ツヴァイの婚活パーティーで一生の出会い!上手にアピールするにはどうしたら? – 婚活あるある

ツヴァイの婚活パーティーで一生の出会い!上手にアピールするにはどうしたら?

2021.03.16

ツヴァイのマッチングサービスや紹介サービスを一通り利用してみたけれど、何だかいまいち上手くいかない。そんな時はツヴァイの婚活パーティーに参加してみましょう。

今回はツヴァイの婚活パーティーを良く知るために、細かく分析していきましょう。

紹介で出会えないならツヴァイの婚活パーティーがおススメ

ツヴァイはきめ細やかなマッチングシステムや、ハンドメイドマッチングなども好評ですが条件が物凄く合っていても、感覚的にピンと来ないこともありますよね。

そんな時は視点を変えて、実際にお相手に会うことのできる婚活パーティーに一度足を運んでみましょう。

自分の条件と違うお相手にも出会え、選択肢が増え、チャンスが倍増するのでおすすめです。

ではツヴァイの婚活パーティーの詳細を確認していきます。

ツヴァイの婚活パーティーは何と4種類

パーティーの種類 開催形式 ニーズ
①レギュラーパーティー 20人参加大型 初めての婚活・多種多様な出会い
②カップリングパーティー 1対1お見合い形式 しっかりとお相手と話したい
③イベント・体験型パーティー パーティー+イベント ワイワイと楽しみながら参加したい
④ホームパーティー ツヴァイの店舗で開催 近隣のお相手を見付けたい

①レギュラーパーティー

一般的に皆さんが想像する大勢が参加する、会場貸し切り型のパーティーです。まず初めてツヴァイの婚活パーティーに参加するならここから始めると良いでしょう。

但しコミュニケーション力に不安のある人の場合、参加される会員数が多いこのパーティーだと尻込みしてしまい、不発になってしまう可能性があります。

少人数のパーティーを検討するか、最初は様子を見るだけのつもりで気楽に参加してみるのが良いでしょう。

②カップリングパーティー

全体の参加人数は10人弱程度。お話する時は1対1でプロフィールシートを交換しながら行います。

1人1人のお相手をじっくり向き合いながら参加したい方におすすめです。

ただし前後のお相手と混ざってしまって、一人一人を記憶し辛いというデメリットもあります。

あの人もこの人もと欲張らず、1回のパーティーでチェックしたい人数を予め絞っておくと良いかもしれませんね。

③イベント・体験型パーティー

パーティーとボーリング・陶芸体験・野球観戦などのイベントがセットになっています。

おおよそ20人前後の参加が多く、大勢で楽しみながら婚活したい方に向いています。

また同じ趣味嗜好のお相手を見付ける目的で参加するのも、賢い方法です。

④ホームパーティー

ツヴァイの各店舗で行うパーティーで、前述した大型パーティーも小規模のお見合い形式のパーティーも両方開催されます。

近隣でお相手を見付けて生活を共にしていきたいな、と考えている方に最適なパーティーです。

ツヴァイの婚活パーティーは有料な分信頼できる

ツヴァイの婚活パーティーは有料オプションとなっています。

パーティーが基本プラン内に入っていない分、軽い気持ちで参加する冷やかし層に出くわす可能性が低くなります。もちろんツヴァイ会員のみしか参加できません。

限りある婚活に費やしている時間を無駄にせずに済むので、有料オプションとしての婚活パーティーであることは安心材料と言えます。

ツヴァイの婚活パーティーは参加人数が多い

普段は大きいパーティーも20人前後ですが、ツヴァイは40名の会員と共に体験型のバスツアーや、夏の大規模パーティーでは150名近くの会員が参加したりと最大規模のパーティーが度々開催されています。

感染症の心配がなくなり安心して開催できるようになれば、より多くの出会いを期待できるパーティーにも参加してみましょう。

少人数のパーティーとは違う、華やかな場所でこそ発生する新しい出会いが必ずあります。

特にバスツアーは観光と体験と婚活が同時に出来て、人生経験としても有益なとても素敵な婚活イベントになりそうですね。

ツヴァイの婚活パーティーに参加した人の口コミ

実際にツヴァイの婚活パーティーに参加された方は、どんな感想を抱いたのでしょうか。

男女別に分けて見ていきましょう。

パーティーに参加した女性目線の口コミ

本当はその日のパーティーの前に他の方と会っていて、ちょっと疲れていたんです。でも、「このまま何も収穫なしで帰るのはイヤだから、せめて1人くらいとはしっかりお話ししよう」と思って、彼のお誘いを受けました。

(中略)私が婚活の話をわーっとしたのですが、その間彼はずっと「うんうん」と相槌を打ちながら辛抱強く聞いてくれて。

出典:ツヴァイ公式婚活体験談

ツヴァイのホームパーティーに参加してきた(中略)

こういう見知らぬ人達と色んな会話について、お話する機会って楽しいね♪

自分が知らない世界を教えて頂ける、良い機会。楽しかった(^^)

出典:Twitter

結婚相談所復活しました。で、ツヴァイの婚活パーティー行ったけど、ハズレだった。対人関係なのだから、話せないひととは結婚のけの字も出てこないよ。

(後略)

出典:Twitter

パーティーに参加した男性目線の口コミ

(前略)全体を見渡す余裕も無く、パーティーが開始した

昨日の笑顔さん可愛かったなー

なんて頭に浮かべながら淡々と席を回る

後半まで差し掛かったとき(中略)

そこにはなんと笑顔さんがいた!(中略) なんだかんだ喋って笑顔さんは楽しそうだった

しかしパーティー後そそくさと帰った笑顔さん

あのとき声をかければ、と後悔しても遅い

出典:元非モテのLove・la・ブログ

もともと大人数の場は苦手なんですけど、担当のマリッジコンサルタント(MC)さんに「せっかくだからウェルカムパーティーにだけは行きましょう!」と背中を押されて、試しに行ってみることにしました。(中略)

そこで彼女とはじめて会ったのですが、実は僕が最初にもらった紹介書が彼女のものだったんです。だから思わず、「紹介書を拝見しました」と話しかけたんです。

出典:ツヴァイ公式婚活体験談

総評

婚活パーティーは実際に人とのコミュニケーションを取らなければならないので、そこに苦手意識を持って参加自体を考えていない会員も多いようですね。

でも実際に足を運んでみると、マッチングサービスなどで紹介された方との偶然の出会いがあったり、具体的な収穫がなくても視野が広がったり、たくさんプラスに働くことがありそうです。

何だか最近婚活が上手くいかないな、と煮詰まった気持ちになることが多いなら、ぜひ婚活パーティーへの参加を検討してみましょう。

想像もしなかった、素敵な魅力を持ったお相手に出会うことができるかもしれません。

ツヴァイの婚活パーティーでチェックしたいポイント

初めて婚活パーティーに参加する時、少しでも知っていることが多い方が安心ですよね。

ツヴァイの婚活パーティーに実際に参加する前にチェックしておきたいポイントを確認しておきましょう。

アピール過多は厳禁!

ツヴァイの婚活パーティーは、たくさんの会員が参加していることも多いので壁の花になっていては素敵なお相手を見付けることは難しいでしょう。

しかし注意したいのが、気持ちが焦るあまりアピール過多になってしまうことです。

ツヴァイの婚活パーティーで必要なコミュニケーション能力は、自分のアピール力よりも相手の話に傾聴する力です。

男性は自分を受け入れてくれる女性に、もっと自分を知って欲しいと感じます。

お相手の話を自分の話に置き換えて話すのではなく、相手の話したい方向性を良く察して話を引き出すように心掛けましょう。

もちろん相手の男性が自分から話を切り出すのが難しそうであれば、こちら側から話を切り出してあげられるように相手の状況を見極めましょう。

ツヴァイの婚活パーティーに向いた装い

ツヴァイの婚活の中で、レギュラーパーティー・カップリングパーティーにおいてはパーティードレスやスーツなど一般的なパーティーに参加するドレスコードを意識して挑みましょう。

イベント・体験型パーティー、ホームパーティーについては、その時のイベント内容を考えて雰囲気に合うものを選びましょう。

不安な場合はアドバイザーさんが相談に乗ってくれるので、遠慮せずに相談してみることをお勧めします。

自信を持って婚活に迎えるように、素敵なものを選びましょう。

男性は婚活パーティーをどう考えている?

地方の男性は、あまり地元の婚活パーティーには出たくない傾向にあります。

と言うのも、ツヴァイは各地で婚活パーティーを行っていますがそこに来ているメンバーは固定されてしまっている可能性があるからです。

地元で行われる婚活パーティーは、前回の婚活パーティーで何も収穫がなかったであろう女性が引き続き参加してそうだと考えている男性が多くいます。よって地元のパーティーの参加にあまり積極的になれないと考えられます。

男性は都心や比較的都会の方の婚活パーティーに参加したいと考えていることが多いので、女性側としても近隣で行われる婚活パーティー以外にも参加範囲を広げるようにした方が良いでしょう。

まとめ

ツヴァイの婚活パーティーは、信頼できる運営内容なので初めての方でも安心して参加できます。

ツヴァイでの婚活でなかなか進展しなくなった時、ぜひ一度参加してみてはどうでしょうか。

画面越しやお見合いボードがを見詰めているだけでは有り得ない、一生ものの出会いがあるかもしれませんよ。









SNSでシェアする