日本とは違う!ヨーロッパのバレンタインは男性が愛を伝えるロマンチックな日 – 婚活あるある

日本とは違う!ヨーロッパのバレンタインは男性が愛を伝えるロマンチックな日

2017.01.26

日本国内のクリスマス・イブを彷彿とさせる、とてもロマンチックなヨーロッパのバレンタイン。当地では男性から女性へ贈り物をするのが一般的で、女性がお姫様のような扱いを受ける特別な1日です。

さて、なぜヨーロッパのバレンタインはロマンチックなのでしょう? その理由は、バレンタインの由来から知ることができそうです。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

ロマンチックな儀式 vs. SMチックな奇祭、どっちを信じる?

歴史を紐解くと、バレンタインデーは古代ローマ時代まで遡ります。さまざまな説がありますが、最もロマンチックなのは、ローマ皇帝に仕えた聖ウァレンティヌスのお話でしょう。

時は289年、皇帝は士気を高めるという目的で兵士たちの結婚を禁じました。内密に兵士とその愛する女性の結婚式を行っていたのが、聖ウァレンティヌス。2月14日はそんな愛の守護神、聖ウァレンティヌスの命日です。

聖ウァレンティヌスについては、もうひとつの説もあって、刑務所内で虐待のような仕打ちを受けていたローマ兵たちを助けたというもの。それがローマ皇帝に知られ、聖ウァレンティヌス自身も刑務所へ。そのときに愛する人に宛てて書いた「From your Valentine(あなたのバレンタインより)」というのが元になったというもの。キリスト教圏ではこのような説が一般的なため、バレンタインデーはロマンチックな日と思われているようです。

さて、ここでちょっと驚くべきバレンタインデーのお話を・・・。こちらは古代ローマにキリスト教が入ってくる前の、多神教時代のお話です。

聖ウァレンティヌス以前にも、バレンタインらしき習慣は存在した模様。ルカペルカリア祭と呼ばれるものがそれにあたります。当時は2月13〜15日までがその期間にあたり、裸になった男性たちが女性のお尻を叩き回るという、子宝祈願のお祭りだったようです。※ルカペルカリア祭は男女の出会いの場だったという説も。

ヨーロッパの男性は女性に何を贈るの? 予算は?

日本国内では女性から男性にチョコレートを贈るのが一般的ですが、ヨーロッパでは男性が女性に愛情たっぷりの贈り物をします。対象者は、愛する妻やガールフレンドのみ。義理の概念はありません。

女性はカードと花から始まり、チョコレートとジュエリーなど、たくさんのギフトを受け取ります。英ビジネスサイト「growthbusiness.co.uk」によると、イギリス人男性はバレンタインのギフトに約7000円程度かけるのが一般的だそうです。(筆者のパートナーもイギリス人ですが、思い返せば確かにそれぐらいの金額かも)。

日本とは違う!ヨーロッパのバレンタインは男性が愛を伝えるロマンチックな日

バレンタインの当日、ヨーロッパの街中ではレストランで食事を楽しみながら、ロマンチックな時間を過ごすカップルの姿が目立ちます。まさに日本のクリスマス・イブ! 欧米のシングルの男女にとっては、バレンタインは待ち遠しくない1日のようです。


[参照]telegraph.co.ukhistory.com

Photo by shtterstock 

SNSでシェアする

sweetsholic

海外を放浪しながら気ままな人生を謳歌しているフリーライター・フリーのパティシエ。世界の文化とスイーツ、地中海料理、サッカー選手クリスティアーノ・ロナウドのような褐色肌のラテン系男子が好き。