婚活地獄に苦しむ女性急増中!? 30代女性が余る理由とは

30代になり、結婚したい気持ちはあるにも関わらずなかなか婚活がうまく行かないという女性が増えてきています。男性の結婚年齢も昔と比べて上がってきている今、なぜ30代の女性が婚活に苦しんでいるのでしょうか?そこには男性の意外なホンネがありました。結婚したいけど婚活地獄に悩んでいる女性は必見です。

1.ただ仕事が忙しかっただけなのに……
「この歳まで結婚できないのには理由がある」という思い込み

多くの婚活地獄に苦しむ30代女性は、これまで結婚したかったけれど出会いがなかったり、20代は仕事が忙しく結婚するタイミングを逃してしまったりといった方が多いと思います。しかし、場合によっては「この歳まで結婚できないのには理由がある」と男性から思われてしまっている場合があります。例えば婚活パーティのような初対面の相手との場であれば、「20代は仕事ばかりしてきて、恋愛をする暇がありませんでした」と正直に伝えることも時には有効です。あるいは、あなたがこれまで仕事を頑張ってきた、あるいは結婚する気があったのに良い出会いがなかったことを知っている身近な相手との結婚を考えるのも良いでしょう。会社の同僚や大学からの友人など、「あなた自身に何か問題があるわけではない」とわかってくれている相手であれば、そんな思い込みを持たれる心配もありません。

2.どんどんプライドが高くなる年齢が30歳

とはいえ、女性側も20代とは変わってプライドが高くなってくるものです。30代になれば、仕事でも責任のあるポジションを任されることもあるでしょうし、自分に自信もついてきます。年収の高い女性であればなおさら「自分よりも稼いでくれる相手でないと嫌だ」という場合もあるでしょう。20代なら好きだという気持ちだけで結婚に踏み切れたけど30代になるといろいろ考えてしまう……そんな女性側の要因も関係ないとは言い切れません。そこで、最低限の譲れない条件を3つ決めましょう。それ以外は理想と多少離れていても気にしない、と割り切ることで結婚へだいぶ近づくはずです。

3.若い女性を求める男性の理想とは

holding-hands-1149411_640
残念ながら男性はより若い女性を求めることが多くあります。なぜなら男性はやっぱり自分が優位に立ちたいからです。そこで、プライドが高く、時に自分を正論で論破してくる30代女性に対し「結婚は考えられない」と考えてしまう男性が多いのは事実。だからといってバカなふりをするのは得策ではありません。そこで、スイッチの切り替えを意識してみましょう。「お仕事モード」と、「おうちモード」でスイッチを切り替えて、「おうちモード」のときは相手を言い負かしたり自分が上に立とうとしたりするような仕事上の張りつめた気持ちを一旦放棄。リラックスすることを心がければ、だいぶ雰囲気も変わるはずです。

まとめ

30代になったらもうモテない?そんなことはありません。これまで仕事を一生懸命頑張ってきたのはあなたの努力の証です。でも少しだけそのスイッチをオフにする時間を持つことで、婚活地獄から抜け出せるかもしれませんよ。

松本果歩

30代フリーランスのライターです。 得意のジャンルは恋愛、結婚、離婚、不倫。 男を見る目と惚れさせテクには自信があります。