【結論】アラサーって何歳から?恋愛・ファッションにどう変化するか解説 – 婚活あるある

【結論】アラサーって何歳から?恋愛・ファッションにどう変化するか解説

2020.05.28

プライベート・仕事・恋愛…20代を楽しんでいると徐々にチラつく「アラサー」の文字…。
25歳以降になると、「私ってアラサーなの?」とふと気になる女性が急増します。
しかし、そもそもアラサーは何歳から?恋愛やファッション、気持ちにどんな変化があるのでしょうか?

 

いつかくるアラサー時代を楽しむために、やっておくべきことをチェックしましょう!
アラサーが気になる女性は必見です。

アラサーって何歳から?基準とは


30歳前後を英語にすると「Around30(アラウンドサーティ)」略して「アラサー」。
25歳~34歳、26歳~33歳、28歳~32歳など、アラサーの年齢定義は人によって意見はさまざまで、「何歳から何歳までがアラサー」とハッキリとした定義はないようです。

 

調べたところ、ざっくり30歳の前後3歳を指すケースが多いので、今回は27歳~33歳未満を「アラサー」として定義して話を進めますね。

 

 

アラサーになって変化したことは?

フレキシブルだった10~20代中盤な頃と比べ、心身ともに成熟し落ち着きが出てくるアラサー。
恋愛や結婚・仕事にも大きく変化が出ると言われるこの年齢に、どんな変化がでるのでしょうか?
筆者の体験談と一緒に解説していきます。

 

 

恋愛・結婚への意識が強くなる


アラサーになれば結婚を意識した恋愛をする女性が急増するもの。
なぜなら20代中盤~後半になると、学生時代の友人や親族・知人など周りがどんどん結婚しはじめるからです。

 

晩婚化が進んでいるとは言っても、周りの結婚・出産報告を聞くと「わたしも気が付けばもうこんな年齢…⁈」と現実的な部分を考えてしまうもの。
女性は特に妊娠・出産など身体的なタイムリミットを察し、不安・焦りを感じる人も出てきます。

 

20代のドキドキ感を求める恋愛ではなく、一緒にいて心落ち着くパートナーを求め、結婚への意識が強くなる女性が多くなります。

 

今後のキャリアプランに悩む

20代~30代の女性にとってキャリアの大きな分かれ道と言っても過言ではありません。
共働き世帯が増えたと言われるように、働く女性が増えてきました。

 

しかし、妊娠・出産した場合、女性・男性の産休・育休取得、復帰後のサポート制度が充実している企業は、まだまだ少ない状況です。
なので近年でも、妊娠・出産を希望する女性は、将来キャリアを取るか家庭を取るかで悩むケースも珍しくありません。
(私も会社員として在籍中に妊娠・出産を経験しました。しかし、産休・育休の休職期間によるブランク、復帰後は子供の体調不良で欠勤することも多くあり、今後のキャリアプランに悩んだ時期もありました…。)

 

どのような働き方・家庭像を希望するのか、人によって様々だからこそ、「専業主婦として家庭を守る」「仕事をしてキャリアを積む」など、今後のキャリアプランに悩む女性が多くなります。

 

体が疲れやすくなる

若いころは、徹夜をしても次の日でもすぐに回復した人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、アラサー女性は、基礎代謝の低下・ホルモンバランスの関係から体が疲れやすくなります。
「なんとなく身体の疲れが取れにくい…」「徹夜するとお肌がボロボロになる…」と明らかに身体の衰えがではじめるため、無理をした遊び方も少なくなります。

 

体の変化に対応すべくアラサーになるにつれて、野菜中心の食生活・ヨガなどの適度な運動・規則正しい生活リズムなど、健康的な生活を心掛ける女性も多くなります。

 

落ち着いた髪型・メイクを選ぶ

「自分を可愛く表現したい!」「トレンドに乗りたい!」と思った時期もあったのではないでしょうか?
しかし、アラサーの年齢になるにつれて、内面にも落ち着きが出始めるため、外見も大人っぽいバランスの取れたメイク・髪型に魅力を感じるようになります。

 

大人の女性ならではの、落ち着いた髪型やメイクで知性や上品さをアピールしたい女性が増えるのもこの年齢からと言えるでしょう。

 

ファッション雑誌が変わる


メイク・髪型も変化するに伴い、ファッション誌の好みも変化します。

 

20代中盤までの頃は、non-no、Ray,CanCam,などカジュアル・フェミニンっぽいファッション誌を読んだ女性も多いのではないでしょうか?
アラサーになると、10代・20代中盤のファッション雑誌とは違い、キャリアウーマン向け・子持ち向けなど、アラサー向けでもさらに読者層が細分化される特徴があります。

 

ただ、アラサー向けのファッション雑誌の傾向としてSteady.、Sweet、withなどに代表されるように、フェミニンさの中にさらに大人っぽさがプラスされたファッション雑誌へと好みが変化します。

 

アラサーを楽しむために!やっておきたい行動3つ


「これはアラサーになる前にやっていれば良かった…」なんて後悔はしたくないですよね。
これから迎えるアラサー時代をより楽しむために、比較的フレキシブルで時間に余裕がある今だからこそ、やっておきたい行動を押さえておきましょう!

 

筆者と周りの体験談と一緒に、オススメの行動3つを厳選して紹介します。

 

これからのライフプランを立てる

厚生労働省によると、女性の平均初婚年齢は29.4歳。第1子出生時の年齢は30.7歳とアラサー年齢ドンピシャの結果になりました。
この結果から20~30代の女性は、ライフステージにおいて重要な転換期と言えます。

 

もちろん、結婚・妊娠・出産だけが自分のライフプランではありません。
これから、結婚せず生きるのも良し、結婚してバリバリ働くのも良し、専業主婦として家庭を守るのも良し、ワーママになるのも良し…女性の数だけライフプランは存在します。

 

アラサーはライフステージの重要な転換期だからこそ、「これからのキャリアプラン・恋愛や結婚・出産・やりたい夢…」を考え自分だけのライフプランを見つめてくださいね。

 

自分磨きをがんばる!

ステキなアラサー女性は、外見の美しさ・内面からも魅力あふれるもの。
ひと味違うワンランク上のアラサー女性になるには、以下の自分磨きがオススメです。

・適度な運動
・日頃のスキンケア
・知識や教養をつける
・メイクやファッション

スキンケアしてるかどうか、この差がハッキリと出るのがアラサーなんです。
私の体験談になるのですが、スキンケアがしっかりした友人と、あまりしなかった人(筆者です)では、肌のモチモチ感が全然違うことに…。
顔の印象は、肌にダイレクトに出るからこそ、日ごろのスキンケアはしっかりしましょう!

 

また適度な運動は、脂肪燃焼作用があり、スタイル維持・アンチエイジング効果がありますよね。
どんな運動が良いかと言うと、私の周りでも人気なのが、初心者にも始めやすい&好きな時間にも実践できる「ヨガ・ストレッチ」がオススメですよ。

 

知識や教養といった内面・外見の美しさは、大人の女性としての必須項目なのは言うまでもありません。
毎日の自分磨きが、ステキなアラサーへと近づく一歩になります。

 

新しいことにチャレンジする!

新しいことへのチャレンジは、自分自身を成長させてくれる重要なもの。
若い頃は失敗をしても、周りが「しょうがないなぁ」と言ってくれる、いわゆる“若気の至り”で許された雰囲気がありましたよね。

 

しかし、年齢を重ねるごとに、仕事でも部下ができて重要なポジションになったり、プライベートでも大人の振る舞いが当たり前になるなど、“失敗”の重みが大きくなります。

 

大人になるにつれて、新しいことに高いハードルを感じ、やりたいことへの挑戦をためらってしまう…そんな女性も少なくありません。
比較的フレキシブルな今だからこそ、趣味や仕事・海外旅行・留学などやりたい事にどんどんチャレンジしましょう!

まとめ

アラサーの年齢やファッション・恋愛がどのように変化するのか紹介しました。
アラサーとは一般的に、30歳の前後3歳、つまり27歳~33歳以下を指すことが多いようです。

 

どんな変化があるのかと言うと、身体面は免疫力・ホルモンバランスの関係で疲れを感じやすくなり、精神面では穏やかで落ち着いた大人の女性に変化していきます。

 

ステキなアラサーになるため、ライフプランを立てる、自分を磨く、新しいことへのチャレンジをするなど、できる事は盛りだくさんです。
ぜひ参考にしてくださいね。

SNSでシェアする

うーちょ

食べる事・料理を愛しています。 婚活パーティーで出会った人と結婚しました。 \主婦&会社員&1児の母&ライター/ 人事部で勤務中。転職・就職系の記事執筆も得意。 特技は履歴書・職務経歴書の速読。 ▼Twitter:https://twitter.com/uucho930