男女共通、ダイエットを成功させるコツ。5分でできる「マインドフルネス」のすすめ – 婚活あるある

男女共通、ダイエットを成功させるコツ。5分でできる「マインドフルネス」のすすめ

2017.03.01

もうすぐ薄着の季節がやってきます。「冬の間に蓄えたプヨプヨのお肉をなんとかしたい」など、ダイエットを意識し始める頃ではないでしょうか。すでにダイエットをしているのに結果がでない人は、食事の仕方に問題があるのかも。

みなさんもきっとご存知の「マインドフルネス」。意識を今現在に集中することで、心と体を健やかに保つという考え方です。アメリカでは食事をする際にマインドフルネスを意識することで、ダイエット効果が見込める「マインドフル・イーティング」がここ数年話題になっているそうです。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

意識することで、食べる量が減る

テレビやDVDを見ながらの食事だと、ついつい食べ過ぎてしまうことはありませんか? 「ながら食べ」をすると、太りやすくなることが分かっています。これは無意識のうちに食べてしまうことに原因があります。スマホをいじりながら、パソコンで作業をしながら、というのも同じこと。気をつけたいですね。

英リバプール大学の研究により、「前回の食事(例えば今日のランチ)の満足度が高かった人は、次の食事の量が少なくて済む」ことが分かりました。意識して食べることで、食事の量が減るというのは、マインドフル・イーティングの考え方でもあります。

5分でできる! 今日から始めてみよう

さて、どのようにマインドフル・イーティングを心がければよいのでしょう? 先の研究を行ったリバプール大学のエリック・ロビンソン博士によると「食事の内容(食べたもの)を書き出す」ことが効果的だと言います。スマホに記録するとよいかもしれません。

また、米ハーバード大学のリリアン・チュン博士と彼女に20年ほど前にマインドフルネスを説いたベトナム人の僧侶によれば「いきなり食べ始めるのではなく、食事の前に1〜2分ほど心のゆとりを持つ」「食べ物の香りや食感などを楽しむよう心がける」「少しずつ、よく噛んで、ゆっくりいただく」のが、食べる量をコントロールするコツだそうです。今、何を食べているかに集中することで食べる量をコントロールするというわけです。

私たち日本人は、日頃から「いただきます」の習慣があるので、「食事の前のゆとり」はクリアしているのでは? ひとりで食事をするときにも忘れないようにしたいですね。

男女共通、ダイエットを成功させるコツ。5分でできる「マインドフルネス」のすすめ

仕事が忙しいときには、デスクでパパッと食事を済ませなくてはならないこともありますが、できるだけ毎日の食事を楽しみたいものです。

ダイエットが成功すれば自分に自信がもてるようになりますし、なりたい自分に近づくことで、恋人探しにも積極的になれるはず!

[参照] savorthebook.comliverpool.ac.uk

Photo by shutterstock

SNSでシェアする

sweetsholic

海外を放浪しながら気ままな人生を謳歌しているフリーライター・フリーのパティシエ。世界の文化とスイーツ、地中海料理、サッカー選手クリスティアーノ・ロナウドのような褐色肌のラテン系男子が好き。