プロフィールはどこまで詳しく書くべき?【café アプリ婚#1】 – 婚活あるある

プロフィールはどこまで詳しく書くべき?【café アプリ婚#1】

2019.12.10

ここは都内某所。

婚活アプリで結婚した実体験を元に書かれた書籍『アプリ婚』に登場する、女子4人組がつるんでいるカフェ。
今日も悩みを抱えた女子がドアをたたく!

マッチングアプリのプロフィールはどこまで詳しく書くもの?

マナミ
マナミ
29歳、化粧品メーカー広報部勤務。仕事もバリバリこなし、プライベートでも合コンやアプリ婚活などなど積極的。
アプリでは、会うまでに至る人が少ないのと、2回目につながらないのが悩み。

「そもそもの質問なんだけど…プロフィールってどこまで詳しく書くものなのかな?」

個人情報を公開しなさすぎるのもNG!

リナ
リナ
保育士、アプリで知り合った彼と最近結婚。
口喧嘩では負け知らず。

「まず、気になるのは個人情報問題だよね…。

アプリを始めてすぐの時、やってしまいがちなんだけど、自分の情報を公開しなさすぎると、男性に怪しまれて“いいね!”が来ないんだよ。
私もそうだったの。
“奇跡の1枚”の写真を載せて、プロフィール部分は年齢と血液型だけだったからサクラだと思われたって子もいるよ。笑

『ヤバい人につきまとわれたり、犯罪に巻き込まれたらどうしよう!』って思う気持ちもわかるけど、公開しなさすぎるとマッチングしないんだよね。

登録の時に個人情報を人がチェックしているとか、運営に通報できるボタンがあるとか、イザという時に信頼できるかどうかで信頼できるアプリを選ぶのも大事かも」

人となりがわかる自己紹介文に

ユリ
ユリ
メーカー勤務。アプリ婚活をはじめ、様々な方法で婚活中。
マイペースだが、思ったことはそのまま口から出がち。

「プロフィールとメッセージだけを参考に知らない人に会うんだもん、マナミちゃんが不安に思うのと同じように男性も少なからず不安だと思う。

だから、質問項目はザッと記入して、自由記入欄にもマナミちゃんの人となりがわかる程度のことを書いておいた方が良いと思う。
『趣味は登山なので、春が待ち遠しいです。』とか『最近転職しました。新しい仕事は覚えることがたくさんで残業も多いけれど、すごくやりがいを感じています。』とか。

箇条書きで並べるよりも、ちょっとした所感を入れるのがポイント。

どんな人なのかイメージがわきやすいと思わない?」

住所やLINEはすぐには明かさない

モモ
モモ
アパレル業界勤務。アプリ婚活で出来た3人目の彼氏と交際中。
ポエム系男子にもポエムで返すなど、懐が広い。

「もちろん、住所なんかは付き合って信頼できる相手だと思うまで明かさない方が良いと思う。

『家、どのへん?』って聞かれたら、『山手線で言うと上野方面』とか『三茶近辺(※ほんとは2駅先の桜新町だけど、近辺の有名な駅をあげておく)』とかね。

私は最寄り駅が中目黒で、もともと人の多い駅だからいっかなーと思って教えちゃってたけど、フェードアウトした人とかお断りした人とかが中目黒通るたびに私のこと思い出してたら…って思うとちょっと不気味かも〜!

あと、LINE教えるのは一度会ってみて、教えても良い相手だと思ってからがオススメ。」

信頼感のあるプロフィールに

にっさと
にっさと
イラストレーター。アプリ婚ののち1児を出産。
”モテ”を意識し過ぎ、自我が崩壊した過去がある。

「手っ取り早い方法は、マナミちゃんが男性のプロフィールを見定めてる時に、『この人は信頼できそう。良い人そう。会っても大丈夫そう。』って思った人のプロフィールに書かれている内容を参考にすることかな。

『家族のことや仕事のことを書いているから、信頼できそう』と思ったら、自分も書いてみる。

アプリをやってると男性から見て“かわいいと思われるかどうか”、“気が合うと思われるかどうか”が気になっちゃうけど、ま・ず・は…『プロフィールを見ただけで会っても大丈夫そうな人(=サクラじゃない。ヤバい人じゃない。まともそうな人。)』になることがスタートライン。

プロフィールをきちんと作ることは、相手に安心感を与えるという目的もあると思うよ。」

まとめ

あなたのことを知らない人が見た時、安心して「会っても大丈夫そう」と思える量・内容を書くべし!
奇跡の写真+書かなさすぎはサクラだと思われるぞ!

SNSでシェアする

新里 碧

取材漫画家/イラストレーター 婚活アプリで出会った男性と結婚。その実体験を赤裸々に描いた書籍『アプリ婚』が小学館より好評発売中!連載『cafeアプリ婚』の4人も登場!サク読みに便利な電子書籍版もあります。是非☆ ▼Twitter:https://twitter.com/midori_nissato ▼Instagram:https://www.instagram.com/nisssato/ ▼書籍:https://www.p-a.jp/renaru/writer/