まつげが上がらない人必見!しっかり上げて維持する方法を解説 – 婚活あるある

まつげが上がらない人必見!しっかり上げて維持する方法を解説

アイメイクをする際にしっかりビューラーを活用しているつもりだけれど、思うようにまつげが上がらないという人は多いようです。
まつげが上がらない原因は、使用している道具やまつげ自体の問題など、さまざまなものが考えられます。
こちらでは、まつげが上がらない原因とその対処法について解説していきます。

ビューラーの状態が悪いためにまつげが上がらない

ビューラーのゴムが劣化していたら交換する

ビューラーは毎日使っているうちに、装着されているゴムが劣化していきます。
ゴムは経年劣化する素材なので、ほとんど使用していなかった場合でも時間が経つと劣化してしまうのです。
 
またビューラーのゴムが劣化した状態で使用を続けると、まつげが切れる原因になることもあるため注意が必要。
定期的にゴムを交換する習慣をつけておきましょう。
ちなみにビューラーのゴムは2ヶ月から3ヶ月に1回の頻度で交換するのが望ましいとされていますので、替え時の参考にしてください。
 
これまではまつげがちゃんと上がっていたけれど、最近上がらなくなってきたように感じたら、ビューラーのゴムを交換してみましょう。
しっかりまつげを挟めるようになって上がりやすくなります。

自分に合った形のビューラーを使う

ビューラーはどれも似たような形をしていますので、使用感も同じだと持ってしまいがちです。
しかし実は、メーカーによってアーチの丸みや長さなどが異なります。
 
今使用しているビューラーだとうまくまつげが上がらないと感じている場合、ほかのメーカーで作られているビューラーだときれいに上がるということも考えられるのですね。
 
ちなみにビューラーは高級ブランドのコスメラインでも販売されており、コスメが高価なブランドでもビューラー自体は比較的手頃な価格で購入できます。
これまでひとつのビューラーしか使ったことがないという人は、ビューラーの見直しをしてみるのもよいかもしれません。

ビューラーは正しい使い方をする

ビューラーの正しい使い方を知っている人は意外にも少ないです。
正しい方法でカールしないとまつげが上がらないので、ここで使用方法をおさらいしてみましょう。
 
ビューラーは基本的に3段階で使用します。
最初はまつげの根元を挟んでカールし、次にまつげの中間を挟んでカール、そして最後にまつ毛の先端を挟んでカールという流れです。
 
このとき、根本を上げる際は比較的力を入れて、先端に向かうにつれて力を弱くしていくと、バランスのよいカールに仕上がります。
あまりに力を入れすぎてしまうと、まつげが切れる原因になるほか、カクカクとした仕上がりになってしまうので気をつけてくださいね。

ホットビューラーを使う

ホットビューラーは、その名の通り熱でまつ毛にカールをつけるアイテムです。
ビューラーのようにまつげを挟むタイプではなく、まつげをおさえるような使用方法でカールします。
 
最初からホットビューラーでまつげを上げてもよいのですが、おすすめはビューラーの後にホットビューラーで仕上げる方法です。
まずビューラーでまつげを上げてから、次にホットビューラーを端から当ててさらにカールしていきます。
 
ホットビューラーのおすすめポイントは、ビューラーで上手に挟めなかったまつげもしっかりカールできること。
また熱を加えることでカールが整い、全体的にきれいにまつげを上げることができます。
 
ちなみにまつげがかなりストレートな人も上がりにくく、また上がってもすぐに落ちてきてしまうようです。
頭髪においても、ストレートの人はセットがすぐに取れてしまうことが多いですよね。
同じように、まつげも毛の質によって上がりにくい人がいます。
この場合も、ホットビューラーを使うと上がりやすくなりますので試してみてくださいね。

まつげやまぶたの状態が原因で上がらない

まぶたやまつげの油分を取り除く

皮脂の多い人だと、まぶたやまつげに油分が付着していることがあります。
皮脂がついたままビューラーでカールをすると、一時的に上がってもすぐに落ちる、上がりにくいといったことが起こるようです。

皮脂が多い自覚のある人は、メイクの前にさっぱりタイプの化粧水を浸したコットンで軽くまぶたを拭いておくと、ビューラーを使ったときに上がりやすくなります。
スキンケアの際には、まつげやまぶたに油分がつきすぎないように意識してみてください。

一重や奥二重用のビューラーを使う

一重や奥二重の人も、まつげが上がりにくいことに悩む人が多いようです。
そもそもまぶたが重いので上手にビューラーを当てにくい上に、せっかく上げてもまぶたの重みで落ちてきてしまいます。
 
一重や奥二重用のビューラーが販売されていますので、上げにくい場合にはこちらを使ってみるとよいでしょう。
こうしたビューラーは、まぶたを上げる部分のパーツ面積が大きいので、まぶたが重い人でもまつげを上げやすい構造になっています。
 
上がってもすぐに落ちてきてしまうという人は、一重用のビューラーで上げた後に、ホットビューラーを使うと上がった状態でクセがつきやすくなるので試してみてくださいね。

「まつ育」をする

まつげが短い人は、ビューラーでまつげを挟みにくいので上げるのが難しいというケースが多いです。
最近はまつげ美容液がたくさん出ていますので、こちらを活用して「まつ育」に励むのもひとつの方法。
 
まつげ美容液はすぐにまつげが伸びるというわけではありませんが、継続することで少しずつ確実に伸びていきます。
まつげが短いのがコンプレックスという人はもちろん、抜けやすい人にもおすすめです。

マスカラが合っていないためにまつげが上がらない

カールマスカラを活用する

ビューラーでしっかり上げているけれどカールがもたないという人は、「カールマスカラ」を使ってみましょう。
 
ビューラーで上げなくてもカールされるマスカラですが、カールした後に使えばさらにもちがよくなります。
プチプラでもカールマスカラはいろいろ出ていますので、合うものを探してみるとよいでしょう。

カールを維持するマスカラの塗り方をする

カールマスカラでなくても、正しい方法でしっかり塗ることでカールが維持できます。
塗るときは必ず根本から、根本はしっかりとマスカラがつくように左右にスライドさせながら塗りってください。
そして少しの間根本につけたまま置いておき、それから少しずつ先端にずらしていきます。
 
しっかりカールを維持するためには、マスカラの前にマスカラ下地を塗るのもおすすめです。
カールを維持できるほか、マスカラのつきもよくなります。
まつ毛にボリュームを出したい人にもおすすめです。

各工程をしっかり行うことでくるりんまつげを手に入れよう!

まつげを上げる方法は決して難しいものではなく、意外と手軽に実践できるものばかりです。
けれど丁寧に行う必要がある分時間がかかるので、朝の忙しいときはつい面倒になってしまうという人もいるでしょう。
 
けれど、ちょっとした手間を惜しまないことでまつげがきれいに上がるようになりますので、より印象的な目元を演出したい人は、ここでご紹介した方法をぜひお試しいただけたらと思います。

SNSでシェアする

平島 有梨(ひらしま ゆり)

美容とお風呂とお酒をこよなく愛すフリーライター&1女の母。年の功か?エステやネイルに行くたびに担当から結婚の相談を受けるようになり、いつの間にか婚活サポーターに。幸せな結婚を目指す婚活女子を多方面から応援しています。 ▼instagram:https://www.instagram.com/azulside/