一人が楽しすぎる、でも結婚はしたい。どうしたらいい?【30代からの恋のかさねかた、愛のはぐくみかた】

20代とは違う30代の恋。結婚するか否かの分岐ともなる年代であることから、未婚の30代にとって恋に迷いはつきものです。この連載では、婚活のプロフェッショナルから聞いた、恋愛・結婚についてのヒントをお伝え。恋する気持ちに寄り添い、ポジティブな気持ちで毎日を過ごすコツをお届けしていきます。


30代の恋の悩みとして、一見贅沢に思えるけれどわりとよく聞くのがこれ。本人は真剣に悩んでいる場合も多いのです。「今は一人が楽しい」「いつか結婚したい」相反するような、両立できるような、微妙な気持ち。

今回は、いつかは結婚したいあなたが、今心置きなく一人を楽しむためのお話です。

好きなだけ楽しんでから、結婚したらいい

一言で言ってしまえば、好きにすればいいんです。自分の人生だから。

ただし「時間は有限」です。だからこそ、悩むんですよね。わかります。その不安はおそらく、好きなだけ楽しんだ後だと、誰とも結婚できないんじゃないか、という不安ではないでしょうか。

そこで保温スイッチです。以前の記事『じつはNG。知らずにやっている恋愛スイッチのON/OFF』でもお伝えしたように、一人が楽しくても、今は結婚するつもりがなくても、異性に対する興味のスイッチだけはOFFにしないようにするのです。

そうすることで、異性との会話のリズムも鍛えられますし、自分が女性として見られる感覚も失わずにすみます。常に「自分は女性として現役」という意識があれば、そこまで不安にかられることはないはず。

そろそろ結婚したいと思い始めたときにすぐに動けるように、最低限の準備(保温状態)は常にしておくべきです。いざというとき、裸や裸足じゃ外へは出られません。

最終手段としては「いきなり結婚族」もあり

それでもまだ不安、という人は今増えているという「いきなり結婚族」を視野に入れることで不安から解放されるかもしれません。昔のお見合いだって、同じこと。結婚という安心できる枠組みを手に入れてから、二人の心を通いあわせていくという逆取りの手法も、別に反則ではありません。

昨年、ドラマ『逃げ恥(逃げるは恥だが役に立つ)』があれだけ人気となったのは、もちろん恋ダンスのおかげだけではないでしょう。結婚までのハードルが高いコミュニケーションをすっとばして、あたかも仕事のプロジェクトを進めるように客観的に結婚という枠組みを構築していく。そしてその安全ゾーンを手に入れてから、逆取りでときめいていく。そこに多くの独身者が共感したからではないでしょうか。

そういう意味では、婚活サービスも、一種の逆取りと言えるかもしれませんね。

一人が楽しすぎる、でも結婚はしたい。どうしたらいい?【30代からの恋のかさねかた、愛のはぐくみかた】

まとめ

いかがでしたでしょうか。保温スイッチ、いきなり結婚族など、自分を安心させるセーフティネットを最大限に活用して、どうか思う存分一人を満喫してくださいね。一人旅も女子会も趣味に没頭することも、結婚したり子どもが生まれたりすると、想像以上に自由にはできなくなりますから!

今回取材に答えてくれたのは・・・
坂西祥江さん(婚活支援サービス パートナーエージェントコンシェルジュ

ときに厳しい言葉をかけることもあるのは、相手の幸せを心から願っているからこそ。「婚活の楽しみ方」を伝えるスペシャリストであるコンシェルジュからのアドバイスは、目から鱗の連続です。

Photo by shutterstock

#30代からの恋のかさねかた愛のはぐくみかた

kanoa

自由とときめきを愛するアラフォー編集ライター。夫も子どももいる身ながら、今日も道行く人にこっそりときめきます。心置きなく恋愛できるみなさまには、もっともっと恋愛を楽しんでもらいたい!そんな想いで書いています。

新着記事