仕事ができるのは当たり前じゃない。辛い現代を生き抜くための「プログラミングスキル」 – 婚活あるある

仕事ができるのは当たり前じゃない。辛い現代を生き抜くための「プログラミングスキル」

生活をする、食べていく上で仕事をして収入を得ることはマスト。
 
けれど、「変わらずに仕事ができることは当たり前じゃない」と感じている人は少なくないはず。
また、ちゃんと仕事をしていても今の業務内容や状況を振り返ったときに、「このままでいいのかな」と考えてしまうケースもあるでしょう。
 
こちらでは、そんな今の仕事の将来に不安がある人や「複数のわらじ」を求めている人に向けて、新しいキャリアを身につける方法について詳しく解説しています。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

現代は「仕事があって当たり前」ではなかった…


コロナウイルスが世界中に蔓延し、日本でも仕事に支障が出た人がたくさんいると思います。
 
自宅で作業できる人はテレワークで仕事を継続することができますが、そうでない人は危険な状態の中での通勤を余儀なくされていますし、業務内容によっては仕事自体がなくなってしまったという人もいるでしょう。
こうした人たちは、これからの将来に大きな不安を抱えていることと思います。
 
外出自粛令が発令され、自宅で過ごす時間が増えた今、新たなキャリアを身に着けたいと考える人も少なくない様子。
ここでひとつ提案したいスキルがプログラミングスキルです。

プログラミングスキルを身につけるとどんなメリットがあるの?


プログラミングについての知識が少ない人に向けて、プログラミングスキルを身につけるにあたってのメリットを以下にご紹介します。

専門性があって需要の高い「プログラマー」という職業

ご存知の人も多いと思いますが、プログラミングは専門性の高い分野であり、専門性のある職業だと高収入が期待できるのは周知の通りです。
またプログラマーという職業は需要が高く、求人の多い職業でもあります。
 
最近はプログラミングを学ぶ人が増えており、「需要が低くなってきているのでは」と考える人もいるはずです。
しかし、プログラミングを必要とする仕事はたくさんありますので、需要が低くなるということは今のところ考えにくいです。
 
また、「AIがプログラミングできるようになれば、プログラマーは必要なくなるのでは」という説もありますね。
いまのところ、簡単なプログラミングは別として、しっかりしたシステム開発などはAIにはできないといわれています。
 
まだまだプログラマーは必要とされていますし、これからも需要が下がる可能性は低いと思われます。

プログラミングスキルは副業や在宅ワークにも活かせる

プログラマーとして働けるようになれれば、企業に在籍して働くのはもちろんのこと、空いた時間に副業でプログラミングの仕事をしたり、企業で働くのではなくフリーランスのプログラマーとして在宅で稼ぐこともできます。
 
フリーランスと聞くと企業との繋がりがないと仕事を獲得できなそうに思えますが、最近はフリーランスと企業のマッチングサイトが充実していますので、そちらから仕事を探すことも可能です。
「ランサーズ」や「クラウドワークス」、「リバテック」といったサイトを経由すれば、たくさんのお仕事を見つけることができます。
 
未経験でもWEB業界に挑戦したい!【.pro】

異業種からキャリアチェンジも難しくない

将来を考えてキャリアチェンジがしたいと思っても、多くの職業は経験者優遇で新しい分野への転職が難しいケースが多いです。
 
しかし、プログラマーの仕事はスキルがあれば実務未経験でも採用してくれる企業が多いため、異業種からのキャリアチェンジがしやすい分野でもあります。
 
もちろん実務経験があるに越したことはありません。
ですが、プログラマーの求人は現在も増え続けているので、これから実務経験を通してさらに学べる環境が整っている企業も多いのです。

何が起こるかわからない「現代」だからこそスキルが保証になる

今回のコロナ騒動でも同様ですが、さまざまな事情によって急に仕事に行けなくなってしまう、もしくは仕事自体がなくなってしまうという自体は誰にでも起こりえます。
これからはどんなことが自分の身に降り掛かってくるかわからない時代になっていくでしょう。
 
そんな事態に陥っても、手に職があれば自分を守ることができます。
 
さらに業務委託や在宅で仕事ができるプログラミングスキルであれば、さまざまな状況の変化にも柔軟に対応できるのです。
これから何かスキルを身に着けたいという人に、プログラミングスキルは大きく役立ってくれるに違いありません。

初心者でも大丈夫!「実践重視のプログラミングスクール」で基礎から学ぶ


プログラミングスキルを身に着けたいと思っても、やっぱり「難しそう」と感じますよね。
 
もちろんすぐに身に着けられる技術ではありませんが、しっかり学べる環境を得られれば、未経験でも十分スキルを修得できます。
 
参考書を購入して独学で勉強をするのもアリですが、即戦力として転職に活かせるスキルを身につけるには、やはりスクールに通って学ぶことがベスト。
 
これからご紹介する「.pro(ドットプロ)」は、プログラミング未経験の人が企業の求める「実践型」のプログラマーとして活躍するために必要な知識と技術をしっかり修得できるスクールです。
 


受講者の90%は未経験からスタート

.proに入会する人たちは、なんとその90%がまったくのプログラミング未経験。
 
しかし、これまでにたくさんのプログラマーをIT業界に輩出してきた.proでは、そのノウハウを活かして、未経験者にとって最適な指導で技術と知識を身につけられるサポートをしてくれます。
 
また、未経験者が効率よく学ぶために、.proでは「コミュニケーション」をとても大切にしています。
スクール生と講師の間で意見を出し合ったり、スクール生同士で教え合うなど、実際に頭と体を使いながら学ぶことで、より早くスムーズにプログラミングを身につけられるのです。

週1回から始められるから忙しくても大丈夫

仕事をしながらプログラミングスキルを身に着けたいという人に向けて、.proでは週1回から通えるカリキュラムを用意しています。
 
マイペースに通えるので仕事と学びの両立がしやすいですし、自宅で復習する時間も取りやすいです。
 
最高の6ヶ月!超実践型プログラミングスクール【.pro】

少人数制でわからないことは何でも聞ける環境

授業は10名までの少人数制で、わからないことをすぐ講師に質問できる環境を整えています。
 
講義中に講師と密なコミュニケーションを取れるかどうかは、効率よく学習を進める上で少人数制はとても重要なポイントです。
 
人数が多いとわからないことがあっても手を挙げにくく、わからないことがそのままになってしまいますが、少人数制なら周囲を気にすることなく質問できます。

実践型なので実務に入りやすい

.proでは、より即戦力として活躍できるスキルを身につけられるようなカリキュラムを組んでいます。
 
プログラマーに必要な4大要素といわれる「問題解決能力」「実行力」「発想力」「コミュニケーション力」を短期間で集中的に修得できますので、転職成功後もスムーズに実務に入れます。

まずは個別相談会で相談してみよう

プログラマーの仕事に興味があるけれど、実際に自分の能力で技術を修得できるか不安な人もいると思います。
そのほかにもいろいろな不安を抱いている人に向けて、.proでは個別相談会を設けています。
 
転職や技術についてはもちろんのこと、通い方などカリキュラムについても相談でき、必要に応じて柔軟に対応してもらえます。
プログラミングスキルを身につけることに興味があるのなら、まずは個別相談会で疑問や不安を解消するところから始めてみませんか?
 
個別相談会のお申し込みは↓こちらから!


SNSでシェアする

平島 有梨(ひらしま ゆり)

美容とお風呂とお酒をこよなく愛すフリーライター&1女の母。年の功か?エステやネイルに行くたびに担当から結婚の相談を受けるようになり、いつの間にか婚活サポーターに。幸せな結婚を目指す婚活女子を多方面から応援しています。 ▼instagram:https://www.instagram.com/azulside/