年の差カップルの離婚率が高いって本当?離婚原因や長続きの秘訣を紹介 – 婚活あるある

年の差カップルの離婚率が高いって本当?離婚原因や長続きの秘訣を紹介

2020.07.15

最近人気の年の差婚、本当に長続きするのか気になりますよね。残念なことに、データ上では離婚率が高いと言われています。
 
なぜなのか、そして長続きさせるためにはどうしたらいいのか気になりますよね。
 
そこで今回は、年の差婚の離婚率が高い理由や長続きさせるための秘訣を伝授します。年の差彼との交際の際に、ぜひ参考にしてください。
 

年の差婚の離婚率は?20歳以上離れると95%!

年の差婚 離婚率
カップルの離婚率は、年齢が離れるほど高まることが分かっています。アメリカのエモリー大学が3000組の夫婦を対象に、夫婦の年齢差と離婚率を調査しました。
 
その結果、1歳差では離婚率3%、10歳差では39%、10歳差では95%になることが分かっています。そして、最も離婚率が低い年齢差は、0歳差、つまり同じ年であることが分かりました。
 
つまり、統計上では年の差があればあるほど離婚しやすいのです。

なぜ?年の差カップルの離婚率が高い理由

年の差カップルの離婚率の高さに驚いた人も多いでしょう。 
では、なぜ年の差が開けば開くほど離婚率が高くなってしまうのか、理由を見ていきます。 

価値観が合わない

まず一番に考えられることは、価値観の不一致です。 
厚生労働省による司法統計からみた離婚のデータを見ていきましょう。
 
年の差婚 離婚率
引用:厚生労働省|司法統計
「図 12-2 離婚の申し立ての動機別割合」で最も高い理由は「性格があわない」というものです。 
特に年齢が離れると、考え方に乖離が出てきてしまう可能性も高いでしょう。 
一緒に生活するうちに価値観の違いに耐えられなくなり、離婚するカップルが多いと考えられます。 

子育てによる意見の食い違い

夫婦間に子どもがいる場合、子育てに関しても意見が食い違う可能性が高いです。 
年の差が離れていると、育ってきた環境や時代も異なるため、お互いが理想とする子育てが大きく異なることも少なくありません。 
子育てを原因に喧嘩が耐えず、離婚してしまう夫婦も少なくないでしょう。 

家族としか見られなくなった

 
年の差があると、どちらかの老いに耐えられないという声も少なくありません。 
一緒に過ごしていくうちに、男女の関係に見られなくなってしまうこともあるでしょう。 
家族としては良くても、夫婦やカップルという関係を継続させるのが難しい場合もあるようです。 

年下の男性・女性との不倫

男女の関係を維持できなくなってしまい、不倫してしまうケースはかなり多いです。 
旦那や嫁よりも若い男女との不倫は、芸能ニュースでもよく耳にします。 
不倫が発覚したのちに、離婚する夫婦も少なくないでしょう。 

年の差カップルが離婚率が高い理由〜男性が年上編〜

年の差婚 離婚率
年の差夫婦は、年の差が少ない夫婦よりもさまざまな問題が生じます。 
続いては、男性が年上のケースで考えられる離婚ケースを見ていきましょう。 

相手の老いが耐えられない

年の差があるということは、旦那の老いも早いということです。 
例えば、結婚当時40歳でも、20年後は60歳のおじいちゃんになってしまいます。 
白髪や、加齢臭に耐えられなくなってしまうという女性も少なくありません。 
年の差婚をするのであれば、今のことだけではなく将来もしっかりと見据えておかなければいけません。 

親や旦那の介護問題に直面する

高齢化するのは旦那だけではありません。 
旦那の両親の高齢化も早く、結婚すぐから介護しなければいけないという場合もあるのです。 
子育てや仕事に忙しい若い時から介護問題に直面することは、心身ともに大きなストレスになってしまうでしょう。 

子作りが難しい

旦那が高齢である場合、子作りが難しいというケースもあります。 
妊娠はやはり年齢が若ければ若いほど可能性が高いため、年齢に勝つことはできません。 
もちろん妊活をすることも可能ですが、時間やお金がかかります。 
結婚前に、子どもを作るかどうかもしっかりと話し合っておきましょう。 

年の差カップルが離婚率が高い理由〜女性が年上編〜

年の差婚 離婚率
続いては、女性が年上のケースです。 
早速見ていきましょう。 

旦那が幼稚すぎる

一般的に、男性は女性よりも精神年齢が低いと言われがちです。 
年下男性と結婚すると、実際の年齢も若いためかなり幼稚に感じてしまうケースも少なくありません。 
夫婦で決めるべき大切な問題をしっかりと考えてくれずに悩む女性も多いでしょう。 
ただし、自分自身が男性をリードできるのであれば、逆にその関係が心地よいと思う人もいます。 
結婚すると付き合っていた時以上にたくさんの問題に直面するため、しっかりと乗り越えられる相手か見極める方が良いでしょう。 

年下女性と不倫される

自分よりも若い女性と不倫されてしまうことも多いです。 
若い男性は、一般的にたくさんの女性と遊ぶことが好きです。 
そのため、「まだまだ女遊びしたい!」と結婚後もフラフラと遊びに出る可能性も少なくないでしょう。 
もちろん、若くても浮気しない男性もたくさんいます。 
浮気や不倫の心配がないか、しっかりと見極めてから結婚に振り切りましょう。 

年の差カップルを長続きさせる秘訣

年の差婚 離婚率
ここまで年の差カップルが離婚する理由を見てきました。 
「年の差婚はしない方がいいかもしれない・・・」 
そう思うかもしれませんが、実際には年の差があっても幸せな夫婦はたくさんいます。 
大好きな彼と長続きさせるためには、やはり多少の努力は必要です。 
続いては、年の差カップルが長続きするための秘訣を見ていきましょう。 

条件面だけで相手を選ばない

結婚するとなると、どうしても男性の条件を気にしてしまいます。 
実際に「収入の高さ」で年上男性を選ぶ女性も少なくありません。 
しかし、条件だけで相手を選んでしまうと、その条件が消えてしまったら結婚生活は一気に破綻してしまうでしょう。 
逆に、どんな困難でも一緒に過ごせると思えるくらいの男性でなければ長続きはしません。 

こまめなコミュニケーションを欠かさない

年齢にかかわらず、こまめなコミュニケーションは大切です。 
特に年が離れると考え方に違いがあることも少なくありません。 
お互いの考えをしっかりと理解し合うことで、関係が長続きするでしょう。 

定期的にデートなど、二人で出かける

夫婦を長続きさせるためには、家族だけではなくカップルであり続けることが大切です。 
そのためにも、定期的に二人の時間を設けましょう。 
子どもがいると難しいですが、定期的にデートすることは大切です。 

共通の趣味や楽しみを持つ

一緒に楽しめる趣味などを持つことも大切です。 
夫婦として長く生活していると、一緒に楽しむ機会が少なくなってきます。 
一緒に楽しむことで、楽しい時間が過ごせて関係性もより深いものになるでしょう。 
映画鑑賞やランニングなど、どんな小さなことでもいいので趣味を見つけましょう。 

年の差なんて関係ない?年の差カップルのメリット

夫婦年の差があることは、困難ばかりではありません。 
楽しいこともたくさんあるのです。 
最後に、年の差カップルのメリットをご紹介します。 

どちらかが大人なので喧嘩が起こりにくい

年の差カップルはどちらかが大人のため、喧嘩や衝突が起きにくいです。 
特に男性が年上の場合、同世代では味わえないような包容感を感じられるでしょう。 
一緒に長く過ごすのであれば、ずっと仲良くいたいと思います。 
年の差カップルは喧嘩が少なく、仲良く過ごせるでしょう。 

同世代では味わえない新鮮味がある

年の差があれば、お互い知らないこともたくさんあります。 
そのため、同世代では味わえない新鮮味があるでしょう。 
今まで知らなかった音楽やテレビなど、いろんなことを知られるでしょう。 

年の差婚は幸せなこともたくさんある!

年の差婚 離婚率
年の差カップルは、一般的に離婚率が高いと言われています。 
統計上では確かに離婚率が高く、しっかりと相手を見極めなければ失敗してしまう可能性も少なくありません。 
とはいえ、年の差があるからこそ楽しめることもたくさんあります。 
しっかりとお互いコミュニケーションをとりながら、年の差を楽しみましょう。 

SNSでシェアする