ツヴァイにサクラはいない!安心して婚活出来る理由 – 婚活あるある

ツヴァイにサクラはいない!安心して婚活出来る理由

2021.03.16

真剣に婚活をしているのに、サクラに引っ掛かって無駄な時間を過ごしたり、精神的にダメージを受けたりしたくないですよね。

ツヴァイは安心して利用できる婚活サイトなので、サクラはほぼいないと考えて大丈夫。その理由を詳しくお話していきます。

ツヴァイにサクラがいない理由

そもそもサクラが得をするようなシステムがツヴァイにはありません。

2020年4月に有名なイオングループからIBJに経営権が移りましたが、どちらもしっかりとした企業です。

大きな企業に属しているという点でも信頼感がありますが、ツヴァイにサクラがいないと言える理由は他にもあるのです。

公的な独身証明書の提出が必須

ツヴァイでは入会時、以下の書類提出が必須項目になっています。

  • 独身証明書…公的機関発行のもの
  • 収入証明書…所得証明・源泉徴収票等
  • 卒業証明書…卒業証明書
  • 写真

公的機関発行の書類や、所得証明であったり卒業証明書であったり用意しなくてはならない書類があることは、会員の信頼性の獲得と共にサクラ対策にもなっています。

このような提出書類を仮に悪質業者やサクラをやろうとしている個人が嘘の書類を作ってしまった場合私文書偽造罪公文書偽造罪などに該当する可能性がありとんでもないリスクを伴います。

法のリスクを犯してまで、大手結婚相談所にサクラをしようとまでは考えないでしょう。

ツヴァイ側がサクラを用意するメリットがない

ツヴァイは先述したように、しっかりとした経営をしている老舗の結婚相談所です。

もしツヴァイ側がサクラを用意したとして、成婚率が下がったり不信感を覚える会員が増えたとしたら今まで築いてきた信頼性は地に落ちます。

よってツヴァイ側にとってサクラを用意するメリットより、デメリットの方が大きいのがお分かり頂けるのではないでしょうか。

悪質業者側にもメリットなし

ツヴァイは基本的に店舗に直接出向いて入会手続きを行います。その際、先の項目でもお話したように各書類の用意が必要になります。

また、入会時の初期費用として980,00円(税込:107,800円)が必要となります。

大金を投資してサクラをツヴァイに潜入させても、悪質業者側には何のメリットもないでしょう。

ツヴァイを利用している会員は、サクラの存在を感じている?

実際にツヴァイを利用している会員の皆さんは、やり取りしている中でサクラが混じっているとどの程度感じているのでしょうか?

サクラがいると思っている会員、サクラがいないと思っている会員の両方の視点に注目して確認していきましょう。

ツヴァイにサクラはいない

サクラはいません

ただ、若い女の子(事務)さん達が応対してくれますが

結婚カウンセラーとしては若い分経験不足かな?(後略)

出典:ヤフー知恵袋

ツヴァイの入会手続き中に勝手にサクラを疑ったわけですが・・・笑

入会から丸1ヶ月半が経った頃、

ペアメイキングの打診をいただいたのでお相手の写真だけ閲覧しにツヴァイ店舗へ行きました。入会手続きをした店舗とは別の店舗で小さめなところ。

(中略)

二人のスタッフがカップルを祝福していました!

この日は、写真を見るだけなので来店予約もしていないので本当に偶然爆笑

入会手続きのときの勝手に疑っていたサクラ疑惑はなくなりました!!

背中を押された気分でした!

出典:アラサーこまりの婚活ブログ

ツヴァイにサクラがいると思う

ハッキリ言って使えません。

若くて美人と金持ちの30代男性しか決まらないサクラいっぱいのところです。

入った人も「一般の紹介で決まった」と言う人の方が多いですね^^

出典:ヤフー知恵袋

冷やかし女います。申し込みました。承諾頂いて会いました。その女、プロフィールも見てませんでした。その女、活動4年。沢山申し込み来て本来の目的忘れ無駄に時間と金を費やしてきた、あと少しで50歳の女でした。他にも承諾頂いた女いますがコンタクトメール送っても返事ありません。申し込んでも放置プレーする女います。(後略)

出典:JM結婚相談所総合情報サイト

総評

ツヴァイでの活動に満足できる結果が付いてこないと、どうしてもサクラの存在が頭を過ってしまうようですね。実際はサクラではなくご縁がなかったお相手だということでしょう。

やはりスペックが高い会員が成婚につながりやすいのは確かです。

そこでサクラの存在を疑うよりは、自分に合った婚活方法を見直してみるのが建設的かもしれません。

ツヴァイにサクラがいると誤解する原因

ツヴァイにサクラがいると誤解してしまうのは、実際のやり取りで以下のようなケースに遭遇した場合が多いようです。

サクラではないのなら、なぜこのような行動にお相手の方が出てしまうのかも一緒に考えてみましょう。

やり取り途中でフェードアウト

最初はお相手とのやり取りが順調に進んでいたのに、気が付けば連絡が来なくなっていたパターンは良くあります。

男女どちらの会員にも言えることですが、同時に何人かとやり取りをしていることが多いはず。

最初はどのお相手にチャンスがあるかわかりませんから、お互いに小まめなやり取りで始まるでしょう。

しかし実際にやり取りが始まって、このお相手とは感覚が合わないなとか、お相手が本命を一人に絞ったなど頻繁にやり取りする相手を減らしていくものです。

この場合はサクラを疑うのではなく、良いお相手が見付かったんだなと気持ちの上で送り出し切り替えた方が良いでしょう。

婚活パーティーでやる気のない会員がいる

ツヴァイの婚活パーティーは会員内のパーティーですから、一般の婚活パーティーのように冷やかし目的の参加はありません。

にも関わらずパーティーが始まっても誰と交流するでもアピールするでもなく、壁の花と化してしまっている人に出くわす会員が一定数いるようです。

やる気がなさそうなその会員をサクラと感じている人もいますが、実際はパーティーにお目当てのタイプを見付けられず開始早々戦意喪失してしまったというのが常でしょう。

その人物とは元々ご縁がなかったと割り切りしましょう。

定型文でメッセージが来る

とって付けたような定型文でメッセージの返信が来ると、相手はサクラなんだろうなと考えがちですが実は違います。

何人もと同時にやり取りをしている会員の場合、最初はとりあえずと全員に定型文を送っている会員もいます。

また、やり取りをしている数人の中から本命が決まった場合、他のメンバーに対してはとりあえず失礼のない程度のやり取りを、と事務的にメッセージを返している場合もあります。

後者の場合はキープ扱いされている可能性も否めないので、そのお相手に固執することなく別のお相手を探すのが賢明でしょう。

実際になかなか会えない

メッセージのやり取りをする上では順調なのに、いざ約束の当日になるとドタキャンが続いたり、具体的な待ち合わせの約束がいつまでも出来なかったり、これは一番サクラの存在を疑ってしまうシチュエーションです。

ひと昔前の恋愛目的の出会い系サイトであれば、このパターンだとほぼ確実にサクラで間違いないでしょう。

しかしツヴァイの場合のこのシチュエーションは、お相手の方がいざとなると勇気が出なくて尻込みしているパターンです。

いくらメッセージ上のやり取りを重ねたとは言え、実際に会うことはかなりの勇気がいることです。

ツヴァイ内のやり取りが順調であれば、もう少し様子を見ても良いでしょう。

長い期間この状態が続くようであれば、キープしつつあなたも他の候補を探して婚活の時間を無駄にしないようにしましょう。

まとめ

長年の実績があり信頼できる結婚相談所、ツヴァイでも婚活が必ずしもスムーズにいくとは限りません。

会員同士のやり取りに自信が持てない時は、無暗にサクラを疑うよりもツヴァイの相談サービスを利用したり、普段の婚活への取り組み方を見直してみましょう。

婚活はちょっとした切っ掛けで良い流れに変わっていくものです。

自信を持って婚活に向き合い、素敵なご縁を手繰り寄せましょう。









SNSでシェアする