年上彼氏はメリットがたくさん!?上手に付き合うポイントも解説 – 婚活あるある

年上彼氏はメリットがたくさん!?上手に付き合うポイントも解説

彼氏にするなら絶対年上の男性がいい!と思っている人は多いのではないでしょうか?
 
こちらでは年上彼氏と付き合うメリットや、年上彼氏と末永くよいお付き合いを継続するポイントなどについて解説しています。

年上彼氏と付き合うメリット

年上彼氏
年上彼氏には同年代や年下にない素敵なところがたくさんあります。
ここで年上彼氏と付き合うメリットについて考えてみました。

自分よりも経済力がある人が多い

年齢が上な分社会人経験が長いので、自分より経済力がある人が多いのは、年上彼氏の大きなメリットのひとつです。
デート代を多めに負担してくれますし、記念日のプレゼントも期待できそう☆

包容力がある・頼れる

人生経験が豊富である分、包容力があったり、いざというときに頼りがいがあるのも年上彼氏ならでは。
相談に親身に乗ってくれる、適切なアドバイスをしてくれるなど、金銭面だけでなく精神面でも頼りがいがあります。

結婚を視野に入れて交際する人が多い

一般的なイメージでは、男性より女性のほうが結婚願望が強い印象ですが、彼氏が年上だと「そろそろ…」と結婚を視野に入れて交際をする人が多いので、結婚したいタイミングが合いやすいです。
 
結婚するかしないかということですれ違い、別れてしまうカップルもいますので、結婚に対する価値観が近いことは重要なポイントだといえます。

年上彼氏と付き合っている人の年齢差と特徴

年上彼氏
一言で「年上彼氏」といっても、その年齢差はさまざま。
多くの人は何歳差の彼とお付き合いしているのでしょうか?

もっとも多いのは2〜3歳

2歳から3歳上の彼と結婚している女性が1番多いように思われます。
このくらいの年齢差だと、文化の違いを感じることもありませんし、それでいて頼りがいがあるのでもっともバランスがよさそうですね。
 
ただ、年齢差が小さいので、年上の人と付き合っているように感じられない男性もいるかもしれません。

5歳以上年上でも交際に支障はない

5歳離れているとかなりの年齢差に思いますが、年上彼氏ならではのメリットを感じたいならこのくらいの年齢差が理想的。
 
経済面も精神面もゆとりのある人が多いので、安心してお付き合いできそうです。
そこまで大きな価値観の違いもなく、バランスが取れたカップルが多い印象。

10歳以上上だとジェネレーションギャップが気になる?

多くはありませんが、10歳以上年上の彼氏とお付き合いしている人もいますよね。
2人の中ではバランスのよい交際をされているですが、たまにジェネレーションギャップを感じることはある様子。

年上彼氏あるある

年上彼氏
年上彼氏とお付き合いする上で、こんなことを感じている女性が多いようです。

急に呼び方を変えられない

同年代の彼だと、名字などで呼び合う関係から恋人になって名前で呼び合うようになることは普通です。
 
けれど年上彼氏の場合、「○○さん」とずっと呼んでいたのに、恋人になったからといって名前を呼び捨てにしたり、愛称で呼ぶのに抵抗があるという人は多い様子。
 
特に職場で知り合ったお相手だと、呼び方を変えるのに苦労するようですね。

同年代の彼氏よりもアクティブさに欠ける?

年齢差が大きくなればなるほど、アクティブさがなくなっていくのは「年上彼氏あるある」かもしれません。
 
朝から同じ過ごし方をしているのに、彼氏のほうが疲れるのが早い。
思い立って出かけようと提案すると、「今日はゆっくりしよう」と言われてしまうのは、年齢によるところが大きいと思われます。

意外とかわいい一面も

年上の彼氏だと、いつでも落ち着いていて大人な印象がありますが、意外と子どもっぽい食べ物が好きだったり、寝顔がかわいいなど、かわいらしい一面があってキュンとしちゃいます。
 
この「年上だけどかわいい」というところにハマってしまう女性も多いようですよ。

年上彼氏をゲットする方法

年上彼氏
メリットがたくさんあって、かわいいところもある年上彼氏をゲットするには、どんなポイントを抑えるべきか、こっそりアドバイスします!

年下の彼女がほしいと思う年上は多い!

前提として、年上よりも年下の彼女がほしいという男性のほうが多いです。
なので、年上彼氏を作るのは決して難しくはありません。
 
特に年齢が上になればなるほど、年下の女性を求める人が多くなるようです。
前向きに行動すれば、理想の年上彼氏をゲットするのも夢ではありませんよ!

出会いのきっかけは同年代の彼氏と変わらない

「年上彼氏と出会うきっかけがない」と思う人も多いのでしょうか?
学校の教師など、周囲が年下ばかりの環境でない限り、年上の男性と出会う確率は同年代のそれと同じです。
慎重に周りを見回して見ると、意外と近くに年上彼氏の候補者がいるかもしれません。
 
リアルでの出会いはもちろん、出会いサイトやアプリでも、年上のお相手を見つけるのは比較的簡単です。
そもそも出会いがないという人は、街コンや恋活にチャレンジしてみるのもよいと思います。

ギブアンドテイクをアピールして誠意を見せる

経済面で頼りがいがあるのは年上彼氏のメリットですが、「おごってくれるんでしょ?」的な雰囲気が出ている女性はいくら年下でも敬遠されます。
 
基本的には年上であれ年下であれ、人柄やフィーリングで恋愛感情に発展すべきですので、お金目当てのアピールはNGです。
例えばデートで食事をごちそうになったら、次のカフェではコーヒーの1杯でもごちそうるすような誠意を見せられるのがベスト。

年上彼氏とよいお付き合いを続けるポイント

年上彼氏
見事年上彼氏をゲットしたら、結婚につながるようなよいお付き合いを続けたいですね。
そのための心構えを以下に挙げてみました。

金銭的にも精神的にも甘えすぎない

いくら年上彼氏に頼りがいがあるとはいえ、甘え過ぎは禁物。
彼だって、ときには甘えたいときがあるはずです。
 
何でも相手に委ねてしまうのではなく、ある程度自分をしっかり持って、基本はフィフティ・フィフティの関係を保てるように心がけましょう。
年上彼氏に釣り合う自分になれるよう努力している姿を見せれば、彼もかわいいと思ってくれるはずですよ。

年上といっても人柄はその人それぞれ

年齢が上だからといってすべての男性が大人なわけではありません。
信じられないほど子どもっぽい人もいれば、若いのに落ち着いている人もいます。
それは男性も女性も同じです。
 
とにかく年上!と相手をよく知らないうちに恋人関係になってしまうのは考えもの。
どんな相手でも、人となりを深く理解して、この人ならと思えた人と恋をしましょう。

無理に背伸びをせず自然体が1番

年上彼氏に恥ずかしい思いをさせないように、一所懸命大人になる努力をするのは素晴らしいことです。
けれど、無理をしてお付き合いに疲れてしまっては本末転倒ですね。
 
彼はそのままのあなたに魅力を感じて恋人になったのですから、自然体で十分です。
上辺を取り繕うよりも、お互いが心地よい時間を過ごせる関係を築いてください。

落ち着いて付き合える年上彼氏をゲットして幸せを掴もう!

基本的には恋愛に年齢は関係ありません。
けれど、心にゆとりが持てる落ち着いた交際をしたいなら、年上彼氏はとってもおすすめです。
 
同年代とのお付き合いが疲れてしまう人、今まで年上と付き合ったことがないという人は、ぜひ一度年上に目を向けてみてはいかがでしょうか。

SNSでシェアする

平島 有梨(ひらしま ゆり)

美容とお風呂とお酒をこよなく愛すフリーライター&1女の母。年の功か?エステやネイルに行くたびに担当から結婚の相談を受けるようになり、いつの間にか婚活サポーターに。幸せな結婚を目指す婚活女子を多方面から応援しています。 ▼instagram:https://www.instagram.com/azulside/