素敵な40代男性になるには?恋愛観やモテるポイントを総解説 – 婚活あるある

素敵な40代男性になるには?恋愛観やモテるポイントを総解説

40代の男性は、仕事もプライベートも充実するとともに、将来についていろいろ考えるべき年代です。
40代の男性が、仕事や恋愛にどんな価値観を持っているかを理解することで、40代の男性との結婚をよりリアルに考えられるようになるでしょう。

本記事では、「40代の男性にはこんな傾向がある」という解説とともに、40代男性が幸せな結婚をするために見直すべきポイントについても紹介しています。
40代男性を婚活対象にしている女性、婚活したい40代男性のどちらにも有益な情報を網羅していますので、ぜひ参考にしてください。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

40代男性のワークライフ


40代男性は仕事に対してどんな価値観を持っているのでしょうか?
安定して働いている人もいれば、キャリアチェンジを検討している人もいるなど、人によってかなりいろいろな考えがあるようです。

働き盛り!今は仕事が1番という人が多い

40代は基本的に働き盛り。
20代の仕事を覚える時期、30代の覚えた仕事を自分のものにして働く時期を経て、より高いキャリアを積んだり、下を育てるなど幅広い仕事に携わる年代です。

新卒から同じ職場で働いてきた人は、仕事もかなり慣れている上に、キャリアアップして管理職に昇格している人もいるのではないでしょうか。
40代の男性は、かなり安定して仕事ができている年代ではないかと思われます。

働き盛りである分お疲れ盛りでもありますので、仕事の生活でストレスが溜まらないように、自分メンテナンスが必要な年代でもあります。

最後のキャリアチェンジを模索する人も

安定して働いている人がいる一方、「最後のキャリアチェンジ」を模索する40代男性も少なくありません。
昔は、新卒で入社して定年退職まで勤務するのが当たり前でしたが、今は転職によってキャリアアップや年収アップをする人がたくさんいます。

また、以前と比べると40代の転職も十分可能になっていますので、本当にやりたいことが見つかった人は、40代からも転職をして目標に向かって頑張ろうと思うのです。
男性は特に、「一生仕事をする」という意識が強いので、どうせ働くならやりがいを持って取り組める仕事に就きたいという気持ちになるのはうなずけます。

また、40代の男性は周囲の環境が大きく変わる年代でもあります。
例えば、両親が年老いてきて病気がちになり、近くで暮らす必要がある。介護が必要になるなど、自分の意思とは別にキャリアを考えなければならなくなることも。
だからこそ、自分が本当に納得できる人生の選択をしたいと思うのかもしれません。

40代男性の平均年収は?

40代男性の平均年収はいくらくらいなのか、気になるところですね。
令和2年度の国税庁による「給与実態統計調査」では、40代前半の人で約580万円、40代後半の人で約630万円というデータがあります。
リーマンショックの時代は、平均年収が450万円前後という人も多かったので、当時と比較するとかなり盛り返してきているようです。

とはいえ、年収1,000万円以上の人もいれば、まだまだ年収300万円台の人もいますので、必ずしも平均年収を満たした40代男性ばかりではありません。
また、40代以降は年収が上がりにくくなる傾向がありますので、年収アップを目指すなら40代が最後のチャンスだといえます。

お金よりやりがいを求める人が増えている

40代男性を婚活対象にしている女性からすると、年収はとても気になる部分だと思います。
ただ、当の本人は年収よりも、仕事のやりがいや楽しさを求めている…というケースが増えているようです。

生活する上での最低ラインは人によって違いますが、自分で納得できる収入を得られているのであれば、そこからは収入よりも、満足して働ける仕事がしたい、と思う様子。
先にも触れましたが、男性は生涯働き続けなければいけない場合が多いので、収入よりも働く内容を重視したいと考えるのは理解できます。

40代男性に多い趣味ベスト5


40代男性は、どんな趣味を楽しんでいるのでしょうか?
活動的で外に出るのが大好き、という人もいれば、コロナ渦ということもあり自宅で楽しめる趣味を選ぶ人など、人によっていろいろな好みがあるようです。

1位:筋トレ

年代や性別を問わず「筋トレ」を趣味にしている人はとても多いですね。
多分にもれず、40代男性もジム通いに精を出している人がたくさんいます。
40代になると体力の衰えを感じる人が増えますし、見た目を少しでも整えたいと思うのでしょう。

パーソナルトレーニングで本格的に鍛えたり、自宅でトレーニングするなど、筋トレ方法はさまざまですが、皆さん頑張っている様子。
筋トレは、頑張れば頑張っただけ目に見える成果として表れるので、やりがいを感じる人が多いです。
筋トレの趣味が講じて本格的に食生活の見直しをしたり、本気の肉体改造を始める人も少なくありません。

2位:映画・読書

映画鑑賞や読書は、外出しなくても手軽に楽しむことができるので、コロナ渦の今は特に人気です。
自宅にホームシアターを作って本格的に映画を楽しむ人も増えています。
読書は基本的に1人で楽しむ趣味ですが、映画であれば友人や恋人と一緒に楽しむこともできるので、万人受けする趣味ですね。

読書も、最近積極的に本を読むようにしているという人が増えている様子。
ペーパーレス化が進む中、改めて本の魅力に気づいて読むようになったという人もいますし、本を読むことで学びを深めることができると感じている人も。
本気の読書家になると、書店で気になる棚の本を全種類買って読むという人もいるようです。

3位:ドライブ

40代の男性は、車が好きという人がかなり多く、車好きが講じてドライブを趣味としている人がたくさんいます。
ドライブであれば、コロナ渦であっても楽しむことができますし、日常を離れて自然たっぷりの場所をドライブするのは、とてもよいリフレッシュになりそうです。

なぜ男性は車が好きなのかを考えたとき、これには確固とした理由はないのではないかといわれています。
というのも、男性は1〜2歳のころから車や電車といった乗り物に無条件に惹かれ、逆に女の子は小さいときからお人形やぬいぐるみに惹かれますよね。
男性が車を好きなのは、その延長だという説があります。

あとは、車があることで自由にどこにでも行けること、手入れをすればするほど愛着が湧くことなどが、男性が車を趣味にしている理由だと考えられます。
女性からすると、あまりにマニアックな車好きは引いてしまいますが、車を持っている彼だとあちこち気軽に出かけられるので、それはそれで楽しいですよね。

4位:アウトドア

車好きにも通じるところがありますが、キャンプやバーベキュー、登山やサーフィン、スキーやスノーボードなど、アウトドアが趣味という40代の男性も多いです。
都会でオフィスワークを続けていると、雄大な自然が恋しくなる気持ちはとてもよくわかります。

最近は、「ソロキャンプ」として1人でキャンプをする人もいるなど、本格的にアウトドアを楽しむ人が増えています。
ソロキャンプの楽しさは、「普段は仕事などチームワークで動いているけれど、ソロキャンプだと自分1人のペースで動くことができるので、とても充実する」ところにあるのだとか。

5位:副業

趣味とは少し違うかもしれませんが、「副業」にハマっているという40代男性がかなり多いです。
不景気で収入は上がらないのに、物価だけどんどん上がってしまうので、副業を許可している企業が増えています。

自宅でできる副業を始めたり、資産運用に励むなど、本業とは違った形で収入を得ているそうですが、女性でも副業や資産運用を始める人が増えている様子。
こうして収入を増やす努力をする人だと、婚活対象としてとても頼りになりますね。

40代男性の悩み


40代の男性がどんな悩みを理解することで、心の中を垣間見ることができます。
早速見ていきましょう。

体力の衰え

40代男性の悩みナンバーワンは、やはり「体力の衰え」です。
これまで問題なくできていたスポーツでも、少しやると息切れしてしまったり、スタミナ不足を感じる人が多いよう。
筋トレなどで若々しい見た目を維持していても、やはり昔と同じに動くことは難しいのかもしれません。

体力の衰えと同時に、「物忘れがひどくなった」という人も多いですし、何事にも昔のような意欲がわかなくなってきた」など、ハングリー精神の衰えを感じる人も少なくないようです。
このあたりは、女性でも同じ悩みをもつ40代は多いかもしれませんね。

今後のキャリア

今の会社で定年まで働き、その間にキャリアを積もうと考える人がいる一方で、転職や開業を検討する人もいます。

このまま今の会社にいてもこれ以上のスキルや収入アップは見込めないと考え、転職するか現状維持するか、もしくは思い切って自分で事業を始めようと考える人も。
昔と違って起業のハードルが低くなったので、自分で事業を始める人も増えていますね。

定年まで今の会社で働こうと思っている人も、部署異動や昇進に向けた資格取得など、今後のキャリアプランについていろいろと考えることがあるようです。
40代は定年を意識し始める時期でもあるので、仕事のことは何かと悩みができそうですね。

ちなみに、40代でキャリアアップとキャリアチェンジのどちらを選ぶ人が多いかというと、やはりキャリアアップのほうが多い傾向です。
転職をする場合も、これまでのスキルを生かしてより年収の高い会社に転職するケースが多く、まったくの未経験から異業種に転職する人は少ない様子。

キャリアチェンジの場合は、自社で別の部署に異動したり、違う仕事がしたいというときに、それに伴った資格を取得してキャリアチェンジを図る人が多いようです。

薄毛・抜け毛

女性も年齢とともに髪のコシや弾力がなくなるなど、髪の悩みが出てきますが、40代の男性は薄毛や抜け毛に悩み始めるお年頃です。

男性の場合は、どんなに手入れをしても抜け毛が進行してしまうという人も少なくないので、髪の悩みをもつ人はかなり深刻なのだとか。
あまりに抜け毛が進行してしまった場合は、思い切ってスキンヘッドにしてしまうという人もいます。

最近はAGA治療が充実しているため、積極的に利用している人も多いようです。
ほかにも、食べ物に気をつけたり自分でできる限りのケアをするなど、髪と頭皮にはかなり心を砕いている様子。

恋愛・結婚

40代で独身の人の中には、恋愛や結婚について悩む人も多いです。
特に同性ばかりの職場で働いている人など、出会いに恵まれない人は「結婚したいけれどよい出会いがない」と悩んでいるようで、この点は男性も女性も同じなのですね。

また、恋愛や結婚をしたいけれど、パートナーのいない期間が長くなってしまった人は、今から他人と共同生活を送る自信がないと悩む人もいます。
1人でいるのは寂しいけれど、逆にとらえるとなんでも自分のペースで進めることができるので、楽でよい面も多いです。
たまにデートをしてみても、気疲れして帰宅するころにはぐったりしてしまっているという人もいて、「この先結婚して誰かと生きていく自信がない」と思ってしまうのだとか。

40代男性の恋愛・結婚観


40代の男性は、恋愛や結婚についてどのように考えているのでしょうか?
40代ともなると、確固とした価値観が出来上がっているでしょうから、自分とクロスする部分があるのか気になりますね。

40代男性は年下女性が好き?

40代の男性は、「恋愛対象の年齢は気にしない」と思っている人が大半ですが、たまに「すごく若い子がいい」という人もいます。
フィーリングが合えば年齢は気にならないという人がいるのに対し、自分より10歳以上年下がいいという人も。
たしかに、40代の男性と20代の女性のカップルを見かけることがありますね。

40代の男性が若い女性を好む理由としては、「若い子は元気なので、自分も元気をもらえる」ことや、「初々しくてかわいらしい」と感じることなどが挙げられます。
また、無垢な若い女性とお付き合いをして、いろいろ教えてあげたいと思う人もいるようです。

その反面、お付き合いをするならあまり歳が離れていない人がいい、という40代の男性もいます。
「あまり歳が離れているとジェネレーションギャップを感じてしまう」ことや、「どちらかというと甘えられるよりも自分が甘えたいタイプだから」など、その理由はさまざま。
40代になっても、少し年上の人が好きという人もいますので、好みは本当に人それぞれですね。

結婚を視野に入れた恋愛がしたい

若いころは、将来などを特に考えることなくフィーリングが合えば恋愛に発展していた、という男性も40代になると将来を考えられる人と恋愛がしたい、と思うようになります。

そのため、素敵だなと思う人に出会ったら、結婚を考えられるような相手であるかを先に確認してから、初めて恋愛対象として意識するという人も少なくありません。
これは女性も同じで、結婚適齢期を迎えたら、結婚相手としてふさわしいかを基準として恋愛するところがありますよね。

具体的に、40代の男性が結婚を考え女性のタイプとしては、以下のような人が挙げられます。

◆最低限の家事をこなせる人
◆お金の使い方に対する価値観が合う人
◆家族を大切にしている人

掃除洗濯はもちろんですが、ある程度料理ができる人であってほしいというのは、結婚相手に求める要素の基本です。
男性のタイプにもよりますが、やはり料理が上手な女性に惹かれる男性は多いと思われます。

次に、お金の使い方も男性はチェックしています。
あまりにブランド品にこだわるような人よりも、ノーブランドでも上質なものを大切に長く使える人に好感を抱く男性は多いです。

そして「家族を大切にしている人」は、実際に家庭をもったときに自分の家族も大切にしてくれそうだと思うのでしょう。
また、自分側の家族だけでなく、夫の家族も大切にしてくれそうだと感じ、好印象を抱くようです。

波風ありの恋愛はNG

40代にもなると、毎日がジェットコースターのような激しい恋愛よりも、落ち着いて愛を育めるような恋愛を好む人が多くなります。
中には10代のような感情をぶつけ合う恋愛を好む人もいますが、だいたいは一緒にいてほっとできる時間を過ごしたいと思うようです。

若い頃は、パートナーを見つけることが恋愛の目的だという考えでしたが、40代になると「自分の生活をより楽しい(幸せな)ものにしたい」という目的でパートナーを探すようになります。
婚活の場合は別ですが、40代男性の恋愛では結婚をゴールと考えておらず、その満たされた生活の延長線上に結婚が見えてくる、というケースが多いです。
こうした価値観で恋愛したいと考える人は、波風は好まないと思われます。

とはいえ、歳の離れた若い女性とお付き合いをして、その女性が駄々をこねるのをかわいいと感じる人もいるようなので、この点については人それぞれかもしれません。

生涯独身主義の人も

40代で独身の男性は、将来的に結婚をして家庭をもちたいと考えている人が大半ですが、中には生涯独身を貫こうと考えている人もいます。
「恋愛はしたいけど結婚はしたくない」という人もいて、この点には女性の意見が賛否両論分かれそうです。

結婚を考えていない理由には、

・結婚で構築される人間関係を求めていない
・自分に自信がないので結婚は諦めた
・忘れられない人がいる

など、人によってさまざまです。
ある人は、10年間付き合った恋人との結婚を両親に大反対され、恋人とも最終的に破局。
「その恋人が忘れられないから一生結婚はしない」という40代男性もいました。

40代男性がもらってうれしいプレゼントは?


40代の男性は、プレゼントされるものにもいろいろと理想がありそうに感じますね。
どんなものをプレゼントすると喜んでもらえるのかをリサーチしてみました。

ちょっとしたお礼は消耗品が◎

仕事でお世話になったなど、ちょっとしたお礼のプレゼントには、靴下やハンカチといった消耗品だとうれしいと思う人が多いです。
ハンカチには「手切れ」という意味があるから、プレゼントには向かないという人もいますが、手頃なハンカチタオルなどは、意外とすぐに汚れてしまうので喜ばれます。

通勤用の靴下も、消耗品のひとつ。
自分ではあまり買わないような、ちょっとだけよい靴下をプレゼントすると喜んでもらえるでしょう。
ネクタイをプレゼントするという人もいるようですが、ネクタイは好みが分かれる上に、ひと目につきやすく選び方が難しいので、靴下やタオルあたりが無難です。

恋人同士なら小物系

恋人同士になると、プレゼントにも親密感が生まれますね。
「好きな人からもらうものなら何でもうれしい」と思ってくれる人がほとんどですが、常に持ち歩いて使えるような小物だとより喜んでもらえそうです。

シンプルな革の名刺入れやパスケース、小銭入れなどは、プレゼントの王道。
40代になるとそれなりに良質のものを使いたいと思う男性が多いですが、革なら長く使うほどに味が出るのでプレゼントに最適です。
逆に、有名ブランドの小物になると、好みが分かれる上にあまりブランド品を好まない人もいるので、難しくなります。

先に断りを入れた上でなら、おそろいのアクセサリーをプレゼントするのもアリ。
そのときは2人で一緒に選ぶほうが、お互いが満足できるデザインを購入できるのでおすすめです。

アルコールのプレゼントはあり?

「残るものをプレゼントしたい」というこだわりがない場合は、お酒の好きな人にアルコールのプレゼントをするのは断然「アリ」です。
自分では普段買わないような、ちょっといいお酒を買うと喜んでもらえます。

ウイスキーや焼酎など、事前に好きなお酒と好みの味を聞いておいて、それに合ったお酒を選べばOKですし、好きな銘柄を教えてもらえれば、それを買ってもよいでしょう。
最近はラベルにメッセージや名前を入れられるものも増えているので、プレゼントにぴったりです。

意外とうれしい「調理器具」

料理が好きな男性は意外と多いので、調理器具のプレゼントも喜んでもらえます。
有名ブランドの調理器具は、価格帯もいろいろあるので間柄に合わせて選びやすいです。

例えば、記念になるような少し高価なプレゼントをしたいときは、有名ブランドの鍋やフライパンを。
ちょっとしたお礼であれば、同じく有名メーカーのスパチュラや計量カップなどの小物であれば、気軽に購入できます。
自分で有名メーカーの計量カップは買わないけれど、もらったらうれしいと思う人は意外と多いはず。
料理好きな40代男性へのプレゼントにおすすめです。

40代男性はどんな女性が好み?


40代の男性を婚活対象にしている人は、彼らの女性の好みが気になるのではないでしょうか?
40代の男性は、どんな女性がお好みなのでしょうか。

精神的に自立している

「彼がいないと生きていけない」ような、生きるすべてを相手に委ねてしまうような女性よりも、自分の時間や生活を楽しむことができる女性の方が、40代の男性には好まれると思います。

もちろん、「俺がいなくちゃダメなんだ」と思わせるような女性を好む人もいますが、40代の男性は、仕事もプライベートも忙しいです。
お互いが精神的に自立した上で、2人の時間も楽しめるような関係を求める人のほうが多いのではないでしょうか。

特に、婚活など出会いの場で知り合ったお相手で依存性が高い女性は敬遠されてしまう傾向があるので、気をつけたいですね。

お互いが成長できる

大きな成長ではなくても、一緒にいることで刺激し合えたり、お互いを高め会える相手が理想だと考える40代の男性は多いと思います。
しかし、恋人や結婚相手に求める要素として、「価値観の近い人」「好みが似ている人」を挙げる人は多いですが、必ずしも似た感性をもっていなくてもいいと考えるのは、大人の男性ならでは。

例えば、好きな映画の好みが違っていれば、自分の観たことがない名作を観ることができますし、音楽や本でも同様です。
食べ物の好みは、合うに越したことはありませんが、今まであまり食べなかったものを食べるようになるなど、自分のこれまで経験したことのない食文化に触れられることを楽しいと思ってくれる人もいます。

自分と好みが似ている人や、何でも自分に合わせてくれる人ではなくても、一緒にいて何か得るものがある人のほうが好きという人が多い印象です。

自分に似合うものを知っている

40代の男性は、外見だけで女性を選ぶ人は少ないと思われますが、ファッションセンスには目を光らせている様子。
年齢を問わず、自分に似合うものを上手に着こなしている人や、自分を美しく見せるメイクを知っている人に好印象を抱きます。

若い子が流行だけを追ったファッションやメイクをしていたり、同年代の女性が無理に若作りしているのは、女性から見ても痛々しいですよね。
顔の作りという意味ではなく、外見はその人の内面を表しますので、自分を素敵に見せる術を知っている人に魅力を感じるというのはうなずけます。

一緒にいて落ち着く

よい意味で刺激し合える女性は素敵ですが、のんびり過ごしたいときに一緒にいてホッとできるような相手は、40代の女性にとってとても大切な存在です。

40代にもなると、確固とした自分のライフスタイルがありますので、新たに他人と長い時間を過ごすことに抵抗があったり、緊張感を抱く人は多いはず。
そんな中、自然体で一緒にいることができる相手だと、恋愛対象としてはもちろん結婚相手としても好印象を抱くに違いありません。

沈黙が続いても気まずい雰囲気にならない、静かに過ごしたいと思うタイミングが同じという人は、一緒にいて心地よいと感じます。

40代男性って女性から見てアリ?


40代の男性は、婚活世代の女性から観てどんな印象を持たれているのでしょうか?
恋愛や結婚相手の対象となり得るのか、40代の男性が気になるテーマを掘り下げてみます。

中身が若ければ全然OK!

婚活世代の女性というと、20代半ばから40代前半というイメージですが、この年代の助成から見て「40代の男性」は、異性として全然アリ!です。

最近の40代は心身ともに若くて元気な人が多いですし、逆に20代や30代の男性のほうが元気がなかったりしますよね。
婚活の対象として40代の男性を対象としている20代の女性は多いですし、同年代になればなおのこと。
「もう40代だから…」と恋愛や婚活をあきらめている男性がいたら、そんなことはないのでぜひ積極的に恋のチャンスを掴みにいきましょう。

少なくとも女性の場合は、恋愛や結婚において相手の年齢を厳しくチェックするという風潮はなくなってきているように思います。
いくつであっても、異性として魅力を感じる相手であれば恋愛対象になります。

婚活対象として最適

40代というとかなり年齢を重ねている印象がありますが、実は40代の男性は婚活市場で需要が高い年代です。

社会人として仕事や生活が安定していて、一般常識がある40代の男性は、一緒にいて安心できると感じる女性が多く、婚活市場で人気があります。
逆に若い世代だと、収入が低く精神的に幼いところがあるので、結婚を前提とする婚活市場では人気が低くなりがちなのです。

「そろそろ婚活しないと…」と思っている40代の男性は、ぜひ積極的に婚活に励んでいただきたいですね。

同年代女性からも印象◎

男性は年齢を重ねると年下の女性を求める傾向があるのに対し、女性は年齢を重ねてもそこまで年下の男性を求めることはありません。

女性の場合、年下の男性に何でも頼られることを嫌うということもありますが、40代の女性からも40代の男性は人気があります。

ある程度恋愛経験をしていてほしい

40代の男性に求められるものとして、「恋愛経験」が挙げられます。
精神的に大人な男性は女性から人気があるけれど、恋愛経験が少ない人はスマートさが足りず、女性が異性としての魅力を感じられないことがあるようです。

恋愛経験がある男性は、女性の心の機微を理解して歩み寄ろうとしてくれる、楽しいお付き合いをしようと努力してくれるイメージがあります。
逆に、恋愛経験が乏しいと女性を楽しませようという気持ちが見えにくい人が多く、お付き合いが盛り上がらない様子。

40代の男性である程度恋愛経験がある人が、年齢を問わず女性から人気が高いです。

40男性が励むべき美容


これから恋愛や婚活に励みたいと考える40代の男性が、自分磨きとして取り組むべき美容は、主に以下の4つです。

・ヘアケア
・ダイエット
・デトックス
・脱毛

ヘアケア

ヘアケアは、やはり40代男性で悩んでいる人が多い「薄毛・抜け毛」の対策です。

家系にAGAの人がいなくても、40代に入ると髪のハリやコシがなくなったり、なんとなく薄くなってくる人が増えてきます。
できるだけ早いうちにケアを始めるほうが、症状を遅らせることができるのでおすすめです。

毛穴に汚れが詰まると、髪が生え変わる機能が妨げられてしまうので、常に清潔にしておくことが大切です。
ヘアワックスなどの整髪料を使っている人は、毛穴に整髪料が詰まりやすいので、スカルプ効果のあるシャンプーでしっかり洗いましょう。
洗った後は完全にシャンプーが洗い流せるまですすぐのがポイントです。

朝シャワーを浴びる習慣がある人は、夜整髪料をつけたままの状態で寝てしまうことになります。
髪や地肌にとてもよくないことなので、必ず夜シャンプーをして、朝シャワーを浴びたい場合は朝のシャンプーは控え、お湯で流す程度にとどめましょう。

あまりに抜け毛が顕著になってきた場合、美容皮膚科などでAGAの診療を受けるのもひとつの方法です。
男性の美容師は、髪が薄くなると仕事に支障が出てしまうので、かなり早い段階でAGAの治療をしているのだそう。
やはりケアは早いにこしたことはないということですね。

ダイエット

男性に限らずですが、40代に入るとぐっと代謝が落ちてきます。
同じ食生活をしていても、なぜか太ってきた…という人も多いのではないでしょうか。
いつまでも若々しい40代を目指すなら、ダイエットを意識することをおすすめします。

腹8分目を心がける、週に3〜4回40分以上の有酸素運動をするなど、手軽にできることから始めてみましょう。
太る前に予防としてのダイエットをするなら、意外と手軽に行えます。

最近、24時間のうち3食を8時間以内に済ませ、残りの16時間は食べないようにするという「16時間ダイエット」が流行しています。
たまにこうして胃を空っぽにする時間をつくると、ファスティング効果で身体が軽くなるのでおすすめです。

デトックス

40代に入って、体臭が気になりだしたという人はいませんか?
40代の男性に、ぜひ意識的に行ってほしいのが「デトックス」です。

体に老廃物が溜まると、汗や尿として体外に排出しようとします。
そのとき、汗が臭ってしまうことがあるのです。
また、皮膚に分泌される皮脂も、老廃物が溜まっていると臭いの原因となってしまいます。
こうした体臭は、意識的にデトックスを行うことで緩和されることがあるので、ぜひ試してみてください。

デトックスの方法はいろいろありますが、ぜひ積極的に行いたいのが「水をたくさん飲む」こと。
清涼飲料水やコーヒーはたくさん飲むけれど、水はほとんど飲まないという男性は意外と多いのではないでしょうか。
水をたくさん飲むことで、身体のめぐりがよくなり、老廃物が尿や汗として体外に排出されます。

最初は汗や尿に臭いがありますが、継続して水の摂取を続けていると、臭いが気にならなくなってきます。
体内の水分がきれいな水分に入れ替わることで、老廃物が減って臭いのもとがなくなるからです。
そのほか、適度な運動をして代謝を高め、老廃物の排出をうながしたり、食物繊維をたっぷり摂って腸から不要なものを排出するのもおすすめ。

最近は、男性用のエステサロンでリンパマッサージをして老廃物を体外に排出する施術もありますので、機会があったらぜひ受けてみるのもよいと思います。

脱毛

男性の体毛は多い人と少ない人がいますが、体毛が気になる人は脱毛を検討してみましょう。
最近は男性でも脱毛サロンに通う人が増えていますね。
濃い体毛やヒゲが苦手という女性は多いですし、体毛がないと体を清潔に保ちやすいです。

男性の中には、体毛すべてをつるつるに脱毛してしまう人もいますが、「脱毛=つるつる」というわけではありません。
脱毛の施術を受けることで、毛が細くなり、毛量が少なくなりますので、適当なところで施術を中止すれば、毛量を抑えることも可能です。

ヒゲが濃すぎるのが悩みだけれど、つるつるにしてしまうのは抵抗がある…という人は、頬の部分だけ脱毛をして、口周りは残しておくこともできます。
最近は脱毛サロンの料金も手頃になりつつあり、気軽に受けられるところも増えているようです。

40代男性が見直すべき価値観


40代の男性で、恋愛や婚活をしたいと思っているけれど、なかなかうまくいかない…と感じている人は少なくないと思います。

自分なりに努力をしているかもしれませんが、気づかないところで良縁を遠ざけている可能性は否定できません。
ここで、40代の男性にありがちな、そして見直すべき価値観をズバッと解説いたします。

「婚活対象=若い女性」はもう古い!

婚活をしている40代の男性にとても多いのが、お相手の対象年齢をとても若い人に絞っているケースです。
40代でも結婚相手には20代の女性を求めるという人が非常に多く、なかなか良縁に恵まれません。

なぜそこまで年下を求めるのか聞いてみると、「子どもがほしいので、出産を考えると若い女性がいい」と答える人がとても多いのです。
今は30代で出産している人がたくさんいますし、「出産=女性」と考えること自体が間違っています。

出産は女性がするので、妊娠から出産まで女性に問題がなければ大丈夫と思っている男性が未だに多いことに驚きます。
実際は、男性の生殖機能の問題で妊娠しなかったり、赤ちゃんが胎内で育たないというケースもとても多いのです。

本当に子どもがほしいのであれば、お互いがブライダルチェックをすることのほうが大切。
お相手の人柄を知ろうとせずに、年齢の若い人ばかりを求めていても良縁には恵まれません。

頑固でいいことはない

男性に限らずですが、年齢を重ねるほど確固とした自分の考えが生まれて、つい頑固になってしまいがちです。
けれど、恋人や配偶者はもともと他人ですので、自分だけの我を押し通そうとしても、お互い幸せにはなれませんよね。

「どうしてもこれだけは譲れない」というものは、誰もが持っています。
けれど、できるだけその数を少なくするように努めることは、恋愛や結婚においてとても大切です。

友人関係でも恋愛でも、歩み寄ろうという気持ちが関係を円滑にしてくれます。
異性とのコミュニケーションであれ?と思うことがあったら、まずは深呼吸をしてから相手の気持ちになって考えてみましょう。
その上で、自分の思いと伝えるように意識すると、相手もあなたの気持ちを理解しようと努めてくれるはずです。

年齢相応が好印象

女性にもありがちですが、異性にモテようと思うがあまり、やたら若作りをしてしまったり、テンションを上げてしまう人がいます。
もちろん若々しい40代は、若い世代の女性から見ても魅力的ですし、モテる要素のひとつです。
けれど、「若作り」は逆に「イタい人」という印象を与えてしまいます。

「大人である」ということも40代男性の魅力ですので、無理して若く見せずに、年齢相応にしているほうが異性からの印象もよくなるはず。
無理をしないで自然体で異性と接するほうが、長い目で見たら良縁を掴む確率は高くなると思います。

会話の内容やテンションはもちろん、ファッションや髪型も年齢相応が1番素敵です。
自分の魅力を引き立ててくれるものを研究してみましょう。

モテる40代男性になるポイント


「これからモテる40代を目指したい!」と思っている男性に向けて、モテるポイントをこっそりご紹介します。
意外とすぐにできることばかりなので、さっそく今から実践してください。

性別を問わずポジティブな人はモテる

男女問わず、一緒にいるとこちらまで元気が出てくるような、ポジティブマインドの人はモテます。
何か相談をしたときに、「それはまずいよね」と答えるよりも、「こうすればきっと大丈夫!」と前向きな意見をくれる人のほうが、頼りになるし元気をもらえますよね。

また、何事も積極的に楽しんでいる人も、前向きで魅力的な印象を与えます。
仕事も一所懸命、趣味も一所懸命で毎日楽しそうにしている人は、「私も一緒に楽しみたいな」という気持ちになります。
特に男性の場合、何事も一所懸命取り組んでいる姿は、女性のとても魅力的に映るものです。

あまりに元気すぎて疲れてしまうようなポジティブさは困ってしまいますが、マイナスな言葉を口にしないように意識するなど、小さなことからポジティブな行動を心がけてみましょう。

レディファーストは基本!

レディファーストといっても、なんでも女性を優先するということではありません。
ただ、デートやお付き合いをする上で、女性の立場になって物事を考えるように意識することはとても大切です。

婚活パーティーで知り合った人と初デートをするときに、「自分が好きなお店に行こう」と思うか、「彼女はどんなところが好きかな?」と考えてからお店を選ぶかで、当然ながら選ぶお店は変わってきます。
「初デートは思い出に残るから、少しおしゃれなお店にしてみよう」など、相手を気遣った行動や気持ちは、必ず相手に伝わります。

ある男性は、彼女の誕生日に時計を買ってあげることになっていました。
彼女に予算を伝えた上でどんな時計がほしいかを尋ねたところ、彼女は「並行輸入品でいいから予算内で○○の時計がほしい」と言いました。
けれど男性は、正規店で買うことにこだわって、結局予算内で別の時計を買ってプレゼントしました。
彼女は嫌ではなかったけれど、自分の誕生日プレゼントの希望を聞いておきながら、彼自身の価値観を優先したことに、少し残念な気持ちになったそうです。

どちらがよい、悪いということではありませんが、どちらも悪くないだけにフラストレーションが残ります。
どうせなら彼女が喜んでくれる選択をしてあげたいですね。

40代こそ清潔感が重要

年齢や性別を問わず、「清潔感」はモテる人の第一条件だといっても過言ではありません。
しかし、年齢を重ねるごとに清潔感は意識しないと出てこなくなってきます。

若い頃は、古着を着ていても清潔感が感じられましたが、40代になると古着で清潔感を出すのは難しくなってきます。
同じヒゲでも、きちんと整えてあるか、無精ヒゲかで印象が全然変わってしまうのです。

40代は、意識的に清潔感を出すことが大切な年代。
毎日お風呂に入って清潔な体を保つことは当然のこと、髪型やヒゲ、服装なども清潔感第一で考えるように意識しましょう。

特に体臭は、毎日お風呂に入っていても夏場になると気になりだします。
冬場は汗をかくことが少なくなる分老廃物が溜まりやすく。汗をかくとより臭いが気になることも。
先にご紹介したデトックスを意識的に行い、体の内側も外側も、きれいな状態を保つように心がけたいですね。

大人のユーモアを身につける

40代の男性は、ユーモアがあると断然「モテ」に近づけます。
一緒にいて楽しい人は、性別を問わず人気。体を張ったギャグで笑わせなくても、ちょっとクスッとするようなトークができると、女性からの印象は一気に高くなります。

何気ない暮らしの中で起こった出来事を面白く話してくれる、さりげないツッコミを入れてくれるといった会話は、「この人ともっと話したい」という気持ちになります。
また、他人の失敗を笑いに変えて明るい方向に持っていってくれるような人も、魅力的に見えるようです。

ユーモアのある会話には、「空気を読む」ことがとても大切。
いろいろな場面で空気を読むことができる人は、異性からモテる人だといえるかもしれません。

年齢よりも人間性!出会いのチャンスを見逃さないで


今回は、40代の男性を恋愛や婚活の対象にしている人に女性に向けて、「40代の男性あるある」的なテーマを取り上げつつ、恋愛や婚活をしたい40代の男性に向けて「素敵な40男性になるポイント」をご紹介しました。

昔と違って、今の40代男性は働き盛り+遊び盛りでとても魅力的。
40代の女性に魅力を感じる男性はたくさんいますし、実際に婚活市場での需要も高いです。
逆に、「素敵な人」と「老けつつある人」の線引がはっきりしてくる年代でもありますので、自分磨きは必須。

ぜひ本記事の内容を参考に、40代の男性を取り巻く恋愛+婚活を素敵なご縁につなげてくださいね。

SNSでシェアする

平島 有梨(ひらしま ゆり)

美容とお風呂とお酒をこよなく愛すフリーライター&1女の母。年の功か?エステやネイルに行くたびに担当から結婚の相談を受けるようになり、いつの間にか婚活サポーターに。幸せな結婚を目指す婚活女子を多方面から応援しています。 ▼instagram:https://www.instagram.com/azulside/