彼の気持ちが分からない!彼の愛情が冷めているサイン4つ – 婚活あるある

彼の気持ちが分からない!彼の愛情が冷めているサイン4つ

2018.11.19

彼の態度が付き合った頃と明らかに違ってくると、「愛情が冷めているのかも!?」と不安になりますよね。
もしかしたら、別れを切り出されるのも時間の問題かも。
ただし、なるべく早く対処すれば、そういった事態を阻止できる可能性もあります。
そこで今回は、彼の愛情が冷めているサインを4つご紹介していきましょう。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

1、デートに誘ってこない

毎回デートを提案するのが自分からなら、ちょっと気をつけたほうがいいでしょう。
彼はあなたと過ごす時間を必要としなくなったので、誘ってこないのかもしれません。
たしかに好きでない相手のために、頻繁に予定を割いたりお金を遣ったりするのは、面倒くさいと感じてしまうものですよね。
ただ誘われると断れないタイプなので、今までなんとなくデートが成立していたのかも。

2、一緒にいても会話がない

いざデートをすることになっても、毎回お家デートばかり。
久しぶりに一緒に過ごす時間なのに、彼はゲームに夢中でスキンシップどころか会話もロクにない状態。
これはある程度お付き合いが長くなってくると珍しくはないことですが、やはり愛が冷めてきたサインといえるでしょう。
特に会話がないというのは、大きな注意点。女としてではなく家族として愛してくれているのなら、
体の関係が気薄になっても、会話でコミュニケーションを取ってくれるはずなのです。

3、連絡を無視する

もともと男性はマメな連絡が苦手なものですが、好きな相手を振り向かせるためなら、一生懸命にやりとりを続けようとします。
付き合った後にだんだん返信の間が空くのは珍しいことではありませんが、
何度も連絡を無視されるようになったら愛が冷めているサイン。
この場合、返信をうっかり忘れているのではなく、わざと返していないのだと考えられます。

4、興味を示さない・反応が薄い

あなたが髪を切ったり新しい服を着ていたりしても、一切気づかない。
会話の返事も「そうなんだ」「へ〜」と、面倒くさそうな相槌ばかり。
このように付き合い始めの頃より明らかにあなたの言動に興味を示さなくなったら愛が冷めてきているサイン。
好きな相手のことは、もっと知りたいと思うのが普通ですからね。
反応が薄いだけでなく、「しつこい」と怒ってきたり、「それのどこがいいの?」なんて見下してきたりしたら、
別れを考えたほうがいい段階に差し掛かってしまったのかもしれません。

愛情が冷めきる前に初心を思い出そう!

彼の愛情が冷めてきていると感じたら、
まずは自分の言動や身なりが付き合い始めた頃に比べて雑になっていないか思い返してみましょう。
彼が惚れたあなたの姿がもうないのなら、冷められてしまって当然ですし、
あなたも逆の立場であれば、そう感じてしまうのでは?

オシャレをしたり手料理を振る舞ったりして、もう一度、彼にアピールしてみましょう。
それでも彼があなたを見ようとしないのであれば、コチラから振るくらいの毅然とした態度で臨みましょう。

SNSでシェアする

オルカ

20代のフリーランスライター。 出会いと恋愛知識を求めて、 ナンパスポットやマッチングアプリにときどき出現します。 博識な人がタイプ。