婚活がうまくいかない人へ、婚活で結婚した女のリアルな成功体験談! – 婚活あるある

婚活がうまくいかない人へ、婚活で結婚した女のリアルな成功体験談!

2019.11.18

初めまして!婚活で出会った人と付き合い、結婚したyuriです。
婚活をすると、どうしてもうまくいかないことありますよね。

私も婚活中では「理想の人に出会えない」「変な人(!)から誘われる」など。
うまくいかないなぁ…と思った事も。。。

今となっては、「そういう経験があったから、いま結婚できたんだよ~」と笑い話に出来るように。
でも、当時は周りが結婚する中、うまくいかない事に実は焦りもありました…!

今回は私が実際に婚活で経験した「婚活成功をするために心がけていた事」を軸に失敗するポイント・成功方法などをお伝えします!

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

どうして婚活がうまくいかない?陥りがちなポイント

婚活うまくいかない女性イメージ画像

婚活を1年・2年…と気が付いたら時間だけが過ぎていく…。
婚活は、時間がかかるほど不利になります! 早く対策しましょう!

婚活がうまくいかないのには理由があります。
まずは、婚活がうまくいかない人が陥りがちなポイントを解説します。
もしかして、当てはまっている人もいるかも…!

条件のみで判断する

「結婚する人は、身長は170㎝以上で~学歴は大卒以上で~職業は正社員で~年収は500万以上で~長男以外で~性格は清潔感・常識があって~」

‥‥Twitterで「普通の男性」条件が今、話題のようです。
「これって普通でしょ?」って思う人はヤバイ。

この条件は、既婚or恋人がいる可能性がめちゃくちゃ高い…!
ぶっちゃけ、「絶滅危惧種レベルでいない」って思った方が良いです。
(いま思い返せば、私が婚活で出会った人、この条件全てに当てはまる人は0人でした。)

中でも「あ、いい条件の人だ!」って思った人が実は、めちゃくちゃマザコンだったり、モラハラ系だったり、とかとか……。
マザコンやモラハラといった性格的な部分は、条件だけ見ても分からないですよね。

婚活で出会った人と結婚して今思うことは、「見かけの条件」より「中身」の方がめちゃくちゃ重要!

「条件」のみで判断していると自分も「条件」で判断されちゃいますよ。

気に入った人しか見えない

パソコン打つイメージ画像

「一途なんで、気に入った人以外お断り!」という考えもヤバイ。
婚活では、「いかに成功確率をあげるか」が勝負だと思っています。

私自身、話すのが苦手&人見知りな性格もあり、出会ってもうまく話せないタイプでした。
なので、私はまず、婚活で出会った人は、全員同じように接して「経験値」を貯めていきました。

「経験値」が貯まるほど、どんどん話すのも楽しくなり、アピールもできました。

男性がリードする=当たり前×

 

デートの際、必ず心掛けていたこと‥‥それは「男性任せにせず、“一緒に楽しもう”と努力すること」

例えば、

・デート内容の提案
・移動の際はナビゲーションする
・「どこでもいい・何でもいい」は言わない

これをし続けたら、デートの誘いが増えたかなぁと。
“一緒に楽しもう”というスタンス、割と自分も楽しくなるのでオススメ!

【成功方法】婚活がうまくいかない人はこれを意識すればOK

婚活で出会って、付き合うまでの間、意識していたことは以下の5つ。

・いつも誰にでも笑顔でいる
・”現実”を受け入れる
・悪い習慣を減らす
・常に自分磨きをする
・常に自分磨きをする

わりと、この5つを押さえていたら実生活でも出会いは広がるんじゃないかなぁと。
結婚後にも役に立つポイントです。

いつも誰にでも笑顔でいる

笑顔イメージ

結論、笑顔な女性はモテる。
逆に、いつも無表情で不機嫌そうな人や、人によって態度変える人はヤバイ。

婚活では、本当に色んなタイプと出会えました。
実際に、医学部学生・銀行員・サラリーマン・無職・経営者とバラエティー豊か…。

ぶっちゃけ悪い意味で「まじか…」と思う男性もいました。
でも、あからさまに嫌な態度を出すとアウトです。

当時の参加者(いまの夫)にも聞いてみたら意外と「女性陣が他の男性陣とどう関わっているか」も気になるようです。
こういうところで人間性見られるんですよねきっと。

「いつも誰にでも笑顔が素敵な女性」は控えめに言ってめちゃくちゃ良いことです。

”現実”を受け入れる

割と、婚活って“現実を受け入れるスピード”で結婚までの時間が決まりそうかなと。

婚活すると、相手の希望条件が自分に当てはまらないこともあります。
「年齢」「専業・共働き希望」「子供の有無」「居住地」とかとか。
こっちが「良いな」と思った人でも、相手がこういう「条件希望」で自分に合わない時。
“現実”を素直に受け入れて引いていました。

間違っても。相手を責めたり・すがったり・追いかけたりしないこと。
わりかし時間がもったいないので、次に行って成功確率を上げていくことを意識しました。

悪い習慣を減らす

結論、良い習慣を取り入れるより、悪い習慣を減らす方がコスパ良いです。

良い習慣を取り入れるには、今の日常生活にその時間的余裕・余力・経済的余裕・自分の意識とか、いろんなものがあって成り立ちますよね。
わりかし、「良い習慣を取り入れる」のは、ハードル高いなって思って私は「悪い習慣を減らす」を選びました。

例えば「健康的で魅力的な女性になりたい」って思って「間食習慣」を減らしました。
結果、ダイエット効果・肌もツルツル、体調も良くなって最高です。

良い習慣を取り入れようとしたら、サプリとかジムとかですかね?
そうなると、時間とかお金とか自分の意識とか、わりと準備いりますよね。

悪い習慣を減らすのは、すぐに実践できるしコスパ良いですよ。

常に自分磨きをする

おしゃれな小物イメージ画像

ぶっちゃけ「相手から選ばれる女性」でなければ、一生独身です。
私自身、「ありのままの自分を受け入れて欲しい」は怠慢だと思っていたので「どうしたら魅力的な女性になれるか」を常に意識していました。

大まかに「家事スキル」「見た目」「気配り」の3つ。
婚活でも、この3つはめちゃめちゃアピールポイント感触が良かったです。

「家事スキル」は、掃除・洗濯・料理とか毎日する。絶対する。家事本読み漁る。
「見た目」は、清潔感を重視。ナチュラルメイクで、爪・髪・ムダ毛とかにも気を付ける。
服のセンスに自信なかったので安心安定のマネキン買いです。
「気配り」は、気配りできる友達の完全マネ。自然と気配りもできる。

わりかし、婚活の間だけだったら“猫かぶり”することも出来ますが、結婚生活、自分の首を絞めることになるので習慣になるほど自分磨きをし続けました。
結婚後に、この習慣があって本当に良かったと思うことは多いです。

いろんな場面でも出会いを意識する

私は「結婚対象になる人は、婚活の場所だけではない」と思っていました。
「近所」「飲み会」「職場」「旅行先」とかとか。つねにアンテナを張ってる感じ。

例えば「ハンカチ落としましたよ」からの出会いってめちゃくちゃ可能性が低いですけど、ないわけではない。
「今日、結婚する相手に出会うかも知れない」意識を持つと、見た目とか・日頃の振舞いとか、どんどん良くなっていくし良い事しかない。
どんな場面でも出会いを意識しましょう。

【失敗談】逆効果!婚活がうまくいかないときにやってしまったコト

いろいろと成功方法を紹介しました。
でも、やっぱり「いま思うと、やらかしたわ…」と思うことも…。

お母さんポジションになる

婚活で出会った男性と食事の際、お箸・お皿・料理の取り分けとか、色々チャカチャカし過ぎて「お母さんみたい」と言われました。

「結婚相手」ではなく、「お母さん」だと何か違うなぁと。

わりとショックです。
あれこれ尽くすのではなく、さりげない気配りが良さそう。

うまく話せない

無口女性イメージ画像

婚活初めてくらいの時。わりとキョドリました。

例えば、社交辞令で褒めてもらっても「いやっ!そんなことないです!」って真剣&全力&真顔で否定して男性も「えっ…そうなんだ…」と会話終了。
空気が凍り、まさに地獄絵図です。

いま思えば、「ありがとうございます。」ってサラッと言えれば良かったなぁと。

婚活がうまくいかない人も、意識が変わればで成功できる!

私の体験談と一緒に、婚活~結婚までで心掛けていたことを紹介しました。
失敗も数々ありましたが、それらがあったから今、婚活で出会った人と付き合い・結婚できたと思います。

「相手を選ぶ立場」であると同時に「相手から選ばれる価値のある女性」になることが大切。

女性も時間が経つほど婚活では不利なんで、早めの行動と意識次第で成功へと近づけます

SNSでシェアする

うーちょ

食べる事・料理を愛しています。 婚活パーティーで出会った人と結婚しました。 \主婦&会社員&1児の母&ライター/ 人事部で勤務中。転職・就職系の記事執筆も得意。 特技は履歴書・職務経歴書の速読。 ▼Twitter:https://twitter.com/uucho930