付き合う前にセックスしていいのか、男性目線を踏まえた結論 – 婚活あるある

付き合う前にセックスしていいのか、男性目線を踏まえた結論

2020.09.18

付き合う前にセックスする。
 
ダメだよと言われている割には、よく聞く話です。
私もやったことがあるかと言われたら、普通にあります。
そしてそのままお付き合いできたこともあります。
 
「じゃあ、付き合う前にセックスしたっていいじゃん」と言いたいところなのですが、女性は付き合う前のセックスに向き・不向きがあるんです。
付き合う前にセックスを絶対しないほうがいい人と、しても問題ない人がおります。
 

「付き合う前」にセックスすると思っていると泣くかもしれない

そもそもですが「付き合う前にセックスをする」と思っている人は、付き合う前のセックスに向いていません。
――何だこの禅問答は。
 
そう思いますよね、すみません。
要は、セックスを事前にしたから、次のステップは「付き合う」だろう、と予想している人は、あとでしんどい思いをするかもしれないのです。
 
何でわざわざ、付き合う前にセックスをするか。
男性はハナから遊び目的かもしれませんし、「付き合う前に体の相性も知らないと無理」と思ったのかもしれません。
もしくは何も考えていなくてノリで誘ったか。
※最後の可能性が一番高いです。

 
つまり、その後の関係で「付き合うかどうか」は勘定に入っていないわけです。
 
そこで「体の関係も持つくらい関心があるわけだから、次は告白してもらえるのかな」なんて思っていると、本気の肩透かしを食らう可能性があります。
だから、「セックスの後」を期待する女性は、付き合う前にセックスをしない方がいいです。絶対。
 

固定したセフレを持つ女性は、付き合う前にセックスをしない方がいい


そもそも、ナンパ師の中で脈々と伝わっているのが、
「女性はセックスをした相手を好きになる」という理論です。
 
中でも私が勉強になったのは、LTST(ロング・ターム・セックス・トリガー)という仮説
なんだこの専門用語ちっくなセックス話は……と思うかもしれませんが、男の子はこういう言葉遊びが好きなので許してあげてください
 
LTSTをざっくりいうと
女性は3日~1週間の間を空けて、4回以上連続でセックスした相手のことを好きになる。
たとえ1回のセックスでも相手に好意は抱く。
だが、1回だと他の男に抱かれたとき、簡単に上書きされてしまう」という仮説です。
 
実際に仮説を確認するため、数多の女性を抱いたナンパ師には「まじかよ」と思わざるを得ませんが、
とはいえ過去の経験を踏まえると、ドキっとした女性も多いのではないでしょうか。
 
私も「女性はセックスをした相手を好きになる」とだけ言われても全く納得感が無かったのですが、
「4回以上短期間で関係を持ったら、確かにセフレだと思っていた相手を好きになるかもな」と考えさせられました。
 
この仮説をもし信じるなら、お遊びでもセフレを固定で持つタイプの女性は、付き合う前にセックスをしない方がいいことになります。
なぜなら、繰り返し関係を持つことで相手へ愛情(執着?)が生まれて、好きになってしまうリスクがあるからです。
 
セフレを好きになった後、男性の心変わりを期待してすがるセフレになるほど辛いことはありません。
 

付き合う前にセックスをしても「大丈夫」な女性の条件


ここまでを踏まえると、付き合う前にセックスをしてもあまり問題ない女性の条件は以下の通りです。
 

<付き合う前にセックスをしても、傷つきにくい女性の条件>
・セックスのあと関係が切れても「そういうもんだよ」くらいに割り切れる人
・固定したセフレを持たず、1回きりの関係で遊べる人
・セックスと愛情を関連付けて考えない人

 
……で、ここに該当する女性はほとんどありません。
これまで、こういう女性にお会いしたことはあります。
みなさん、爽やかにセックスしていました。楽しんでいらっしゃいました。
 
でも、大多数の女性は「そう」じゃないはずなんです。
 
「付き合う前にセックスをしてしまったけれど、付き合えるでしょうか」と、悩める女子になる方の方がおおいはずなんです。
だから恋愛コラムでは、私はとりあえずこう書き続けます。
(ほとんどの女性は、セックスの後に恋愛関係を期待しちゃうから)付き合う前のセックスはやめておけ、と。

SNSでシェアする

トイアンナ

人生相談をこれまでに1,000件以上受けた経験から恋愛について執筆。書籍『恋愛障害 どうして「普通」に愛されないのか?』『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』など。 ▼Twitter:https://twitter.com/10anj10 ▼note;https://note.com/toianna