どうやって選べばいいの?肌に優しい化粧下地について解説 – 婚活あるある

どうやって選べばいいの?肌に優しい化粧下地について解説

肌がデリケートな人は、「ベースメイクが肌にしみる」、「粉吹きや赤みが出てしまう」ということが起こりやすいです。
そんな敏感肌の人に向けた肌に優しい化粧下地が販売されていますので、肌に合ったものを見つけて取り入れてみましょう。

こちらでは、肌に優しい化粧下地の選び方や、メリットとデメリット、適切な使い方について解説しています。

敏感肌の人に勧めたい「肌に優しい化粧下地」

普通の化粧下地と何が違うの?

普通の化粧下地と肌に優しい化粧下地の違いは、大きくいうと配合されている成分です。
敏感肌の人に向けた肌に優しい化粧下地は、肌に負担をかけにくい成分を中心に作られています。

そのため刺激が少なく、赤みや粉吹きなどが起きにくいです。
またアレルギー反応が起こりやすい成分を使わずに作られていますので、アレルギー体質の人でも安心して使用できます。

製品によっては下地にスキンケア成分が配合されている

これは一般的な化粧下地も同様ですが、敏感肌用の化粧下地にはスキンケア成分が配合されているものもあり、ベースメイクをしながら肌をいたわることができます。

そのためより肌に負担をかけにくく、健やかな肌を保ちながらメイクを楽しめるのですね。
 
▼一日中手触りサラサラ、化粧くずれナシ

肌に優しい化粧下地のメリット・デメリット

メリット

肌に負担がかかりにくい

先にも触れていますが、敏感肌用の下地は肌に負担がかかりにくいという特徴があります。
一般的な下地だとかゆみが出てしまう、肌が赤くなってしまうという人でも、敏感肌用ならトラブルなく使用できるでしょう。

 

軽いつけ心地で落としやすい

肌に優しい化粧下地はつけ心地が軽いものが多く、クレンジング時に落としやすい点もメリットのひとつです。

しっかりベースメイクした場合、きれいにクレンジングするためにはクレンジング力の高いオイルクレンジングなどで落とすことがありますが、オイルクレンジングは肌への負担が高めだといわれています。

せっかく肌に負担の少ない下地を使っていても、クレンジングの際に負担がかかってしまったら意味がありません。
敏感肌用の下地は使用時だけでなく、落とす際にも負担がかかりにくいのです。
 
▼シルキーカバーオイルブロック

デメリット

 

崩れやすいものもある

敏感肌用の下地は、肌に優しい分カバー力に欠け、メイク崩れしやすいものも少なくありません。
メイクもちがよいということはそれだけしっかり肌に密着するということ。
 
メイクもちと肌への負担は比例する部分があるといえます。
商品によって比較的もちがよいものもありますが、一般的な下地と比較すると崩れやすいと考えておいたほうがよさそうです。
 

すべての人に適しているとは限らない

敏感肌にはさまざまなタイプがあり、アレルギー反応を起こす成分も人によって違います。
そのため「敏感肌用」と謳っている製品でも、使ってみたら合っていなかったということもあるようです。

友人が使っていてよいと思っても、自分が使ったら肌荒れしてしまった、というケースも少なくありません。
肌に優しい化粧下地を選ぶ際には、パッチテストをする、店頭でタッチアップしてもらうなどしてからの購入が望ましいでしょう。

肌に優しい化粧下地の選び方

保湿効果の優れたものを選ぶ

肌荒れの原因やきっかけが乾燥によるものであることはとても多いです。
アトピーの予防や治療においても保湿が重要であるように、敏感肌の人もしっかり保湿することによって肌荒れを予防することができます。
 

肌に優しい化粧下地を選ぶ際には、まず保湿効果の高いものを選ぶように心がけましょう。
先にも触れていますが、美容成分の配合された製品もありますので、使いながらスキンケアできるような下地だとより安心して使えそうですね。
 

UV成分を確認する

化粧下地は実にたくさんの種類があり、UV成分の入っているものとそうでないものがあります。
UVケアはスキンケアにおいてもベースメイクにおいても基本ですので、UVケアが入っていない下地を使う場合はその前にかならず日焼け止めを塗ってから下地を使用してください。
 
とはいえ、日焼け止めを塗ってから下地を重ねるのは面倒、という人もいるのではないでしょうか。
その場合はUV成分の配合されている下地を選ぶことをおすすめします。
 

ただしUV成分が肌に負担をかける可能性があるため、少しでも肌への負担を減らしたい場合は、UV成分を確認しましょう。
UV成分は大きく分けて2種類あり、ひとつが「紫外線吸収剤」、もうひとつが「紫外線散乱剤」です。
 

いずれもまったく肌に負担がかからないというわけではありませんが、どちらかというと紫外線散乱剤のほうが肌に負担がかかりにくいといわれています。
より肌に優しい化粧下地を選びたいという人は、UV成分として紫外線散乱剤を採用している製品を選びましょう。
 

オーガニックならよいというわけではない

敏感肌の人に注目されている「オーガニックコスメ」。
オーガニックは「有機」と同じ意味を持ち、そこから想像できるようにオーガニックコスメは植物から抽出される成分を積極的に使用しています。
化学成分を使用していないので肌に優しいというイメージを持つ人も多く、オーガニックコスメの化粧下地も多数販売されています。
ただし、オーガニックだから肌に優しいとは限らないので注意が必要です。
 

化学成分を使用していない製品が多いので添加物などに肌が反応しやすい人にはよい製品ですが、特定の植物にアレルギーを持っている人は、オーガニックコスメを使用して肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。

 
また植物だからすべて肌にやさしいというわけではなく、中には刺激の強い植物の成分を使用した製品もありますので、すべての敏感肌に適しているというわけではありません。
購入時にはやはりパッチテストや店頭でのタッチアップを必ず行いましょう。

下地以外のアイテムにもこだわろう

 

ファンデーションも肌に優しいものを

せっかく肌に優しい化粧下地を使っていても、上に乗せるファンデーションが刺激の強いものだと結局肌に負担をかけてしまいます。
下地以外のアイテムにもこだわり、特にファンデーションも敏感肌用のものを使うとよいでしょう。
 

ミネラルファンデーションは肌に負担がかかりにくく、そのまま寝てしまっても大丈夫だといわれています。
こうしたファンデーションなら安心して使えそうですね。
 
▼幹細胞テクノロジーを駆使したエイジング力の高い、高
機能「direiaTO BBクリーム」

刺激の少ないクレンジングを使う

肌に優しい化粧下地、同じく肌に優しいファンデーションを使用していれば、比較的ベースメイクは落としやすいはずです。
オイルクレンジングなど刺激の強いクレンジングを使うのではなく、肌に負担があかりにくいクレンジングを使うことをおすすめします。

 
オイルクレンジングとミルククレンジング、ジェルクレンジングの中で、もっとも肌に負担がかかりにくいのはミルククレンジングだといわれています。

 
ほかにも敏感肌用に処方されたクレンジングは多数ありますし、ウォータークレンジングも肌にやさしいです。
肌質に合った使い心地のやさしいクレンジングで肌をいたわりながらメイクを落としましょう。
 
▼クレンジングバームDUO★ザバームクリア

自分に合った肌に優しい化粧下地を選びましょう

最近は肌の弱い人に向けた下地が多数販売されるようになり、選択肢も広がりました。
ここでご紹介したポイントを参考に、ぜひ肌に合った化粧下地を探してみてくださいね。


SNSでシェアする

平島 有里(ひらしま ゆり)

美容とお風呂とお酒をこよなく愛すフリーライター&1女の母。年の功か?エステやネイルに行くたびに担当から結婚の相談を受けるようになり、いつの間にか婚活サポーターに。幸せな結婚を目指す婚活女子を多方面から応援しています。 ▼instagram:https://www.instagram.com/azulside/