年上彼氏の嫉妬の原因は?嫉妬を防ぎ良好な関係を作る方法を解説 – 婚活あるある

年上彼氏の嫉妬の原因は?嫉妬を防ぎ良好な関係を作る方法を解説

2021.12.21

「年上彼氏から嫉妬されてしまう…」
「何が嫉妬の原因なのか分からない」
「嫉妬されることなく年上彼氏と付き合いたい」
このような思いを抱えていないでしょうか。

彼女への嫉妬は、年上の彼氏であっても珍しいことではありません。

年上彼氏から嫉妬されることがあり、どう付き合っていけばいいのか迷う方もいるかと思います。

そこでこの記事では、年上彼氏が嫉妬してしまう原因と対処法について解説します。

年上彼氏の嫉妬を防ぎたい・解決したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

年上彼氏が嫉妬してしまう原因

年上彼氏が嫉妬してしまう原因としては、以下のものが考えられます。

  1. 年齢差を感じさせる
  2. 男友だちのことを話す
  3. 自分以外に意識が向いていると感じる
  4. 他の男性がいる飲食の場に行く

順番に見ていきましょう。

1. 年齢差を感じさせる

年上彼氏に年齢差を感じさせると嫉妬の原因になります。

何気なくした持ちかけた話題で、年齢差を感じさせてしまうことが多いです。

例えばあなたがランニングやスポーツなど、何か運動を始めたとしましょう。

もし彼氏があまり運動をしていない・体力の衰えを感じていたなら、体力の違いから年の差を感じ、嫉妬してしまう可能性があるのです。

嫉妬する話題の見分け方は難しいですが、あまり反応がよくない・対抗する態度が見られたなら、その話題は避けておきましょう。

2. 男友だちのことを話す

いくら友だちとはいえ、自分以外の男性の話をされるとあまりよく思わない方もいます。年上彼氏の場合にも当てはまります。

嫉妬の原因は、友だちとの関係を疑っているわけではなく、話題の一致が関係しています。

特に同世代の男友だちの場合は、ジェネレーションギャップもなく話題も比較的合いやすいです。

しかし、年齢差のある彼氏だと、共通の話題が見つけづらいこともあるかもしれません。そのような相手だと、話題の合う同世代の男友だちの存在は、嫉妬につながる可能性があります。

3. 自分以外に意識が向いていると感じる

https://smartlog.jp/146442#S53104845

付き合っている彼女には、意識を自分に向けていて欲しいと考える方も多いです。

意識を向ける対象は、人であるとは限りません。仕事や趣味などの事柄に意識が向くのも、嫉妬の原因になりえます。

自分に意識を向いていないと気になるのは、自分を構って欲しい・気にかけて欲しいという思いの表れでもあります。

嫉妬が起きないよう、彼氏と関わる時間を増やすのがおすすめです。

4. 他の男性がいる飲食の場に行く

他の男性がいる飲食の場に行くと、嫉妬されることもあります。

特にお酒を交えているとなると、通常の飲食より多少乱れた印象を与えてしまいます。

相手が職場の相手や友だちであっても、お酒を交える場への参加は「酔った勢いから浮気につながらないか」という不安から嫉妬につながるのです。

嫉妬されてしまう場合は、他の男性との飲食は控えましょう。

年上彼氏が嫉妬している時のサイン4つ

年上彼氏が嫉妬しているかは、すぐには判断が難しい場合が多いです。

もし年上彼氏の嫉妬を感じたら、以下のサインがないか確認しましょう。

  1. 会話をせず黙っている
  2. 連絡相手を気にしだす
  3. 態度が冷たくなる
  4. 上司や友人と張り合おうとする

順番に見ていきましょう。

1. 会話をせず黙っている

年上彼氏が嫉妬すると、あなたとの会話を避けて黙っていることが多くなります。

特に普段よく話してくれる彼氏が黙ってしまった場合、嫉妬している可能性は高まります。

黙ってしまうのは、嫉妬心を隠し、気持ちを切り替えようとしているためです。感情的にあたられるよりはいいですが、ずっと黙っていると不安になりますよね。

ただ、そこで無理に話してもらおうとするのも効果がないので、彼氏が再び話してくれるまで数日ほど待ってみましょう。

それでも態度が変わらなら、嫉妬ではなく何かしら怒られてしまった可能性もあるので、彼氏から慎重に聞き出してみるのがおすすめです。

2. 連絡相手を気にしだす

彼氏といる際に職場や友人から連絡が入り、応対することもあるでしょう。

その際に彼氏が、あなたが誰と連絡しているかを気にし出したら、嫉妬している可能性があります。

このような行動を起こすのは、あなたと一緒にいたい気持ちからです。

  • 自分が話したいのに他の人に時間を取られる
  • デートしたいのに友だちと遊んでいることが多い

といったことを考え、嫉妬心から連絡相手を気にしてしまうのです。

いちいち答えたくないかもしれませんが、彼氏に聞かれた場合は正直に相手が誰なのかを教えてあげましょう。

誰と連絡をとっているのか・会っているのかを正直に伝えてくれれば、彼氏も安心し嫉妬されることが少なくなります。

また、嫉妬を防ぐなら彼氏の前では他の人と連絡を取らない・彼氏と会う回数を増やすといったフォローも有効です。

3. 態度が冷たくなる

付き合っている以上、誰でも自分の彼女に冷たい態度は取りたくないものです。

それにも関わらず冷たい態度を取ってしまう場合は、強い嫉妬心を抱いていると考えられます。

この状態に至る場合は、他の男性と浮気一歩前まで関係を進めていたというような、彼女側に原因があることも多いです。

彼氏に対して自分から働きかけなければ、嫉妬がおさまることはありません。

そのため、彼氏にできるだけ早く謝罪し、関係の修復を図りましょう。

また、彼氏の嫉妬にあなたが関係ない場合も当然あります。その際は、嫉妬する必要がないことを伝え、彼氏の誤解を解くことが大切です。

4. 上司や友人と張り合おうとする

男性はプライドが高いことが多く、年上彼氏も周りの人への対抗心を持ってしまうことがあります。

彼氏が負けず嫌いであれば、その傾向はさらに強まります。

例えば、あなたの会社の上司や友人と張り合う行動を取るといったことです。

年上彼氏の嫉妬を防ぐ方法3つ

年上彼氏の嫉妬を防ぐには、以下3つの方法が有効です。

  1. 疑われるような行動をしない
  2. こまめに連絡をとる
  3. 愛情表現をする

順番に見ていきましょう。

1. 疑われるような行動をしない

彼氏から嫉妬されたり浮気を疑われるような行動をしないようにしましょう。

例えば男性のいる飲み会に参加する、男友だちと頻繁に遊ぶなどです。

他の男性との関わりが多いと、彼氏は浮気を心配し、嫉妬につながってしまいます。

とはいえ、付き合いで必要な場合もあるかと思うので、その際は正直に誰と会うのか伝えるようにしましょう。

2. こまめに連絡をとる

嫉妬してしまう彼氏は、彼女との連絡を頻繁に取りたいと考えていることが多いです。

そのため、彼氏との連絡頻度を今よりも多くするようにしましょう。

仕事でどうしても時間が取れない場合は、それを彼氏に伝えるのも重要です。

連絡が取れなくても不安につながらないので、嫉妬するのを防げます。

また、連絡は1時間のようにまとまった時間を取る必要はありません。

1回5分のように短い時間でもいいので、できる限り連絡をとることを心がけましょう。

3. 愛情表現をする

ここまでにさまざまな嫉妬の原因を解説しましたが、そのほとんどは彼女の気持ちが自分に向いているかの不安につながっています。

そのため、彼氏に対して愛情表現を行い、不安を解消することが重要です。

具体的には、普段からこまめに「好き」と伝える、感謝の言葉を口にするなど、些細なもので十分です。

自分を大切に思ってくれていることが伝わっていれば、彼氏の嫉妬を抑えられます。

今まで愛情表現の頻度が少なかったなら、意識的に行っていきましょう。

まとめ

彼氏が嫉妬してしまう原因はさまざまですが、そのほとんどは彼女との関係を大切に思っているからです。

嫉妬されると困ってしまうかと思いますが、対応次第でさらに2人の中を深めることもできるでしょう。

年上彼氏から嫉妬されないように配慮しつつ、良好な関係を築けるように意識してみてください。

SNSでシェアする