思わずドキッ。男性が本当に好きな女性の香りとは

いよいよ、夏本番。本格的暑くなってきましたね。
この時期、汗をかいて「体臭」も気になる季節です。
正直、どんなに綺麗にお化粧をしても、トレンドの洋服を着ていても、「匂い」ひとつで、女の価値がガクッと下がってしまうことがあります。
女性が男性に「清潔感」を求める以上に、男性はあなたに「清潔感」を求めています。
最低限、「臭う・・・」なんて思われないようにしましょう。

人間は、良い匂い、苦手な匂い、を本能的に嗅ぎ分けています。どんなに良い香り、であったとしても過剰な(強い)香りは、男性には不評です。
では、どんな香りに男性はドキッとするのでしょうか。これからの季節の匂いのエチケットと併せて考えてみましょう。

1. 香りを身にまとう前に、身体を清潔にすること

じめじめの梅雨時、ムシムシする猛暑、これからの季節、汗をかくな、体臭を出すな!なんてことは言いません。
私自身、とっても汗かきなので・・・。夏場には、日に何度もシャワーを浴びることもあります。

基本は、出かける前にはシャワー浴びてできる限り匂いのもとを洗い流しておきましょう。
その後は、しっかりと制汗対策を。私はこの時期、無香料のスプレータイプのものを使用しています。
シューっとスプレイするとひんやりとして気持ちも良いし、特に朝は気持ちもしゃっきりするのでお勧めです。

2. あなたの好きな香りが男性の好きな香りとは、限らない

女性には、華やかなフローラルやローズ、しっとりとしたムスクの香りが人気です。では、男性は?男性はどんな香りが好きか、知っていますか?

女性からしてみると、ちょっと意外かもしれませんが、男性が好きな香りとは、「華やかさ」よりも、「爽やかさ」をアピールする香りなのです。
前述したように、男性は、女性に「清潔感」を求めています。ベタですが、せっけんの香り、は男性が好む香りの代表的なものです。

洗い立てのタオルの香り、これは、小さな頃に嗅いだ、懐かしい香りですよね。
男性は、基本がマザコン、です(と、私は経験から断言します!)。
母親との記憶の奥にあるような、そんな懐かしいせっけんの香りが、ぐっとあなたへの親近感を高めます。
また、シトラス系のさっぱりとした香りも人気です。グレープフルーツや、柑橘系の香り、なんてとってもお勧めです。

特に、これからの季節は、ふわりと漂う爽やかな香りが、涼しげな印象をあなたにも与えてくれます。
バリバリのキャリアウーマン風の女性が、ムスクの香り・・・イメージ通りですよね。
ちょっと近寄りがたい雰囲気も作ってしまっているかも。
でも、瑞々しいグレープフルーツの香り、なんてそのギャップに男性ならドキッとしてしまいます。

3. 一番大切なのは、TPOに合わせて香りの演出をすること

「男性は、いい香りに弱い」これは、事実です。
でも、いつでもどこでも、「香り」を振りまくようでは本当の意味での香りの上級者とは言えません。
TPOを考えて、つける香りを変える、もしくは、いっさいつけない、など。

例えば、お寿司屋さんに行くのに、香水つけていくのはどうでしょう。
周りの人の食欲まで落としてしまいますよね。汗をたっぷりかく、アウトドアバーベキューにたっぷりの香水は必要ありません。
汗と混ざって・・・何とも不快な匂いになってしまいます。

4. 香りで男性をドキッとさせたいなら・・・


せっけんや柑橘系などの爽やかな香りを選ぶこと。これからのサマーシーズンでは、香りを身にまとう前に、しっかりと自分の体臭は洗い流しておくこと、制汗対策をしておくこと。
ひとつ、大切なことを書き忘れていました、香りもマンネリ化しないこと、です。
時には、ローズ系や、ムスク系など身につけるのもお勧めです。そう、男性は、ギャップ(いつもと違う)に弱いのです。


いかがでしたか?

良い香りは、男性のためだけではなく、あなた自身のテンションもあげてくれるものです
かといって、つけすぎは絶対NGです。嗅覚は、人間の感覚の中でも慣れてしまいがちなものなので「自分では適量」と思っていても、
周りからしてみたら「公害レベル」の香りになっている可能性もあります。

ちょっと物足りないくらい・・・がちょうどよい、です。香りのエチケットをしっかりと守って、男性をドキッとさせる香り上手になりましょう。

ひよこ

1970年代生まれのO型、肉食女子。猪突猛進と言われ続けて早20年。丸の内OLをしながら銀座でホステスをしています。趣味は合コンセッティング。