女の本音・本命チョコ編/ホワイデーに女性がもらって嬉しいもの、困るもの

そろそろ、ホワイトデーの贈り物を考え始める男性も多いのではないでしょうか? 本命にしろ、義理にしろ、女心ってムズカシイ! 「本命のお返しには、高価なアクセサリーを買ってあげれば喜ぶはず」だなんて思っていませんか? 

女心を探るべく、周囲の働き女子たちに「本命からホワイトデーにもらってうれしいもの、困るもの」を具体的にたずねてみました。義理チョコ編も合わせてどうぞ!

彼や夫に期待してます! ホワイトデーに欲しいモノ

まずは女性たちに、もらってうれしいものを聞いてみましょう。

「本命の方からいただけるものなら何でも♡」
(33歳・Yさん)


「花束かハイブランドの小物。花は純粋に好きなのと、この歳になると好きな人にも見返りを求めるので、自分が本当にうれしいものでないとNGです(笑)。小物はセリーヌアーカーなど、3万円ぐらいのもので」
(29歳・Kさん)


「旅行! 2人で楽しめるのがいいですね。少し特別なレストランや映画もいいなぁ」
(41歳・Nさん)


「美顔器が欲しいかな。水原希子さんがCMに出てるイオンエフェクターが気になってます。彼の前ではいつもキレイな自分でいたい・・・というのを口実にしよう(笑)」
(36歳・Hさん) 


えっ、全然わたしのこと分かってない・・・これはやめて!

続いて、もらっても全くうれしくないものをたずねてみました。

「基本は何でもうれしいけど、間に合わせで買ってきたコンビニのお菓子のように、やっつけ感が漂うものはダメかな。趣味の合わない服や小物もちょっと・・・」
(41歳・Nさん)


「自分の好みに合わないアクセサリーは、いくら高くても残念。2年前のホワイトデーに彼からブレスレットをもらったのですが、返品してもらいました。それ以降、サプライズはやめてもらい、ふたりで自分がほしいものを選ぶようにしています」
(36歳・Hさん)


「食べ物は欲しくない。オシャレなスイーツやディナーなどは形に残らないので」
(29歳・Kさん)


「彼からもらえるものなら何でもうれしいし、もらって困るものはありません」
(33歳・Yさん)


女性たちの本音:本命編

本命からもらってうれしいものは「(思い出に残るものだから)特別感があり、自分の好みに合うもの」、もらうと困るのは「自分の好みに合わないもの」ということが判明しました。 特別感を演出するにはサプライズもある程度必要なのに、サプライズが裏目に出てしまい「センスに合わない」となりうることも。表裏一体とも言えるこの結果、やっぱり女心って複雑です・・・。

アクセサリーや小物、服などを検討している男性のみなさんは、彼女の趣味をしっかり把握しておくこと、それとなく欲しがっているものを聞いておくとよさそうです。自信がない人は、回答にあった美顔器もいいかもしれません。美顔器というのは、自宅でエステ並みのお手入れができるスキンケア美容家電のこと。

女の本音・本命チョコ編/ホワイデーに女性がもらって嬉しいもの、困るもの
美顔器の一例:Panasonic イオンフェクター Photo by PR TIMES

身に付けるものは好みに合わないこともあるけれど、美顔器は実用的かつ機能性を重視なので、アクセサリーよりも家電に強い男性には失敗が少ないかもしれません。

女の本音・本命チョコ編/ホワイデーに女性がもらって嬉しいもの、困るもの

アンケート結果からも分かるように、回答にバラツキがあります。女性のわたしが思うに、本命のお返しには、彼女の性格や好みを考えながら選ぶのが一番です。まだ付き合いが浅く、彼女の趣味が把握できない場合は、お返しをふたりで選ぶ方法を提案するのもひとつの方法ですよ。

[参照]PR Times
Photo by shutterstock

sweetsholic

海外を放浪しながら気ままな人生を謳歌しているフリーライター・フリーのパティシエ。世界の文化とスイーツ、地中海料理、サッカー選手クリスティアーノ・ロナウドのような褐色肌のラテン系男子が好き。