アラサーって何歳から?その年頃のあるあるを一挙紹介! – 婚活あるある

アラサーって何歳から?その年頃のあるあるを一挙紹介!

アラサーやアラフィフという言葉を良く聞くようになりましたよね。

ですが、それって何歳から?定義があるの?とイマイチわからないですよね。

ここではアラサーは何歳からなのか、その定義は?その年頃の女子の気持ちってどうなの?などアラサーにまつわる疑問を解説します。

そもそもアラサーってどういう意味?

「アラサー」とは、世代を表す言葉として使われています。
 

「アラ」は英語の「around(アラウンド・周辺という意味)」が元になっており、「サー」は「thirty(サーティー・30)」の意味。
 

つまり、around thirty=30歳前後、という意味で使われているようですね。

 

アラサーって何歳から?


ある未婚女性へのアンケートによると、「何歳からがアラサーだと思うか?」の質問の第1位は28歳でした。
 

平均して30歳ということは四捨五入して30歳になる25歳から34歳と考えるのが一般的に感じますが、その定義は曖昧なので人によって感覚が違うようです。
 

「四捨五入して30歳の人がアラサー」「30歳前後3歳くらい」「30歳になったらアラサー」と3つの意見に分かれるようです。
 

30歳に近づいてきた!という感覚=アラサーの年齢と感じている人が総合的には多いみたいですね。
 

中には、「アラサーと感じ始めた時からがアラサー!」という意見もありました。
 

では、アラサーと感じ始める時というのは、どんな気持ちなのでしょうか。

アラサー前半の女性の気持ちあるある

まずは、アラサー前半の女子の気持ちを解説します。
 

アラサー前半は、20歳を過ぎた頃の浮き足立った感じから一皮向けて、大人の女性になっていくような感じがあるようです。
 
このような感覚が芽生えたら、あなたもアラサーの仲間入りかもしれません。

自分がアラサーなのか悩み始める

ズバリ、「私ってもしかしてアラサー?」と悩み始めるのがアラサーの入り口。
 

自分はまだアラサーだと思っていなくても、25歳の誕生日に「アラサーの仲間入りだね!」と言われて意識するようになったという人も。
 

25歳くらいだと、まだまだ社会人としても経験が浅かったり結婚を意識するには早いので、アラサーと言われると抵抗を感じるかもしれません。
 

ですが、周りの人から見たらアラサーなの?と思うと意識してしまうのは当然ですよね…
 

また、20代後半はお肌の曲り角とも言われます。
 

吹き出物がいつまでも治らない、どんなに眠ってもクマが消えない…などといったお肌のトラブルが治りにくくなった時にアラサーを意識する人は多いみたい。

将来が不安になる

急に将来が不安になるというのもアラサー女性のあるある。
 

20代前半は、歳を取ることに抵抗がなかったけど20代後半になったら何となくプレッシャーを感じるようになる人は多いみたい。
 

30歳が近づくと、すっかり周囲にもアラサーと認識されるので自分自身も嫌でも意識せざるを得なくなります。
 

今までは感じていなかった将来への不安がいきなりどっと押し寄せるタイミングとも言えます。
 

仕事でも少しずつ責任のある立場を任されたり、結婚や出産などへの不安も増して恋愛感も変わってくる年頃。
 

一気に様々なことで不安になる事が多いのもアラサー前半の特徴と言えそうです。

女子と言われることに違和感を感じる

アラサーなのに、女子って言われることに違和感を感じる…という意見も多数。
 

ズバリ、女子と呼ばれるのに違和感を感じ始めたらアラサーの仲間入りと言えるかもしれません。
 

それに伴って、お化粧の仕方や髪型が変わるのもアラサー前半あるある。
 

女子から大人の女性へと変身するには、お化粧と髪型は高価絶大です。
 

いわゆるギャルメイクを卒業したり、髪の色も落ち着いた色を好んだりするようになります。

ジャスト30歳の女性の気持ちあるある

ジャスト30歳の気持ちについて解説します。
 

私ってアラサーなの?どうなの?と思っているアラサー前半に比べて、30歳になってしまうと良い意味で諦めがつくようです。
 

20代の葛藤が嘘のようになくなった!という人もたくさんいるようです。
 

30歳は色々な意味で節目となる年齢ですが、アラサーど真ん中の30歳女子の気持ちを見ていきましょう。

不安がなぜかなくなる


30歳になる直前は焦りと不安でいっぱいだったけど、なぜか不安がなくなった…という人は多いです。
 

当然、30歳の誕生日から何かがいきなり変わるという事はないので当たり前なのですが、思った以上に変化がなかったという意見が多数です。
 

実は、自分が思っている以上に周りからのプレッシャーが大きいのかもしれませんね。

開き直って人生を楽しめる

子供の頃は30歳はとっても大人に感じたり、30歳はおばさんだと思っていませんでしたか?
 

でも実際自分が30歳になってみると、子供の頃と何も変わっていない、それほど大人って感じもないという感覚の人も多い様子です。
 

「30歳になったけど、中身は子供の頃とあまり変わらない」という人も。
 

かえって開き直ると、これが自分の人生だと腑に落ちる感覚があって逆に人生を本当の意味で楽しめるようになるようです。
 

実は30歳が本当に自分らしく人生を楽しめるスタートラインなのかもしれませんよ!

服装の好みが変わる

洋服の趣味が変わるのもジャスト30歳の特徴です。
 

ミニスカートなど、過度に肌を露出する洋服を着る事に抵抗を感じて少し大人っぽい服装にシフトチェンジする人も多いみたい。
 

仕事上でも責任のある立場になるとそれなりの身なりを求められますので、子供っぽさをなくしたいという意識が働くのでしょう。
 

今まで興味のなかったブランド物に興味が出てきたり、ジュエリーや時計も少し高価なものを手にするようになる人も多いようですよ。
 

流行を追うだけのファッションではなく、良いものを長く身に付けたいという気持ちに変わるのですね。

アラサー後半の女性の気持ちあるある


ここでは、どっぷりアラサーの31歳以降の女性の気持ちについて解説します。アラサーかどうか迷うと言っていた20代後半に比べると、どんな変化があるのでしょうか。

出産を意識するようになる

ズバリ、出産を意識するのがアラサー後半。
 

アラサー前半女子も出産を意識して焦りがある人が多いですが、アラサー後半はその比ではありません…
 

35歳を過ぎると妊娠の確率が一気に下がると医学的に言われています。
 

そのため、アラサー後半女性は出産をかなりの確率で意識しており、すでに子供がいる人も2人目、3人目…の家族計画に焦り始める人も多いとか。
 

婦人科に通う確率が増えるのもアラサー後半です。

サプリメントが気になる

サプリメントが気になり始めるのもアラサー後半の特徴。
 

アラサー後半になるといきなり疲れやすくなった、肌のハリがなくなった、など体調の変化を感じる人が多くなります。

今まで若さでカバーしてきたけど、サプリメントが必要と感じるようになる人も多いようですね。

アラフォーがいつからなのか気になる

アラサーどころか、アラフォーがいつからなのか気になり始めるのがアラサー後半。
 

あれほどアラサーを意識していたのに30代も板につくと、自然と40代を意識するようになります。
 

「アラフォーっていつから?」が気になり始めたら、アラサーも卒業が近づいているのかもしれません。

まとめ

アラサー女性の気持ちあるあるを解説してきました。私もそれ感じている!と心当たりのある方も多かったのでは?
 

アラサーは物理的な年齢ではなく、それぞれが感じる気持ちが重要なようですね!

SNSでシェアする