彼氏と早く結婚したい!男の心理やプロポーズ待ちの女性ができるコト – 婚活あるある

彼氏と早く結婚したい!男の心理やプロポーズ待ちの女性ができるコト

2019.11.18

大好きな彼氏と結婚して家族になりたい!彼氏とお付き合いをしていくなかで、そんな気持ちを抱くのは自然なこと。

 

しかし、彼氏からのプロポーズに「YES」と答える心の準備はバッチリなのに、待てど暮らせど彼は結婚の話をしてこない……。

 

そんなとき、「彼は結婚する気がないのかな?」「彼に結婚しようと言ってもらうにはどうすればいいんだろう」と悩んでしまうものですよね。

 

今回は、結婚に関する意識調査の結果をもとに、彼氏がプロポーズをしてこない理由や彼氏に結婚を意識させるための方法を紹介します!「彼氏と早く結婚したい!」と感じている女性は必見です!

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

今の彼氏と結婚したいのに……彼はどうしてプロポーズしてくれないの?

今の彼氏と結婚したいのにプロポーズしてくれないことに悩む女性イメージ
結婚をするのであれば男性からプロポーズしなければいけない、といった決まりはありませんが、彼氏から男らしくプロポーズしてもらいたいと考える女性は多いもの。

 

いわゆる「プロポーズ待ち」の女性たちは、よくこんなことを考えます。

 

付き合って数年経ったし、お互いに結婚適齢期だし、お金に困っているわけでもないし。結婚に踏み切ってもいい理由は揃っているはずなのに、彼氏がまったくプロポーズしてこないのはなぜなのか。

 

その理由は、男女の結婚に対する意識の違いにあるのです。

 

内閣府が20〜39歳の男女に対して行なった「結婚・家族形成に関する意識調査」では、結婚したい理由に関して男女間で差異が見られました。
内閣府の結婚・家族形成に関する意識調査の結婚したい理由についての結果
データ出典:「結婚・家族形成に関する意識調査」報告書

 

全体的にどの項目も女性の回答率のほうが高く、男性より女性のほうが「結婚したい理由」を意識して過ごしている様子が伺えますよね。

男性は女性ほど「結婚したい理由」を考えていない

意識調査の結果で「老後に一人でいたくない」の項目を見ると、男女間で20%もの差が生まれています。

 

男性よりも女性のほうが老後に対する不安が大きいのは、女性のほうが若いうちから「人生のタイムスケジュール」を意識して生きる傾向にあるから。

 

女性は、年齢を重ねるに連れて出産の身体的リスクが増えるものです。

 

だからこそ、できれば若いうちに子どもを産みたいと考える人が多く、だいたいの女性が「○歳くらいには子どもが欲しいから、結婚は○歳くらいまでにして……」と、自分の人生のタイムスケジュールをひそかに決めています。

 

対して「子どもがほしい」を結婚の理由にあげる男性は多いものの、身体的リスクを気にする機会も少なく、女性ほど「子どもを作ること」と「年齢」を結びつけて考えてはいません。

 

男性たちの人生のタイムスケジュールは、漠然と「まあ、30歳くらいまでには結婚したいよね」程度であることがほとんど。

 

この意識の違いこそが、彼氏は「まだプロポーズしなくていいよね」と考えている一方で、彼女は「まだプロポーズしてくれないの?」とヤキモキしてしまう、よくあるカップルのすれ違いを生み出してしまうのでしょう。

男性は女性よりも結婚をしたいと考えるタイミングが遅い

実際、20〜39歳の男女を対象に結婚したい年齢を調べたところ、男性と女性で大きな差があることがわかりました。

 

内閣府の同調査によると、80%以上の女性が30歳以下と回答したのに対し、30歳以下と回答した男性は約56%。
内閣府の結婚・家族形成に関する意識調査の結婚したい年齢についての結果
データ出典:「結婚・家族形成に関する意識調査」報告書

 

そのほかの割合を比較しても、男性のほうが女性よりも結婚をしたいと感じるタイミングが遅いことがわかります。

 

男性は「結婚したら家族を養わなければ」「子どもが生まれたら今以上に収入がないと厳しい」などと経済面に関するプレッシャーが大きいことも、30歳以降に結婚をしたいと考える男性が多い理由のひとつ。

 

30歳以降になると、昇進したり昇格したり、いままでよりいい条件の会社に転職したり。20代に比べて経済的に余裕が生まれてくるものですから、男性の多くは30歳以降での結婚を望むのでしょう。

結婚の準備を面倒と感じている男性も多い

彼氏から結婚の話が出てこないのは、もしかすると男性が「結婚のアレコレが面倒臭い」と感じているからかもしれません。

 

結婚に対する憧れやウェディンドレスを着るなど挙式を楽しみにしている女性は多くても、男性はイマイチ気が乗らないというカップルは多いもの。

 

それもそのはず、プロポーズをして女性が承諾してくれた瞬間から入籍までには以下の流れが待ち受けているからです。

 

1.お互いの両親へ結婚の挨拶
2.結納または両家顔合わせ
3.結婚指輪選び
4.友人や会社への結婚の報告
5.挙式披露宴の会場探し
6.挙式披露宴打ち合わせ(衣装選び、席順決め、前撮りの有無、演出プランなど)
7.入籍日の決定および入籍に必要な書類集め
8.新居の決定および引っ越し準備

 

結婚の承諾を得るためのお互いの両親への挨拶から、スケジュール合わせにはじまり挨拶に持っていくお土産選び、挨拶にふさわしい服装決めなど、考えることがすでに山積みです。

 

また、結婚指輪の値段やデザイン決め、挙式披露宴会場を決めるためのブライダルフェアに通うとなると、休みのほとんどは挙式や入籍の準備に追われて気が休む暇もありません。

 

さらに、挙式披露宴となれば招待客の調整や招待状の発送、演出プランや衣装合わせなど、挙式までに決めらなければいけないことが多く、彼女と喧嘩になりかねないことも……。

 

既婚者の友人や同僚から結婚までの一連の流れや苦労を聞いている男性は「自分自身が結婚するとなれば、どれだけ面倒になるだろう」と、結婚前からウンザリした気分になっているかもしれません。

 

このような理由から、結婚に対してネガティブなイメージを抱いている男性は意外にも多いのです。また中には「結婚準備に必要な時間が十分に取れたら結婚しよう」と考えており、あえて結婚を先延ばしにしている可能性もありますよ。

結婚適齢期の彼氏が彼女と結婚したいと思う瞬間は?

彼氏が彼女と結婚しようと思う瞬間のイメージ

男女間で結婚を意識するタイミングが大きく異なると知り、「やっぱり、今の彼氏は私との結婚を考えていないのかも……」と不安になってしまった女性も多いのではないでしょうか。

 

しかし、不安になる必要はありません。

 

なぜなら、男性は女性が思っているよりもずっと女性の年齢を意識しており、「彼女の年齢が適齢期になった」ことがキッカケで結婚を決意する男性は多いからです。

 

20歳~39歳の結婚を意識している男女に対して、結婚を意識するのはどのようなタイミングか調査を行なったところ、男性は自分の年齢と同じくらい相手の年齢を意識していることがわかる結果となりました。

ブライダルジュエリー専門店銀座ダイヤモンドシライシ調べの彼氏が結婚しようと思う瞬間
データ・画像出典:ブライダルジュエリー専門店 銀座ダイヤモンドシライシ調べ

 

世の中の男性たちは、いくら「結婚をしたい」と感じるタイミングが女性より遅くとも、彼女が適齢期になれば、それなりに結婚やふたりの将来のことを考え始めるのです。

 

プロポーズをしてこない彼氏も、何も考えていないように見えて、実は彼女以上に将来のことを現実的に考えているかもしれませんよ!

 

女性は年齢や世間体などを理由にどうしても結婚を焦ってしまいがちですが、このような男性の気持ちを理解したうえで結婚を切り出すかどうか判断してみてはいかがでしょうか。

 

結婚したいと言わない彼氏をその気にさせるための6step


彼氏はもしかしたら結婚について深く考えてくれているかもしれません。とはいえ、「考えるだけじゃなくて早くプロポーズをしてほしい!」というのが本音ですよね。

 

ここからは、彼氏に「そろそろ結婚したいな〜」と思わせるための方法を、難易度順に6stepでご紹介します!

彼氏に結婚したいと思わせる方法【step1】さりげない結婚したいアピール

「子供可愛い〜!私も○歳くらいまでには子供ほしいな〜!」「○○ちゃん結婚するんだって!私も早く結婚したいな〜!」などとさりげなーく彼氏にアピールする方法。

 

このアピールによって彼氏に、「彼女は結婚を意識しているのか」「そろそろ彼女も結婚適齢期か」と結婚を強く意識させることが可能です。

 

あまりアピールしすぎると無言のプレッシャーを与えてくる彼女として重たく感じられる可能性大ですので、あくまでもさりげなく、数ヶ月に1度アピールする程度に留めてくださいね。

彼氏に結婚したいと思わせる方法【step2】結婚したいかどうか聞く

勇気を出して、彼氏に「結婚についてどう考えてる?」と聞いてみるのも効果的です。

 

ここで「そろそろ結婚したいね」と言われれば大成功ですし、「結婚はまだ考えてないな〜」と言われたとしても「そっか〜。私は早く○○くんと結婚したいな〜!」と可愛らしくアピれるキッカケとなります。

彼氏に結婚したいと思わせる方法【step3】結婚生活に向けて自分磨きを始める

彼氏に結婚をしたい気持ちがあったとしても、結婚後の彼女に対する不安が一つでもあれば結婚するかどうかためらってしまうはずです。

 

結婚をすれば家族として共に生活をするわけですから、お互いがピンチになった時も頼り合って乗り越えられるようなたくましさや、お互いに依存しすぎない程度の自立心も持っていなければいけません。

 

今までは実家暮らしで家事はすべて親に任せっぱなしだったという人なら、自分の出した洗濯物は自分で洗うまたは食事の後の食器は自分で片付けるなど、最低限自分の身の回りのことはできるようにしましょう。

 

「料理が苦手でも結婚後は彼氏のためにお弁当を作れるようになりたい」と思うなら、料理教室に通ってイチから料理の基礎を学ぶのもおすすめです。

 

彼氏が彼女との結婚生活を想像した時に「この女性となら将来も良い結婚生活が送れそう」と思えるような女性になれれば、彼氏の気持ちや考えに変化が訪れるかもしれませんよ。

彼氏に結婚したいと思わせる方法【step4】結婚したいと言う

彼氏に「結婚したい!」と思わせるには、自分は彼と結婚する意思があることを伝えるのも大切です。

 

彼氏は彼女がどのくらい結婚を意識しているのか、自分と結婚したいのか、彼女に言われるまであまりわかっていません。

 

「結婚しろ!」と迫る形にならないよう伝え方に注意しながら、結婚の意思を伝えてみましょう。

ゼクシィのCMを見たときに「私たちもお金が溜まったら結婚したいね〜」と言ってみるもよし。記念日や誕生日に「大好きな○○くんずっと一緒にいたいと思ってるよ!いつか結婚して、素敵な家庭を作ろうね」と書いたLINEや手紙を送りつけてみるもよし。

 

言われた彼氏はちょっとしたプレッシャーを感じるかもしれませんが、女性のタイミングで結婚をするためには、うざくない程度のプレッシャーを与え続けることも重要なのです。

彼氏に結婚したいと思わせる方法【step5】結婚したいサインに全力で応える

彼氏と結婚したいのなら、「家族や友達に紹介したいと言ってくる」「子どもなど将来のことについて話す」など男性が結婚したいサインを見せたときには全力で応じてください。

 

プロポーズをされていない段階だと「家族に会うなんてプレッシャーだし、また今度」と避けてしまう女性も多いのですが、そうしていると彼氏の気持ちを萎えさせてしまいます。

 

彼氏のサインをしっかりとキャッチして、彼に「家族に紹介してよかった」「友達ともうまくやってくれているし、一生一緒にいられるかも」と思ってもらえるようにしましょう!

彼氏に結婚したいと思わせる方法【step6】広い心で包み込む

あまりに結婚結婚言っていると、彼氏は重たく感じてしまいます。

 

自分が男性の立場になって考えてみると、30歳を過ぎてから結婚したい気持ちがちょっぴり分かります。

 

20代後半はちょうど仕事を頑張りたい時期で、お金もそこまで余裕があるわけではなく、独身の友達も多くて友達付き合いも楽しい。結婚はまだ先でいいかな〜と思ってしまう気持ちも仕方ないのです。

 

だからといって、女性が「結婚はいつでもいいよ」と言えというわけではありません。自分の理想は捨てなくていいです。

 

でも、彼氏の気持ちを考えたら、彼女に「彼女がアラサーなのに結婚しないなんて何考えてるの!?」と自分本位なヒステリックを起こされたときに、「そんなんだから結婚したくないんだよ!!」と思ってしまう気持ちが理解できるはずです。

 

自分の「結婚したい」を理解してもらうためにも、まずは自分が彼氏の気持ちを理解することから始めてみてくださいね。

彼氏が結婚したいと感じる女性になるには

彼氏が結婚をしたいと感じるようになるには、彼氏の考えを変えるだけでなく自分自身を見つめ直すことも方法の一つです。

 

彼氏との結婚を考えていてもただ心の中に留めているだけでは、事態が進展しない可能性もあり得ます。ただただ「結婚したい!」と彼氏を急かすだけでなく、自ら結婚を引き寄せる行動を取ることも大切です。

 

そこでここからは、彼氏が結婚したいと思わせるような女性になるための方法をいくつかご紹介します。

彼氏が好む女性の外見に近づける

獲物を狩って家族を養ってきた男性は、女性よりも視覚情報を重視する傾向にあると言われています。そのため、男性はどうしても外見が好みの女性に好意を寄せやすいのです。

 

多くの女性の中から彼女としてあなたを選んだということは、彼氏の好みの女性であった可能性は高いでしょう。しかし、時が流れるにつれて出会った頃に比べて体型や容姿が変化してしまうことだって当然あります。

 

そんな時は、彼氏とテレビを見ていた時に「この子可愛いな~」とつぶやいた女性芸能人や、彼氏がSNSでフォローしている女性芸能人をチェックしてみましょう。

 

きっとその中に、彼氏が好む女性の外見へのヒントが隠れていることしょう。しかし、当然ですが彼氏好みの女性芸能人にほぼ100%近づくには、肉体改造など相当な努力をしなければいけません。

 

ポイントは、彼氏好みの女性芸能人になるのではなくあくまでも近づけるということです。彼氏好みの女性のメイクや髪型、服装などを真似してみるだけでも、彼氏好みの外見に近づけられるはず。

 

今までと違う彼女の雰囲気を見て、彼氏も何かしらの反応を返してくれることでしょう。「今日はいつもと雰囲気が違うね」「いつもより可愛い、大人っぽい」などの反応が返ってくれば、彼氏が好反応を示している証拠です。

彼氏の仕事やプライベートを尊重する

仕事にやりがいを感じているまたは趣味や友人が多い彼氏の場合、中には「結婚をすることで自分の自由が奪われてしまうのではないか」という不安を抱えている人もいます。

 

なぜなら仕事や趣味に理解のない彼女と結婚した場合、彼女の要望のために自分を犠牲にしなけれならない機会が増え、不満やストレスから彼女とのすれ違いが起きてしまう可能性があるからです。

 

「残業が多くて構ってくれなくて寂しい」「お休みの日も友人と遊んでばかり……私との時間を優先してくれないの?」など、日頃から彼氏に不満をぶつけている人は要注意。

 

自分では意識していなくても、いつの間にか「仕事や趣味に理解のない彼女」というマイナスイメージを彼氏に与えているかもしれませんよ。

 

彼氏との結婚を考えているのなら、彼氏を縛り付けるような言葉をかけたり行動を取ったりするのは控えて、彼氏のやりたいことを尊重してあげてください。

彼氏の価値観を理解して認める

恋人として一緒に過ごしている時には気にならないようなことでも、結婚をして一緒に過ごしていると細かな価値観のズレが大きなトラブルに繋がることもあります。

 

多くの人が結婚相手に求めるのは外見や年齢、職業などのスペックではなく、相手との価値観や考え方が似ているまたはお互いの価値観を理解し合える間柄です。

 

付き合っている時から似ているところが多いカップルなら問題ないかもしれませんが、生活リズムから趣味や好きなものまでお互いに全く似ていないというカップルの場合、結婚後にお互いの主張がぶつかって険悪な仲になってしまうかもしれません。

 

結婚をすれば他人同士が家族として共に人生を歩まなければいけないのですから、お互いを認め合うことは大切です。ただし、自身と彼氏の価値観や考え方に違いがあったとしても、すべてを理解する必要はありません。

 

彼氏自身の考え方を理解できなくても「そういう考え方もあるんだな」と感じ、彼氏の考え方や主張を捻じ曲げるようなことはしないようにしましょう。

彼氏に依存しない自立した女性を目指す

古くから単独行動を得意としていた男性は、基本的に群れることを苦手としています。そのため、彼氏の多くは彼女とベッタリの関係よりも付かず離れずの丁度いい距離感を好むものです。

 

しかし、女性はお付き合いをすると「彼氏のことを深く知りたい」という気持ちが強くなってしまい、つい彼氏優先の考えになったり彼氏に依存したりするような行動を取りがち。

 

このような女性の気持ちを理解できない男性は、女性の行動を見て「重い女」と認識してしまうのです。彼氏との結婚を考えるなら、彼氏の負担にならないよう自立した女性になることが大切です。

 

結婚後は彼の収入に頼りきりにならないように収入の安定した仕事に就く、自分の趣味や友人を大切にして彼氏以外といる時間を作るなど、彼氏に依存しないよう心がけましょう。

 

彼氏も自立している彼女との丁度良い距離感に居心地の良さを感じ「結婚をしても楽しく暮らせそう」と結婚に前向きになってくれることでしょう。

彼氏と結婚したい人こそ焦らないように!

彼氏との結婚を焦らず毎日を楽しむ女性イメージ
男性は女性よりも結婚したいと考え始めるタイミングが遅いものですが、彼女の年齢のことや、今の自分が家族を養っていけるかどうかを現実的に考えているものです。

 

プロポーズをしてこない彼氏も、「結婚はまだ考えてない」しか言わない口下手な彼氏も、頭のなかでは色々なことを考えているのかもしれません。

 

適齢期になってくると、焦りや不安が大きくなってしまうことがあります。ときには「結婚できないなら別れたほうがいい」などと感じてしまうこともあるでしょう。

 

でも、そんなときこそ、彼氏を信じて待つことが大切です。

 

世の中には「いまは結婚する気ないし、今すぐ結婚したいなら別れよう」と言う彼氏に、結婚を迫ることをやめて、純粋にふたりで一緒にいる時間を楽しんでいたらプロポーズされたような女性も数多く存在します。

 

「ふたりで一緒にいる時間が楽しい」の先に結婚があることを忘れずに、ときには彼氏にちょっとだけプレッシャーを与えて、理想的なゴールインを目指してくださいね!

 

結婚の近道を探すなら「パートナーエージェント」がおすすめ

結婚への気持ちが高まっている今こそ、婚活を始めるチャンス!

 

「彼氏が結婚を渋っている」「結婚相手にふさわしい相手を探したい」

 

さまざまな女性の思いを、パートナーエージェントがカタチにします。

 

婚活を始めようと考えているなら、まずはパートナーエージェントの無料カウンセリングを受けてみてくださいね。

SNSでシェアする

ぐりこ

ライター・編集者・占い師のアラサー女。いわゆるブラック企業で社畜として働きまくり、フリーに転身。趣味は料理とキャンプとホットヨガ、三度の飯と同じくらいイケメンが好き。 ▼Twitter:https://twitter.com/guricotsubu