彼の心をつなぎとめる!浮気防止に効果大な5の秘策 – 婚活あるある

彼の心をつなぎとめる!浮気防止に効果大な5の秘策

恋人との交際中に、「彼の様子がおかしい」「浮気しているのかも…?」と、不安になってしまうことはありませんか?
ずっとラブラブでいられることが理想ですが、交際も長くなってくると心配ごとが出てくる可能性は否定できません。
彼の浮気を防止するにはどうすればいいのか?
ここで、効果的な5つの秘策をこっそりご紹介します。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

浮気をする男性の心理とは?


そもそも、男性はどうして浮気をしたいと思うのでしょうか。
その心理に迫ってみます。

男性ホルモンの影響

男性は、魅力的だと感じる女性に出会うと「テストステロン」という男性ホルモンの分泌が活発になります。
テストステロンの分泌が増えると、性的欲求が高まるため、浮気したいという気持ちが生まれてしまうという説があるようです。
もちろんすべての男性がこの限りではありませんが、ホルモンの影響で浮気願望が促されてしまうのですね。

恋人に満たしてもらえていない

恋人が忙しくてあまり会えない、交際期間が長くなるにつれてマンネリ化してしまい、2人でいる時間が物足りないと感じたとき、つい浮気してしまいたくなることがあるようです。
これは、女性も似た経験をもつ人がいるかもしれませんね。
マンネリ化ではなくても、いつも一緒にいたいタイプの人と、お互いが自立した上で2人の時間を楽しみたいタイプの人がお付き合いをしていると、やはり気持ちのズレが生じて浮気に発展してしまうというケースもあります。

たくさんの人にモテたい

これは、性格の問題だともいえます。
いつでも誰かにモテていたい、恋愛初期のテンションを常に味わっていたいという人は、浮気が癖になっているようなところがあります。
このタイプだと、予防策をとっても予防しきれない可能性が高いです。

浮気を防止するための5つの秘策


できることなら、浮気の心配をすることなく幸せな恋愛を育みたいもの。
浮気防止に役立つ対策には、以下の5つが挙げられます。

・彼を満たしてあげる
・暇な時間を与えない
・周りを固める
・「俺がいてやらないと」と思わせる
・浮気に対する恐怖心を植え付ける

それぞれの対策方法を詳しく見ていきましょう。

彼を満たしてあげるように努める

「自分の存在がおざなりにされている」「なかなか会えないから寂しい」という気持ちにさせてしまうと、浮気心が芽生えやすいです。
自覚がある場合は、デートの頻度を増やしたり、彼にサービスをしてあげるなど心身ともに彼を満たすように努めましょう。
彼が心から満たされれば、自然と浮気したいという気持ちは消えていくはずです。
恋愛初期のような気持ちをずっと保っていたいという男性もいますので、相手に応じて彼サービスをしてあげましょう。

暇な時間を与えない

人間は暇になるとよからぬことを考えてしまうもの。
暇な時間を与えないように、彼が楽しめる趣味を提案したり、良書を貸すなど、やることを与えて浮気を考えるスキを与えないように意識してみましょう。
もともと多趣味な人は、浮気よりも楽しいことに集中していたりしませんか?
浮気よりも夢中になれることを見つけてあげれば、浮気防止はもちろん彼の生活に彩りが出ます。
浮気を疑ってしまうときも、心にいらない隙間ができているときだったりしますので、そんなときは趣味を楽しむことで嫌な感情を払拭できます。

周りを固める(公認カップルを目指す)

お互いの親公認のカップルを目指したり、共通の友人をたくさん作るなどして、浮気できない環境を作ってしまうのもひとつの方法です。
相手の親に気に入ってもらえることは、もっとも大きな浮気防止策だといえるかもしれません。
お互いの親を紹介するのはなかなかハードルが高いですが、「この人だ!」と思う相手であれば、検討してみてもよいと思います。
親だけでなく、共通の友人を味方につけることも、浮気防止につながります。
浮気しにくくなることに加え、怪しいことがあったときに相手の親や共通の友人が止めてくれる可能性もあるので、かなり効果的な浮気防止法のひとつです。

「あなたが必要」的なアピールをする

恋愛マンガやドラマなどでよくあるセリフに、「君は1人でも生きていける」というものがあります。
自分がいなくても生きていける人よりも、「自分がいないとダメだから」と思わせてくれる人のほうが、大切にしたいという気持ちになるもの。
実際にはそうはない場合でも、あえて「あなたがいないと生きていけない」と少し思わせてあげることは、浮気防止につながります。
ただ、あまりにその要素が強すぎると、重たくなって逆に浮気につながってしまうことがあるので、注意が必要です。
「あなたといることで毎日がとても楽しい」という気持ちを、さりげなく伝えられるとよいですね。

「浮気をしたらまずい」と思わせる

何気ない会話の中で、「浮気は絶対許せないタイプなんだよね」「浮気したら即別れると思う」など、浮気をしたらまずいという認識を持たせることも、予防につながります。
あなたのことが大切で、絶対に別れたくないと思っているなら、そこまでいわれて浮気をしようとは思わないはず。
このときも、過度なプレッシャーを与えてしまうと「重たい人」と思われてしまうので、さりげなくアピールすることが重要です。
「この人を失いたくない」という気持ちにさせることが、浮気防止に大きな効果を発揮します。

浮気を防止するために気をつけたいこと


浮気防止策を実践する上で、気をつけたいポイントを2つ解説します。

無理は禁物!

ぜひ覚えておいてほしいのが、「無理をしすぎないこと」です。
彼のことを失いたくないと思えば思うほど、彼に合わせ過ぎてしまい、自分の負担になってしまう…というケースは少なくありません。
相手は貴方が無理をしているとは思っていないので、当たり前のようにそれを受け入れてしまいます。
「彼に合わせないと」「もっと楽しませないと」という思いはエスカレートしがちなので、気づけば自分が疲れ切ってしまうということも。
よかれと思ってしていたことが、辛くなって別れの原因になってしまうこともありますので、あくまで無理のないように実践してください。

感情に流されない

「彼が浮気しているかも…」と思ったときに、浮気防止を試す前に感情が先立ってしまうことがあるかもしれません。
しかし、感情のままに相手に思いをぶつけても、求める結末にはならないもの。
疑わしいことがあったとしても、「浮気してるでしょう!」と責め立てるのではなく、冷静に相手の様子を見ながら、気持ちを自分の元へ戻す努力をするほうが得策です。
自分自身が、相手への気持ちが薄れてきたと感じたときに、相手がどう出れば気持ちが戻るだろうかと想像してみると、おのずと取るべき行動がわかってくるのではないでしょうか。

楽しい時間を共有することが最良の浮気防止策?

交際期間が長くなってくると、どうしてもお互いの気持ちに隙間が生まれてしまうもの。
できるだけ、付き合い始めたころの気持ちを忘れずに楽しい時間を共有することが、もっとも効果的な浮気防止策なのかもしれません。

ここで覚えておきたいのが、相手だけが楽しいのではなく、「自分も楽しむ」ことです。
相手だけを楽しませていても、自分が楽しくなければ、いつかお互いの心に歪みが生まれてしまいます。
あなたが恋人といて楽しくなる、満たされた気持ちになるということが、相手の心を満たすことにつながることを忘れずに、よりよい恋人関係を築けるように努めましょう。

SNSでシェアする

平島 有梨(ひらしま ゆり)

美容とお風呂とお酒をこよなく愛すフリーライター&1女の母。年の功か?エステやネイルに行くたびに担当から結婚の相談を受けるようになり、いつの間にか婚活サポーターに。幸せな結婚を目指す婚活女子を多方面から応援しています。 ▼instagram:https://www.instagram.com/azulside/