アラサー婚活の現実!最終的に必要な「条件」よりも大切なものとは? – 婚活あるある

アラサー婚活の現実!最終的に必要な「条件」よりも大切なものとは?

アラサー女子になってから婚活にあせり出す方は少なくありませんよね。

今まで全く気にしていなかったのに、気づけば周りがどんどん結婚して始めているなんて状況があるかもしれません。

しかし、アラサー女子の婚活は現実的に厳しく若い子たちと比べて余裕がないもの。

今回は、そんなアラサー婚活の現実について紹介すると共に大切にするべきポイントも紹介します。

アラサー婚活の現実とは?

恋愛も仕事も色んな経験をしてきたアラサー女子でも、いざ婚活となると初心者同然。

多くの人が初めての結婚なので、そのための活動も手探り状態です。

そんなアラサー婚活の現実とは、どのようなものなのか?を紹介していきましょう。

アラサー婚活で対象外にされる現実

アラサー婚活では、参加しているのに最初から対象外にされてしまう現実が待っています。

男性はアラサー女子に対して、目が肥えていてチェックが厳しく近付き難い印象を持つもの。

よほどの年上好きか一目惚れでない限り、積極的に近づこうとは思いません。

婚活パーティなどでも、スタート地点から対象外にされていると考えて良いでしょう。

アラサー婚活で割り切れない現実

アラサー婚活では、好みの男性ばかり追いかけるのではなく、割り切って誠実な男性を狙うのも成功の秘訣。

しかし、この割り切りができずに恋愛ゲームの延長戦として好みの男性を追いかけてしまうケースが多いようです。

アラサー婚活では、このように割り切ることが出来ないパートナー探しは失敗のもと。

結果的にうまくいかず不発で終わるのも、アラサー婚活の現実として考えられます。

アラサー婚活で相手を好きになれない現実

アラサー婚活では、相手のことを好きになれない現実もあります。

自分の将来を真剣に考え過ぎるあまり、年収や容姿・性格など相手の条件ばかりを理想と当てはめてしまうのがアラサー婚活。

これだと、純粋に相手のことを好きになるなんてことはなくなりますよね。

「何としても結婚しなければ」と言う思いばかりが先行すると、1番大切な相手を思う気持ちを忘れてしまいます。

アラサー婚活が厳しくなる現実は自分で作っている

アラサー婚活では、自分にとって厳しくなる現実が待っていると思われがちです。

実は、その現実を自分で作っていることに気付いる方は多くありません。

まじめに婚活しているのに、なかなか成果が出ない方。

ここで紹介する内容が、自分に当てはまっていないかチェックしてみましょう。

女子会ばかり行っている

時間とお金を男性との出会いではなく、女子会ばかりに使っている方はいませんか?

何でも気兼ねなく話せる友達と女子会をするのは、確かに楽しいし息抜きとしては大切です。

しかし、女子会ばかり開いても出会いが多くなるわけではありません。

女子会でストレス発散するのが楽になってしまうと、新たな出会いを求めるのが億劫になってしまいます。

海外旅行が多い

海外旅行の多さが婚活にどう響くのか?と疑問に思う方がいるかもしれません。

男性からしてみれば「海外旅行が多い=お金がかかりそう」と感じてしまいます。

稼ぎのある方であれば問題ありませんが、年齢的にも余裕のある経済力は期待できません。

ただでさえハンデのあるアラサー婚活なのに、さらに選択肢を狭めてしまう結果になります。

占いにハマってしまう

アラサー婚活でありがちなケースとして、占いにハマっていることも考えられます。

占った内容ばかり気にしてしまい、せっかく出会いを棒に振ることが出てくるかもしれません。

占いは参考程度に止めておいて、最終的に決めるのは自分であることを忘れないようにしましょう。

アラサー婚活で気にしてしまう現実的な「条件」

アラサー婚活では、結婚生活をリアルに考えるあまり相手の「条件」を非常に気にします。

財産の面でも生活の面でも相手と共有するためには、相手のスペックをちゃんと知っておきたいもの。

アラサー婚活が、相手に対して求める「条件」とは何なのか?を整理していきましょう。

収入が安定しているか?

婚活において、経済力が1番重要な条件として注目されます。

何をするにも収入が安定していなければ、生活自体が危機的状況になるのは想像に容易いですよね。

どれだけ素敵な相手でも不安定な収入だと、結婚後の生活も不安になります。

例え今の収入が高くなくても、将来的に有望な立場にいる相手であれば安心です。

学歴やキャリアは?

学歴やキャリアは、安定した収入にも直結する要素。

例え転職したとしても、学歴とキャリアが高ければ市場価値的にも高くなるので安定した生活が期待できます。

アラサー婚活では、より現実的に結婚後の生活を考えるのでお金にまつわる条件は非常に注目される要素であると言えるでしょう。

家族を大切にしてくれそうか?

家族を大切にする愛情の面も、アラサー婚活では注目されます。

お金があっても結婚生活自体が幸せでないと、何のために婚活をしているのか分かりません。

この先、何十年と続ける生活ですから家族をどれだけ大切にしてくれるのかは根本的な条件であると言えますね。

アラサー婚活で「条件」よりも大切なものとは?

アラサー婚活では、男性にとっては厳しくも見える「条件」が重要視されがちです。

確かに結婚生活においては、事前に「条件」をクリアしておかないと不安で仕方がないと思う方も多いでしょう。

しかしアラサー婚活では、条件よりも大切なものがあります。

ここを見落としがちなのがアラサー婚活の盲点。

条件よりも大切なものは何なのか?を紹介していきましょう。

アラサー婚活では金銭感覚が合う男性を選ぶのが現実的

アラサー婚活では、金銭感覚があう相手を選ぶのが現実的な考え方と言えます。

確かに、高収入を条件にするのも参考程度には良いかもしれません。

しかし、高収入でも金銭感覚が合わなければ生活自体が破綻してしまいます。

例えば、お金遣いが荒くて収入が高いのに生活費がままならないことがあるかもしれません。

高収入でも「〇〇を買うときは〇〇円ぐらい」などの感覚が、合っているかどうかを見極めた方が良いと言えます。

アラサー婚活では食の感覚が合う男性を選ぶのが現実的

色の感覚は、意外に大切で夫婦関係にも大きく影響してくる要素です。

極端な例ですが「手料理が食べられない」「食べるのは外食のみ」と言った感覚の方もいます。

食事は夫婦や家族にとって、大切なコミュニケーションの手段。

食の感覚が合わなければ、いくら条件がクリアしていても良い結婚生活は送れません。

アラサー婚活では笑いの感覚が合う男性を選ぶのが現実的

笑いの感覚は、会話のコミュニケーションの手助けにもなります。

夫婦になれば真剣な話も増えますが、同時に緩和剤となる「笑い」の部分でコミュニケーションを取ることが多いです。

軽視されがちな笑いの感覚ですが、今後の生活を考えるのであれば重要な要素として認識しておいた方が良いでしょう。

大して会話が楽しくないのに条件的にクリアだから結婚となれば、何十年と希薄な関係を続けていくことになります。

アラサー婚活では価値観が合う男性を選ぶのが現実的

アラサー婚活を成功させるのは、相手との価値観で選ぶのが現実的です。

例えば「許せる範囲」と「許せない範囲」の境界線が同じであるとか「大切にしていること」などの価値観が合うのが重要。

相手の価値観は、初対面ですぐに分かるわけではありません。

しかし会話を重ねていく中で、自分とフィーリングが合うと感じることが多くなれば、良い関係に発展する可能性が見えてきます。

婚活は結婚生活のスタートラインより前であることを忘れない

結婚はときに「ゴールイン」と表現されることがあります。

しかし、実際にはゴールではなくスタートライン。

アラサー婚活では、このことを忘れてしまいがちです。

結婚して終わりではなく、その後ずっとパートナーとの生活が続くことを忘れず、良い関係を築けるような相手を見極めていきましょう。

SNSでシェアする