成功率の高い、上手なデートの誘い方【30代からの恋のかさねかた、愛のはぐくみかた】 – 婚活あるある

成功率の高い、上手なデートの誘い方【30代からの恋のかさねかた、愛のはぐくみかた】

2017.02.24

20代とは違う30代の恋。結婚するか否かの分岐ともなる年代であることから、未婚の30代にとって恋に迷いはつきものです。この連載では、婚活のプロフェッショナルから聞いた、恋愛・結婚についてのヒントをお伝え。恋する気持ちに寄り添い、ポジティブな気持ちで毎日を過ごすコツをお届けしていきます。


いいな、と思う人を誘うとき。相手があまり気乗りしない様子だと、ひるんでしまいますよね。相手があなたをすでに好きな場合はどんな誘い方でもOKがもらえるでしょうが、そうでない場合はリサーチが必要。

今回は、成功率の高い、上手なデートの誘い方のお話です。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

相手との会話からキーワードを拾え!

まずは相手の話をしっかり聞くこと。会話の中で出た言葉、キーワードを見逃さないようにしましょう。「最近ボルダリングが気になってて」「こないだテレビで見たウニしゃぶがおいしそうだった」など、相手が何気なく発した言葉を聞き漏らさないで。できればその場のノリで「それ興味あるから今度一緒に行こうか!」と誘えるといいですね。

「こないだの話が気になってあの後調べたんだけど」と改めて誘うのもあり。自分の話を覚えていてくれた、同じように興味をもってくれた、といううれしさもあり、ただ誘うより感激が大きいものです。

相手は時間を提供するだけでOKにする!

本当に忙しい人の場合、相手に好意はあるけれど無理はしたくない、という理由でお誘いへの反応が薄い場合もあるでしょう。だからこそ、「時間だけちょうだいね、すべてのセッティングは任せて!」という姿勢をみせること。焼肉や肉バルでスタミナをつけるのもよし、別世界に行ったような気持ちになれる映画やイベントもよし。面倒なリサーチや準備はしなくてよいなら、行くだけで気分転換になりそうなら、OK率は高まるというものです。

一人では行きにくい場所に誘え!

「ちょっと一人じゃ行きにくいところがあって、付き合ってほしいんだけど・・・」という感じで、一人では行きにくいところに誘う。一人で行きにくいところってけっこう多いものです。テーマパーク、水族館、アイススケート、バスツアー、イルミネーション、イベントなどなど。

女性同士、男性同士だと行きにくい場所だとさらに説得力が増してよいかもしれませんね。女性の場合は横丁的な飲み屋や立ち食い・立ち飲み屋、バー、競馬場など。男性の場合は、イタリアンやフレンチ、スイーツ店など。話題性のあるスポットだと、気軽にOKしてくれそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。快くOKをもらうには、相手の気持ちや状況のリサーチが大事。楽しそう! と思わずのってしまうデートをプランニングしたいものですね。

今回取材に答えてくれたのは・・・
坂西祥江さん(婚活支援サービス パートナーエージェントコンシェルジュ

ときに厳しい言葉をかけることもあるのは、相手の幸せを心から願っているからこそ。「婚活の楽しみ方」を伝えるスペシャリストであるコンシェルジュからのアドバイスは、目から鱗の連続です。

Photo by shutterstock

#30代からの恋のかさねかた愛のはぐくみかた

SNSでシェアする

kanoa

自由とときめきを愛するアラフォー編集ライター。夫も子どももいる身ながら、今日も道行く人にこっそりときめきます。心置きなく恋愛できるみなさまには、もっともっと恋愛を楽しんでもらいたい!そんな想いで書いています。