彼氏と別れたいと感じたら?彼氏と別れるべきか分かるチェック方法と正しい別れ方を紹介 – 婚活あるある

彼氏と別れたいと感じたら?彼氏と別れるべきか分かるチェック方法と正しい別れ方を紹介

2020.02.21

目次

彼氏が大嫌いなわけではないけど、彼氏と別れたい気持ちが強くなる時って意外とよくあるものです。
現在「彼氏と別れたいか分からない」または「未練を残さず彼氏と別れたい」と感じているあなた。

 

理由によっては彼氏と別れる選択が正解ではないのかもしれません。
ここでは本当に彼氏と別れるべきかが分かるチェック方法と共に、彼氏と別れる手段&関係修復のコツをお教えします。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

彼氏と別れたいか分からないあなたへ

恋愛は自由だからこそ、時には「この人と付き合っていても良いのかな?」「もっと素敵な男性が現れるのでは」と色々悩んでしまうものです。
また恋人とは言っても生まれた場所や育ってきた環境が違うのですから、性格や考え方などの全てを分かり合うことは難しい話でしょう。

 

しかし、はじめはお互いに「いいな」と思う魅力的な部分があって惹かれ合い、彼氏彼女の関係性になったはずです。
2人の性格上の違いや喧嘩、さらに2人の距離感など、時には「彼氏と別れたい」と思うことがあっても仕方ありません。

 

ただ感情的になって彼氏に別れを告げてしまうのは、別れた後に後悔をして未練を残す可能性があります。
今現在彼氏と別れるべきか分からない、または彼氏と別れた後が心配と考えている女性は、ひとまず考えを整理した上で判断すべきです。

彼氏と別れるべきかどうかは「理由」で判断すべき

彼氏と別れるべきかどうか迷っているのなら、今考えている別れの理由にフォーカスを当ててみてください。
彼氏との別れを考えた理由によっては、別れを切り出す前に解決できる問題があるかもしれません。

彼氏と別れたい理由①喧嘩が絶えない

例え何気ない内容の喧嘩であっても、毎回感情をぶつけ合うのは精神的に疲れてしまうものです。
せっかく2人でいるのに喧嘩が絶えないのならいっそ彼氏と別れたい、そう思うのは当然かもしれません。

 

しかし、喧嘩中など感情的になっている時は冷静な判断ができず、思ってもいないことを言い合っている可能性だってあります。
喧嘩が絶えないからと彼氏との別れを考える前に、毎回喧嘩がどんな理由でどんなきっかけで起きてしまうのかの原因を探ってみてください。

彼氏と別れたい理由②考えが合わない

恋人や恋愛への向き合い方や友人や家族との付き合い方など、彼氏と考えや価値観が合わないのが辛いという理由で別れたいという女性も多くいます。
価値観や考えの違いは個々の人生経験から培ってきたものなので、すぐに変えることはできない問題です。価値観のズレは、最初はちょっとした違和感から始まります。

生活の中での小さなズレは乗り越えられても、例えば金銭感覚や恋愛・結婚観、家族についてなど、その後の人生にも影響してくる価値観の違いは、いずれ大きなトラブルにもなりかねません。話し合いなどで分かり合えそうという問題なら別れるべきではありませんが、あなたが耐えられない程の違いなら無理して付き合う必要がありません。

彼氏と別れたい理由③必要性がないと感じた

交際期間の長いカップルなどは彼氏の存在が普通になりすぎて、心だけでなく直接的な意味でも距離感が離れてしまうこともあります。
次第に仕事に取り組みたい気持ちが強くなったり友人と過ごす時間が長くなったりして「彼氏のいる必要が分からない」と別れを悩むこともあるはずです。

経済的な面だけでなく、生活スタイルや仕事への姿勢などを見て、お互いが長く一緒にいられるかどうかを見極めた結果、別れを選びたくなることもあり得ます。

しかし、周囲の環境や一時的な感情で別れたいと思っている場合もあるため、すぐに別れを切り出すべきではありません。

彼氏と別れたい理由④同棲や結婚の話がない

必ずしも恋愛のゴール=結婚というわけではありませんが、将来を考えるなら、結婚を見据えたお付き合いをすることは自然な流れであるといえます。

女性は将来的に出産や子育ての負担を考えた時に、彼とこのまま付き合ってよいかどうかを迷ってしまいがちです。恋愛をする相手としては満足できますが、人生を共にするパートナーとなると不足なのかもしれないと思ってしまいます。

 

はじめは結婚を意識していないカップルでも、お互いが適齢期になったら将来に向けて同棲や結婚の話を真剣にしたいものです。
しかし、彼氏から将来の話を一切告げられないとなると、このまま付き合うべきかどうかが悩みどころですよね。

 

2人の将来のためにも、このような大事な話は1人だけで解決するべきではありませんよ。

彼氏と別れたい時に実践すべき3STEP

別れるべきかどうかを悩み抜いた上で、それでも「彼氏と別れたい」と決心したなら、お互い綺麗に未練なく別れたいものですよね。
そこでここでは、後腐れなく彼氏との別れを告げるための3STEPを解説します。

STEP①彼氏に「別れたいサイン」を出す

彼氏との別れを決めたのなら、まずは「別れたいサイン」を徐々にアピールしていくことをおすすめします。
メールやLINEの返信スピードを落としたり、会う予定をこちらから提案しなかったりと、徐々に彼氏と離れていく準備を始めるのです。

 

察しの良い彼氏であれば早い段階であなたの変化に気づき、何らかのアプローチを取ってくるかもしれません。
しかし、あえて彼氏のアプローチに応えると情が移って別れを切り出すこと難しくなります。
このような時も心を鬼にして、彼氏に別れたいサインを出し続けていきましょう。

STEP②彼氏に別れを告げる理由&方法を考える

彼氏に別れたいサインを出し始めたら、今度は彼氏に別れを告げる本格的な段階に入ります。
どのような理由で彼氏と別れたいと思ったのか、またどのように彼氏に別れを告げるのかを考えてみてください。

 

別れの理由を考える時は彼氏が逆上してしまわないように、強く責めるような言葉を選ばず的確な言い方を考えるべきです。
また実際に会って面と向かって伝えるのか、それとも電話やLINEなど間接的に別れを告げるのかも、彼氏との現状を見て判断することをおすすめします。

STEP③彼氏に別れる理由を明確に告げる

彼氏に別れたいサインを出し続け、彼氏との別れの理由や方法が決まったら、いよいよ彼氏に別れを切り出す最終段階です。
彼氏に別れたいと話す時は、しっかりと理由を告げた上で彼氏が納得できる別れ方を心がけてください。

 

ここでしっかり考えた理由を告げずに曖昧に答えてしまうと、彼氏は復縁のチャンスがあるのではと勘違いさせてしまいます。
感情的なものではなくきちんと考えた上で復縁の可能性がないと伝えるなら、きちんと別れたい理由を話しましょう。

別れ話をする時は、相手に応じた必要不可欠な環境を選んで

今まで付き合ってきた彼と、お別れをする。そんな別れ話をする場所選びは、悩ましい問題だと思います。

直接会っての別れ話は、やはり緊張しますよね。別れ話は実は、場所選びが大切なのです。場所によってはスムーズに進むような場合もあれば、場所のせいで別れ話が難航するケースもあります。

相手の性格やタイプによって別れ話の環境を選ぶことが大切です。彼の性格を鑑み、環境にマッチしていれば、別れ話もスムーズにいくはずです。

感情的になりやすい彼なら「人目のある場所」を選ぼう

小さなことでカッとしたり、イライラしやすい彼であれば、できれば人の多いところを選ぶのがベストです。「別れ話なのに人前で……」と思うかもしれませんが、相手の性格を考えると、二人きりの場所で会うと逆上して暴力を振るう可能性も捨てきれません。

人の目があれば、よほどのことがない限りは暴力的な対応はとれませんし、相手もカッとする気持ちを抑えられるので、比較的落ち着いて話をすることができます。

ただ、あまりうるさいところだと気を取られがちなので、適度に人目の多い場所で会うのがおすすめです。

冷静な彼なら「落ち着いた静かな場所」を選ぼう

彼が冷静なタイプなら、お互いにしっかり話し合うことができる、静かな場所をオススメします。冷静な彼は、しっかりとあなたの気持ちを聞いたうえで、自分もちゃんと話をしたいと考えています。うるさいところだと逆に別れ話がこじれることがありますので、避けるようにしましょう。

ただ、静かすぎる場所を選んでしまうと、別れ話が店内に響いて周囲のお客さんが気まずい空気になることもあります。行きつけのお店があればそこを選んだり、静かに飲めるバーを選んだりすると、相手も「聞こう」という気持ちになるはずです。

引き止めがちな彼なら「友人と一緒に話せる場所」を選ぼう

一度別れ話をしていて、そのときは彼に引き留められて別れられなかった。でも、やはり別れたい、というときは、できれば「友人と一緒にいられる場所」を選ぶようにしてください。

あなたの家でも構いません。出来るだけ、「相手のほうがアウェイである」という環境を作り出すことが大切です。あなたに確固たる「別れたい」という信念があったとしても、相手に流されてしまうことも考えられます。

スムーズな別れ話をしたいなら、彼にもあなたにも理解のある友人で、かつあなたの味方になってくれる女性に同席してもらうのがベターでしょう。

別れたあとのトラブルはイヤ!すっきり別れる心得3選

恋人関係に終止符を打ったあとも、相手と顔を合わせる機会はあるでしょう。別れた後にもめたり、気まずいのは嫌ですよね……。付き合っていた彼氏と別れた後ももめないための心得をご紹介します。

①自分から振る場合は、別れる理由をしっかりと伝える

お互いに納得して別れれば、その後も同僚として上手く付き合っていくことができるもの。相手に未練を残させない配慮がなにより大切です。

他に好きな人ができて別れた場合も、それを素直に言ってしまうと話がこじれる危険性があります。もし社内恋愛などでお互いに同じ職場で働き続けなくてはいけない場合や、同じ学校に通っている場合は顔を合わせることもあるので、嘘をついてでも、スムーズな付き合いができるように別の理由を考えたほうがいいでしょう。

②元彼のダメなところや欠点を言いふらさない

噂はすぐに広がるので、いつ本人の耳に入るかわかりません。振られたり振ったりしても、なんにせよ会社の中で相手の悪口は慎まないと、あとで自分に帰ってきてしまいます。

元彼には感謝している、また次の恋愛を頑張るなど、前向きなことを話すほうが好印象ですし、新しい出会いにもつながります!振られたら

③仲のいい友達には別れたことは報告!

別れた後と言うのは、お互いにどうしても気まずくなってしまうもの。別れた直後であればなおさら、ぎこちなくしてしまいますよね。

ですが、それを共有の友人が知らないと、気まずさが倍増してしまうこともあります。二人の関係を知っている人には、早めに報告しておくことで気まずい空気を回避することができるでしょう。

別れてから復縁することは可能なの?

ついカッとなって彼に酷いことを言って別れてしまったという経験はありませんか?
もしくは別れたくて別れたのに、いざ離れたら彼を好きな自分に気が付いて後悔した女性もいるかもしれません。どちらも良くある後悔しがちな別れ方です。
本意ではない別れ方をした人は、大抵一週間もすれば自分の過ちに気付き後悔し始めます。よりを戻したいという気持ちを自覚してしまえば、我慢できずに彼に連絡したくなってしまいますよね。
では果たして別れてから復縁することは可能なのでしょうか?

自分から振った場合は可能の場合がある

カップルが破局するということは、一方が振る側でもう一方は振られる側になるということです。別れ話を持ちかけられた方は、まだ好きな気持ちがある状態のことも多いでしょう。しかし、相手に別れたいと言われてしまえば、たとえ自分はまだ好きでも受け入れるしかないですよね。おそらく破局後もしばらくは元恋人への想いを引きずったまま過ごすことになるでしょう。
好きな気持ちというのは辛くても腹を立てていても、簡単に切り替えられるものではありません。別れてすぐなら、おそらく彼はまだあなたを好きでいるはずです。振られた直後というのは、まだ破局に納得できず好きな気持ちを断ち切れない人が多いのです。つまり裏を返せば、振った側は破局後1週間ならまだ好かれている可能性が高いので、復縁の見込みは十分あるということです。
復縁に抵抗があって即答で返事をもらえなくても、時間をかければ可能性は十分あります。どんなに傷つけられても、好きな人によりを戻そうと言われれば喜んでしまうものなのです。
逆に自分が振られた場合、一週間で復縁するのは難しくなります。破局してすぐはまだ彼があなたに嫌気が差しているままの可能性が高いからです。別れて復縁できるか否か、今後どう動くかについては、自分が振った側か振られた側かが大きな判断基準になるのです。

振った場合は別れて大事さに気がついたことを伝える

自分が振った側であるかが復縁できる可能性を左右するのは事実です。しかし、振ったとしても必ず復縁できるとは限りません。よりを戻すのには、何をどう伝えるかもとても重要になります。
いくらまだあなたのことを好きでいたとしても、彼は振られたことで深く傷ついているはずです。傷つけたことを顧みずにただ復縁を迫っても、彼の心には響きません。振った側だからといって傲慢な態度でいると、拒否されてしまいます。
復縁したいということは、彼と別れてから今日まで、自分にとって彼の存在がどれだけ存大きかったかを実感したということでもあります。素直に感じたことをそのまま彼に伝えてください。付き合っていた頃は当たり前になりすぎて気づかなかった相手の大事さをしっかり言葉にするのです。
自分が間違っていたことを謝罪する気持ちと、大事さに気がついたことを伝えなければ上手くはいかないと覚えておいてください。振ったことを後悔し、大事さに気付いたことを一生懸命伝えた上で復縁してほしいと改めて告白をしましょう。

 

振られた場合は無理に連絡しないのが吉

あなたが振られた場合は、基本的には連絡するべきではありません。しつこく言い寄ってしまえば、もっと嫌われてしまうかもしれないからです。よりを戻したくてもこの期間は彼からのアプローチがあるのを信じて待つしかないのです。
振るという選択は、彼にとっても簡単なことではなかったはずです。誰だって自分が出した答えが間違っていたとは思いたくないので、別れてから1週間では破局を肯定的に受け取っているはず。よく考えた上で決意したはずですから、別れてからすぐに気持ちに変化があったとは考えにくいです。そんなときにいくら復縁を迫られても心は動かないでしょう。
振られた側であるという時点で、別れてすぐの復縁は難しいのです。特に男性は連絡が苦手な人が多いので、しつこく送ってこられると余計ストレスに感じてしまいます。よりを戻したくても原則として彼からのアプローチを待つようにしましょう。

彼が嫌がりそうなら深入りしない

復縁したいと伝えるのも、自分中心で考えてはいけません。どんなときも彼の立場に立って反応を伺いながら、次の言葉を選ばなくてはいけないのです。彼の反応を見て、少しでも嫌がっているように感じたら深入りするのはやめましょう。
何通もLINEしたり返信を催促したりしたら、いくら振った側でまだ好意的に想われていたとしても嫌われてしまいます。復縁したくて焦ってしまう気持ちもわかりますが、ペースは彼基準で考えなければいけません。少しずつ距離を縮め、反応を見ながら返信をしてください。
彼のペースに合わせて言葉を選びながら返信をしていけば、だんだんと心を開いてくれるはずです。真剣さが伝わり、いざ復縁の話をしてもきちんと聞いてくれるでしょう。

彼氏と別れず関係を修復するコツ

彼氏と別れるべきかどうか悩んでしまうのは、彼氏のことを完全に忘れる決心がつかないからかもしれません。
現在彼氏と別れたいかどうか分からないのなら、別れを告げない別のアプローチ方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

ここでは、彼氏と別れたいと考えた時に関係をやり直すためのコツを解説します。

仲直りをする前に彼氏を理解する

別れ話になってしまったけれど仲直りをしたいなら、まずは彼のことを理解してあげるところからはじめましょう。何も知らないまま彼に仲直りをしようと話を切り出しても、今よりもますます関係が悪化してしまうことも考えられます。
さらに、話し合いにあたって今までたまっていた不満が爆発してしまうと、仲直りどころか別れ話に発展してしまうパターンはよくあります。
彼の気持ちを考えられるようにしていくためにも、自分中心になって物事を考えていくのではなく、相手の立場や状況を把握しておくことが大事です。彼の気持ちを考えられる彼女は、思いやりがあるということですので、理解があると思えてうれしくなります。

彼氏に自分の気持ちを正直に話す

彼氏と気持ちが通わずに別れたいと考えているのなら、1度きちんと自分の気持ちを話してみるのがおすすめです。
お互いの気持ちを押し付け合うのは少し遠慮してしまうかもしれませんが、そのまま気持ちを隠したままでは別れの道に進むだけで進展は望めません。

 

現在自分が別れたいと考えていることを伝えた上で、彼氏に直してほしいことなどを話し合えば、彼氏もきちんとあなたの気持ちに向き合ってくれるはずです。

彼氏と将来について真剣に話し合う

彼氏との同棲や結婚を考えているのなら、彼氏との今後の付き合い方についてきちんと話し合うべきです。
もしかすると彼氏は結婚したい気持ちがあっても、仕事や家庭の事情などやむを得ない事情があるのかもしれません。

 

また長年お付き合いしているカップルなら、マンネリを避けるためにも2人での新たな目標を決めることも復縁の近道です。

お互いに距離を置いてみる

彼氏と一緒にいることが辛いまたは友人といる方がマシと考えた時は、いっそ彼氏と距離を置いてしまうのも良いでしょう。
もしも、彼氏がいる必要性が感じられずに別れたいと考えるなら、彼氏と1~2週間ほど直接会わず連絡もしないようにしてみてください。

 

お互いに距離を置いている間、気づかなかった彼氏の大切さや自分の彼氏への正直な気持ちが見えてくるかもしれません。別れた後でもう一度戻りたいと思えるだけの付き合いができていた場合は、お互いに冷静になった後で改めて話し合いの場が持てると、二人で反省して未来のことが話し合えるかもしれません。

彼氏と別れる前に、もう一度気持ちを確かめよう

彼氏と別れたい理由は人それぞれですが、中には別れるべきではない理由も含まれているかもしれません。
そんな時は1人で悩まずに彼氏に正直に気持ちを伝えた上で、彼氏の対応を見て考え直すべきです。人の心には変化があるものです。別れ話のあとでも、あなた次第では仲直りをすることができるのです。

 

無理に付き合うことはありませんが、別れた後に未練を残さないためには、別れの理由をしっかり吟味してから行動に移すことをおすすめします。「別れ」のように大切なタイミングでは、不器用でも真正面から恋人と向き合う必要があるためです。

 

「結婚を考えてくれない彼氏と別れたい」と考えている人は、思い切って外に目を向けてみるのもひとつの方法です。
最近は魅力のある人も、積極的に結婚相談所などを利用して婚活に励んでいます。何事にもいえますが、まずは前向きな気持ちで婚活に臨むこと。そして、相手によい印象を与えられるよう笑顔を絶やさないことが、婚活成功の基本です。

結婚相談所の利用は近年とても身近になってきましたので、新しい世界を見てみたいと思ったらぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

SNSでシェアする

めあり

アパレルショップ店長を退き、現在はWEBライターとして女性向け中心の記事を書いています。婚活中のアラサーインドア。