度の準備をして出かける人がほとんどだと思いますが、ハンカチやティッシュといった「女性らしいアイテム」をしっかり準備していくことはマストです。

・ハンカチ
・ティッシュ(ウェットティッシュも)
・アルコール除菌系(コロナ対策)

上記は必須。そのほかのアイテムとしては

・アメやガムなど
・ばんそうこう
・ソーイングセット
・場所によって虫除けやかゆみどめ

これらのアイテムを準備しておき、もしものときにさっと取り出せると「女性らしいな」と好印象を与えることができます。筆者は、春先花粉症の彼とデートをしていて、「ティッシュちょうだい」といわれたけれど持参しておらず、ポイントを下げたことがあります…。

脈ありデートにおすすめの場所は?


せっかくデートをするのですから、より2人の距離を縮められるようなデートスポットを選びたいもの。

脈ありデートを成功させるためにおすすめのデートスポットには、主に以下のような場所が挙げられます。

映画→食事は無難なパターン

初デートでは、無言やシラケた空気にならないことが第一条件なので、できるだけ会話が弾むようなデートプランがおすすめです。そこで外せないのが、やはり「映画」。初対面の人と映画デートだと、いきなり暗い場所で2人きりになるので不安がありますが、以前から知っている片思いの相手なら、映画デートでも大丈夫。

映画を観ている間は無言でも気になりませんし、観終わった後はカフェやレストランなどで映画の感想を話すことができるので、会話が途切れにくいです。1日一緒にいるよりも、初回は軽いデートで…と考えている人にも、映画デートはおすすめです。

何らかの形で盛り上がれる場所がベスト

映画以外でも、初デートで気まずい雰囲気を作りたくないということであれば、遊園地やイベント、アミューズメント施設など、何かを楽しむことができる場所がおすすめです。スポーツでもいいですし、趣味を楽しめるイベントでもいいでしょう。

目の前にあるものを楽しみながら会話がはずめば、「会話が途切れたらどうしよう」と緊張することもありませんし、ひとつひとつのことに対して彼がどんな表情を見せるのかをチェックできて一石二鳥です。

脈ありが確実なら恋人同士っぽいデートもOK

デートが決まった段階で、すでに脈ありが確実だと思える場合は、相手のことをより深く知ることができるデートをおすすめします。ウィンドウショッピングや、仕事の後に飲みに行ったり、お弁当を持ってピクニックしたり、ドライブをするのもいいですね。

脈ありと自覚できているということは、これまでにしっかりコミュニケーションを取れているということですから、話に詰まってしまうことも少ないでしょうし、無言の時間も自然体でいられるはず。であれば、デートスポットの幅は広がります。

デート中に相手が見せる脈ありサイン(デート中)


デートの約束をして、しっかり準備をしたらいよいよデート当日です。デート中に相手の脈ありレベルをチェックするポイントを、以下に解説します。

体が自分側に向いている

隣りで並んで歩いているとわからないかもしれませんが、例えば遊園地や動物園などに行って記念写真を撮るときに、通りすがりの人に写真を撮ってもらうことがあると思います。そのときに、彼の体勢が少しでもあなた寄りに傾いている場合は、脈ありの可能性が高いです。

純粋に楽しそう

文字通り、楽しそうにしてくれているのであれば脈ありだと考えて差し支えないでしょう。楽しそう、つまらなさそうというのは本人が意識していないところで態度に出るので、ふとしたときの表情を見て判断することができます。

話しているときは楽しそうでも、歩いているときにつまらなさそうな顔をしていたり、話しかけても反応が悪いときなどは、楽しんでいないかもしれません。

「もっと一緒にいたい」アピールがある

「まだ帰りたくないね」や、「もっと遊んでいたいね」など、まだ一緒にいたいアピールをしてくれたなら、かなり脈ありだと考えてよいでしょう。例えば、映画に行ってからカフェ→食事と移動して、「もう1軒飲みに行かない?」と誘ってくれたなら、脈ありレベル「高」です。

そのほか、「また来たいね」など、次があるような言葉を発してくれたときも、脈ありレベルは高いと考えてよいでしょう。そう言ってもらうためにも、楽しいデートプランを立てることが重要になります。

デート中に相手が見せる脈ありサイン(デート後)


デート中に脈ありかなと思ったけれど、まだ判断できかねる…というときは、デート後の脈ありサインをチェックしてみましょう。

次の約束ができた

デート後に、次のデートの約束ができたら、脈ありレベルは高いです。これは必ずしも相手から誘われなければNGというわけではなく、「また出かけない?」とこちらから誘ったときもカウントされます。

ただ、社交辞令の可能性もあるので、どちらの場合でも具体的にいつ次のデートをするかが決まったら、脈ありだと判断したほうがよさそうです。デートの終わりでも後日でも、次の約束を交わすことは、さらなるステップへ進むための重要なポイントです。

デート後彼のほうから連絡をくれた

デートが終わって分かれた後、当日でも後日でも、彼から連絡をくれたときも脈ありだと考えてよいでしょう。「ちゃんと家に着いた?」とか、「今日楽しかったね」など、簡単な連絡でもOKです。

彼から連絡をくれたということは、彼があなたとまた話したい、コミュニケーションを取りたいと思ったということ。次にあなたからの連絡もしやすいのでとてもうれしい傾向です。

これって脈あり?判断しにくいシーン


デート前やデート中、デート後、すべてにおいて、脈ありか否かを判断できないシチュエーションがあると思います。以下に、そのシチュエーションと判断のポイントについて解説します。

送ってくれなかったときは脈なし?

マンガや映画では、彼が彼女を家まで送るシーンがすごく多く描かれていますよね。だから、デート後は彼が彼女を家まで送ってくれるもの…と思っている人もいるかもしれません。けれど、「家まで送る」は脈ありの判断に有効ではありません。

実際に男性に聞いたところ、「必ず家まで送る」という男性もいれば、「デート後に家まで送ったことは1度もない」という男性もいました。必ず家まで送る男性は、自分の車でデートをして、迎えも送りもしているタイプの人です。逆に、送ったことがないという人は、電車移動の人でした。

必ずしも近所に住んでいる人とデートするとは限らないので、例えば大宮と横浜に住んでいる2人が、新宿で待ち合わせてデートをするということもあるでしょう。そこで彼女を大宮まで送ってから横浜の自宅に帰るというのは、現実的ではありませんよね。

もし彼が送ってくれなかったとしても、それが脈なしサインではないと思って差し支えありません。

デート代を出してくれたら脈あり?

食事や映画のチケットなど、デートでかかったお金を出してもらえたら、なんとなく脈ありかなと思ってしまいますね。けれど、意外と判断材料としては心もとないようです。

金額にもよりますが、女性にお金を払わせることを好まない男性というのは一定数います。例えば友だちとしてお茶をした際に、友だちなのにごちそうしてくれる人がいるのです。嫌いな人にごちそうをすることはないと思われますが、「おごってくれたから脈あり」とすぐ判断するのではなく、ほかの要素を織り交ぜた上で判断することが望ましいです。

連絡がすべてLINEは脈なし?

デートの約束をしてからデート後まで、会っている間以外の連絡はすべてLINE…となると、「この人は私と話したいと思わないのかな?」と不安になってしまいますよね。これも人によるところが大きく、必ずしも脈なしだとは限りません。

例えば、仕事やライフサイクルが不規則な人であれば、電話している時間がないのでLINEで手短に用件を伝えようとするでしょうし、電話が嫌いな男性というのは一定数存在します。またLINEなら、いつでも相手が都合のよいときに確認して返信できるので、相手を思ってLINEでの連絡手段を選んでいるのかもしれません。

LINEでのやり取りに不安を感じたら、やはりほかの要素と合わせて判断してください。

初デートは絶交のチャンス!ぜひ脈ありにもっていこう

デートの約束をしたということは、相手の気持ちがまだ揺れているとしても、少なからず嫌いではないということははっきりしています。まだ脈なしだとしてもそこから脈ありにシフトすることは十分可能ですし、脈ありの人なら一気に交際へと発展させることも不可能ではありません。

初デートは恋を実らせる上で絶交のチャンスなので、ぜひしっかり準備をして、楽しい時間を過ごしてください。そして「また会いたい」と思ってもらえたら、脈ありに近づいているということ。次のデートを取り付けて、2回目のデートでもっと距離を縮められるように、次のステップへ進みましょう!

SNSでシェアする

平島 有梨(ひらしま ゆり)

美容とお風呂とお酒をこよなく愛すフリーライター&1女の母。年の功か?エステやネイルに行くたびに担当から結婚の相談を受けるようになり、いつの間にか婚活サポーターに。幸せな結婚を目指す婚活女子を多方面から応援しています。 ▼instagram:https://www.instagram.com/azulside/