彼氏に「会いたい」と思わせるLINE文章の作り方は?男性心理も紹介! – 婚活あるある

彼氏に「会いたい」と思わせるLINE文章の作り方は?男性心理も紹介!

目次

仕事が忙しくて彼氏と会えていない方は、決して少なくありません。

 

LINEを送っても、素っ気ない返事や既読スルーなんてこともあるでしょう。

 

今回は、そんな方のために彼氏から「会いたい」と思わせるようなLINE文章を考えていきます。

 

彼氏がどんな事を思っているのか?のシミュレーションも合わせて紹介していきましょう。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

彼氏に「会いたい」と思わせるLINEポイント

彼氏と会いたいのに、LINEを送っても規則スルーや返信されないなどの経験がありませんか?

 

彼氏の返信が素っ気なかったり、そもそも既読スルーされたりすると不安になりますよね。

 

彼氏に会いたいと思えば思うほど、気持ちばかりが空回りして押し付けがましいLINEメッセージになりがち。

 

彼女からすれば、彼氏から「会いたい」と思わせてやりたいところです。

 

ここでは、そんな「会いたい」と思わせるLINEメッセージのポイントについて紹介していきます。

LINEで彼氏に会いたい気持ちをさりげなく伝える

会いたい気持ちは、LINEでさりげなく伝えるのがポイント。

 

「会いたい」が前面に出過ぎてしまうと、彼氏としては重荷に感じてしまいます。

 

会うことをメインにしたメッセージではなく、別の話題の中で「会いたい」ニュアンスを含ませる方が良いでしょう。

 

また「いつ会えるの?」の表現ではなく「会いたくなってきた」の表現の方が男性としては喜びます。

LINEで彼氏に会いたい気持ちを素直に伝える

「会いたい」を素直に伝えるのもLINEで効果的な方法です。

 

素直に伝えるとなると、感情をまるごと乗っけて「会いたい」を連発するものと勘違いするかもしれません。

 

しかし、それだと逆効果。

 

会えないことに対するイライラではなく、自分が「会いたい」と思う気持ちのみを伝えるのが素直な表現です。

 

「会えないよね?」や「会わないとね」などの表現には、相手の意向に左右されることになります。

 

どう返答するかによって結果が変わってくるやり取りなので、彼氏にとってはストレスに感じることも。

 

それよりも「私は〇〇に会いたい」と、相手の返答ありきではないメッセージの送り方を心がけましょう。

 

一方通行に感じるかもしれませんが、この方が彼氏にとっては「会いたい」思いになりやすいと言えます。

LINEで彼氏に配慮しつつ「会いたい」を伝える

LINEでは彼氏に配慮しつつ「会いたい」を伝えるのも大切。

 

彼氏のLINEが素っ気なくなる理由として、仕事や時間に追われている可能性が高いです。

 

そんな中で、一方的な思いを押し付けられてしまうと気持ちがどんどん離れていってしまいます。

 

会いたい気持ちはあるんだけれども、彼氏の仕事や時間を優先して欲しい旨を伝えましょう。

 

この配慮だけでも彼女に支えられていると感じるので、一気に「会いたいモード」が発動しますよ。

彼氏に送ってはいけないLINEのNG集

逆に彼氏に送ってしまうと、どんどん会えなくなるLINEの内容もあります。

 

あまりにも気持ちが強すぎると、逆効果になってしまうことも。

 

会いたいからこそLINEで思いを伝えることが重要になるはずが、彼氏の気持ちを萎えさせるのは避けたいですよね。

 

ここでは、彼氏に送ってはいけないLINEのNG集を紹介します。

頻繁にLINEを送る

頻繁にLINEを送るのは、彼氏にとって大きなストレスにもなります。

 

会いたい気持ちが強くなると、何とかして連絡を取るために多くのメッセージを送ってしまいがち。

 

彼氏からすれば、頻繁にLINEが送られてきてしまうと自分が監視されている気持ちになります。

 

LINEをたくさん送りたい気持ちは分かりますが、ここで一旦止まって気持ちを落ち着かせることが大切。

 

逆に、彼氏を心配させるぐらいLINEを送らない方が得策ですよ。

彼氏を責めるような文章のLINEを送る

会えないのを引き合いに、彼氏を責めるような文章はLINEではNGです。

 

「忙しいばっかりで全然相手にしてくれない」などの趣旨をLINEで送ってしまうと、彼女からのLINEを避けるようになってしまいます。

 

会いたい気持ちを伝えるのは大切ですが、会えない状況を作っている原因を探るようなLINEはやめましょう。

「いつ会える?」など執拗に予定を組もうとする

会いたい気持ちが強くて、いつ会えるのかを事前に知っておきたい女性も多いです。

 

しかし、執拗に予定を組むのも彼氏にとっては負担。

 

それよりも「今日もお疲れさま」とか「がんばってね」など労いの言葉を送る方が、彼氏にとっては心の支えになります。

彼氏が嬉しいと感じるか?ウザいと感じるか?LINEの違い

LINEで会いたい気持ちを彼氏に伝える場合、嬉しいと感じるか?ウザいと感じるか?は微妙な境界線があります。

 

気持ちを押し付けるのも良くないですが、全く気持ちを伝えないのもNG。

 

「会いたい」を伝えた上で、嬉しいと感じさせるのは難しいと思うかもしれません。

 

ここでは彼氏に嬉しいと感じさせるLINEの伝え方と、ウザいと感じさせてしまう文章との違いについて紹介します。

LINEの頻度が彼氏の感覚に合っているか?

LNEの頻度が彼氏の感覚にあっているか?が、嬉しいとウザいが別れるポイントと言えます。

 

当然のことながら、お互いの生活スタイルはそれぞれ異なりLINEを見る頻度も違いますよね。

 

仕事や時間に追われている場合は、スマホを見る時間も限られています。

 

そんな中、頻繁に彼女からの「会いたいLINE」が連発していると精神的にも負担です。

 

彼氏の状況を踏まえて、感覚にあったLINEの頻度を考えましょう。

LINEでの「会いたい」がカラッとした感じで彼に伝えているか?

LINEは文書でのやり取りなので、ニュアンスを伝えるのが難しいのがデメリット。

同じ「会いたい」でも、使い方によって受け取る印象が大きく変わります。

 

例えば「会いたい」だけの文字が送られてくると、何やら意味深で重い雰囲気を出していますよね。

 

それよりも、何気ない会話の中で「会いたい」の単語をカラッとしたニュアンスで伝えることが嬉しいと思わせるポイントです。

LINEで彼氏への信頼や期待を伝えているか?

会いたい以外にも彼氏を喜ばせるのが、彼女からの信頼や期待を伝える言葉です。

 

男性は、女性に頼られたり期待されたりすると嬉しくなり「もっと頑張ろう!」と思う性質を持っています。

 

彼氏をどれだけ信頼して期待しているかLINEで伝える行為は、彼氏に「会いたい」と思わせる効果的な方法。

 

彼氏が自分の心の支えであることを素直に伝えれば、彼氏にとっても嬉しいLINEになりますよ。

彼女からLINEが送られた時の男性心理

彼女ばかりがLINEの返信を気にしていても、実際に彼氏の気持ちが分かるわけではないので不安は大きくなるばかり。

 

彼女からLINEが送られてきた時の男性心理とは、一体どのようなものなのでしょうか?

 

ここでは、LINEが送られてきた実際の男性心理についてリアルな意見を紹介します。

LINEで「会いたい」ばかり言われると重く感じる

彼女と会えない日が続き、LINEには頻繁に「会いたい」の文字。

 

最初は、自分も会いたくて仕方がないと思っていたはずなのに、LINEの内容が負担になってきた経験があります。

 

会いたい気持ちは伝わるんですが、頻度が多いと彼女の感情が一人歩きして少し怖くなることも。

 

伝え方と頻度を考えてLINE送信しましょう。

LINEの「今日もお疲れさま」だけで癒される

なかなか会えない日が続いて不安にさせてしまっているのに、仕事終わりでの彼女からのLINEが癒されます。

 

「今日もお疲れさま」から始まって、体を気遣ってくれる内容ばかり。

 

会いたいのが本音のはずなのに、愚痴るどころか逆に支えてくれているのが本当に嬉しいです。

LINEで「会いたいけど仕事優先して」と言われると逆に会いたくなる

彼女と遠距離で会えない日が続いても「会いたいけど仕事優先して良いよ」とLINEで送られてきます。

 

こんなLINEが来ると、こっちもどんどん会いたい気持ちが強くなって何とかして連休が取れないか真剣に考えてしまうんです。

 

会いたい気持ちを抑えながら、仕事のことにも気を使ってくれていることから優しさを感じますね。

カップルがLINEを使うメリット|男性心理は関係する?

そもそもカップルがLINEを使うのには、どんなメリットがあるのでしょうか。今回は、カップルがLINEをする5つのメリットを紹介します。詳細は次の通りです。

  • 直接言いづらいことも伝えやすい
  • いままで話した内容を確認できる
  • 未読・既読で相手の状況を確認できる
  • 場所や環境を問わず互いのタイミングで自由に連絡が取れる
  • メールや電話よりも比較的気軽に連絡が取れる

各メリットの詳細をまとめました。

直接言いづらいことも伝えやすい

LINEを使えば、直接言いづらいことも伝えやすくなる傾向があります。相手の顔・姿が見えないため比較的伝えやすいです。また、LINEであれば送る前に文章を確認できます。よく考えたうえで話し合いなどを進められるのもメリットです。

いままで話した内容を確認できる

LINEの場合、いままでのトーク内容を確認できます。過去に話した話を振り返れるので、予定を忘れたり話す内容を忘れたりすることがありません。そのため、予定の共有などにも便利なツールです。

未読・既読で相手の状況を確認できる

LINEでは、未読・既読など相手がメッセージをみたかどうかが確認できます。未読・既読によって相手がしっかり確認できたかを確認できるので、最悪返信がなかったとしても「忙しいのか」と納得することも可能です。

場所や環境を問わず互いのタイミングで自由に連絡が取れる

LINEであればメール同様に、携帯のなかで済みます。場所や環境に関係なく、自由に連絡が取れるのでストレスなくやり取りをすることが可能です。

メールや電話よりも比較的気軽に連絡が取れる

LINEならチャット感覚で相手とやり取りができます。メール送信や電話よりも気軽かつ手軽に行えるので、自分のタイミングで自由に使用可能です。

また、LINEにはスタンプ機能もあります。文章で返すのが面倒なときなどにも便利で、とりあえず返信することができるのもメリットの1つです。

LINEの頻度はどのくらいがいい?ベストな回数とは

今回は、マイナビウーマンで行われたLINEのベストの回数に関するアンケート調査を紹介します。詳細は次の通りです。

Q.あなたは、彼女とのメールやLINEの頻度は、どれくらいがベストだと思いますか?


第1位「毎日」……52.0%
第2位「週4~6回」……22.7%
第3位「週2~3回」……18.4%
※第4位以下は省略
(出典:マイナビウーマン|彼氏・彼女とのライン連絡頻度の理想。愛情の関係も判明!

以上のアンケート結果をみると、半分以上の方が恋人と毎日連絡を取るのがベストであると考えているのが分かります。次に女性側はどう思っているのか、確認しましょう。

Q.あなたは、彼氏とのメールやLINEの頻度はどれくらいがベストだと思いますか?

第1位「毎日」……53.7%
第2位「週4~6回」……22.4%
第3位「週2~3回」……13.5%
※第4位以下は省略
(出典:マイナビウーマン|彼氏・彼女とのライン連絡頻度の理想。愛情の関係も判明!

以上のアンケート結果を見ると、こちらも半分以上の方が恋人と毎日連絡を取るのがベストであると考えています。第2位とは30%も差があるため、圧倒的であることが分かりました。

次にアンケートに回答した方々の意見をまとめます。今回は、どちらも圧倒的であった1位の結果を紹介します。詳細は次の通りです。

第1位「毎日」
・「毎日連絡を取り合うのが嫌なら、将来結婚などを含めて一緒にいることが考えられないから」(男性/33歳/小売店/営業職)
・「おはようの挨拶からはじまり、おやすみの挨拶で終わることができればうれしい。その間にいろいろ話ができればいい」(男性/33歳/情報・IT/技術職)
(出典:マイナビウーマン|彼氏・彼女とのライン連絡頻度の理想。愛情の関係も判明!

以上の意見をみると毎日連絡を取るのが普通、密な会話というよりもその時々に自由に連絡するのを毎日するといった印象です。次には2位の結果をまとめました。

第2位「週4~6回」
・「基本的には毎日連絡を取らないと不安になるが、お互い1日くらい”無”がないとダメになりそうだから」(男性/34歳/その他/販売職・サービス系)
・「毎日は話すことがないが、連絡を取らないと相手の心境がつかめないため、週に1、2回連絡を取らない程度がいい。毎日連絡を取っていて急に取らなくなると浮気や心変わりしたかと思ったり思われたりした」(男性/32歳/自動車関係/技術職)
(出典:マイナビウーマン|彼氏・彼女とのライン連絡頻度の理想。愛情の関係も判明!

以上の結果をみると、お互いのためにも毎日ではなく週4~6回程度を選択しているのが分かりました。次は、女性側の意見をみます。

第1位「毎日」
・「1日1回でもいいので、やりとりはしたほうがいい。毎日なんとなくのやりとりをしておかないと用がないと連絡しなくなったり、相手にあまり興味がなくなり自然消滅のような感じになってしまったことがあるから」(女性/29歳/医療・福祉/専門職)
・「おはようではじまっておやすみで終わるけど、常に連絡は取っている。友だちじゃなくカップルなんだから当たり前だと思う」(女性/28歳/その他/販売職・サービス系)
(出典:マイナビウーマン|彼氏・彼女とのライン連絡頻度の理想。愛情の関係も判明!

以上の結果を見ると、以前に自然消滅した経験がある方や毎日とるのが当たり前といったイメージを持たれている方がいるのが分かります。次に第2位の意見をまとめました。

第2位「週4~6回」
・「付き合いはじめは、興味があって毎日話すことがあると思うけど、毎日連絡を取ることがルール化すると仕事が忙しいときには面倒くさいので、たまに連絡がなくても相手を無視しているわけではない間隔をキープすることが長続きできるコツだから」(女性/30歳/医療・福祉/専門職)
・「毎日やろうと思うと義務のように感じてしまうので毎日とは言わないが、日常を共有し、お互いにコミュニケーションを生活の一部とすることは大事だと思うから」(女性/30歳/機械・精密機械/技術職)
(出典:マイナビウーマン|彼氏・彼女とのライン連絡頻度の理想。愛情の関係も判明!

以上の結果をみると、長続きをするためにあえて取っている方や生活の一部になっている方が見られました。第1位が圧倒的ではあるものの。第2位にもさまざまな意見があるのが分かります。

長続きするカップルのLINEの特徴|男性心理を利用しよう

じつは、長続きするカップルのLINEにはある法則があります。今回は、長続きするカップルのLINEの3つの特徴をまとめました。詳細は次の通りです。

  • 短文でのやり取りが多い
  • 既読無視や未読を深く気にしない
  • 返信しづらい内容は避ける

各特徴の詳細を解説します。

短文でのやり取りが多い

無理に長文するのではなく、やり取りは基本的に短文。伝えたいことを端的に伝えるケースが多くあります。付き合いたては長文でのやり取りが多かったものの、期間が長くなるにつれて変化する場合が多いです。

既読無視や未読を深く気にしない

長続きしているカップルの場合、既読無視や未読無視を重視していないケースが多くあります。相手のことを信頼しているため、すぐに返信が返ってこなかったとしても都合が悪いのだろうと無理に催促しません。

返信しづらい内容は避ける

「うん」「はい」など、相手が返信しづらい内容のものは避ける傾向があります。相手とのコミュニケーションを取るのを考えると、話づらい相槌などは送らないです。

LINEで彼氏に「会いたい」の伝え方はさまざま

「会いたい」の言葉の意味は1つでも、伝え方次第で相手が受け取る印象が大きく変わります。

 

色んな伝え方があるからこそ、良い関係性が続くようなLINEの送り方をしたいものですよね。

 

彼氏と彼女の関係になると、配慮が出来ていない場面が多くなります。

 

これを機に、彼氏へ送るLINEの文章を今一度見直してみてはいかがでしょうか。

SNSでシェアする