フランス人だって婚活するし、婚活疲れもある。海外の婚活事情をリアルレポート – 婚活あるある

フランス人だって婚活するし、婚活疲れもある。海外の婚活事情をリアルレポート

2016.12.19

「好きな人のことを考えるだけで、胸のドキドキが止まらない」「明日のデートが待ち遠しくて、今日は眠れそうにない」。恋愛は本来、とても楽しいもの、刺激的なもの、そして心を豊かにしてくれるものです。10代の頃の恋愛はきっと、そんな感じではありませんでしたか?

でも、ある一定以上の年齢になると「結婚しなくちゃ」「出産はどうしよう」と焦りが出てきます。そこで婚活を頑張るもなかなか成果が出ず、恋愛自体がストレスに感じてしまう。読者のみなさんのなかにも、婚活疲れを感じている方がいらっしゃるかもしれませんね。

私は2年半ほどフランスで暮らしているのですが、婚活や婚活ストレスってフランス人には無縁のものだと思っていました。シングルの友人と腹を割って話をするまでは・・・!

今回協力してくれたのは、才色兼備のナタリー

フランス人だって婚活するし、婚活疲れもある。恋愛大国フランスの婚活事情をリアルレポート
写真はイメージですが、ナタリーはこのような感じの華やかな女性。

容姿端麗でファッションセンスも抜群おまけに才女! しかしながら、もう4年もシングルだというノルマンディー出身のナタリー(41歳)、現在は南仏在住です。彼女の周りには、彼女と同じように30代・40代の未婚女性が結構います(ちなみに、みなさん才色兼備!)。そこで、ナタリーにフランスの婚活事情や、一般的なフランス人の恋人探しの方法を聞いてみました。

======

筆者:「フランス人はいくつになっても恋愛してるイメージがあるよね。離婚率も高いけど、きっと再婚率も高そう」

ナタリー:「確かにフランスは恋愛大国かもしれない。でも実のところ、恋愛がうまくいかないと嘆いている人もたくさんいるわ。私の周りの30代、40代の女友達もそう。フランスではね、女性は30歳を過ぎると一気に男性から声がかからなくなるの。それに、職場と自宅を往復する毎日は出会いも少ないし

筆者:「それ、本当? 日本もまったく同じ!! 日本には『婚活』といって、結婚につながる恋人探しを頑張ろうと努力する風潮があるけれど、フランスはどう?」

ナタリー:「フランスにも結婚相談所はあるけれど、多くのフランス人はネットやアプリで恋人探しをしてるわね。家で寛ぎながら、恋人探しができる点が魅力」

筆者:「でも、それで本当に出会える? バーに行ったりすればいいのに」

ナタリー:「あ・の・ね! 年齢を重ねると、声が掛かりにくくなるって言ったでしょ! それに、バーに繰り出すのも、歳をとると面倒に感じるのよ

筆者:「そんなこと言ってたら、出会えないじゃない」

ナタリー:「それはそうだけど・・・」

筆者:「フランス人のシングルの男女は、婚活でストレスを感じることがないから気楽なのかしら?」

ナタリー:「いやいや、それはちょっと違うかな。親からの圧力とか、結構すごいよ。そんなときには、心苦しくなったりもするけれど、恋人が見つからないことに対してはストレスを感じたりはしないかも」

筆者:「それはきっと、ナタリーもまわりの友人たちも、充実したライフスタイルを送っているからかもね」

ナタリー:「そうなの、おひとりさまに慣れすぎちゃって(笑)。パートナーよりも子どもがほしい」

筆者:「話は変わって、なんでナタリーや周囲の美女軍団には恋人ができないのだと思う?」

ナタリー:「理想が高すぎるのかも(笑)。それと、人生のパートナーはこの人! と思える相手になかなか出会えないから。私も友人たちも、恋愛経験は少ない方ではないのだけれど、生涯を共にしたいと思える相手を見つけるのって、やっぱり大変。それはフランスでも、日本でも同じなんじゃないかしら?」

======

フランス人だって婚活するし、婚活疲れもある。恋愛大国フランスの婚活事情をリアルレポート

日本もフランスも、30代や40代が抱える悩みはどうやら変わらない模様。今回の真剣トークを通じて、それがよく分かりました。ただ、ナタリーも言っているように「理想が高すぎる」と、恋愛も婚活もますます難しくなります。相手に求める理想の条件を見つめ直し、無駄なハードルは下げてみるのも、婚活に終止符を打つ手段のひとつ・・・といえるかもしれませんね。

#海外婚活事情

Photo by shutterstock

SNSでシェアする

sweetsholic

海外を放浪しながら気ままな人生を謳歌しているフリーライター・フリーのパティシエ。世界の文化とスイーツ、地中海料理、サッカー選手クリスティアーノ・ロナウドのような褐色肌のラテン系男子が好き。