良薬は苦し、レチノールの正しい使い方 – 婚活あるある

良薬は苦し、レチノールの正しい使い方

目もとのシワが昔より気になってきた。肌のハリがなくなってきた。
そんな年齢による肌変化の悩みを抱えていませんか?
若い頃の自分の肌に戻りたいと鏡を見るたび落ち込んでしまう…そんな悩みにアプローチする「レチノール」という成分があります。
レチノールはシワやたるみ、目の下のくまなど、年齢による肌変化に対応する優れた有効成分として注目を浴びています。
一方で、強い作用のため皮向けや赤みなどの副作用もあります。
今回はレチノールの効果や安全な使い方、おすすめのコスメを紹介しますね。

レチノールとは

レチノールは、人間にとって必要なビタミンでもある「ビタミンA」の1種です。
ビタミンAの中でも主要な成分である「レチノール 」は、皮膚や目の粘膜などを健康に保ち、抵抗力を高めるはたらきがあります。
視力を維持するために欠かせない栄養素として健康に欠かせない側面もありますが、美容面では細胞のターンオーバーを加速させることで皮膚や粘膜をつくる効果が注目されています。
コラーゲンやヒアルロン酸など肌のハリ、うるおいを与える成分よりも、よりシワ対策にピンポイントな効果をもたらすことが特徴。
主に目もと、口もとの小ジワ対策のクリームや美容液に多く配合されています。


レチノールの種類


ビタミンAは「レチノール」「レチナール」、「レチノイン酸(トレチノイン)」の総称で、それぞれ構造が少し違います。
最も多い「レチノール」は化粧品として応用されていますが、光や熱、酸素に弱い特性があります。
そのため「レチノール」は何らかの製剤的な工夫とともに化粧品に配合されていることがほとんどです。
また、人間の皮膚においては、「パルミチン酸レチノール」と「酢酸レチノール」という安定な形として存在しています。
化粧品の配合成分としても、この皮膚にあるのと同じ「パルミチン酸レチノール」「酢酸レチノール」がよく使われています。
これらはとても光にも熱にも安定で、刺激も少ないためです。
「レチノール誘導体」とも呼ばれ、レチノールを安定化させて作られています。
化粧品にはよく「レチノール誘導体」と書かれていることもあります。

レチノールって安全?

レチノールは効果が高いことで期待感が高い成分である一方、「強いから危なくない?」「副作用はないの?」「若いうちから使って大丈夫?」と心配されている方も多いはずです。
確かに、レチノールは非常に強い効果を発揮するので、肌にとって刺激になることが問題視されています。
【皮膚が剥がれる、剥ける】
【皮膚が赤くなる、ヒリヒリする】
レチノールは肌をターンオーバーする作用が強いため、皮膚が剥けやすくなったり、刺激を受けやすくなったりします。
これは効果の一部とも言えますが、その程度が強いと肌トラブルとなり中止せざるを得なくなることもあります。
ただ、皮向けが強いほど効果は大きいです。その間メイクができない、日焼けがNGなので、自分に合った方法で試してみてくださいね。
特に若いから使っていけないということはありませんが、シワやたるみのケアよりも基本的な日焼け対策、保湿や洗顔を見直す方が効果的な場合もあります!

レチノールを使う上での注意点

肌トラブルが起こる可能性があるので、レチノールは「濃度」「使う時間帯」に注意することが大切です。
安全に使うためにも選び方と使い方をチェックしておきましょう。

①濃度の高さ

ついつい優れた即効性を期待するあまり、高濃度に配合されたものに惹かれてしまいがちですが、その前に確認をして下さいね。
肌が弱い人、かぶれやすい人、肌が敏感になりやすい時期においては、高濃度レチノールで肌トラブルを起こす可能性があります。
逆に肌が厚い人は低濃度では効果を実感しにくいです。
まずは低濃度から試してみて、段階的に上げていく方が安心です。

②紫外線はNG

「レチノール」を使用する場合には紫外線を避ける必要があります。
なぜなら「レチノール」は光に弱く、分解されやすいためです。
純粋レチノールの場合は、とくに夜に限定して使用することをおすすめします。
また、レチノール使用中の肌は非常にダメージを受けやすい状態なので、日中の日焼け対策はマストです!!

レチノールによるシワ・ハリ対策を効果的な方法は?

年齢を重ねるごとに増えていく、シワやハリ、たるみなどの悩み。
レチノールの効果だけでラクに改善できれば嬉しいですよね。
レチノール配合コスメは優れた効果があるので、使い続けることでお悩みが改善される方も多くいます。
ただ、深く刻まれてしまったシワを改善するには、本格的なケアで取り組む必要も。
市販のコスメは肌への刺激を抑えるために、レチノール濃度が安全なレベルに留められているので、効果がなければ皮膚科に相談することをおすすめします。
筆者オススメの皮膚科を紹介しますね!!



また、レチノールによるケアに加えて、シワやたるみの進行を食い止めるための予防も大事です。
老化現象だからと諦めているかもしれませんが、ダメージには紫外線がかなり大きく関わっています。
レチノールを使用中は特に紫外線からの影響を受けやすくなるため、UVカットの併用はマストです。
日中の外出では日傘や帽子を活用するなど、極力紫外線のダメージを避けるようにしてくださいね。

SNSでシェアする