埼玉のAI婚活サイト「恋たま」の概要や口コミを一挙解説 – 婚活あるある

埼玉のAI婚活サイト「恋たま」の概要や口コミを一挙解説

「AI」婚活は多くの結婚相談所が導入していますが、最近は各自治体も積極的にAI婚活をサポートしています。
特に知られているのは埼玉県が運営する「恋たま」です。
こちらでは埼玉県が近郊で婚活に励む方に向けて、「恋たま」の概要や特徴、活用法から口コミまで詳しく解説していきます。

埼玉県が運営する「恋たま」について


「恋たま」は、埼玉県のオフィシャル婚活システムで、結婚を真剣に考えている人に向けて展開されました。
自治体が運営する婚活システムということで、民間の結婚相談所などよりもかなりリーズナブルな会費で利用できます。

「恋たま」は埼玉に関わる人なら利用可能

「恋たま」は、現在埼玉県に住んでいる人、埼玉県で仕事をしている人なら会員になることができます。
それ以外でも、今後埼玉県に転居する予定のある人も入会可能です。
ただし年齢制限があり、20歳以上の男女のみ入会可能となっています。

恋たまのすごいところは、なんと婚活システムの利用において、月会費や紹介料などの費用が一切かからないという点です。
通常の婚活サービスだと成婚が決定した際に「成婚料」を支払わなければいけないところも多いですが、恋たまは成婚料の請求もありません。
申込時に手続きの費用が若干かかりますが、婚活サービスの中ではダントツにお手頃なサービスだといえます。

「恋たま」を利用するメリットとデメリット

恋たまのメリットは、なんといっても費用が安いこと、そして自治体が運営しているので信頼できるということに尽きます。
恋たまではさまざまな婚活イベントを行っていて、それらに参加する際には費用がかかりますが、それ以外利用における費用が一切かからないのは大きな魅力ですよね。

また自治体運営ということで、会員の個人情報をしっかり確認した上で会員登録をするので、安心して利用できるというメリットも大きいです。
もちろん民間の結婚相談所もしっかりしているところがほとんどですが、中には個人情報を偽造して登録している人がいるサービスもあるといわれています。
こうした不安なく利用できるのは、やっぱり安心です。

恋たまの利用に大きなデメリットはないと思われますが、ひとつ挙げるなら「会員数が少ない」ことでしょうか。
会員になれる人の条件を「埼玉県に関わる人」に限定しているため、民間の結婚相談所よりも会員数が少ないのは仕方がないことかもりしれません。
しかし、結婚後も埼玉県で暮らしたい人、地元で結婚相手を探したい人にとっては、会員が絞られていることがメリットになりますよね。

「恋たま」はAI婚活サービス

最近「AI婚活」という言葉を耳にする機会が増えましたが、恋たまもAI婚活システムを導入しています。
AI婚活の詳しい内容については後述しますが、AI婚活で効率よくお相手を見つけることができる点が大きなメリットです。
登録時に「EQアセスメント」というアンケート的な「価値観測定テスト」に回答をして、そのデータをもとにAIがお相手をマッチングしてくれます。

基本はシステムがマッチングしてくれるサービスとなりますが、対面でスタッフが婚活に関する相談に乗ってくれるので、完全1人で婚活をしなければならないというわけではありません。
安心して利用できる点も魅力です。

AI婚活のメリットとデメリットをおさらい


恋たまはAI婚活でお相手を探します。
そこで「AI婚活」についてもう一度しっかり理解しておきましょう。

AI婚活とは

AI婚活とは、AIが会員データからその人に合ったお相手をマッチングしてくれるサービスです。
このマッチングの際に、希望条件にぴったりマッチした人だけを抽出するのではなく、少し幅広くお相手を見つけてくれる点が、AI婚活の特徴。
例えばお相手の希望年齢を「30歳から35歳」に設定していた場合、希望した年齢よりも幅をもってお相手を見つけてくれます。

年収や趣味など、ほかの部分ではぴったり希望条件がマッチしている場合、29歳で30歳以下だからマッチングされない…というのはかなり残念ですよね。
幅をもってマッチングすることで、理想に近いお相手に出会える可能性が上がります。

AI婚活のメリット

AI婚活のメリットは、やはり効率よくお相手を見つけることができるという点が挙げられます。
ただ効率的なだけでなく、自分を含め会員のデータを非常に細かく登録した上でマッチングを行うので、お互いの理想に近いお相手に出会うことが可能。

また条件だけで絞り込むのではなく、AIが「この2人は合っている」と思った人同士をまた条件するため、ちょっと意外なお相手に出会うことができます。
その意外性が、成婚につながるケースも多いです。

AI婚活のデメリット

AI婚活のデメリットは、対面で婚活の相談に乗ってくれるカウンセラーがいない場合、1人で婚活をしなければならないという点です。
忙しくてつい婚活を忘れがちになってしまう人は、せっかく入会しても一向に出会えないということになりかねません。

また、AIは意外なお相手をマッチングしてくれますが、それが必ずしもよい方向に進むとは限らない点は、デメリットのひとつだといえます。
AIの判断が自分の求めているものではないことも多いので、合わないと感じる人もいるかもしれません。

「恋たま」の口コミ

恋たまは、平成30年に会員を募りはじめて、令和3年5月現在で約8,000人の会員が集まっています。
さらに令和3年6月現在で成婚退会者が100組を迎えたとのことなので、なかなかの成婚率ではないでしょうか。

実際に成婚した人には恋たまを利用してよかった、という声が多いです。
以下に口コミをいくつかご紹介します。

安価な費用で婚活できて助かりました

恋たまはなんといっても利用料が安いので、本来なら婚活に充てるお金を結婚資金として貯金できたのはありがたかったです。

これまで婚活パーティーなどに出かけて自分なりに婚活をしてきましたが、もっと早く登録をしていればよかったなと思いました。

安心して利用できたのが1番のメリット

地域誌に掲載されていた広告を見て登録しました。
自治体が運営しているということで安心感があり、スムーズに成婚まで進んだのでとても感謝しています。

インターネットで婚活をすることに少し抵抗がありましたが、思い切ってチャレンジしてよかったです。

スムーズに成婚まで進んだ

私は結婚後も埼玉で暮らしたいという希望があったので、地域密着型の恋たまを利用しました。
同じ価値観の人と出会うことができ、またメールなどでスタッフの人に相談できたので、思いの外早く成婚に至りました。
目的がはっきりしている人には、恋たまでの婚活はとても向いていると思います。

AI婚活はさまざまな婚活サービスで導入している


今回はAI婚活を提供している「恋たま」についてご紹介しました。
しかしAI婚活は、民間の結婚相談所でも積極的に導入していて、利用できるところはとても多いです。

民間の結婚相談所では、AI婚活はもちろんカウンセラーやアドバイザーが会員同士をマッチングしてくれるので、ダブルでの婚活が可能です。
AI婚活ではサポートしきれない部分をスタッフがサポートしてくれるので、より効率的に理想のお相手と出会えます。

首都圏全域、または全国で幅広く婚活したい人は、AI婚活を導入している結婚相談所を利用するのがおすすめです。
自分に合った結婚相談所で、運命のお相手を見つけましょう。

SNSでシェアする

平島 有梨(ひらしま ゆり)

美容とお風呂とお酒をこよなく愛すフリーライター&1女の母。年の功か?エステやネイルに行くたびに担当から結婚の相談を受けるようになり、いつの間にか婚活サポーターに。幸せな結婚を目指す婚活女子を多方面から応援しています。 ▼instagram:https://www.instagram.com/azulside/