年下彼氏と結婚するには?相手が結婚したいと思うタイミングを紹介 – 婚活あるある

年下彼氏と結婚するには?相手が結婚したいと思うタイミングを紹介

2022.07.27

年下彼氏と結婚したいけど、全く相手にその気が見えないと不安になってしまうもの。どうにか相手に結婚を意識させたいと思うのは、当然の流れです。

 

そこで今回は、年下彼氏が結婚したいと思うタイミングや意識させる方法などを紹介します。年下彼氏との結婚を意識しているが中々前に進めない方や、彼氏との今後に悩んでいる方にはとくにおすすめです。

 

年下彼氏と結婚するときには、相手の見極めも非常に重要になります。本記事内では、結婚を避けてほしい年下彼氏の特徴も解説しているのでご覧ください。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

結婚を考える年下彼氏と付き合うメリットとは

結婚を考えている年下彼氏と付き合うのには、大きく3つのメリットがあります。結婚前提のお付き合いができるや結婚に関する具体的な話ができる、余計な悩みを抱える必要がないの3点です。

 

結婚前提のお付き合いができる

結婚を考える年下彼氏と付き合うと、結婚前提としたお付き合いができます。初めから結婚を見据えたお付き合いができるので、結婚をするかしないかで揉めることがありません。

 

お付き合いをしていると、結婚の話がでてくるのは自然の流れ。互いのタイミングが合わずに、結婚への考え方が違うのを理由に別れてしまうカップルも少なくありません。

 

結婚を考えたお付き合いをする年下彼氏であれば、そのような心配は無用。結婚を考えた交際ができるので、話がすぐに進んでしまうケースも。妊娠や出産などを考えるのであれば、互いに結婚への意思が同じであることはとても重要です。

 

結婚に関する具体的な話ができる

結婚を考える年下彼氏と付き合うと、結婚に関するが具体的な話し合いができます。最初から結婚を考えたお付き合いをしているので、話が進みやすいです。婚約や結婚、結婚式、妊娠、出産などの将来に向けた真剣な話を互いに話し合えます。

 

結婚を考えたお付き合いでない場合は、結婚をするかどうかから話をしなければなりません。相手からのプロポーズを待ったり本当に結婚できるのか不安になったりなど、気持ちも落ち着きません。

 

初めから結婚を考える年下彼氏と付き合っていれば将来設計も立てやすくなります。本気のやり取りができるので、結婚を真剣に考える方にはかなり良いです。


余計な悩みを抱える必要がない

結婚を考える年下彼氏と付き合うと、余計な悩みを抱える必要がありません。結婚を視野に入れたお付き合いができるので、プロポーズをさせるのかや結婚のために準備を進めた方がいいのかなどを考えることがなく安心です。互いに結婚への考えが一致しているので、焦る必要もなくゆっくりと交際を続けられます。

年の差婚のメリット・デメリットってなに?

マイナビウーマンのアンケート調査を見ると、年の差結婚にはメリットとデメリットがあるのが分かりました。今回は、年の差婚のメリットとデメリットに関するそれぞれの意見をまとめます。

 

年の差相手と結婚した方々の意見をみながら、今後の恋愛・婚活の参考にしていきましょう。

 

年の差婚のメリットの意見

 

<ジェネレーションギャップが新鮮>

・「ジェネレーションギャップがあって、互いに新鮮だと思う」(30歳/その他/その他)

・「ジェネレーションギャップがあることで、お互いに知らないことを教え合えて飽きなさそう」(31歳/医療・福祉/その他)

(引用:マイナビウーマン|年の差婚ってどうなの?年の差婚のメリット・デメリット

 

年の差婚では、ジェネレーションギャップが逆に新鮮に感じるようです。互いに知らないことを知れる良い機会で、一緒にいて楽しめます。知らない話で盛り上がれるので、話を聞きやすかったり勉強にもなったりします。

 

<大きなけんかにならない>

・「どちらかが大人なのであまり大きなけんかが起きない気がする」(32歳/その他/その他)

・「どちらかが年上なら、些細なけんかでもタメのカップルよりは大ごとにはなりにくい」(24歳/医療・福祉/専門職)

(引用:マイナビウーマン|年の差婚ってどうなの?年の差婚のメリット・デメリット

 

年の差婚では、年上側の大人な対応で大きなけんかにならないという意見もありました。同じ年ならぶつかってしまうケンカも、年上の大人な余裕のある対応で大事になりません。大人の余裕を感じられるのも、年の差婚の1つの特徴です。

 

<価値観の違いをけ入れられる>

・「価値観が違うこともあたりまえだと思えそうです」(32歳/その他/その他)

・「価値観や考え方の違いを年の差を理由に納得できそう」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

(引用:マイナビウーマン|年の差婚ってどうなの?年の差婚のメリット・デメリット

 

 

年の差婚では、相手が生まれた環境が違います。そのため、多少の価値観の違いも「年の差があるから仕方ない!」と割り切れるのです。年の差があることを理由に、多少考え方が違ったとしても当然のこととして受け入れられます。

 

<年上だと経済力がある>

・「男性が上の場合は、経済力が大抵あると思うので、その点はメリットだと思う」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「結婚は財力も大切。年上男性には安定した経済力がある」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

(引用:マイナビウーマン|年の差婚ってどうなの?年の差婚のメリット・デメリット

 

 

年の差婚では、年上のほうが社会人経験が豊富です。給料も高いのが予想され、安定した経済力があると考えられます。将来を安定して生活するのであれば、安定した給料・経済力を望むのは当然の流れです。


年の差婚のデメリットへの意見

<早くひとりになりそう>

・「どちらかが先に亡くなってしまう。一人の時間が増える」(28歳/その他/その他)

・「どちらかが先に死ぬ確率が高いと寂しいと感じる」(26歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

(引用:マイナビウーマン|年の差婚ってどうなの?年の差婚のメリット・デメリット

 

 

年の差婚では、年が離れているため年齢順でいくと年上のほうが先に亡くなってしまう可能性があります。1人になってしまう寂しさを感じてしまうのです。

 

<価値観が合わない>

・「価値観が大きく異なる点。年上の相手が持つ古い考えに、納得できないことがあると思う」(26歳/その他/その他)

・「価値観の違いが生まれた時代の違いに反映されること」(34歳/その他/その他)

(引用:マイナビウーマン|年の差婚ってどうなの?年の差婚のメリット・デメリット

 

 

年の差婚では、価値観が違いすぎるのもデメリットです。多少の価値観の違いは受け入れられるものの、場合によっては納得できなケースも。価値観を気にするのであれば、あまりにも年齢が離れた相手との結婚はあまりおすすめできません。

 

<話が合わない>

・「ジェネレーションギャップで話が合わない。子どものころの話などで共感することができない」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

・「話が合わない。そのときはやった曲とか、話していても楽しくない」(28歳/その他/その他)

(引用:マイナビウーマン|年の差婚ってどうなの?年の差婚のメリット・デメリット

 

 

年の差婚では、あまりに年が離れていると激しいジェネレーションギャップを感じて話が合わないケースもあります。話が合わないので会話が盛り上がらず、共通の話題がない状態に。

 

<まわりがうるさそう>

・「まわりから遺産目当てとか言われそう」(25歳/小売り店/販売職・サービス系)

・「まわりに物好きだと思われたり、遺産目当てだと思われると思う」(25歳/その他/その他)

(引用:マイナビウーマン|年の差婚ってどうなの?年の差婚のメリット・デメリット

 

 

年の差婚では、相手との関係だけでなく友達や家族、周囲の目を気にしてしまうというデメリットもあります。あまりに年の差があると、遺産目当てと勘違いされてしまうケースも。周囲の目を気にしすぎずに、自分達が納得できる関係を築くことが大切です。

 

年下彼氏が結婚したい!と思うタイミング

年下彼氏が結婚したいと思うのには、4つのタイミングがあります。辛いときに傍にいてくれたや仲の良い友達が結婚したとき、彼女が結婚したがっているのを知ったとき、自分の両親と仲良くしてくれたときなどの4つです。

 

タイミングを理解しておけば、年下彼氏に結婚したい!と思わせることに成功する可能性もあります。結婚する予感がしない方は、年下彼氏へのアプローチ方法を考えるためにもタイミングを整理しておきましょう。


辛いときに傍にいてくれた

年下彼氏が結婚したいと思うタイミングの1つは、辛いときに傍にいてくれた経験です。本当に自分が辛い経験をしているときに、何もいわずに傍にいてくれたという経験は本人にとって強く印象に残ります。将来辛いことがあったとしても、一緒に乗り越えられるまたは支え合いたいという想いが生まれて結婚したいと思ってもらえるでしょう。


仲の良い友達が結婚したとき

年下彼氏が結婚したいと思うタイミングの2つ目は、仲の良い友達が結婚したときです。仲のよい友達が結婚することは、自分のなかでも結婚を意識するタイミングでもあります。今後の人生について深く考えるタイミングであり、結婚しようと踏み切る良いきっかけにもなるはずです。


彼女が結婚したがっているのを知ったとき

年下彼氏が結婚したいと思うタイミングの3つ目は、彼女が結婚したがっているのを知ったときです。結婚したいという意思が伝わってきたときには、自分のなかでの覚悟や想いが定まってきます。結婚に対して真剣に向き合うタイミングでもあり、ある意味勢いがあるときともいえるでしょう。

 

自分の両親と仲良くしてくれたとき

年下彼氏が結婚したいと思うタイミングの4つ目は、自分の両親と仲良くしてくれたときです。結婚する相手は、自分はもちろん両親とも仲良くしてくれる相手である必要があります。彼女が自分の両親と仲良くしてくれていたり気に入ってくれていたりすると、結婚への意識が芽生えるよいきっかけになるはずです。

 

年下彼氏に結婚を意識させる方法

年下彼氏に結婚を意識させるには、2つの方法があります。さりげなく結婚の話をしてみるや年下彼氏に直接想いを伝えるの2点です。今回は、年下彼氏に結婚を意識させる方法の詳細や注意点をまとめました。


さりげなく結婚の話をしてみる

年下彼氏に結婚を意識させるなら、さりげなく結婚の話をしてみましょう。結婚の話をすることで、彼に今後の付き合いについて真剣に考えるようになるはずです。結婚の話をあえて出して、真剣に考える時間を設けましょう。

 

ただし、結婚の話をするタイミングを間違えてしまうと破局に繋がる恐れがあります。彼が仕事で忙しいタイミングであったり重要な時期であったりする場合は、避けるのが望ましいです。例え、彼に結婚の意思があったとしても、仕事を理由にマイナスな印象を持たれてしまう可能性も。タイミングを十分見極めたうえで、さりげなく結婚の話をしてみましょう。

 

年下彼氏に直接想いを伝える

年下彼氏に対して、直接想いを伝えるのがおすすめです。結婚をしたいという気持ちや結婚への意思があるかどうかを、直接確かめます。真剣に話し合う話題であるからこそ、直球で相手に伝えるのも良いでしょう。

 

ただし、直接相手に気持ちを伝えるのであればタイミングがかなり重要です。真剣に将来を考えることを伝えるのなら、彼の仕事が落ち着いたタイミングがおすすめ。自宅でゆっくり過ごすなかで、直接素直な想いを伝えましょう。

 

年下彼氏と結婚するうえで忘れちゃいけないこと

年下彼氏と結婚するうえでは、3つのポイントを忘れないでおきましょう。彼を年下扱いしないや大事なことは事前に話し合っておく、結婚を急がないの3点です。

 

年下ならでは注意点があり、事前に把握しておくと便利。トラブルを事前に回避しておくためにも、注意点を把握しておきましょう。

 

彼を年下扱いしない

年下彼氏と結婚するうえで忘れてはいけないのが、彼を年下扱いしてはいけないという点です。年下扱いをしてしまうと、怒ってしまう可能性が高いです。自分たちではどうにもできないことだからこそ、イライラしてしまうもの。わざと茶化したり子ども扱いしたりするは、絶対におすすめしません。

 

彼が年下であることに対し、劣等感を感じている可能性もあります。自分を尊敬してくれる年下女性の元に気持ちが移ってしまうケースもあるので、注意が必要です。

 

大事なことは事前に話し合っておく

年下彼氏と結婚するうえで忘れてはいけないのが、大事なことは事前に必ず話し合っておくのがおすすめです。大事なことを相談せずに決めるのは、互いの信用問題に関わります。年下であるからと子ども扱いしているのではないかと思われて、関係に亀裂が入る恐れも。

 

大事なことは、必ず事前に話し合ってから決めるようにしましょう。婚約・結婚を意識するのであれば、なおさら。これから支え合っていく仲になるためにも、話し合いの期間はしっかりと設けましょう。


結婚を急がない

年下彼氏と結婚するうえで忘れてはいけないのが、結婚を急がないのがおすすめです。結婚を急かしてしまうと、相手を焦らせてしまいます。仕事や家庭のことで気持ちが精一杯になってしまって、関係が上手くいかなくなってしまう恐れも。

 

年下彼氏と結婚したいのであれば、結婚を急ぐのではなく互いに今を一生懸命頑張るのがおすすめです。相手からの結婚のサインが全く感じられないのなら、少しずつアピールするのも良いでしょう。

 

こんな年下彼氏とは結婚は避けた方がいい?4つのポイント

年下彼氏と結婚したいと思ったとしても、以下に該当する人とはあまりおすすめしません。今回は、結婚を避けた方がいい年下彼氏の4つのポイントをまとめました。お金にだらしないや彼に結婚願望がない、価値観が違う、浮気をしている可能性があるなどの4点です。各ポイントの詳細を紹介します。


お金にだらしない

年下彼氏と結婚するなら、お金にだらしない方とはおすすめしません。結婚相手は、一生を添い遂げる仲。お金にだらしなかったり無頓着であったりすると、必ずといっていいほど揉めます。将来の不安にも繋がるので、お金にだらしない方はおすすめしません。

 

例えば、給料をすぐに全額使ってしまったりお金を借りてまで賭け事をしてしまったりなどが該当します。日常生活を送る上では絶対に切り離せない存在であるからこそ、お金の考え方を見極めることは大切です。


彼に結婚願望がない

彼に全く結婚願望がないのなら、結婚はあまりおすすめしません。結婚願望がない相手では、結婚への道のりがかなり長い可能性があります。結婚への意識を無理に向けさせようとすると、反発されてしまう恐れも。

 

確実に年下彼氏と結婚するのであれば、結婚の意思がある方とのお付き合いがおすすめです。結婚への意思がある方とのお付き合いなら、婚約・結婚までスムーズに進みます。

 

価値観が違う

年下彼氏と結婚するなら、価値観が全く異なる相手はおすすめしません。価値観が全く違うと、さまざまな場面でもめたりケンカをしたりします。いちいちケンカすることになるので、仲が悪くのはもちろん互いに気持ちが離れていってしまう可能性も。

 

年下彼氏と結婚するのであれば、婚約や結婚以前に価値観の違いを確認しておきましょう。結婚をするのなら価値観が似ている人または違っても互いに受けられる人がおすすめです。

 

また、あまりにも年の差が離れていると価値観が合いづらいケースもあります。年下彼氏との年の差も踏まえながら、価値観の違いを判断しましょう。


浮気をしている可能性がある

年下彼氏と結婚するなら、浮気をしている可能性がある方とはおすすめしません。浮気をしている可能性がある人とは、一刻も早くお別れするのをおすすめします。

 

また、浮気をする可能性がある人との結婚も避けましょう。例えば、浮気を過去にした方や現在進行形でしていてかなり揉めたことのある方は避けてください。1度浮気をする人は、その後もする可能性がとても高いです。

年下彼氏との結婚のタイミングを逃さないようにしよう

今回は、年下彼氏が結婚したいと思うタイミングや意識させる方法などをまとめました。年下彼氏との結婚を意識するなら、タイミングを逃さないように注意が必要です。相手の状況や考えをよく判断しながら、結婚をしていいのかや自分の気持ちの整理もしておきましょう。

 

恋人との別れを決意して新しい恋愛をするなら、結婚相談所がおすすめです。婚活のプロが丁寧に対応してくれるので、自分の希望にあう相手が見つかりやすくなります。利用者は全員結婚相手を探している方ばかりなので、結婚を意識した交際ができるのもメリットです。

 

結婚相談所のなかには、婚活イベント・パーティーを開催しているところもあります。一般の婚活イベント・パーティーでは身体や遊び相手を探している方もいますが、結婚相談所開催なら安心して相手を探せます。効率よく結婚を意識した年下彼氏を探すなら、結婚相談所がおすすめです。

 

最近の結婚相談所では、オンライン婚活をすすめる所も多くあります。より気軽に婚活できる環境も整理されつつあるので、ぜひ1度挑戦してみてください。本記事が、今後のお付き合いにおいて良い参考となれば幸いです。

SNSでシェアする