気づいてる?初デートの時、彼女はあなたのここをチェックしている!

お目当ての彼女とデートにこぎつけても、イマイチその次のデートが続かないことはありませんか?
「初デート」では、場所選びもファッションもバッチリだったはず。なのに、なぜ次が続かないのでしょう?彼女は、あなたのここをチェックしていますよ。

初デートの際、女性があなたをチェックするポイントは「居心地のよさ」

株式会社パートナーエージェントが、婚活経験がある20〜49歳の独身男女240人に対し「婚活デート事情」に関するアンケート調査を行いました。婚活デートの際に、お相手のどんなところをチェックしますか?という質問に対し、男性は「話が合うかどうかの会話の相性」(75.0%)、女性は「一緒にいるときの居心地」(81. 7%)が、それぞれ最も多い回答に。女性は男性に対して、「一緒にいるときの居心地」を求めていることが判明しました。

「一緒にいて居心地が良い」って具体的に何?

先の回答で男性は「話が合うかどうかの会話の相性」と具体的ですが、女性は「一緒にいて居心地が良い」と抽象的な答えです。「一緒にいて居心地が良い」とは、相性のようなものですが、どういうことでしょうか?筆者が多くの女性に代弁し、お教えしましょう。


女性の感じる「一緒にいて居心地が良い」とは

一緒にいて緊張しない
初対面や、付き合いの浅い人だと緊張するものですが、自分が緊張すると、相手も緊張してしまいますよ。リラックス、リラックス。

多くを語り合わなくても、間が持てる
話が盛り上がることが大事なのではありません。黙っていても息苦しく感じないことも大切。同じもの(人生)をずっと一緒に見ていたくなる感じがあれば、最高です。

安心感を感じる
あなたに相手を受け入れる余裕があるか、女性は素早く察知します。

黙って話を聞いてくれる(アドバイスはしなくても良い)
あなたが話し下手でも、問題ありません。女性は話のネタをいくらでも持っているので、聞き役に回りましょう。うまく相槌をうつことが大切。そこから話の糸口も見つかるはずです。

気づいてる?初デートの時、彼女はあなたのここをチェックしている!

女性はあなたの社会性も観察している

さて、上記の調査では、女性の2位は男性と同じ「話が合うかどうかの会話の相性」(77.5%)と「態度や言葉遣いなどの基本マナー」(77.5%)です。3位以降の女性のチェックポイントは、男性とは異なります。

3位「配慮や気配りができるかどうかの優しさ」(67.5%)、4位「店員に対する態度」(60.8%)、5位「食事の際のマナー」(58.3%)の順番。

メールや電話のやりとりは二人だけの世界、でもデートの際はお互いの社会性が明らかになります。
公共の場でお年寄りや子供に対する態度、お店やレストランの従業員に対する態度を、女性は冷静に観察しています。「尊敬できる人なのか」「家庭人としてどうか」とあなたの人間性および社会性を測っています。

いくらあなたが女性に対して優しい態度をとったとしても、他人や店員に見下したような態度、乱暴な言葉遣いをしたとすれば、女性は2度と会いたいと思いません。
5位の「食事の際のマナー」については、婚活で良い印象を与える食事のマナーを、参考にしてみてくださいね。

デートの割り勘って、どうなの?

気づいてる?初デートの時、彼女はあなたのここをチェックしている!

さて、社会性ということでは、デート代の支払いの対応(割り勘などのやりとり)も含めて、女性は男性を観察していると思ってよいかもしれません。
同調査によると、デート代の支払いについては、男性の27.5%に比べ、女性は43.3%と感心が高い項目です。

日本では男女雇用機会均等法や女性も同等に社会進出していることもあり、昔のように必ずしも男性がデート代を持つわけではないようですね。アメリカ在住の筆者としては、ちょっとビックリしました。アメリカではデート代は、男性が支払います。

デート代に関して、女性が「私とデート出来たのだから、デート代はあなたが払って当然」という態度は感心しません。「今日は本当に楽しかった。美味しいものをご馳走様でした。」ときちんとお礼をいえる女性があなたにふさわしいでしょう。また、レストランでディナーをご馳走したら、「カフェに付き合ってもらいたいので、お茶代は私に奢らせて」と気遣いを見せられる女性も良いですね。

ただし、デートにあたって、女性は実は洋服や靴を新調したり、ヘアカットしたり、前日からパックして、新しい口紅を買ったりと、あなたの気づかないところでお金をかけているのです。デートの際には、女性のそういった事前の苦労も察してくださいね。

デート代の支払いについては、婚活中のデート代を参考にされても良いでしょう。

男女共完璧な人間はいません。もちろん相性もありますが、相手はあなたを映す鏡でもあるということも考えてみる必要があるかもしれませんね。


[参照]パートナーエージェント QOM総研

青山 沙羅

NYC在住フリーランスのライター。人生のモットーは、『やられたら、やり返せ』。 あなたに贈りたい言葉は、「愛なくして、人生は輝かない 」。生まれて来た時も死ぬ時もひとり。生きている間は愛し愛されたいもの 。