アラサー女子になる前に知っておきたい、セックスレスにならない秘訣とは – 婚活あるある

アラサー女子になる前に知っておきたい、セックスレスにならない秘訣とは

アラサー女子になるとありがちな悩み、「セックスレス」。そして実はこのセックスレス、ならないためのコツさえ抑えておけばちゃんと防げるもの。
アラサー女子になってもセックスを楽しめるように、今のうちにならない秘訣を押さえておきましょう!

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

アラサー女子を悩ませているセックスレスの実態


アラサー女子の悩みとしてよく挙げられる「セックスレス」。

アラサー女子がセックスレスに悩む要因として、30歳前後になると必然とパートナーとの結婚や出産を意識するようになり、今のパートナーとの関係性について悩んだり、将来のパートナー選びに焦りを感じたりするもの。

とはいえ、世の中には、「セックスレスとは無縁!」というアラサー女子も存在します。

今回は、セックスレスに陥ってしまう原因を元に、パートナーとセックスレスにならずに、ラブラブな関係を続けているアラサー女子から聞いた”セックスレスにならない秘訣”を紹介します。

セックスレスはなぜ起こる?男性側の心理とは


セックスレスは、女性が拒否することで起こる場合もありますが、男性側がセックスを拒否することで起こるセックスレスも存在します。

セックスレスと無縁のアラサー女子によれば、この男性側の心理をきちんと知っているかどうかは、セックスレスを避ける上でも重要なのだそう。

では、セックスレスに陥ってしまう男性にはどのような心理が働いているのでしょうか。

心理①相手への気持ちが薄れている

最初は頻繁にセックスをしていたが、多忙であまり会えず、時間のすれ違いが多くなる、セックスに誘ったら断られた、など何かしらの要因で性欲を満たせないことにより、相手とセックスしたいという気持ちが徐々に薄れてしまうという心理です。

セックスレスになった男性に対し、「いつからセックスレスなの?」と聞くと、だいたい何かしらきっかけがある人が多かったりします。

心理②相手に性的魅力を感じない

この意見は特に、パートナーの女性と同棲中の男性にありがちです。

セックスの際、ムダ毛の処理がされていなかった、下着が上下バラバラだった、体型が太ってきていたなど、同棲前には見えなかった部分を知り、少しがっかりするという男性もいます。

見た目以外にも、おならやげっぷを目の前でされるなど、”女性としてこうあってほしい”という男性ならではの気持ちとは真逆の現実が見えた時、相手に性的魅力を感じなくなるという男性もいます。

心理③ストレスによる性欲の減退

男性の中にはストレスによって一時的に性欲が減退してしまう人も多くいます。

ストレスの要因として特に大きいのは仕事。

突然の部署移動、大きいプロジェクトの担当、ノルマが厳しいなど、仕事上の負荷が大きくなったことにより、優先順位が仕事になってしまい、一時的に性欲が湧かなくなることがあります。

また、性欲が減退してる最中にパートナーから強くセックスを求められたりすると、それがまたストレスとなりパートナーに対し性欲が薄れてしまう、という男性も中にはいるようです。

アラサー女子に聞いた、セックスレスになるカップルの特徴とは


さて、男性側の心理を元にセックスレスになる要因を紹介しましたが、今度はセックスレスとは無縁、というアラサー女子が、過去にセックスレスに陥った際に学んだ、セックスレスになるカップルの特徴を紹介します。

特徴①性欲のタイミングが合わない

セックスレスに陥りがちなカップルの特徴として、セックスのタイミングが合わないことが挙げられます。

お互いの仕事の時間、自分の時間など、それぞれが全く異なった生活をしていると、自分がセックスをしたいと思った時に相手が乗り気でなかった、相手に求められたが気分でないので断ってしまった、などといったすれ違いが起きることによって、心もすれ違っていくケースが存在します。

特徴②コミュニケーション不足

2つ目の特徴は、コミュニケーション不足。

カップルにおいて、相手に対する日々の不満や不安などが溜まっていき、心がモヤモヤした状態を続けていると、いざセックスする場面になっても、気持ちが入らなくなってしまうのだそう。

”心の状態が体に現れる”と言われるほど、人間の心と体は深く繋がっているため、心がクリアでないと体も正直に反応してしまうものです。

特徴③マンネリ化

3つ目の特徴は、長年一緒にいると起こりがちな、”マンネリ化”によるセックスレス。

セックスもいつも同じ体位、流れを繰り返すなど、セックスの内容がマンネリ化してくることにより、人は次に何が起こるか分かっていると飽きてしまう生き物なので、徐々につまらなくなりセックスの数も減ってきてしまうのだそう。

中にはマンネリ化が原因で、他の異性と浮気をしてしまう人も多くいるほど、セックスのマンネリ化はセックスレスに直接的に繋がりやすくなります。

アラサー女子になる前に知っておくべき、セックスレスにならない秘訣とは


セックスレスと無縁のアラサー女子によれば、セックスレスにならないためにはちゃんとコツがあるとのこと。

それは日頃からお互いが良い関係性を築こうと努力することによって、セックスレスの悩みは基本的に生まれなくなるのだそう。

また、セックスレスはなってからでは遅いことが多いので、セックスレスになる前からきちんと対策をしておくことがポイント。

では実際に、アラサー女子から学んだセックスレスにならないための秘訣を紹介します。

秘訣①不満を溜めない

まずなんと言っても大切なのが、お互いに不満を溜めないこと。

相手に対し不安や不満などネガティブな感情が生まれた場合は、その感情もきちんと相手に共有することが大事なのだそう。

この共有する目的は、セックスレスになりがちな心のモヤモヤを日頃から解消しておくことで、セックスレスになるリスクを事前に遠ざけておくこと。

不安や不満を我慢してしまうという人は、それを伝えることで関係性が悪くなるのを恐れているケースが多いので、ただ感情をぶつけるのではなく、共有する、相手に気持ちを伝えるということを意識すると、相手も受け止めてくれるようになります。

秘訣②セックスしたいと思わせる努力をする

男性側の心理として、やはり女性らしさがなくなったことで性的欲求も湧かなくなってしまう場合があります。

なので、日頃からセックスしたいと思わせる努力も欠かせないとのこと。

普段の生活の中で、下着もたまには派手なものを着てみる、体を日頃から鍛えて美しいボディーラインを作っておく、相手のしたいセックスの体位や好みなどを聞いてみる、など女性らしさを心がけ、性に対して積極的な姿勢も大事だそうです。

秘訣③相手の状況を理解する

もう1つ大事な秘訣は、相手の状況を理解し、セックスのタイミングを考えること。

相手からセックスを求められないと気持ち的に不安になったり、どうしても相手とセックスのタイミングが合わないことがありますが、そうした場合でも相手の状況をきちんと知ることが大事です。

例えば、仕事から帰ってきて疲弊していないか、最近気分が落ち込んでいないかなど、様子を見てあげることで、「今はセックスするタイミグでないな」「相手の状況が落ち着くまで待ってみよう」など、思いやりを持って接することが結果的にセックスを長くできる関係になれるのだそう。

良くないのは何もしないこと

関係性を良くするために自分の行動を意識したり、相手とのコミュニケーションを工夫することがセックスを長く続けられる関係になれる第一歩。

何も努力しなかったり受け身の姿勢でいることは停滞する一方です。

セックスを楽しめる女性はアラサー女子も楽しめること間違いなし。
パートナーとセックスを長く楽しむためにも、今からできることを始めてみてはいかがでしょうか。

 

女性の中にはセックス後の気になる腹痛で悩んでいる方がいます。
ではなぜセックスをすると腹痛の症状が現れるのでしょうか?セックス後の気になる腹痛の原因と対処法について下記の記事で詳しく解説しています。
「セックス後の気になる腹痛の原因と対処法について」

SNSでシェアする