同棲中のセックスレスを解消させる意外な方法とは!? – 婚活あるある

同棲中のセックスレスを解消させる意外な方法とは!?

長年付き合ったカップルが、マンネリ化でセックスレスに陥ってしまうことがあります。

 

それが同棲中であれば、さらにセックスレスになりやすく倦怠期に入る原因にも。

 

今回は、同棲中のセックスレスを解消する意外な方法を紹介します。

同棲中のセックスレスを解消したい

同棲中のセックスレスを解消したいと思っている方は、男女問わず少なくないでしょう。

 

長年付き合ったカップルであれば、多かれ少なかれ「マンネリ化」は避けて通れない道です。

 

2人でいる時間が増えるのは良いことですが、特別感がなくなる原因にもなりますよね。

 

同棲中のセックスレスは、少しずつ特別感がなくなっていくことから徐々に始まっていきます。

 

「セックスレスを解消したい」と思った時には、スキンシップさえしない関係になっていることも珍しくありません。

同棲中にセックスレスになってしまう原因

同棲中にセックスレスになってしまう原因には、いくつかのことが考えられます。

 

典型的なのが不仲によるもの。同棲により2人の距離が近くなり過ぎてしまうと、セックスレスに発展することがあります。

 

また不仲でなくても、お互いの時間がすれ違ってしまうことでセックスレスに陥るケースも。

 

お互いに仕事が忙しく、家に帰れば寝るだけの生活が続けば2人の時間は少なくなってしまいます。

 

仕事にエネルギーを使っている時期は、それ以外のことが考えられません。

 

気づいた時には「何のために一緒に住んでるのか?」と疑問さえ湧いてくるでしょう。

 

同棲中にセックスレスになってしまう原因には色々あるにしろ、お互いの気持ちにすれ違いが生まれることが根本的な問題であると言えます。

同棲中のセックスレス基本解消法

同棲中のセックスレスに陥ってしまうと、多くの場合あきらめることが多いのではないでしょうか?

 

しかし、どのような問題でも基本的な解消法はあります。

 

同棲中は、日常的な「当たり前」が多くなり2人の間に新鮮さが欠けてしまいがち。

 

これをコントロールすれば、セックスレスを解消させる可能性が出てきます。

 

ここでは、具体的な同棲中のセックスレス基本解消法を紹介しましょう。

あえて距離を置く

当たり前になってしまった2人の関係性には、あえて距離を置くことが効果的です。

 

2人で過ごす時間に制限がない点は同棲のメリットでもありますが、日常に溶け込み過ぎて「マンネリ化」するデメリットにもなります。

 

無意識下で「いつも一緒にいることが当たり前」と感じてしまうと、1人でいることの不安や寂しさを忘れてしまいがち。

 

こんな時には、あえて距離を置くのが得策です。具体的には寝室を分けたり旅行に出てみるのも良いでしょう。

 

距離を置くことで「当たり前の存在」から「特別な存在」へと、彼からの見方も変わります。

 

勇気を出して実践してみましょう。

イメチェン

思い切ったイメチェンをしてみる

同棲中のセックスレスを解消するには、思い切ったイメチェンも効果的です。

 

まで見せたことのない髪型やメイクをすれば、少なからず興味を示すはず。

 

また、男性心理として「最近、急に可愛くなってきたから別に好きな人ができたのでは?」と言う若干の不安感も出てきます。

 

思い切ったイメチェンは、同棲によってマンネリ化した関係性に変化を与えてくれるスパイスであると言えるでしょう。

外出する時間を増やす

同棲で2人の時間が多くなり過ぎた場合には、外出する時間を増やすのも有効的な手段です。

 

同棲のには「1人の時間が少なくなる」と言うデメリットがあります。

 

同棲した当初は「出来るだけ同じ時間を過ごしたい」と思っていたかもしれません。

 

しかし、月日が経てば「1人の時間がない」ことに不満を覚えます。

 

同棲中のセックスレスは、こうした不満やストレスが要因になるケースが非常に多いです。

 

外出する時間を増やせば、お互いのストレスが減り気持ちに余裕が生まれます。

同棲中のセックスレスを解消させる意外な方法

同棲中のセックスレスを解消させるには、工夫を凝らしながら努力して解消させなければならないと思い込みがち。

 

もちろん努力して解消させようと言う意気込みは大切ですが、少し視点を変えて考えてみるのも意外に良かったりします。

 

ここでは、同棲中のセックスレスを解消させる意外な方法について触れていきましょう。

日常をもう一度見直す

同棲中のセックスレスは、日常が当たり前になりマンネリ化してしまうことが大きな要因です。

 

この当たり前の日常をもう一度見直すことで、彼や自分のことや同棲生活を再認識するきっかけになります。

 

例えば、1日何をしたか振り返ってみるのも良いかもしれません。

 

「朝起きる」「朝食を取る」「支度して仕事に出かける」と言ったルーティーンは、半ば無意識的に行っている作業です。

 

「今日はどんなことをしたのか?」「明日はどんなことをするのか?」と考えてみるのも良いでしょう。

 

同棲中の彼は、日常の中でどんな存在なのか?自分はどんなことを思っているのか?と確認してみるだけで意外な発見があったりします。

 

日常をもう一度見直せば、2人の関係性を改善させる手助けになるかもしれません。

 

出会い

出会った時のことを思い出してみる

同棲生活に行き詰まった時には、出会った時のことを思い出してみるのも良いでしょう。

 

出会った頃は、今ほどお互いのことを理解していません。きっと相手の気持ちを探りながら気を使い合っていたことでしょう。

 

年月を重ねることで、相手の嫌な部分ばかり目立つようになり同棲中のセックスレスに陥るケースも珍しくありません。

 

自分の視点が変わってしまったことで、最初に良いと思った部分が霞んでしまうこともあります。

 

しかし、彼と出会った時に惹かれた部分は月日が経っても意外に変わっていないもの。

 

もう一度、2人が出会った時のことを思い出して「どんな部分に惹かれたんだっけ?」と2人で話してみるのも良いかもしれませんよ。

マンネリを受け入れる

長年付き合っていてマンネリ化になることは、決して異常事態ではありません。むしろ至って普通であり多くのカップルが通る道です。

 

同棲中のセックスレスやマンネリ化に悩む人は、どうしても付き合いたてのカップルと比べてしまいます。

 

そして何とか解消しようと努力はしてみるものの彼には響かず…

 

最悪の場合は、そのまま「お別れ」なんてことも考えられます。そんな時は、いっそのこと「マンネリを受け入れる」意識を持ってみてはいかがでしょうか?

 

無理にセックスレスを解消するのではなく、今の状況を受け入れて新しい関係性を築いていくのも良い同棲生活を続けるためのポイントです。

同棲中のセックスレスはよくあること

同棲中のセックスレスは決して珍しことではなく、むしろよくあること。

 

大好きな彼と同棲し、結果的にセックスレスになってしまうと人によっては危機感を感じる方がいるかもしれません。

 

それは「当たり前の存在」になってしまっている証拠でもありますが、一方で「安心できる相手」として認められたことにもなります。

 

とは言え「特別感が0」のままでは、女性としては少し寂しいですよね。だからこそ創意工夫をして関係性を改善していく必要があります。

 

出会った頃の2人は、お互いに誤解し合っているようなもの。同棲生活は、その誤解が徐々に溶けていく時間です。

 

男女の関係性は、一定の期間を経過すると次のステージに上がっていくタイミングがあります。

 

お互いをようやく知ってからが、本当のパートナーとして認め合える関係になるのではないでしょうか。

SNSでシェアする