成功率を上げる告白の切り出し方!脈あり・脈なしを判断するポイントも徹底解剖 – 婚活あるある

成功率を上げる告白の切り出し方!脈あり・脈なしを判断するポイントも徹底解剖

2022.06.23

気になる相手と交際に進むうえで、欠かせないのが告白です。相手にどう切り出してどんな言葉をチョイスするのか、チャンスは一度であるからこそ入念な準備が必要になります。

 

告白は、伝え方や切り出し方で成功率を高めることが可能です。方法を間違えると、勝算をぐっと下げてしまう可能性があるので、注意しましょう。

 

そこで今回の記事では、成功率を上げる告白の切り出し方や脈あり・脈なしを判断するポイントを徹底解剖します。気になる相手に告白するために切り出し方を知りたい方や、相手が自分に興味があるのかを見極めたい方にはとくにおすすめです。

 

本記事内では、告白の切り出しが上手くいかなかった時の対処法を紹介しています。万が一の時に備えて、さまざまな情報・知識を把握しておきましょう。

 

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

【切り出し方の前に】告白の仕方は全4種類

告白の切り出し方の前に、今回は告白の方法について紹介します。告白には直接や電話、LINE、手紙の全部で4種類が存在します。それぞれの告白の詳細やメリット、デメリットをまとめました。告白しようか迷っている方は、本内容を参考にして方法を検討しましょう。

 

直接

相手をどこかに呼び出すまたは予定を合わせて、直接告白をする方法です。直接会って告白するメリットは、相手にこちらの気持ちを直接伝えられる点。自分の言葉で相手の目を見ながら気持ちを伝えられるので、こちらの感情が告白される側に伝わりやすくなります。

 

また、直接気持ちを伝えること自体が相手に好印象を与えるケースも多くあります。直接告白するのは勇気のいることであるため、それほど自分のことを真剣に考えてくれていると感じてくれることも。相手に真剣度を伝えるなら、直接告白するのがおすすめです。

 

ただ、直接告白するのはとても緊張します。相手の反応を見ながら気持ちを伝えるので、断れた場合とても辛いです。会う予定を2人で立てる必要があるので、タイミングが合わないとなかなか告白ができないこともあります。

 

電話

互いに予定を合わせて、電話で告白する方法です。電話で告白する方法の場合、直接よりも緊張度合いが低くなります。相手と対面せずに気持ちを伝えられるので、緊張しいの方や断れた時のダメージをなるべく少なくしたい方にはとくにおすすめです。

 

また、電話で告白する場合は相手との距離があってもすぐに連絡が取れます。わざわざ待ち合わせをして同じ場所にいる必要がないので、相手に事前に告白することが伝わりにくいです。

 

ただし、電話で告白すると相手の反応や状況が全く分かりません。周囲に友達や家族がいて、聞かれている可能性も否定できません。言葉だけで気持ちを伝える必要があるので、言い回しや言葉のチョイスを間違えると相手に誤解を与えてしまう恐れもあります。


LINE

LINEで告白するメリットは、気軽に気持ちを伝えられる点です。自分が発する言葉ではなく、文章で伝えるので直接・電話での告白よりも難易度が下がります。緊張度合いも低くなるので、なるべく緊張したくない方やゆっくり考えた上で告白したい方にはとくにおすすめです。

 

また、LINEなら文章を何度も読み直して自分にとって最高の告白の言葉を伝えられます。LINEを送る前に何度も確認できるので、相手に誤解や不快感を与えないか、誠実さはアピールできているかなど、事細かに確認可能です。

 

ただし、LINEの場合は相手が告白をウソと勘違いしてしまうパターンも。「ウソ告白」と思われてスルーされたり、軽くあしらわれたりする可能性があります。

 

手紙

手紙で告白するメリットは、文章で素直な気持ちを伝えられる点です。自分の口からは到底いえないような恥ずかしい言葉も、手紙ならいえる方も多くいます。手紙なら何度も書き直せるので、自分にとって1番良い文章で気持ちを伝えられるはずです。

 

ただし、手紙の場合は字が汚いと相手に不快感を与えてしまう可能性があります。真剣に書いていないまたはおふざけと思われてしまう可能性もあるので、文章力に加え字の綺麗さも必要になります。

 

告白を切り出すのにおすすめなシチュエーション4選

今回は、告白を切り出すのにおすすめなシチュエーション4選を紹介します。帰り道や車の中、家の前、自宅の4つです。

 

告白を切り出すなら、電車や街中など人が沢山いる環境はなるべく避けるのがおすすめです。落ち着いた状況で告白をされたいまたはロマンティックな場所でされたいと思う女性は多くいます。場所選びを間違えると、がっかりさせてしまう可能性も。

 

告白は、その後も記憶に残り続けます。良い思い出として残り続けるためにも、シチュエーションには注意しましょう。


帰り道

告白をするなら、会社や学校などの帰り道に伝えるのがおすすめです。帰り道なら、その後わざわざ予定を合わせる必要はありません。予定が合わずにきっかけを失うリスクを減らすことが可能です。

 

帰り道の告白なら、2人で歩いている中で自然な流れで気持ちを伝えられます。シチュエーション的にもロマンティックなので、良い思い出として残りやすいでしょう。

 

”帰り道に告白をする・される”は、青春ドラマでもよく見るパターン。ドラマの主人公になった気持ちで、素直に相手に気持ちを伝えてください。


車の中

告白をするなら、車のなかがおすすめです。デートの帰りなどで、素直に気持ちを伝えましょう。デート帰りの車の中の場合、相手が脈ありかどうかを判断した上で告白できます。万が一、脈なしであれば告白を見送ることも可能。柔軟な対応ができるのが、車の中です。

 

車の中で告白する際、相手との距離が近くなるので直接告白する中でもとくに緊張する可能性があります。デートの予定がある方や、脈ありの可能性が高く早く気持ちを伝えたい方にはとくにおすすめです。

 

家の前

告白をするなら、家の前がおすすめです。デートで家の前まで送った後に告白をしましょう。別れ際に告白をするのは、ある意味お決まりパターン。思い出として残る良いシチュエーションでもあるので、おすすめです。

 

ただし、両親と一緒に暮らしている人に告白する場合は親側に気づかれてしまうリスクがあります。近所の人に告白している様子を見られるまたは聞かれてしまう可能性もあるので、状況によって判断することが大切です。

 

じっくり告白の時間をもつことができないので、さくっと済ませたい方や告白後は互いに1人になってゆっくり時間をもちたい方にはおすすめです。

 

自宅

自宅で告白するなら、成功する確率が高いです。自宅でデートしているまたは2人で過ごしている状況である時点で、かなり可能性が高くなっています。相手が告白を待っている可能性もあるので、素直な気持ちを伝えましょう。

 

ただし、用があってたまたま立ち寄ったなどの場合には自宅で告白するのはおすすめできません。自宅で告白すると、相手に恐怖感・不快感を与える可能性があります。完全に脈ありだと思うまでは、自宅での告白は控えましょう。

 

【セリフ付き】告白の切り出し方

今回は、告白の切り出し方を男からや女から、大学生、社会人別にそれぞれ紹介します。告白をするなら、切り出し方や伝え方はとても大切。成功のカギを握っている可能性も十分あるので、イメージトレーニングする意味でもおさえておきましょう。セリフ付きで紹介するので、ご覧ください。


告白の切り出し方|男から編

「好きです!付き合ってください」

男から告白するなら、ストレートに伝えましょう。思っていることをそのまま伝えれば、相手に勘違いされたり誤解を与えたりする心配はありません。


告白の切り出し方|女から編

「ずっと好きでした。付きあってください」

女から告白するなら、少し恥ずかしがっている素振りをみせながら伝えるのがおすすめです。緊張しながらも勇気を持って伝えてくれる姿が、相手に好印象を与えます。


告白の切り出し方|大学生編

「ずっと前から気になってました。好きです、付き合ってください」

学生が告白するなら、素直に気持ちを伝えます。告白は、素直な気持ちをさらけ出すことが大切。恥ずかしかったとしても、「今しかない!」と勇気を振り絞りましょう。

 

告白の切り出し方|社会人編

「結婚を前提に付き合ってほしい」

社会人で恋人を作る場合、結婚を意識するしない問題があります。告白する側が結婚を意識しているのであれば、最初からその旨を伝えつつ告白しましょう。相手が告白はOKでも結婚はしたくないまたは考えられない可能性も。互いの勘違いを防ぐなら、先に意思を伝えておくのが確実です。

 

告白の切り出し方が上手くいかなかったときの対処法

今回は、告白の切り出し方が上手くいかなった時の対処法を紹介します。タイミングを見直すや場所を移動する、考える前にとりあえず行動するの3点です。

 

告白の切り出しは、必ずしも上手くいくとは限りません。タイミングを失ってしまったり、勇気がでずにスルーしてしまったりなどさまざまな状況が考えられます。告白を切り出すときには、切り出せなかったときの対処法もおさえておきましょう。各対処法の詳細や具体例をまとめました。


タイミングを見直す

告白を上手く切り出せなかったなら、タイミングを見直しましょう。告白するために予定を合わせられなかったなら、次の日に振り替えたり告白の方法を変更したりなどタイミングを検討します。

 

告白の切り出し方が上手くいかなかったからといって、すぐに諦めてしまうのはおすすめしません。次のタイミングで、告白すれば上手くいく可能性もあります。諦めてしまうと全ての可能性を潰してしまうので、タイミングが合うように調整するのがおすすめです。

 

ただ、すぐに飽きられてしまうのであればその程度の気持ちだったということ。今回の恋は縁がなかったと諦めて、次の恋愛に進むのも1つの方法といえるでしょう。


場所を移動する

告白を上手く切り出せなかったなら、場所を移動しましょう。2人で会っている状況の場合、場所を移動することがよいきっかけとなり告白できるかもしれません。いつまでも同じ場所にいては、時間だけが過ぎていってしまいます。思い切って場所を移動して、告白の準備をしましょう。

 

また、場所を移動するならシチュエーションには注意が必要です。人が沢山いるところから落ち着かない場所は、告白には不向き。良い思い出として残しておくためにも、素敵な場所・空間があるスポットに移動しましょう。


考える前にとりあえず行動する

告白が上手く切り出せなかったら、考える前にとりあえず行動することを意識します。頭で考えているだけでは、物事は動きません。まずは行動を起こしてみて、そこから考えるのも1つの方法です。

 

例えば、デートに誘おうか迷っているなら思い切って話をしてみましょう。考えているようでは、いつまで経ってもきっかけが生まれません。次の恋にも進めない曖昧な状態なので、思い切って連絡を取るのがおすすめです。

 

告白の成功率をぐっと高めるコツ・注意点【切り出し方とともに】

今回は、告白の成功率をぐっと高めるコツ・注意点を4つ紹介します。気持ちをストレートに伝えるや、電話やLINEよりも直接会って伝える、返事を急かさない、相手が脈ありかどうか見極めておくの4点です。

 

告白は、コツ・注意点を知って気を付けておけば成功率を上げられます。友達から恋人に昇格するためには、告白をして自分の想いを伝える必要があります。少しでも告白の成功率を上げるため、コツ・注意点を把握しましょう。

 

気持ちをストレートに伝える

告白の成功率を上げるなら、気持ちをストレートに伝えることが大切です。告白は勇気のいること。恥ずかしくてどこか誤魔化してしまったり、直接的な表現を避けたいと思う方もいます。

 

ただし、告白だからこそストレートに気持ちを伝えることが重要。気持ちを素直に伝えることは、それだけ相手のことを真剣に考えているというアピールにも繋がります。こちらの真剣度が伝われば、告白成功の確率を上げることにも繋がってくるでしょう。

 

告白は、思い出に残るもの。成功しても失敗しても、良い思い出として残すには素直で誠実に相手に向き合いましょう。恥ずかしさを隠すために誤魔化したい気持ちをぐっと抑えて、素直に今の気持ちを相手に伝えてください。

 

電話やLINEよりも直接会って伝える

告白の成功率を上げるなら、電話やLINEよりも直接会うのがおすすめです。直接会って告白する方が、こちらの気持ちが伝わりやすいです。「絶対緊張するのに直接会って気持ちを伝えたいなんて誠実な人なんだな」と、相手に好印象を与えられる可能性があります。あえて自分を厳しい状況に置いたからこそ、真剣度が伝わります。

 

また、直接自分の口から伝えることで相手が勘違いする場合を防げます。電話やLINEなどの場合は、受け取り手(相手)の表情が分からずこちらが思った通りに受け止めているかが分かりません。直接なら相手の姿を見ながら伝えられるので、勘違いされるリスクを下げられます。


返事を急かさない

告白の成功率を上げるなら、返事を急かさないのがおすすめです。一刻も早く気持ちを知りたいと思うのは、当然。待っている側は、早く返事を知りたいと思うのが自然の流れです。

 

ただ、いきなり告白をされて相手も戸惑っていることでしょう。落ち着かない状況で返事を急かしてしまうのは、相手に不快感を与えてしまう可能性があります。「こちらの気持ちを考えられない人」「OKするつもりだったのにやっぱり・・」などと、思われてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

また、こちらから「ゆっくり待っているから返事は急がなくていい」と前もって伝えるのも効果的です。相手がゆっくり考える時間をもてるのはもちろん、余裕を見せられます。

 

相手が脈ありかどうか見極めておく

告白の成功率を上げるなら、相手が脈ありかどうかを見極めましょう。「脈ありサイン」が多く見られた場合は、告白が成功する可能性が高いです。なるべく早く告白して、友達から恋人に昇格するのもおすすめです。

 

告白の成功率を高めるには「脈ありサイン」にも注目しよう

今回は、告白の成功率を高める脈ありサインを紹介します。スキンシップが多くなるや相手からの連絡頻度が多い、恋愛に関する質問をしてくるの3点です。

 

告白の成功率を高めるためには、コツ・注意点だけでなく相手が脈ありであるかも重要。会話や行動からでている「脈ありサイン」を見て、相手がこちらに気があるかを見極めましょう。各サインの詳細を解説します。


スキンシップが多くなる

告白の脈ありサインを見抜きたいなら、スキンシップの有無・量に注目しましょう。気になる相手に対し、近づきたいまたは触れたいという想いからスキンシップが多くなるケースは珍しくありません。会話の中で肩や手を触ることが多くなったり、今までよりもスキンシップの量が増えているなら脈ありである可能性があります。

 

また、他人といる時よりも自分といる時のほうがスキンシップが多くなる場合には脈ありの可能性が高いです。元々スキンシップが多い人なら、他人と自分との接し方の違いにも注目しましょう。


相手からの連絡頻度が多い

告白の脈ありサインを見抜きたいなら、相手からの連絡頻度に注目しましょう。相手からの連絡頻度が多い場合、脈ありの可能性があります。それだけ自分と連絡を取りたい・繋がっていたいと思っていることが考えられ、告白が成功する確率が高いでしょう。

 

また、相手から連絡の催促がある・こちらが返信する前に何度も送ってくる場合には脈ありの可能性が高いです。こちらに夢中になっていることも考えられるので、早めに告白することをおすすめします。

 

ただし、相手からの返信がかなり遅いまたは連絡が返ってこないなら脈なしの可能性が高いです。こちらに興味がなく、優先度が低いため連絡を返さないことが考えられます。これらの場合は、告白をしても断られる確率が高いので諦めるまたは当たって砕けることをおすすめします。

 

恋愛に関する質問をしてくる

告白の脈ありサインを見抜きたいなら、相手から恋愛に関する質問をしてくるかで見極めましょう。恋愛の質問が多く恋人の有無を確認してきたなら、脈ありな可能性があります。こちらからも少しずつアプローチをして、脈ありであるかを確認しましょう。

 

また、最近になって急に恋愛に関する質問をしてきたまたは積極的に話をするようになってきたなら、少しずつ自分に興味・関心を持ち始めている可能性があります。諦めずに良い距離感を保ちながら、少しずつ告白成功の確率を上げていきましょう。

 

効果的な告白の切り出し方とコツで成功率を高めよう

今回の記事では、成功率を上げる告白の切り出し方や脈あり・脈なしを判断するポイントを徹底解剖しました。告白を成功させるには、上手な切り出し方とコツを掴むことが大切です。

 

もし告白のタイミングが上手くいかなかったときは、タイミングを見直すや場所を移動する、考える前にとりあえず行動するなどを実践してみましょう。告白を成功させるなら、焦りは禁物。時期とタイミングを狙って、確実に成功させることが大切です。

 

SNSでシェアする