異性の友達と恋人の違いとは?恋人にステップアップする方法 – 婚活あるある

異性の友達と恋人の違いとは?恋人にステップアップする方法

異性の友達と恋人の境界線については、「男女の友情は成り立つか否か」というテーマと合わせて1度は考えたことがあるのではないでしょうか?

恋愛対象の異性の友人についても気になりますし、友人から恋人に発展させたい、逆によい友人関係を続けたいというケースもあるでしょう。

こちらでは「異性の友達と恋人の違い」や、恋愛に発展させるためのポイントに焦点を当てて考えていきたいと思います。

異性の友達と恋人の違いはどんなところ?


異性の友人と友だちの違いは、なんとなくわかるけれど具体的に説明するとなると難しいですよね。

ここでは、友人パターンと恋人パターンの両方からそれぞれの違いについて解説します。

相手のことを考えた行動を取る

友人であっても恋人であっても、相手のことを考えて行動するという点は人間関係を構築する上で当然のことだといえます。

しかし、友人と恋人では考える内容が少し変わってくるようです。

定期的に連絡する

友人の場合は、連絡をしなければいけないと決められているわけではありません。しかし恋人となると、多くの男女が無意識のうちに「定期的に連絡する」ようになる人が多いと思います。

恋人を思い出して声を聞きたいと思っていることを、行動で伝えようとしているのかもしれませんね。

焼きもちを焼かせる行動を取らない

異性の友達と恋人の大きな違いとして挙げられるのが「焼きもちを焼かせる行動を取らない」という点です。
友達だからこうした行動を取ってもいいというわけではなく、友達「の場合は「焼きもちを焼かせてはいけない」と意識する必要がありません。

友達であればほかの異性の友達と出かけても不都合はありませんし、断る必要もないですよね。

友人にはないけれど恋人にはある気持ち

異性の友達であっても恋人であっても、相手を大切に思う気持ちは同じ。けれど、恋人だけに抱く気持ちというものがあります。

疲れていても会いたいと思う

仕事で疲れているときに飲み会などに誘われた場合、「今日は疲れているから遠慮するね」ということがあっても、恋人には逆に「疲れているけれど会いたい」という気持ちになる人は多いのではないでしょうか。

元気がないときや落ち込んでいるときに恋人の声が聞きたくなる、会いたくなるというのは、友達には抱かない気持ちだと思います。

嫉妬心を抱くか否か

焼きもちを焼くか否かという点も、異性の友達と恋人の違いとして大きなポイントです。

友達に焼きもちを焼くという人はあまりいないと思いますし、友達だけど焼きもちを焼くという場合、その友達に恋愛感情を抱いている可能性があるかもしれませんよ。

ズバリ!ボディコミュニケーションがある

海外では友達関係でもハグやキスといったボディコミュニケーションを取ることがありますが、日本国内では異性の友達とボディコミュニケーションを取ることはあまりありませんね。
けれど、恋人であればもちろん取りますし、それ以上のボディコミュニケーションもあります。

友人のままよいお付き合いを継続したい場合


異性の友達としての関係が崩れそうになっているケースには、あなたが異性の友達に恋愛感情を抱いているケースと、相手があなたに恋愛感情を抱いているケースがあります。

いずれにしてもあなたはよい友人としての関係を崩したくないというのであれば、友人関係からはみ出さないような行動が大切です。

基本的に2人きりでは会わないようにする

異性の友達と2人きりで会うという行為は、アリな人とナシな人がいると思います。
2人でお茶をするくらいなら抵抗がないけれど、食事などは一歩踏み込んだ印象を持つ人もいるでしょう。

2人きりで会うことは、友達以上の関係を期待してしまう人もいると思われますので、友人関係以上に進めたくないのであれば控えるのが懸命です。

適度な距離感を保つ

2人きりで会う、会わないにも通じることですが、「これって友達以上?」と思わせるような行動は慎み、一定の距離感を保つことは友人関係を継続する上で大切なことです。

過度なボディタッチを控える、連絡の取りすぎに気をつけるなどを意識して、ほかの異性の友人と同じように接するように心がけます。

恋愛相談をしてしまう

相手が自分に行為を持っていることが伝わってくるけれど、自分はどうしても友達以上の関係になりたくないということであれば、思い切って恋愛相談をしてしまうのもひとつの方法です。

あなたに意中の異性がいることが分かれば、相手は自分の気持ちをアピールしてくることはなくなるでしょう。

しかしこの場合、友人関係自体も壊れてしまう可能性がありますので、最終手段として抑えておくことをおすすめします。

友人から恋人にステップアップしたい場合


異性の友達から相手に行為を抱いてしまった場合、ステップアップはハードルが高いと感じる人は多いようです。

自然に恋人関係に進むにはどのような行動を起こすのがベストなのでしょうか?

そもそも友人から恋人関係ってあり?

友人関係から恋人関係に進むことについては、大きく2つに分かれるというのが正直なところです。
友達から恋人になるケースはかなり多い反面、「絶対ムリ」という人もいます。

初めて会ったときに友達止まりになるか、恋愛対象としてアリかがはっきり分かれる人が多いようですので、相手が自分に対してどんな印象を抱いたかが重要なポイントとなります。

現在の2人の関係を見極める方法

恋人関係に発展できるかどうかを見極めるには、まず相手が自分を異性として意識しているかどうかが重要です。

例えば、友達だけれど一緒にいるときにさりげなくレディファーストをしてくれる場合、少なくとも同性のような友達関係よりもあなたを異性として意識している可能性は高いと思います。

そのほか、あなたの過去の異性関係を知りたがったり、恋愛観に興味を示している場合も異性として意識している可能性があると考えてよいでしょう。

2人で過ごす時間を増やす

やはり2人きりで過ごす時間を増やさないと、相手との距離を縮めることができません。
さりげなく食事や映画に誘ってみたり、誘ってほしいアピールをしてみましょう。

快く応じてくれれば脈アリだと考えてよいでしょうし、逆にほかの友達も誘われてしまったり、「2人きりはちょっと…」と言われてしまったときは、脈ナシだと判断する材料にもなります。

恋人関係を目指す際の注意点

 

必ずしも恋人になれるとは限らない

好きな人ができても必ず恋人関係になれるとは限らないように、友達関係からアプローチをして必ず恋人関係に進めるとは限りません。

その場合いつか相手に恋人ができてしまう可能性があり、辛い思いをするかもしれないことを踏まえた上で新たな関係に踏み出すための行動を起こす覚悟が必要です。

友達関係にすら戻れない可能性がある

アプローチをしても気持ちが届かなかった場合、これまでのような友達関係に戻れない可能性があります。

相手が自分を異性として意識していると思うと、緊張して今までのように接することができなくなってしまうかもしれません。

相手とコミュニケーションを取れなくなることが怖いということであれば、自分の気持ちを抑えて友人関係のままでいることも選択肢のひとつです。

相手の心をうまく読みつつ理想の関係を作っていこう

異性の友達と恋人の違いは、不明瞭なようで意外とはっきり線引きされている部分もあります。
そして、今の関係を継続するか、新たな関係に進むかは、相手次第でもあり自分次第でもあるのです。

お互いが傷つかずに理想の関係を築くには、相手の心を読み取りながら少しずつ行動を起こすことがポイントとなります。

異性の友達という微妙な関係をより理想に近づけたいという人は、こちらで紹介した内容を参考にしてみてくださいね。

SNSでシェアする

平島 有梨(ひらしま ゆり)

美容とお風呂とお酒をこよなく愛すフリーライター&1女の母。年の功か?エステやネイルに行くたびに担当から結婚の相談を受けるようになり、いつの間にか婚活サポーターに。幸せな結婚を目指す婚活女子を多方面から応援しています。 ▼instagram:https://www.instagram.com/azulside/