40代からめざす「妥協なし婚」!成功例からみる秘訣とは – 婚活あるある

40代からめざす「妥協なし婚」!成功例からみる秘訣とは

2021.06.19

世間では40歳代の結婚は難しいと言われていますよね。確かに、40代での婚活が厳しいのは事実です。
ですが、40代からでも幸せな結婚をしている女性も確かにいらっしゃるのです。
では、40歳を過ぎてからでも幸せな結婚ができる女性と、したくてもできない女性にはどのような違いがあるのでしょうか。
今回は、40代での婚活についての現状を抑えた上で、幸せな結婚に選ばれる女性になるためのコツをご紹介します。
ネガティブな感情を払拭して、「結婚なんて無理」という気持ちを払拭しましょう!

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

40代女性の婚活市場での現実


まずは、40代女性の婚活市場での現実を認識しておきましょう。
ご本人からすれば耳が痛くなることや、見たくないことかもしれません。ですが、自身が置かれている現状を理解することこそ、幸せへの第一歩と言えるのです。幸せな結婚を手にするため、一緒に確認していきましょう。

40代女性は40代男性より成婚率が低い

日本結婚相談所連盟を婚約して退会した女性の年代は、30代が63.0%と最も多く、40代は17.8%となっています(日本結婚相談所連盟(IBJ)「2018年度成婚白書」による)。同じくIBJが発表した活動会員の内訳を見ても、20~30代女性が61.3%と半数以上を占めています。
つまり、40代の婚活をするにあたってのライバルの多くは年下女性ということになるのです。

婚活男性の多くが20~30代の女性が婚活対象だということですから、40代女性が選ばれるには相当の努力が必要になるでしょう。
と、成婚退会(すること)と大幅にダウンしています。

40代でも結婚は出来る!


ですが、悲観することはありません。アラフォー女性でも結婚は手遅れではないのです!
実際に40歳の5人に1人が結婚経験がない未婚者であり、5人に1人程度が結婚歴があるものの離婚・または死別を経験している統計も出ています。つまり、40歳男性でも結婚していない人は意外と多いということになります。

ひと昔前までは、女性は結婚して子供を作り、家庭を守ることが『幸せ』という価値観が定着していました。
しかし昨今の女性の社会進出によって、日本の平均初婚年齢・未婚率は上昇傾向にあるのです。

また、『結婚』に対する価値観は多様化しています。
週末婚や、事実婚、そんな結婚のカタチも増えていますよね。
「結婚=子供を育てることである」なんて言おうものなら時代遅れと言われるでしょう。
女性は35歳を超えると妊娠・出産のリスクが上がるとされていますが、結婚=子供を作ることではありません。
つまり、「40代で妊娠できないし、結婚なんてできない」と悲観することはありません。
いろんな結婚のカタチ・家族のカタチがあり、どんなカタチを選択するかは当人たちの自由なのですから。

40代で結婚できる女性のヒミツ


結婚は難しいといわれている40代のアラフォー女性でも、実は、決して手遅れではないと分かったのではないでしょうか。
実際に、私の勤めている結婚相談所の会員さんや私の友達でも、40代で結婚した人はたくさんいらっしゃいます。
それは何故なのでしょうか。40代で結婚できる女性のヒミツについて見ていきましょう!

女性らしさを持っている

40代で結婚した女性のほとんどは、「女性らしさ」であふれていました。
メイクやファッションはもちろん、立ち居振る舞いにいたるまで、女性らしさを意識している方が結婚しているといえます。
私の知る限り、彼女たちは恋愛の現役を卒業したような発言や、「オバサン」と言われるような言動もしませんでした。

数多くの相談を受けている私からすれば、どんな女性であっても、自信を持って女性らしく振る舞っている方は、妥協することなく結婚できていました。
あなたが女性らしさに気をつけていれば、あなたを魅力的だと思う男性は少なからずいるのです!

出会いの数と質に気を付けている

結婚できるといえど、独身者の割合が下がっていく40代。
私が思う「もっとも結婚から遠い女性」は、結婚相手の候補となる男性との出会いのない女性です。

出会いがあったとしても、例えば会社の同僚やジムのインストラクター、通っている美容院の美容師さんなどに恋をしていることが多いのです。このケースでは、「恋愛」は出来ても「結婚」に至るケースは本当に稀です。
20代・30代の頃は、それでもよかったかもしれません。それは、結婚している人の割合が少ない年頃だったからです。

一方、結婚できている女性は「自分の生活圏の中にたまたまいる男性」ではなく、「結婚の候補となる男性」と出会っているのです。
待っているだけでは何もはじまりません。
婚活サイトや結婚相談所などで、出会いのある場所へ積極的に出会いの数や質を増やしていくことが大切です。

『男性』の本質を見ている

これは結婚願望を抱いているすべての人に共通していることなのですが、結婚を決めるのが早い男女は皆、過去や経歴・ステータスに縛られずに相手の本質を見ています。

年収や職業、学歴に強いこだわりをもっていたり、いわゆる『ステータス』だけでお相手を探していると、結婚後に辛い思いをしがちです。逆に、お相手の本質を見て結婚した方は、結婚後の生活もイメージしやすいので、夫婦円満になるケースが多いのです。

まずは『根拠のない縛り』を捨ててください。
これこそが、アラフォー女性が結婚するために必要な考え方なのです。

まとめ


「婚活しても、40代なら勝ち目がない」
「アラフォーで今更結婚できるの?」
そんなふうに、自分の年齢に自信がもてず「もう若くない」と諦めていませんか?
実際に私も、勇気を出して婚活をはじめて、結婚したのはアラフォーに差し掛かるときでした。

40代の結婚は、なかなか険しい道のり。
婚活をやめたくなったり、女性らしさを忘れていたり、いろいろなことが婚活では起きるでしょう。
けれど実年齢を受け入れることからスタートし、結婚というゴールに向かって進み続ける女性こそが結婚できるのです。

あなたの人生の中でいちばん若いのは、紛れもなく『今』なのです。
結婚を考えるなら、1日も早く行動あるのみです。
積極的に行動することで、相性のいい男性との素敵な出会いがあるかもしれません。
40代には40代にしかない良さがあります。
自分の魅力をしっかりアピールして、多くのライバルの中から選ばれる女性を目指してくださいね!

SNSでシェアする

shiki

フリーライター×司書/文字厨/デザイナー。小説家として活動ののち、フリーライター・脚本家に転向。メイク大好き、恋愛だいすき。