シングルマザーの再婚は難しいって本当?出会いの場や注意すべき点を解説 – 婚活あるある

シングルマザーの再婚は難しいって本当?出会いの場や注意すべき点を解説

2020.10.06

シングルマザーとして日々の生活を頑張っている中、ふとした瞬間「再婚」について考える方もいると思います。

今後の生活の為は勿論、自分自身そしてなによりお子さんの為にも素敵な男性と出会いたいと考えることもあるでしょう。

さりとて、再婚に関して下記のようなお悩みを抱えてしまうシングルマザーも少なくありません。

「シングルマザーで再婚は難しいと見たことがある」
「シングルマザーを好きになってくれる男性がいるのか不安」

そこで、今回の記事ではシングルマザーの再婚について詳しくご紹介していきます。
シングルマザーの方は勿論、再婚に向けて動き出している方も是非参考にしてもらえると幸いです。

シングルマザーの再婚率はどれくらい?

大体、およそ47%の女性が離婚後再婚をしていると言われています。
半分には満たないものの、再婚は確実に行われているのが理解できます。

シングルマザーでの再婚は難しい?男性の想いとは

シングルマザー 再婚

シングルマザーでの再婚は難しいのか、今回はアンケートを用いて解説を行います。

Q.好きな女性がシングルマザーだった場合どうしますか?
想い続ける(42.9%)
ほかの人を探す(57.1%)
※有効回答数112件
引用:マイナビウーマン

上記アンケートにおいて、好きな女性がシングルマザーであった場合回答した半分以上の男性が「ほかの人を探す」と回答しています。
シングルマザーであることが、男性の判断に影響を与えていることが考えられます。

さりとて、ここで注目されるのが「想い続ける」と「ほかの人を探す」と回答したパーセントに大きな差はなかったことです。

「ほかの人を探す」と回答した方が多いものの、シングルマザーに関係なく想い続ける方もいることが理解できます。

続いては、男性たちの意見を見ていきましょう。
まずは、想い続けると回答した男性の意見です。

好きだから仕方ない
・「子どもがいるその人を好きになったのだから、しょうがない」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「シングルマザーでも特に好きになったら関係ないので」(31歳/学校・教育関連/その他)
・「シングルマザーなど関係ないです。好きだから」(34歳/機械・精密機器/技術職)
引用:マイナビウーマン

シングルマザーであるか否かよりも、その人自身を好きなのかが重要視されているのが理解できます。

続いて、ほかの人を探すと回答した男性を意見を見ていきます。

自信がない
・「自分には背負いきれないと思うので」(27歳/その他/その他)
・「いきなり他人の子どもの面倒を見ていく自信がないから」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「ちょっとまだ自分には支えることは難しいと思うから」(30歳/情報・IT/営業職)
引用:マイナビウーマン

子どもの存在に、自信がないことが見受けられます。

ここまで、さまざまな意見が挙げられましたが、シングルマザーに関係なくしっかりと想い続けてくれる男性は存在いるのが分かりました。
諦めることなく、良い素敵な出会いを探しにいきましょう。

続いては、おすすめの出会い場3選についてご紹介していきます。

【シングルマザーの再婚を目指す】おすすめの出会いの場3選

シングルマザー 再婚

「どこに出会いがあるの?」「そもそも素敵な男性が周りにいない!」

そんなシングルマザーの為に、今回はおすすめの出会いの場3選を紹介します。

それぞれメリット・デメリットを記載しておりますので是非参考にしてください。

出会いの場①友人からの紹介

▽メリット
・安心感がある
・相手の情報を事前にある程度入手できる
・友人を交えて会うこともできる

▽デメリット
・上手くいかなった時断りにくくなる
・こちらの情報が相手に知られてしまう可能性

1つめの出会いの場は、「友人からの紹介」です。

友人からの紹介であれば、相手の状況を事前に把握が可能になります。
安心感があるのは勿論、相手が自分の理想に合う人か否かを判断することもできるでしょう。

また、友人を交えて大人数で会うことができるので人見知りな方でも安心。

デメリットとしては、万が一上手くいかなかった際断りづらくなってしまうことです。
紹介をしてくれた友人に申し訳なさを感じてしまうことも、あるでしょう。

更に、いざお付き合いとなった際こちらの情報が友人に漏れてしまう可能性もあります。

出会いの場②職場

▽メリット
・相手のことをある程度知っている
・顔を合わせる回数が多い

▽デメリット
・上手くいかなかった時気まずくなる
・(恋愛禁止の職場の場合)会社にバレないように細心の注意を払う必要がある
・職場の友人に相談することが出来ない

2つ目の出会いの場は、職場です。

相手のことをある程度知っているので、緊張することなく過ごすことが出来ます。
また、職場が同じであることから顔を合わせる回数が多いのもメリットと考えられます。

デメリットとしては、上手くいかなかった際気まずくなってしまうことです。

周囲が交際を知っていた場合は、周囲に気を遣わせてしまう恐れも。
職場恋愛が禁止となっている場合、会社にバレないよう細心の注意を払う必要があります。

外出時も、周囲に会社の人がいないか気になってしまうことも十分予想されます。

更に、恋愛中職場の友人に相談が出来ずもやもやすることもあるでしょう。

出会いの場③結婚相談所や婚活パーティー

▽メリット
・結婚したいと考える異性と出会える
・安心.安全

▽デメリット
・費用が掛かる
・理想の相手と出会えない可能性がある

3つ目の出会いの場は、結婚相談所や婚活パーティーです。

大きなメリットとしては、結婚したいと考えている異性と出会えること。
同じ目的を持っていることから、話が進みやすいと考えられます。

デメリットとしては、費用が掛かることです。
費用を払って参加したとしても、理想の相手と出会えない可能性も否定できません。

自分にあった「出会いの場」をきちんと見つけて、素敵な相手を探していきましょう。

失敗をしない!シングルマザーの再婚での注意点

ハート

シングルマザーでの再婚には、いくつかの注意点が存在します。

本記事では、3点紹介していきますので押さえておきましょう。

注意点①再婚を焦らない

何事においても、焦りは禁物です。

「再婚する事」を重要視するのではなく、「素敵な相手を見つける事」をきちんと頭に入れながら良い出会いを探していきましょう。

中には、お金目当ての悪い相手がいる可能性も十分にあります。
相手がどんな人物であるのか、よく観察した上で素敵な異性を見つけていくのが重要です。

注意点②お子さんと相手の相性を十分確認する

自分との相性は勿論ですが、なによりお子さんとしっかりと関係を築いていけるのか十分確認していきましょう。

折角の再婚でも、お子さんに大きなストレスを与えてしまうのは絶対に避けたいところです。
再婚する前に、相手とお子さんの相性が良いのか、お子さんが気に入ってくれるのかなど今後もしっかりと踏まえた行動を適切に取るのが大切です。

注意点③信頼できる相手を探す

先にも書いた通り、お金や身体目当ての人がいる可能性も否定できません。

信頼における人物であるのか、すぐに再婚を決めるのではなく十分すぎる程観察をしてから判断をすることをおすすめします。

【まとめ】素敵な出会いを見つけてシングルマザーの再婚を目指していこう

シングルマザー 再婚

今回の記事では、シングルマザーの再婚について詳しくご紹介しました。

シングルマザーであるからといって、出会いを諦めてしまうのは勿体ないです.

出会いを探す場は、本記事内でご紹介した以外にも多く存在しています。
是非、チェックして下さい。

本記事が、今後の生活において良い参考となれば幸いです。

SNSでシェアする