年の差婚は後悔するの?20歳年上の男性心理から考える「後悔しない年の差婚」とは – 婚活あるある

年の差婚は後悔するの?20歳年上の男性心理から考える「後悔しない年の差婚」とは

最近では珍しくなくなっている年の差婚。

 

ですが、当人たちは悩んでいることが多いようです。
特に10歳以上年上の男性と結婚するには、それなりの覚悟がいるもの。

 

今回は、年の差婚における年上男性の心理から見る、「後悔しない年の差婚のコツ」を紹介していこうと思います。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

年の差婚で後悔する男性の特徴

年の差婚 後悔 男性
芸能界でもたびたび見られる年の差婚は、年齢を超えた愛の形として良い印象を与えがちです。

 

しかし実際には、年の差婚をしてから後悔するケースが一定数あるのも事実。

 

まずは年の差婚で後悔しないために、年下男性と年上男性のケースでそれぞれ後悔する典型的なパターンを紹介しましょう。

年下男性との歳の差婚で後悔したケース

年下男性と付き合えば、女性は母性本能にくすぐられキュンキュンさせられることも多いでしょう。

 

家庭を持つと重大な決断をする瞬間がたびたび発生します。
そのまま愛を育んて年の差婚になった場合、年下の可愛さが丸ごと「頼りなさ」に変化することも。
そんなときに優柔不断で決断できない夫を見ると、将来が不安になってしまう瞬間はあるようです。

 

年上男性との歳の差婚で後悔

包容力もあり経済力もある年上男性との年の差婚は、女性なら一度は憧れることがあるかもしれません。

 

実際に結婚してから羨ましがられることが多いのも、年上男性との年の差婚で見られる特徴。

 

しかし実際結婚してみると、考えが古臭すぎて価値観が合わなかったり頑固で意見を受け入れてくれないなどの悩みもあるそうです。

 

こうなると同世代の夫婦が逆に羨ましく思えて、年上の夫を持つことに後悔するかもしれません。

年の差婚をした年上男性の心理

年の差婚 後悔 男性
年の差婚で悩むのは、何も女性だけではありません。

 

年の差があることを認識しているのは男性も同じなので、逆の立場からの言い分があるのも事実。

 

ここでは年上男性との年の差婚において、夫となる男性の心理状態について掘り下げていきましょう。

妻から過度に期待されてしまう

年下の妻から過度に期待されてしまい、それに応えようとする傾向が年上男性にはあるようです。

 

若い妻との年の差婚では、周りからの注目度や期待も厚く「自分が幸せにするんだ」と言う意気込みが人一倍大きいもの。

 

奥さん側も周囲から祝福と期待の眼差しを受けているので、知らず知らずのうちに旦那さんへ期待を寄せてしまっています。

妻の前では見栄を張らないといけない

年上である自分は、年下である妻より「年齢も経験も上」と言うプライドがあるものです。

 

なので、精神的に負担を感じていても「自分は常に安定している風」を装ってしまいがち。

 

「年上である自分が奥さんをリードするべきだ」と決め付けている男性も多いようです。

妻に古臭い考えと切り捨てられる

自分の考えを押し付けてしまうと、年下の妻から「古臭い」と一蹴されるのでは?と考えているのも年上男性の心理と言えます。

 

自分にとっての当たり前が、年の差婚によって覆ることを想定しつつも予想を超えた価値観の違いに愕然とするケースもあるようです。

 

自分では良いと思っていることでも「古臭い」の一言でバッサリされるのが怖いと感じる年上男性は多いと言えるでしょう。

妻が常識を知らない

年上男性にとって常識だと思っていたことが、年下妻が全く知らないなんてこともあります。

 

特に親族の冠婚葬祭などは、常識のありなしが顕著に出る場面。

 

夫婦として周りに恥ずかしくないように振る舞おうとしても、年下妻がとった行動1つで台無しになるなんてこともあるようです。

年上男性の心理から考える後悔しない年の差婚

年の差婚 後悔 男性
年上男性との年の差婚では、男性側の心理状態を把握した上で関係を築いていくことがポイントになってきます。

 

せっかくの出会いですから、年齢の差を理由に後悔はしたくありませんよね。

 

ここでは、年上男性の心理から、年の差婚でも後悔しないために女性が気をつけるべきポイントを整理していきましょう。

甘えすぎないこと

夫となる相手が年上だとつい甘えがちになってしまうのが、年の差婚での傾向です。

 

経済面や精神的面において、大船に乗ったつもりで結婚生活へ突入していく女性も多いのではないでしょうか?

 

夫婦は持ちつ持たれつ助け合いの気持ちがあってこそ関係が成立するもの。

 

甘えるのはほどほどにして、夫となる年上男性の声もちゃんと拾ってあげるようにしましょう。

 

前述のとおり、年上男性から見た年の差婚は周囲から「若い奥さんをもらった」と注目を浴びる立場なのでプレッシャーのオンパレードです。

 

「無理して頑張らなくてもいいんだよ」と、奥さんになる女性から教えてあげるのが後悔しない年の差婚の第一歩かもしれません。

相手の意見をちゃんと聞くこと

相手の意見を「古臭い」の一言で一刀両断するのではなく、意見をちゃんと受け止めてから判断んするようにしましょう。

 

確かに今の時代では必要のないことも含まれているかもしれませんが、何事も理由があって成り立っているものです。

 

年上の旦那さんが持つ「古臭い」考え方が、どのような背景から出てきているのかを知ることも重要ですよ。
先入観だけで判断するのではなく、相手の考え方の原点に興味を持って自分なりに調べてみるのも良いかもしれません。

 

そうすることで、相手が納得する説明もできるようになり、誤解が生まれにくくなりますよ。

互いの共通認識を増やすこと

共同生活していくと、色んな細かい部分で違う認識を持っている場面がたくさんあります。
「言わなくても分かる」と勝手に判断するのではなく、2人で生活するための認識合わせを日頃から丁寧に行っていくことも年の差婚で後悔しないポイントです。

特に年の差婚だと同年代の結婚に比べて、認識の違いはより増えていくでしょう。
夫婦間で違いの共通認識を増やすことは、価値観のギャップがある年の差婚では特に重要なのです。

気持ちを対等に持つこと

年齢が離れていても、夫婦である以上は気持ちの面で対等です。

 

物理的な経験の差はあるかもしれませんが、お互いがお互いを尊重する気持ちを忘れてはいけません。

 

「年上だからしっかりする」とか「年下だから甘える」と言った枠組みは捨てましょう。

 

どこまでも対等な2人で過ごすことが、後悔しない年の差婚で大切なポイントと言えます。

相手の男性を理解すれば歳の差婚で後悔しない

年の差婚 後悔 男性
結婚は、相手のことを良く見ないとたちまち破綻してしまうものです。

 

彼氏彼女の関係とは違って法的にも生活面でも共通項が多くなることで、お互いの色んな面が見えてくる不思議な関係と言えます。

 

そこに「年齢の差」が加われば、なおさら入り組んだ関係に。

 

しかし、相手の男性のことをしっかり見てあげてサポートするだけで年の差婚もなんなく乗りこなせるはず。

 

年の差婚に関して、こちらの記事でも調査をしておりますのでぜひお役立てください!
年の差10歳以上の結婚はアリ?ナシ?「年の差婚」にまつわる調査結果

年上の男性とお付き合いをしたいと思っても、なかなかお相手を見つけれらない方もいますよね。
そんな方は、婚活サイトから始めるのもおすすめです!
少しでも興味を持ったなら、婚活のプロが無料で相談に乗ってくれるサービスを活用してみてくださいね。
新たな出会いは、あなたの婚活をきっと成功に導いてくれるはずですよ!

SNSでシェアする