一生彼氏ができないと諦めないで!彼氏をつくるためにやるべきこと

彼氏が欲しいのになかなかできず、気づけば「年齢=彼氏いない歴」となっている人は、「もう自分は一生彼氏ができない」と諦めモードになっているのではないでしょうか。

でも、本当に彼氏がほしいと思うなら、諦めるのはまだ早いかも知れません。ここで、彼氏をつくるためにぜひトライするべき方法を、こっそりご紹介します。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

どうして一生彼氏ができないと思ってしまうのか?


「自分には彼氏ができない」と思ってしまう人は一定数いるのではないかと思われますが、「一生」できないと思っている人は少ないのではないでしょうか。

なぜ、自分には一生彼氏ができないと思ってしまうのか?その心理について考えてみたいと思います。

一生1人で生きている女性はいるの?

一生彼氏ができないと諦めてしまっている女性は、一生誰かと寄り添うことなく、1人で生きている人はいるのか?ということがとても気になるのではないかと思います。
1人で生きている人がいると、自分だけではないという安心感や、自分も1人で生きていくことができるという気持ちになれるからです。

結論からいうと、一生彼氏をつくらずに1人で行きている女性はいます。
全体の割合としてはとても少ないと思われますが、恋愛や結婚を諦めて、1人で生きていこうと決意し、実践している人はいますし、その理由はさまざまです。

例えば、やはり一生彼氏ができないと考え、彼氏ができなければ結婚もできないので、両方を諦めて1人で生きていくことを決意した人。単純に異性に興味がなく、恋愛や結婚をしたいと思わないから、必然的に1人で生きていく選択をした人…。ほかにも、セクシャルマイノリティ的な価値観から、一生1人で生きていくことを決めたという人もいるでしょう。

一生彼氏ができないと諦めてしまう理由

一生彼氏ができないと諦めている人は、どうしてそう考えてしまうのでしょうか?
その理由はいろいろとあるようです。

生まれてから彼氏ができたことがない

アラサーを迎えるまで、1度も彼氏ができたことがない人は、この先彼氏ができることを期待できないため、一生1人で生きていくことになると思ってしまうようです。

たしかに、ずっと彼氏ができず、今後もその予兆が見られないのであれば、一生1人で行きていくことも覚悟しておかないといけないと考えてしまう気持ちはわかります。

自分に自信がない

これまで彼氏ができたことはあるけれど、もうずっと恋愛をしていない。自分に自信がないために、恋愛に対して前向きになれないし、恋活をする気になれない…という人も、一生彼氏はできないだろうと諦めてしまう様子。

確かに、勝手に彼氏ができるということは考えにくいので、自分から恋愛しようという意欲がなければ、彼氏をつくることは難しいかもしれません。

ろくな相手と出会わない

これまで何度も恋愛をしてきたし、何人かの男性とお付き合いしたこともあるけれど、すべて嫌な形で別れることになってしまった。
毎回彼氏ができると、何かしら嫌な思いをすることになるので、もう彼氏はいらない。と、恋愛を諦めてしまう人もいます。

「もう恋愛はコリゴリ」と思ってしますと、一生1人で生きていく決断をせざるを得なくなってしまうのはうなずけます。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

彼氏ができない理由を考えてみよう


一生彼氏をつくる気がないために諦めている人もいれば、彼氏を作りたいけれどできないから、諦めざるを得ない人もいます。
彼氏がほしいのにできない人は、なぜできないのかを1度じっくり考えてみましょう。

いかに、彼氏ができない理由として考えられる要素を挙げてみます。

理想が高い

意外と多いのが、求める彼氏像の理想が高すぎて彼氏ができないというケースです。本人には理想が高すぎるという自覚がない場合が多いのが困りもの。

婚活でもそうですが、あまりに条件が多すぎてなかなか成婚に至らない人がいます。ある程度の理想があるほうが、婚活も恋活も効率的に進めることができますが、理想が高すぎると叶えられない場合があるので、注意が必要です。

ただ、「理想を叶えられないなら彼氏はいらない」という人もいるので、その場合は理想を貫いてもよいと思います。
結婚適齢期を迎えても彼氏ができたことのないある女性は、「それでも王子様が現れるのをまだ諦めたくないんです」と言っていて、そういう考え方もあるんだなと思いました。

彼氏をつくることを諦めている

彼氏はほしいと思っていて、これまでもそれなりに恋活をしてきたけれど、うまくいかなかった。もう恋活にも疲れたので、彼氏はほしいけれど努力するモチベーションはない…という人もいます。

しばらく恋活をお休みして、また彼氏を作りたいというモチベーションが湧く人もいますが、そのまま何年も経過してしまう人も少なくありません。
特に、仕事が充実している人や、友人が多く彼氏がいなくても楽しく生活できている人だと、「彼氏を作らないと」という焦りがないので、最終的に1人で生きている…ということになりがちです。

スキがない

モテる女性はどんな女性か?ということを考えたときに、必ずといってよいほど挙げられるのが「よい意味でのスキがある」という要素です。

話しかけやすい、「アプローチしたら振り向いてくれそう」という雰囲気を醸し出している女性には、男性も声をかけやすいというもの。逆に、話かけても冷たくあしらわれそうな女性には、声をかけにくいでしょう。

無意識のうちに、異性を寄せ付けない雰囲気を醸し出している人は、自分から積極的に動かないと彼氏ができにくいかもしれません。
笑顔や明るい表情を心がけたり、話しやすい雰囲気をつくるように意識してみましょう。

容姿と色気が物足りない

最終的に人間は中身が重要だと思いますが、彼氏ができるまでの過程において、容姿はとても重要です。

人は第一印象によって相手へのイメージが大きく左右されます。生まれ持った容姿というよりも、身だしなみやファッションに対する意識が相手にも伝わるのです。
もし逆の立場だとして、初めて会う人が髪も服装もだらしなかったり、あまりにも気を使っていないファッションだとよい印象を持ちませんよね。

色気というと性的な色気を連想しがちですが、明らかに性的というわけではなく、異性らしい雰囲気を出すということが重要だと思われます。
女性らしい雰囲気の人に男性が惹かれるのは当然のこと。ボーイッシュだから彼氏ができないというわけではありませんが、常に彼氏が絶えない人を見ていると、さっぱりした人柄でもどこか女性らしさを感じる人が多いのではないでしょうか。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

彼氏ができない人が取るべき行動5つ


本当は彼氏がほしいけれど、きっと一生できないと諦めてしまっている人は、もう1度彼氏をつくる努力をしてみませんか?

いかに、彼氏をつくるためにぜひ取り組むべき5つの行動をご紹介します。

自分に自信を持てる何かを見つける

自分を好きになれない人、自分に自信がない人は、積極的な恋活ができない人が多いです。
自分に自信をもつことができれば、自分を好きになることができます。そして、自分を好きになれるとほかの人からも好かれる人になれるのです。

そのためには、自分に自信を持てる何かを見つけること。仕事でもよいですし、趣味をとことん追求するのもよいでしょう。これといった特技でなくても、「私は人へ誠実に接する気持ちは誰にも負けない」という自分の性格への自信でもよいと思います。

例えば、料理に自信を持つとなるとハードルが高くなりますが、「オムライスだけは誰よりもおいしい自信がある」など、ひとつカテゴリーの中で自信を持てる何かを見つけるのもおすめです。

なにか夢中になれるものを見つけると人生が楽しくなりますし、夢中にひとつのことに取り組む姿は、周囲からとてもキラキラして見えるものです。

容姿を磨く

現代は、本当にいろいろな方法で自分のコンプレックスを払拭できるようになりました。ダイエットであれば、パーソナルトレーナーについて食事やトレーニングをみっちりサポートしてもらえるので、大幅な減量も夢ではありません。運動が苦手な人は、脂肪吸引や脂肪溶解注射などで脂肪を体外に排出することができます。

肌や顔のつくりも同様です。ひどいニキビに悩んでいた人も、美容外科でつるつるのお肌にしてもらえるようになりました。二重まぶたも簡単に手術できますし、今はプチ整形に対する世の中の抵抗感がなくなりましたので、美容医療を受けて咎められることはほとんどありません。

もし容姿に自信がないのであれば、ぜひこうした文明の利器を活用して、コンプレックスを払拭しましょう。

ファッションやヘアスタイルも同様です。今はカラーコーディネーターが自分に似合う服をコーディネートしてくれますし、髪質改善の縮毛矯正やトリートメントが充実しています。きれいになろうと思ったら、いくらでもきれいになることができるのです。

容姿を磨くと周囲が自分を見る目が変わりますし、何よりも自分に自信が持てるようになります。「最近きれいになったね」と声をかけられることで、よりきれいになっていくのも不思議です。

異性と自然体で接する練習をする

彼氏がいない歴が長くなると、異性とのコミュニケーションのとり方がわからなくなってしまうという人もいると思います。
仕事で異性と接する機会がない人は、さらにどうやって異性と話せばよいのかわからなくなってしまうでしょう。

異性と話すときにギクシャクしてしまったり、自分の思いを上手く伝えることができないと、相手も話していて楽しいと思えないので、次につなげることができません。
異性と自然体で接する練習をすることは、彼氏づくりにおいて重要なポイントです。

練習方法としては、恋活パーティーに参加したり、異性と関わるイベントに参加するのがおすすめです。もちろん身近で気軽に連絡できる異性がいれば、一緒にお茶や食事をするのもよいでしょう。

緊張しないで異性と話すことができるようになると、本来の自分の魅力が相手に伝わりやすくなるので、恋活もスムーズに進むはずです。

焦らない

婚活にもいえることですが、彼氏がほしいあまりに焦りが態度に出てしまうと、相手から軽快されてしまいます。焦らず、マイペースに構えて、自然とチャンスが訪れるのを待ちましょう。

彼氏づくりを焦ってしまうと、相手が「この人は自分と付き合いたいのか、彼氏が欲しいのかどちらなんだろう」という疑問を持ってしまいます。もちろん、彼氏が欲しいだけだと思われてしまうと、相手からの印象が悪くなってしまうでしょう。

実際に、彼氏がほしくて毎週のように合コンに参加していた女性が、半年経っても彼氏ができないので「もういいや!」と合コンをやめたら、すぐに出会いがあって彼氏ができたというケースもあります。

彼氏ができないと諦めていた人でも、年月が経って生涯のパートナーに出会えたという人も少なくありません。「果報は寝て待て」というように、できる限りの努力をしたら、あとはチャンスがくるのを焦らずに待ちましょう。

少しだけ積極的になる努力をする

焦りは禁物ですが、ただじっとしているだけでは彼氏はできません。職場に出会いの可能性がない場合、仕事と家の往復で彼氏ができることはまずないでしょう。

積極的になりすぎると空回りしてしまうかもしれませんが、少しだけ自分からも行動を起こすよう意識することで、彼氏ができる可能性が高くなります。飲みに誘われたらできるだけ断らないようにする、休みの日は家にこもらず出かけるようにするなど、彼氏作りのために意識的な行動を心がけましょう。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

一生1人で生きる人生もあり?


彼氏がいたり、生涯の伴侶がいるほうが充実した人生を送れるかもしれませんが、一生1人で生きることは決してみじめなことではありません。

一生1人でも、充実した楽しい人生を送っている女性はちゃんといます。

1人で生きることは悪いことではない

少し前までは、結婚できないと人生の負け犬のようなイメージをもつ人がいましたが、今は結婚だけが人生のすべてではないという考え方にシフトしてきています。

自分で食べていくお金を稼ぎ、1人で生きていくことに何も悪い要素はなく、もちろん犯罪でもありません。
もし1人で生きていくことになっても、堂々としていればよいのです。

最近は、女性でも30代のうちにマンションを購入する人が増えてきています。結婚をするかもわからないので、自分の資産といえる不動産を早い段階で購入しておこうと、1LDKなど1人暮らし用のマンションを購入するのだとか。

同じ生き方をしている仲間と人生を楽しむ

1人で生きている女性は、パートナーがいる女性よりも少ないことは事実ですが、一定数は存在します。
「1人=天涯孤独」というわけではありませんので、同じ生き方をしている人と人生を愉しめば、決して寂しいことはありません。

また、ソロキャンプなどに代表するように、最近はおひとり様を楽しむ人がとても増えています。
1人で映画や食事を楽しむことは、同行者に気を使わずマイペースに時間を使えるので、逆に心地よいという人も。
1人で生きる選択をする人は、今後増えていくかもしれません。

晩年1人の人生を楽しんでいる人は多い

一生彼氏を作らずに、1人で生きている人とは違いますが、晩年配偶者が先立ったり、晩年離婚をするなどして自分の晩年を1人で生きている人は意外と多いです。

男性も女性も、1人になった後にまた再婚をして家庭を持ちたいと考えている人は少なく、1人でも十分人生を楽しんでいる様子。同じように1人になった人がたくさんいるので、寂しいと感じることもないそうです。

一生1人で生きていく覚悟をする上で、心配なのは老後という人もいると思います。しかし、結婚するしないに関わらず、老後1人で生きている人はたくさんいるので、孤独感を感じることは少ないのではないでしょうか。

近年は、子どもをつくらない夫婦も増えています。子どもを作らずに老後配偶者に先立たれたら、彼氏を作らず1人で生きてきた人と同じ老後を送る可能性もあります。1人だから寂しい、みじめということはありません。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

「彼氏をつくるために取るべき行動」をぜひ実践してみて!

彼氏を作りたくないから一生1人で生きていくと決め人は別として、彼氏は欲しいけれどできないから諦めている…という人は、もう1度彼氏を作るために奮起してみることをおすめします。

出会いの少ない環境だと、彼氏をつくることが難しい場合もありますが、ちょっと視点や行動を変えることで、よい出会いに巡り会える確率はぐっと上がります。
ぜひ今回ご紹介した「取り組むべき5つの行動」を実践して、素敵なめぐり合わせをゲットしてくださいね。

SNSでシェアする

平島 有梨(ひらしま ゆり)

美容とお風呂とお酒をこよなく愛すフリーライター&1女の母。年の功か?エステやネイルに行くたびに担当から結婚の相談を受けるようになり、いつの間にか婚活サポーターに。幸せな結婚を目指す婚活女子を多方面から応援しています。 ▼instagram:https://www.instagram.com/azulside/