秋限定の出会いのチャンス!将来のハイスぺを狙うなら文化祭がオススメ!? – 婚活あるある

秋限定の出会いのチャンス!将来のハイスぺを狙うなら文化祭がオススメ!?

2018.11.13

秋と言えば、文化祭や大学祭で盛り上がるシーズンです。
しかし、学校を卒業してしまったり、あるいはその学校に通っていなかったりする自分には無縁のイベントだと思っていませんか?
実は文化祭・大学祭は将来のハイスペ男性との出会いのチャンスなのです。秋限定の出会いのチャンスですのでこの機会を逃さないようにしっかりチェックしておきましょう!

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

1.大学生もハイテンションで盛り上がっているので意気投合しやすい!

必然的に出会いが減ってしまう社会人にとって、普段気軽には入りづらい大学キャンパスに堂々と入ることができる文化祭・大学祭は秋限定の出会いのチャンスです。
特に、年齢が近くこれから将来ハイスペへの階段を上っていく男性との出会いが期待できる好みの大学を選んで訪れてみましょう。
普段は勉強に専念している大学生たちも、文化祭の日にはハイテンションで盛り上がっているため年上の女性とも意気投合しやすいのがポイントです。
どうしても合コンなどでは年齢や共通の話題などの壁が立ちはだかるイメージがありますが、目の前のお祭りを一緒に楽しむことで仲が深まる可能性が大きいのです。

2.連絡先は必ず交換しよう!

とはいえ、文化祭のその日に意気投合して付き合う、もしくはカラダの関係を持つのは現実的ではありません。まずは仲良くなって連絡先の交換をしましょう。
LINEなどでも良いですし、インスタグラムやツイッターなどのSNSでゆるくつながるのもOKです。
その後LINEでの会話で関係を深めたり、SNS上での交流を通じて一緒に遊ぶ約束をするなどその後につながる出会いを見つけるようにしましょう。
将来のハイスペを狙うのが目的であれば、なおさら長く仲良くすることが大切です。急な関係構築を急ぐのは得策ではありません。

3.模擬店で食べ物を買って話しかけるのもあり!

とはいえ、なかなかナンパされることも難しいし、自分から声をかけるのも勇気がいることでしょう。
そんなときは、好みの男性がいる模擬店で食べ物を買って、「これ、すごくおいしいです!」などと購入したものについて話しかけてみましょう。
大混雑している模擬店でなければ、実は模擬店を任されている男性はちょっぴり暇を持て余していることが多く、さらに自分が作った食べ物を褒められると嬉しいはず。自然と会話のきっかけをつかめることでしょう。

まとめ

将来有望な学生が多くいる大学の文化祭では、まずは何人かの学生と仲良くなり、一緒に飲みに行く仲間になるところまでを目指しましょう。
ハイスペ男性になってしまってからではライバルが多すぎるので、あらかじめ未来のハイスペ予備軍を青田買いしておくことは、他人に差をつける有利な婚活と言えるかもしれません。

11月の学園祭の一覧はコチラ
東京大学、一橋大学、東京女子大など、まだまだ文化祭はこれからです!

SNSでシェアする

松本果歩

30代フリーランスのライターです。 得意のジャンルは恋愛、結婚、離婚、不倫。 男を見る目と惚れさせテクには自信があります。