会話を弾ませて楽しい初デートにするためのポイントを解説 – 婚活あるある

会話を弾ませて楽しい初デートにするためのポイントを解説

初デートは男女問わず誰でも緊張するもの。初デートから「またデートしたい」と思ってもらえるには、やはり会話が弾むことが必須条件です。それに、自分も会話を弾ませてデートを楽しみたいですよね。そこで本記事では、初デートで会話を盛り上げる方法について詳しく解説しています。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

初デートで「次はないな」と思ってしまったことはある?


初デートで相手にがっかりしてしまい、「次のデートは考えられない…」と思ってしまったことはありますか?実は、男女ともに意外といるみたいなのです。相手を嫌いになったという理由ではなく、「ちょっと自分とは合わないな」と思ってしまうことがあるようで、なぜそう思ってしまうのかをリサーチしてみました。

「会話が盛り上がらない」が第1位!


初デートでがっかりしてしまった理由の第1位は、ダントツで「会話が盛り上がらない」です。初めてのデートではお互い緊張するので、最初はなかなか会話が弾まないこともあると思いますが、だんだん緊張が解けてきたら少しずつ話せるようになってきますよね。でも、終始会話が続かなかったり、噛み合わない状態が続いてしまうと、「また会いたい」と思えないのは理解できます。

会話が盛り上がらない理由はいろいろと挙げられます。ひとつは、相手や自分が寡黙なタイプの場合。これはもう仕方がないかもしれません。ほかには、趣味や価値観が違うので相手が振ってくれる話題を楽しむことができない場合や、会話がどちらか一方ばかりに偏ってしまう場合なども、もう会わなくてもいいかな…と思ってしまうようです。

そのほかの「次はない」と思った理由は?

マナーが悪い

食事のマナーをはじめ、歩きタバコやゴミのポイ捨て、順番待ちのときなど、ちょっとしたマナーが悪いと一気に冷めてしまいます。歩きタバコやゴミのポイ捨ては男性に多いようなイメージがありますが、女性の場合は電車の中でメイクを直したり、香水が強すぎるなどのちょっとしたことで魅力が半減してしまう様子。

女性のメイク直しにおいては、例えば鏡でリップがはみ出していないかチェックする程度なら気にならないという人と、パブリックな場所でコンパクトを出してメイクをチェックすること事態が気になってしまうという人がいます。さっと鏡を見る程度ならかまわないのでは?と思ってしまいますが、電車やバスの中、食事中は避けたほうがよいかもしれませんね。

段取りが悪い

これは、女性側が男性に対して思ってしまうことが多いようです。例えば、レストランを予約してくれていたはずが予約が取れておらず、別のお店で食べようと思ってもどこもいっぱいで、結局ファーストフードで食べることになってしまった…というミスが初デートで起こってしまうと、ちょっとがっかりしてしまいます。

ファッションセンス

ファッションセンスはそれぞれの好みがあるので微妙なところですが、やはりあまりにも自分の好みとかけ離れていると「一緒に歩きたくないな…」と思ってしまいます。ファッションに対するこだわりは人それぞれ違うので、そこまでこだわらない人であれば、清潔感があればよいと考えるでしょうし、かなりこだわる人は「デートにおしゃれをしてこないなんてありえない!」と思ってしまう人もいるでしょう。

2人の関係性に応じてデートの場所をセレクト


初デートで会話を盛り上げて楽しく過ごすためには、2人の関係性に応じたデートを計画することがポイントです。

マッチングアプリなど初対面で初デートの場合

マッチングアプリなどで知り合った人と、初対面で初デートをする場合は、2人きりの空間にいることのない場所のほうが、安心してデートできます。アプリの中でやり取りをしていたとしても、実際に会ったら想像と違っていた…ということはよくあるもの。また、トラブルを防ぐためにもできるだけ周囲に人がいる場所のほうが安全です。

職場の同僚などよく知っている相手の場合

お互いをある程度知っている上で初デートをする場合は、事前にお互いの趣味や好み、希望などを話し合ってデート先を決めることができます。初デートでウィンドウショッピングをする人がいますが、お互いの好みがわかるというメリットがある反面、意外と会話が盛り上がらないことがあるので、最初はやはり一緒に何かを楽しめるデートのほうがスムーズです。

会話が弾みやすいデートスポット3選

映画

映画デートには賛否両論ありますが、初対面&初デートの場合は、共通の話題がなくても会話に困らない映画デートはおすすめできます。初デートで映画がNGとされるのは、初めて会う相手と会ってすぐに暗闇の中で過ごすことはよろしくない…という理由です。

確かに、初めて会った人とすぐに暗い空間に身を置くのは抵抗がある人もいるでしょう。その場合は別のプランを考えるほうがよいかもしれません。人の多い映画館など、安心して映画を観られる状況であれば、映画デートは観ている間無言でも気まずくなりませんし、その後カフェやレストランに行っても会話に困らないので、無難なデートだといえます。

何の作品を観るかについては、事前に話し合って決めましょう。お互いの好みを知るよい機会ですし、一緒に何かを決める楽しみもあります。前向きになれる映画や、気持ちが明るくなる映画を選ぶのはマスト。ハッピーエンドの恋愛映画も悪くはありませんが、男女で恋愛に対する価値観が変わってくるので、軽い気持ちで観られる作品がベストです。

遊園地などのアミューズメント施設

水族館や、遊園地などのテーマパークだと、退屈することなく時間を過ごせるので初デートにおすすめ。事前にどこに行こうかと一緒に考える楽しみもあります。これまでにある程度のコミュニケーションを取っていて、会話に詰まってしまう心配がないのであれば、ドライブをしながら素敵な景色を見に行くのも楽しそうです。

テーマパークのデートは、ある程度お付き合いの深まったカップルが記念日などに出かけるイメージが強いかもしれません。けれど、アトラクションごとに目的を持って楽しめるので、会話が盛り上がるか心配な人にもおすすめなんです。ただし、休日のディズニーランドのように待ち時間がかなり長いテーマパークだと、待っている間の会話に困ってしまったり、待ちくたびれて盛り下がってしまう可能性があるので、できるだけ空いているテーマパークを選びましょう。

共通の趣味を楽しめる場所

お互いに共通の趣味があるならば、その趣味を楽しめる場所に出かけるのもおすすめです。マリンスポーツやアウトドア、渋いところで陶芸など、お互いが好きなことを一緒に楽しめれば、より仲が深まりそうですね。

本が好きな人は、大型書店でのデートも意外とおすすめ。Tサイトのように、お茶をしながら本を楽しめる書店があります。おしゃれな空間ですし、お互いが適度に近づいたり離れたりしながら時間を過ごせるので、緊張しすぎることなく過ごせます。

会話が弾みやすい話題には何がある?


できるだけ会話が弾みやすい場所を選んで初デートすることが前提ですが、長時間一緒に過ごすのですから話題に詰まってしまうこともあるでしょう。お互いが楽しく会話と楽しめる話題はどんなものがあるでしょうか?

デートの内容にまつわる話題

映画なら観た映画の感想、テーマパークならアトラクションの話題など、その時楽しんでいるデート内容についての話題が1番盛り上がります。だからこそ、話題に困らないデート場所を選ぶことが重要なのですね。ドライブなら、かかっている音楽の話題などを取り上げるのもおすすめ。最近はCDではなくスマホで使える音楽アプリを車のスピーカーから流せるので、どんな音楽でも聴くことができます。

学生時代の話題

学生時代の思い出話で盛り上がるのもおすすめ。大学のときに入っていたゼミの話などからその人の傾向を知ることができますし、どんな学生時代を過ごしていたのか純粋に興味がありますよね。出身地の話題になれば、そこからどんな子ども時代を過ごしていたか知ることもできるので、どんどん楽しい話題が生まれます。

ただし、中にはあまり楽しい学生時代を送って来なかった人がいるかもしれません。学生時代の話題で相手があまり楽しそうにしていなかったら、あまり踏み込まず速やかに話題を変えましょう。

お互いを知るためのトーク

まだお互いを深く知っていない間柄であれば、好きな食べ物からアーティスト、趣味、家族構成など、相手を知ることができる話題づくりもおすすめです。あまり質問責めをしてしまうと相手が困ってしまいますので、さりげなく質問をしながら、会話を盛り上げましょう。

「好きな食べ物は?」と聞いて相手が答えたら、「私も好き!○○も好きなんだ」など自分のことも少し織り交ぜつつ、相手が質問しやすいシチュエーションをつくることもマスト。

恋愛観・結婚観

デリケートな話題ではありますが、お互いきちんと付き合っていく気持ちがある場合、または正式にお付き合いをすることが決まった上で初デートに臨む場合は、ある程度の恋愛観や結婚観を聞いておくことも必要です。過去の恋愛話を聞くのはタブーですが、「好きな人とは毎日一緒にいたいタイプ?それとも1人の時間も大切にしたいタイプ?」という聞き方で、どんなお付き合いを望んでいるのか聞いてみましょう。

合わせて、少し自分の恋愛観も聞いておいてもらうことで、今後のお付き合いがスムーズになる可能性があります。結婚については、結婚願望があるかないか…くらいは聞いておけるとよいですね。もし「ない」といわれた場合も、あからさまに落ち込んだ態度はNG。初回のデートだからそこまで深く考えずに答えているだけかもしれないので、「自由が好きなんだな」くらいにとらえて前向きにデートを楽しみましょう。

初デートで会話を弾ませるためのポイント


ちょっとしたポイントをおさえておくだけで、初デートの会話を盛り上げた楽しいj感を過ごせます。以下の4つのポイントについて、詳しく解説します。

会話のキャッチボールを意識する
質問攻めは会話が盛り上がらない
意識的に楽しい雰囲気を出す
自分の話ばかりしないことはマスト

会話のキャッチボールを意識する

もっとも重要なポイントは、「会話はキャッチボール」であるということ。お互いが意識するべき重要なポイントです。「好きな食べ物は何が好き?」と聞かれたら、「○○が好き。あなたは?」と返す。これだけで会話のラリーがひとつ増えます。初デートはお互い緊張しているので、思うように会話を進められないこともありますが、投げられたら返すということを意識するだけで、話が弾みます。

会話のキャッチボールができない人は、マイナスな言葉を使う人が多い傾向にあります。相手から否定的な言葉を発せられると、何を言っても受け入れてもらえないんだな、と話すことがイヤになってしまいますよね。できるだけ否定的な言葉や後ろ向きな発言はせず、楽しいことだけを話すように意識することも大切です。

質問攻めは会話が盛り上がらない

お互いのことを知ろうとするがあまり、質問攻めをしてしまうと、会話は盛り上がるどころか逆に盛り下がってしまいます。質問をすることはよいのですが、一方的に質問していると、相手から尋問されているような気持ちになってテンションが下がってしまうのです。また何気ない質問をしているだけなのに、あまりにも多いとデリカシーがない人だと思われてしまう可能性も。

とはいえ、相手のことを知りたい気持ちは当然ですし、質問をすることで会話のラリーが増えることも確か。質問攻めにならないためには、会話にいろいろなクッションを挟むことがポイントです。質問をして回答を得たら、「そうだよね!私も○○で…」と共感をした後に、少し自分のことや別の話題を挟みます。そこでさらにラリーが増えるはずなので、そのラリーが終わってから次の質問をすれば、攻められているようには感じないはずです。

意識的に楽しい雰囲気を出す

楽しいという気持ちは自然と相手に伝わるものですが、初デートだと緊張して素直に感情を顔に出せないことがあります。けれど、楽しそうな顔をしてもらえれば相手もうれしいに違いありません。初デートでは、意識的に楽しそうな様子を見せるように心がけてみましょう。すると相手も気分がよくなり、自然と会話が盛り上がります。

自分の話ばかりしないことはマスト

絶対にやってはいけないのが、「自分の話ばかりしてしまう」ことです。会話に詰まってしまったとき、無言に耐えられなくて自分の話ばかりしてしまうかもしれませんが、自分の話ばかりする人は、勝手な人だというイメージを与えてしまいます。

けれど、好きになった人には自分のことをたくさん知ってほしいと思ってしまい、つい自分のことを話したくなってしまうのも理解できます。初デートはお互いを知るよいチャンスでもありますので、会話のキャッチボールを意識しながら上手に自分を知ってもらいましょう。

初デートで触れないほうがよい話題は?


初デートを盛り下げる話題は避けるのがベスト。以下に、初デートで触れないほうがよい話題を解説します。。

仕事の愚痴

デートの相手が同じ職場だったりすると、つい仕事の愚痴をこぼしたくなってしまいますが、愚痴や不平不満で会話を盛り上げなければいけないほど寂しい初デートはありません。多少仕事の話が入るのはOKですが、マイナスな話題は避けましょう。嫌な上司の悪口などはもってのほか。基本的に初デートでは、マイナスな話題は避けるべきです。

過去の恋愛話

過去の恋愛話をするかしないかは、人によって価値観が大きく違うテーマのひとつです。過去の恋愛話一切しない、相手にも聞かないし聞かれたくないという人もいれば、どんな恋愛を経て今のあの人が存在しているのか、事細かに知っておきたいという人もいるでしょう。

お付き合いが深まる中で多少過去の恋愛話が出てくる分にはよいですが、初デートでは避けたほうが無難です。

身体的な話題

軽い気持ちで言った身体的な話題が、相手を深く傷つけてしまうことがあります。背が小さいとか、痩せている、太っているという話題だけでなく、眉毛が濃い、まつげが短いといった小さなことでも、相手がどんなコンプレックスを持っているかわかりません。お互いを深く知る上でだんだんNGポイントが分かってくると思いますので、初デートでは身体的な話題は避けたほうがよいでしょう。

政治の話

政治の話題は、かなりデリケートな分野になりますので、初デートでは避けるべきです。恋人ではなく友人でも、政治の話で前向きな会話をすることは難しいように思います。政治における価値観は本当に人によって違いがありますし、政治から宗教観の話になってくることもあります。相手との関係が深まる中で、政治についての価値観を知っていくのはまったく問題ありませんが、初デートを楽しく過ごすなら、政治の話題はおすすめしません。

初デートは会話が弾むような場所をチョイスして楽しもう!

初デートでは、お互いをすでに知っている人、そうでない人に関わらず多少の緊張感が生まれるもの。その上で楽しく会話を盛り上げるなら、お互いの個性を考慮した上でデート場所を選び、前向きな話題で話を弾ませることがベストです。

長い時間一緒に過ごすのであれば、多少の無言な時間は避けられません。会話が途切れたとしてもあまり深く考えずに、自分の話したい話題や、相手が楽しんでくれそうな話題を振って会話のキャッチボールを意識しましょう。事前に話したいことをリストアップしておくと、会話に詰まったときに話題を振りやすいです。知りたいことや話したいことを、楽しいことに限定していくつかテーマを用意しておくことをおすすめします。

SNSでシェアする

平島 有梨(ひらしま ゆり)

美容とお風呂とお酒をこよなく愛すフリーライター&1女の母。年の功か?エステやネイルに行くたびに担当から結婚の相談を受けるようになり、いつの間にか婚活サポーターに。幸せな結婚を目指す婚活女子を多方面から応援しています。 ▼instagram:https://www.instagram.com/azulside/