【小じわ対策】どうすれば良いの!?小じわ対策になる習慣も紹介! – 婚活あるある

【小じわ対策】どうすれば良いの!?小じわ対策になる習慣も紹介!

年頃の女性になると気になってくるのが、顔の小じわ。

 

メイクの際にふと鏡を見ると、今までなかった箇所に小さな影が!

 

そんな、ショッキングな経験をした方が多いのではないでしょうか?

 

今回は、そんな小じわの原因と対策について紹介していきます。

小じわ対策では「乾燥」を防ぐのが最大のポイント

小じわを作る最大の敵は「乾燥」です。

 

まずは、肌の乾燥を防ぐことが小じわとなくす1番のポイント。

 

若い時には違って、年齢とともに肌が乾燥しやすくなり小じわが目立ちます。

 

肌には常に潤いを持たせることが、小じわをなくす第一歩と考えましょう。

小じわ対策として「乾燥」を防ぐ3つの習慣

小じわの天敵である「乾燥」は、気候やエアコンなどの環境によって起こります。

 

普段通り生活しているだけでは、乾燥から身を守ることはできません。

 

肌の乾燥は、防ぐための習慣を実施してこそ対策になります。

 

ここでは、小じわ対策として「乾燥」を防ぐ3つの習慣について紹介していきましょう。

丁寧なスキンケアを習慣化する

肌を正常に保つには、清潔であることが大前提。

 

肌を乾燥させないための丁寧なスキンケアはかかせません。

 

特にお化粧を落とす際のスキンケアでは、十分に注意が必要。

 

強くゴシゴシ擦りすぎず、ぬるま湯でお肌のリセットをしましょう。

 

洗顔後には保湿することも習慣化すれば、お肌の乾燥を防ぐことができます。

肌に良い食事を習慣化する

お肌の乾燥を防ぐには、食事に気を使うのも重要です。

 

肌に良いとされる栄養素を取り入れることで、体の中から肌を守ることができます。

 

代表的なとことでは「ビタミンB群・C」「ビタミンA・E」です。

 

それ以外にも腸内環境を整える食物繊維の摂取も大切。

 

メニューとしては、レバーや乳製品、果物やアーモンドがあげられます。

肌の血行を良くする習慣をつける

肌の血行も肌のトラブルに繋がる根本的な原因。

 

血の巡りが悪くなれば、肌の代謝も悪くなり乾燥しやすい環境が出来上がってしまいます。

 

普段からマッサージやツボ押しなどで、肌の血行を良くする習慣をつけましょう。

小じわ対策には「乾燥」以外にも原因がある

小じわの原因となる乾燥。

 

しかし、乾燥以外にも色んな要因で小じわに繋がる可能性があります。

 

普段から注意するべき、小じわの原因を紹介していきましょう。

表情の変化が小じわの原因

表情の変化が、小じわの原因になる可能性も。

 

表情は、年齢や環境によって変化すると言われています。

 

もともとは小じわが出来るような場所じゃなかったのに、日常的なストレスや笑い方の変化などで小じわが生まれることも。

 

環境が変われば、人の表情は意外に大きく変化するものです。

紫外線が小じわの原因

肌へダメージを与える紫外線も、小じわの原因です。

 

肌は紫外線を受けるとコラーゲンが減少し、肌のハリがなくなります。

 

ハリのない肌では、小じわが発生しやすくなりますよね。

 

出来るだけ外出時には、紫外線から肌を守ることが大切です。

活性酸素の発生が小じわの原因

活性酸素は、紫外線や喫煙、ストレスなどが原因で発生し肌を酸化させてしまう働きをします。

 

肌の酸化は、肌トラブルや老化の原因。

 

肌の酸化は、生体にとって必要な化学反応でありながらも出来るだけ酸化ストレスを減らすことが小じわ対策に繋がります。

小じわ対策として肌が「乾燥」する原因を知っておく

小じわ対策で1番重要なのが、やはり乾燥から肌を守ること。

 

それには乾燥する原因を良く知っておくことが得策です。

 

肌が乾燥する原因の中には、あまり知られていないことも含まれているので、ここで整理していきましょう。

加齢による水分と油分の低下

肌の乾燥は、単純に加齢による水分と油分の低下から起こると言われています。

 

なぜ加齢によって起こるかと言うと、肌の表面がダメージを受けてしまうから。

 

年齢と共に肌の表面である真皮がダメージを受けて、内部の水分や油分が外部へ逃げてしまうのが原因です。

 

丁寧なスキンケアによって、肌の表面を正常に保つことが小じわ対策に繋がると言えるでしょう。

冷暖房を長時間利用している

冷暖房が効いている場所に長時間滞在しているのも、肌の乾燥を進める原因の1つ。

 

デスクワークの方であれば、ほとんどの場合が冷暖房完備のオフィスになります。

 

快適ではありますが、冷暖房をつけることで部屋の湿度が下がり肌の乾燥をより促してしまう結果になりかねません。

 

こうした環境下においては、別で加湿器を置くと良いでしょう。

ビタミンB群が不足している

健康的な肌を保つにはビタミンB群の摂取が重要です。

 

ビタミンB群には、肌や爪、髪などを作るために必要なタンパク質の効果的な代謝をサポートする役割があります。

 

タンパク質を十分に摂取しても、ビタミンB群が不足していれば肌に効果的な働きはしてくれません。

 

タンパク質の摂取をする際には、セットでビタミンB群も頭に入れておきましょう。

スキンケア方法を間違っている

間違ったスキンケア方法でも、肌の乾燥の原因を作っているケースがあります。

 

例えば、肌の汚れを一生懸命落とすために、必要以上にゴシゴシすると油分まで落としてしまうことに。

 

また、洗顔後の保湿を怠ってしまうのも肌の乾燥を進めてしまいます。

日常的にストレスを溜めている

精神的ストレスは、肌のトラブルに直結します。

 

ストレスを溜めてしまうと、自律神経が刺激され血管の収縮から血流の滞りが発生。

 

血流が悪くなると肌の状態も悪くなり、結果的に乾燥してしまいます。

 

それ以外にも、吹き出物や肌荒れも増えて全体的な肌トラブルを起こしてしまうでしょう。

 

精神的負担と肌は決して無関係ではないので、セルフケアしながら日常を過ごすのが大切です。

すぐに出来る!小じわ対策メイク

小じわ対策には、普段からのケアが必要であることが分かってきたと思います。

 

しかし、今すぐ小じわ対策したいと思っている方も多いのではないでしょうか?

 

長期的な対策もしつつ、明日からでも小じわを隠したい方には小じわ対策メイクが効果的です。

 

ここでは、すぐに出来る小じわ対策メイクの方法について紹介してきます。

下地で小じわ対策するにはスポンジ薄塗りが効果的

下地で小じわ対策をする場合、スポンジによる薄塗りが効果的です。

 

小じわ対策をしたい方にとっては、下地で厚塗りして一生懸命隠しておきたいところ。

 

しかし厚塗りすることで、時間が経てば小じわが余計に目立ちます。

 

くれぐれも下地は、必要最低限をスポンジにのせて薄塗りするようにしましょう。

ほうれい線の小じわ対策には明るめコンシーラー

ほうれい線の部分は、頬の影が落ちる箇所であり小じわの目立つポイントでもあります。

 

この箇所には、明るめのコンシーラーでのメイクがおすすめ。

 

非常にヨレやすい部分なので、下地以上に厚塗りは厳禁です。

目元の小じわ対策にはハイライトがおすすめ

目元の小じわ対策に悩んでいる女性も多いですよね。

 

目元には、ハイライトにより小じわ対策メイクがおすすめです。

 

ハイライトを塗れば、光の反射によって小じわをカモフラージュ。

 

立体感も出るので、小じわ対策メイクとしては非常に効果的です。

小じわ対策をして目指せマイナス5歳肌!

小じわ対策では、長期的に取り組む内容とメイクですぐに出来る2つの方法を分かっていただけたかと思います。

 

日常的にスキンケアは大変かもしれませんが、意識することでメイクで小じわ対策を考える必要もなくなりますよ。

 

長期的に小じわ対策をすることで、マイナス5歳肌も夢ではありません。

 

これを機に、ぜひスキンケアの意識を高めてみてはいかがでしょうか。

SNSでシェアする