マッチングアプリでLINE交換するタイミングとは?マッチングアプリでLINE交換するメリット・デメリット

2022.05.28

マッチングアプリでLINE交換を提案されて、不安な時はありますよね。この記事ではマッチングアプリで出会いを探す女性に向けて、LINE交換のメリットや危険な男性の見分け方、上手な断り方を解説します。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

マッチングアプリでLINE交換するベストタイミングは?


 
「過去にLINE交換した際の平均的な日数を教えてください」の質問では、 男性は「2~3日」が34.1%、女性は「1週間程度」が28.0%で最多となっています。 「マッチング後、LINE交換する際までの理想の日数を教えてください」の質問でも同様に、 男性は「2~3日」が36.7%、女性は「1週間程度」が29.3%で最多となっていることから、 女性側はLINE交換に対して慎重であることがうかがえます。

「メッセージでどのくらいやり43.18%取りして交換に至りましたか?」の質問では、 「10往復以上」が男性43.1%、女性57.3%と男女ともに最多となっています。
参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000015190.html

マッチング後すぐの早いタイミングはNG!

マッチングしてすぐLINE交換を打診するのも、された時に受け入れるのもNGです。

遊び目的の場合は他の男性に奪われるのを防ぎつつ、遊び相手に相応しい女性を選別するためにも、早めにライン交換を持ちかけてくる傾向にあります。

少しでも「チャラい」「ヤリモク」と思うなら、真剣に婚活しているなら避けるべきです。あなたが傷つくだけです。実際、私がアプリを使っていたときすぐに「好き」「会いたい」「ライン教えて」と言ってくる男性は遊びかヤリモクでした。真剣に婚活している自分からすると避けたいお相手でしたので、マッチ後すぐLINEを聞いてくる人とはフェードアウトしていました。

もし自分がされた場合は、女性の場合、マッチングしてすぐ聞くと業者だと見られてしまうことがあるので注意してください。

1.会う約束をしてから

LINE交換の最適なタイミングは「デートの直前」だと言われています。LINEは基本的に仲のいい人としか交換しません。仕事仲間でも個人的には好感しない人もいますよね。そのため、マッチングアプリの人と交換する場合も、できるだけ相手のことを信頼したり、仲良くなってから交換したいものです。

そこでおすすめのタイミングは、会う約束をしてから。デートが決まるくらいにはお互いに信頼しあい、かつ、前日など直前に交換できれば、連絡事項だけ送ることで事足ります。どうメッセージを送ればいいか悩むこともないでしょう。待ち合わせ場所近隣では、なるべく早く既読がわかったほうがいいですよね。その点からも、LINEを交換することでこまめに連絡が取れる・電話ができるLINEの方が便利だといえます。

2.実際に会ってから

会ってみてから交換するのももちろんいい方法です。メッセージでもどんな人なのかはある程度理解できますが、やはり会うと印象が違うものです。LINEの交換も業者に対してしてしまうと怖いですし、できれば会ってから交換したいと思うのも当然のことです。

相手から会う前のライン交換を持ち掛けられたら、実際に会ってからにしたいと伝えてみてください。それで怒るようなら、その人はもともとあなたに釣り合う男性ではないのです。「次も会いたい」「もっと仲良くなりたい」と思えてから交換できたら、付き合いも長続きしやすくなるでしょう。

3.会話で相性を確かめてから

「メッセージのやりとりだけではなかなか相手のことを理解しきれない。けれど、会うのも怖い……」
そんな時は電話をすることがおすすめです。会う前に電話をすることで相手の声や雰囲気などメッセージだけではわからないことが知れますし、ある程度話すことで相手との相性や価値観味などがわかり、実際に会うかどうかの判断もしやすくなります。

電話といっても、電話番号を教える必要はありません。通話機能のあるマッチングアプリを使ったり、ズームなどのオンラインツールを使うことで、LINEを交換する前に通話が可能です。

【男の本音】なぜすぐにLINE交換をしようとするの?


マッチングアプリの男性がすぐにLINE交換をしたがるのは、金銭問題とヤリモクの2パターンが多いです。マッチングアプリというのは、女性は無料ですが男性は有料のことが多いです。そのため、できるだけ早く彼女や婚活相手候補を捕まえて、アプリを退会したいのです。

また、ヤリモク、つまり身体の関係を持ちたい」「遊び目的の女性を見つけたい」という場合も、長くやり取りをすることを避けます。理由は当然、面倒だからです。セックスを目的にしているのに長々と趣味の話や相手の話を聞きたくない、というのは、当然のような気もしますが、あなたが同じ目的でない限りは注意したほうがいいでしょう。

また、一般的なマッチングアプリは、女性に多くの男性から連絡がくるという性質上、「自分がフェードアウトされることを避けたい」と考える男性もいます。そのため、しっかり連絡を取れるLINEの交換を早めにしたいと考えるようですね。

マッチングアプリでLINE交換するメリット・デメリット


LINE交換は出会いが発展するきっかけでもあり、LINE交換をすることにもメリットはあります。ここからは、ライン交換のメリットとデメリットの両方を紹介していきます。

メリット1 より親密になれる

マッチングアプリでメッセージを行っていた時よりも、相手のことを深く知ることができ、相手がより身近な存在になると言えます。マッチングで出会ってからLINEを交換したということで、「自分は可能性があるのかも」という特別感もある事でしょう。

また、いちいちマッチングアプリにログインする必要がなくなるので、メッセージがより気軽なものになり、さらにお互いの距離感を縮めていくことにも繋がります。マメな連絡を取り合えるようになることで仲良くなりやすいというメリットもあるんですよ。

メリット2 既読機能で確認できる

マッチングアプリのメッセージの返事がなかなかこなくて、読んでくれたのかどうかヤキモキしてしまうことはありませんか?

「忙しくてメッセージを読めていないの?」
「それとも無視なの?」

など、相手がメッセージを読んだかどうかは気になりますよね。LINEには既読機能があり、相手が自分の送ったメッセージを読んでくれたのかが、すぐにわかります。逆に、あなたの既読のタイミングを相手に知られたくないと思ったら、まだLINE交換はしないほうがいいでしょう。

メリット3 電話ができる

3つ目のメリットは、電話がいつでも可能になる点です。たしかにマッチングアプリでも電話が出来る機能があるものもあります。しかし、いつでもできるわけではなく、時間制限や一定の条件を達成する必要があります。これはもちろん、業者や変なお相手対策でもあります。

とはいえ、電話がしたいと思ったときにはいささか面倒ですよね。ですが、LINEであれば気兼ねなく相手との通話をいつでもできます。通話料は無料ですので気にする必要はありませんし、話すテンポや笑いのツボなどもわかるので、メッセージでやり取りをする以上に相手との相性がわかります。

デメリット1 個人情報がバレる

1番のデメリットは、LINEを交換することで名前などの個人情報を知られてしまうことでしょう。

マッチングアプリはニックネームで登録している人が大半ですよね。しかし、LINEでは本名をアカウント名にしている人がほとんど。LINEで自分の誕生日を設定している人は、誕生日も知られてしまいます。

  • LINEに登録している名前が本名
  • タイムラインに勤務先や居住地がわかるような情報がある
  • LINEのIDがSNSIDと同じ

などの場合は、LINE交換をする前に、名前だけにしたり、ニックネームにしたりして本名を隠すなど、設定を変更して個人を特定できないようにしておくと安全です。

デメリット2 返事をするのが面倒になる

メッセージでは上手くやりとりできたのに、LINEになってやり取りが少なくなりフェードアウトすることもあります。アプリでメッセージをしていた時よりも義務感があり、話題探しに疲れてしまい、メッセージが億劫になるなんてこともあるようですよ。

デメリット3 返信をしなければと必要に駆られてしまう

相手がメッセージを読んだかわかる既読機能はメリットですが、この既読機能がデメリットになる場合もあります。

相手のメッセージを読んだら既読が付くというのは相手も同じことです。「読んだらすぐ返信をしないと既読無視だと思われそう」など、既読を付けたまま放置していると、自分にとってもプレッシャーになる可能性があるのです。心理的な圧力が加わると、逆に返事ができなくなってしまうこともあり得ます。

マッチングアプリでのLINE交換で知っておくべき3つのリスク


残念ながら、マッチングアプリには、サクラと呼ばれる業者が紛れ込んでいる可能性があります。

【マッチングアプリにはどんな業者がいる?】

  • 個人情報を集める
  • マルチ商法や宗教などに勧誘する
  • 援助交際目的
  • 保険・投資ビジネスなどに誘う
  • 副業の勧誘

など、手口はさまざま。私も実際、LINEをするなかでいい人だと思ったため会う決心をし、仲良く話したあとに連絡が取れなくなったことがあります。今思えば、相手は保険会社に勤めており、私が保険には入っているという話をしたため、勧誘できないと思われて連絡が取れなくなったのだと思います……。

しつこく連絡が来るリスク

LINE交換後しつこく付きまとわれ、ストーカーまがいの行為をしてくる男性もいます。

マッチングアプリ上であれば通報してブロックすれば済みますが、LINEだとそうはいきません。LINEでもブロック機能はありますが、ストーカーレベルになると別のIDを用意し連絡をしてくることもあります。それが行き過ぎると、実際に最寄駅で待っていたり……。こういうタイプは、お互いの距離間を掴めない決定があるのです。つまりアプリのメッセージからLINEに移行した時点で、その人にとっての許容範囲がとても広くなっていたのでしょう。

LINEIDやQRコードのネット流出リスク

マッチングアプリは監視が逐一行われているので、業者が活動しにくいのは現実です。しかし、残念ながら一般人を装って監視の目を掻い潜ってくる業者はどのマッチングアプリにもいます。

気づかずにLINEを交換した相手が業者だった場合、教えたLINEのIDが流失してしまい、知らないアカウントが勝手に友だち追加されたり、ひどい場合だとLINEに使用していた本名まで流失してしまう可能性もあります。

また、業者はあなたのIDを手に入れたら、複数の業者に転売します。それを放置してしまえば、あなたのLINEのIDはどんどん他の業者に広まってしまいます。

対処法として、LINEのプライバシー設定をすることが大切です。
まずは相手をブロックし、LINEのIDを検索オフに設定します。方法は、LINEの設定→プライバシー管理→IDによる友達追加を許可のところをオフにするだけ。LINEのメッセージ受信拒否を設定して、その後運営に危険人物を通報しましょう。

信頼できる相手かどうか見極める:勧誘、既婚者に注意

「会った後に連絡がこない…」
そんな場合は、プロフィールやメッセージ上では「勧誘」をにおわせない、上手な業者の可能性があります。

商品を購入させようとたくらむ「マルチ商法」
ありもしない投資でもうけ話をちらつかせる「投資勧誘」
宗教団体への入会をもくろむ「宗教の勧誘」

こんなひとは話がうまく、「限定性」をもたせたり過剰にほめてくれたりすることで、「自分にだけ言ってくれた!」と特別感が生まれます。勧誘は違反行為のなかでも非常に悪質なので、運営としても取り締まりたいと考えています。そのため、勧誘する人に遭遇したら、業者と同様に運営に報告しましょう。

マッチングアプリのLINE交換で成功するために

今回はマッチングアプリでやりとりしている相手にLINE交換を提案されたときに、知っておきたいリスクや対処法について紹介してきました。

マッチングアプリや恋活・婚活サイトで出会い、その相手との「ライン交換」のタイミングは難しいものです。慌ててLINE交換する必要はなく、納得できたタイミングで問題ないでしょう。くれぐれも業者・ストーカー気質・既婚者とはLINEを交換しないようにこの記事を参考にしてくださいね。

マッチングアプリで相手が見つからないなら、結婚相談所がおすすめです。
「パートナーエージェント」は、大人女子の婚活を多方面からサポートしてくれる結婚相談所です。毎月希望条件から理想に近いお相手をご紹介して、お見合いから成婚までのアドバイスをさせていただきます。

婚活世代の30代をより有益なものにするために、ぜひカウンセリングに足を運んでみてはいかがでしょうか? パートナーエージェントで運命の出会いを見つけましょう。アナタがこの記事を通じて、気楽な気持ちで婚活に臨めますように!

 

SNSでシェアする

shiki

フリーライター×司書/文字厨/デザイナー。小説家として活動ののち、フリーライター・脚本家に転向。